アンドリュー・ベイリー

レッドソックスがワールドチャンピオンになった。もう1週間たつけれど、夢の中にいまだいるような、そんな感じだ・・・。

この一ヶ月は、自分自身の経験してきたことを含めても、ベスト3に入る、とんでもなく充実した時間をおもいっきりドキドキした。


振り返ると、ほんとうに充実していたなあ・・・。シーズン前は、超不安っていうか、日本語にはないようなざらっとしていた。
2012年、クラッシャー、バレンタインがチームをぶっこわして、監督の交代から始まった新しいシーズン。まず、オルティズと契約し、そして、ジョエル・ハンラハン、スティーブン・ドリュー、デイビッド・ロス、シェーン・ビクトリーノ、上原浩治、ジョニー・ゴームズ、ライアン・デンプスター、マイク・ナポリ、マイク・カープと次々に新しい選手と契約。去年はチェリントンはまだ、動けなかったから、すっごい補強。

でも、でかいのは全くなくて、得点力が落ちるよな・・・・と思っていた。

ナポリとの契約が、検査の結果もあって、1年に短縮。ますます不安加速・・・・。


スプリングトレーニングが始まる。トレーニング映像からは、ハンラハンがイマイチだな・・・・と思っていたら、案の定、すぐ故障。ま、ベイリーがいるから・・・・と思ってたら数試合でまた故障。

でも、選手はみんな開幕試合から、毎試合やる気がみなぎっていた。おいおい、このまま160試合いくのか?と思えるぐらいのやる気度だったし。みんな、ペドロイアのようなプレー連発。全員ペドロイア風で・・・。



シーズン。
今年もほぼ全試合、負け試合でも楽しくなかった記憶はなかったような気がする・・・・。2012年なんかはほんとにひどかった、うん・・・・ひどかった。それ以前も、どうもしっくりこない雰囲気があった。長いシーズンそんなもんだろうと思ってみていたものだ。どこのチームでもそんなものだと・・・。いまおもえば、エプスタインがイマイチだったのかも・・・・。ま、バレンタインはアホだし、フランコーナは超イマイチだったけど。


今年のチームは、いま残っている選手に関してはどんなに負けていても、やる気がなくなったと感じたことはなかったなあ。それほど、執着していた気がする。

順調に勝ち星積み上げて、秋に首位明け渡して、やばいな・・・っておもったこともあったけど、チェリントンの補強と、レベルを上げたパワーで、追いすがるオリオールズ、レイズ、ヤンキースを粉砕。思いっきり厳しい戦いの連続だった9月もしっかり勝ち越して、プレーオフへ。

後半戦なんかは、誰かが活躍したってことではなく、ロースター全員が活躍していた。出れば活躍のすばらしい集中力と采配だった。


プレーオフ。
数年10月はみていなくてひさしぶりだったせいもあって、もうドキドキワクワクの連続。負ければ、だいたい次いけないから、緊張しまくりながらおもいっきり集中して見た。見逃しては一生後悔するような気がしてみていた。

10月は楽しかったなー。

こんなにドキドキ連続攻撃の時期はなかったなあ・・・・。

レイズに勝ち、柔道の団体戦のように、個別の選手同士の戦いなら絶対負け越していただろうタイガースに、接戦の連続で勝ちきり、ワールドシリーズへ。



もはや、一球が試合を決めるような緊張の連続。上原浩治がヘロヘロになるのがよーっく理解出来た戦いの連続。

ワールドシリーズだから当然負けていても、誰もあきらめないんだけど、やっぱりシーズン通して、そんな戦いをしてきた選手たちだから、違っていた。

ワールドチャンピオン。



パピが言っていたのはその通りだな。2013年今年のチームは、2004年、2007年のチームより破壊力はなかった。と。

でも、全員が、やる気にみなぎっていて、自身のやれる最高のことをしようという意思がみなぎっていた。ほぼ全試合みながら、ずっと感じていた。

今年のチームは、チェリントンもそうだし、自分自身にもいろんな想いを新しくできたグレイトチーム。

ほんとに、すばらしい時間をすごすことができた。おかげで、シャンパン飲みすぎて、2ヶ月で5キロも太ってしまった・・・・。やばい・・・。

でも、まだ、当分、余韻にひたろう・・・・・。来年のことを考えるのは、もうちょっとあとにしよう!


ヤンキースとの4連戦を3勝1敗で終えて、一日休みでレイズ戦。

直接対決の3連戦。

超重要。

先発はバックホルツ。

リハビリ明けの初登板。いきなりのレイズ戦。相性は良いがどうか。。

レイズは、やっかいなプライス。もちろんぶつけてきた。



プライスをそう簡単には打てないと思っていたけど、バックホルツが良かったね。

もっと球が荒れるかなとも思ってみていたけど、コントロールも良かったし、変化球もいい。

リハビリ緒戦だから、5回で降板。

リハビリのバックホルツじゃなくても、この時期先発は早めの交代でいいんじゃないかな・・・。

まあ、残暑厳しいし、暑いし。疲れもピークだし・・・・。

ただブルペンが、正直薄いんだよなあ・・・。

勝ちゲームは、ブレズロー、田澤、上原で決まっているけど、うまくつなげられるヤツが、いまワークマンだけだからなあ・・・・。弱い。

ソーントンダメだし、モラレスも今年イマイチ。

若手ももう一つだし・・・。

ここに来て、左のミラーのケガが痛い・・・。

ベイリー、ハンラハンの仕事してないのが一番痛いんだよな・・・。



ブレズローが良くなってきていて、田澤の前に1番手のセットアッパーになっている。

今日は、田澤がつないだけど、ヒット打たれて、回終えずに上原に任せられている。

ちょっと、田澤が疲れ気味の感じがする。去年は良すぎたか・・・。今年、体重増やしてキレがなくなっているのか・・・。どうか・・・・。



上原が、最高。

打てないね。

8回ツーアウトから登板。

9回もしっかり締めて、ゲームセット。

スプリット打てないね。

ロンゴリアもお手上げだった。



さて、レイズとの大事な初戦を獲った。

いけるかな、今年はプレーオフ。

いかしてくれー、プレーオフ。

明日、勝ったら、決まりだろう。

ウシシ・・・・・



さて、オールスターブレイクも終わり今年も北半球には暑い夏が始まりました。

ヤンキースとの3連戦、第1戦。

開幕戦とともに、後半開始戦もけっこう重要。

休んだあとだから、前半の勝ち方を取り戻すためにも。



オールスターの間にいろいろ、変化が。

アンドリュー・ベイリーがDL。どうもダメみたい。結局、ベイリーもあんまり働かずに手術になりそうな予感。

結局、エプスタインの後半はズタボロだなあ・・・・。特に、やっぱりトレードはヘタだった・・・。って結果になってしまっちゃった・・。まあ、金があると考えないからな・・・。貧乏だと考えないとしかたがなくなるんだよなあ・・・・。貧乏だとよくわかるな。

そう考えると、岡島秀樹の活躍は特出しているんだよなあ・・・。すばらしっかった。



ヤンキース先発は、ベティット。打ちにくい、タイミングとりずらいなんともいえないモーションで、大量点はムリ。

ボストンは、ドーブロント。

・・・。

似ている。


ドーブロントも、ゆったりモーションでタイミングがずれる。


似ている。


初回、エルズベリーのソロ一発。

続いて、

2回、ゴームズのツーラン。


このままいけば、エルズベリーは、放出ないだろうな、たぶん。きっちり活躍しているし、出す理由がない。チームが好調だから、どう考えてもださないと見る。

ゴームズは、オールスター前から、調子戻ってきている。

スプリングトレーニングから、上げて、開幕時、好調。その後、少し落ちてきたけど、再び戻してきた。球が見えているね。流れも、コントロールしているのかもしれない感じ。良くみていると、開幕時のバッターボックスの動作より、今は少なめ。調子落ちたあと、いろいろカイゼンしたんだろうなあ・・・・。

関係ないかもしれんが、ナポリがヒゲをゴームズ化しているのも、好調の要因かもね・・・・。長いシーズン大きいのよね、一体感が・・・。。。


二人とも、手入れが大変だろうな・・・・


ヤンキース打線は、もはや、崩壊気味。カノーのみのチームみたいな・・・。

つうか、もともと、このメンバーで前半戦50勝超えたのが奇跡だったと思うね。イチローが3番打ってる時点でしんどい。テシェイラ全く戻ってこないけど、どうなんだろうか・・・。

ホゼ・イグレシアスの追加点タイムリーが、めっちゃ大きかったなあ・・・。

ノーアウトでゴームズツーベースででたのに、サルティはゴームズ進めることも出来ず、ホルトもダメ。釘付けだったけど、イグレシアスがねばりまくる。これはすばらしかったね。ピッチャーキレて、ワイルドピッチ、ゴームズ3塁で、外角の変化球を、いわゆる追っつけて、ライト前ヒット。


すばらしい。

イグレシアス。

去年まで、変化球投げとけば打ち取れたバッターとはとても思えん。やっぱ若いと1年で成長するなあ・・・・・顔がちがうもんなあ・・・・バッターボックスでの顔が・・・。変化球恐れてないもんな。

成長した。

開幕からでも、この男、成長した。

チームの元気度ってこうゆうところから生まれるんだよなあー

去年まで、数年間まったくなかったもんなあ・・・・・。

勝っていても、よどんでいたもん空気が。。。

今年のチームは、負けても、文句いいたくないんだよなあ・・・・・。

振り返ったら、2.3年前なんか勝ってても、文句言ってたなあ・・・・。

いいチームだなあ、2013年チームは。

やっぱ、チェリントンなんだろうなあ・・・・。

エプスタイン、イマイチなんだろうなあ・・・・。

ま、選手が中心には違いないんだけど、


そうゆうことなんだろうなあ・・・・・。

振り返るとよくわかるな。



田澤純一が、ちょっとコントロールがやばいながら、ファストボールの伸びがいいから、打ち取る。

クローザーは、上原浩治。


すばらしい。

第2打者は、すぐ打ってくれてラッキーだったけど。

けっこうやっかいで一発もありありの最初の打者オーバーベイを、動けなくし、三振でガックリさせるキレとコントロールはほんとうにすばらしい!


うなってしまった・・

エクセレントっ!!




さて、後半戦スタートもOK。

ジーターもDLらしいし、今のうちに、勝っておきましょうヤンキースに。




ロッキーズに連勝して、ジェイズとの4連戦。

ジェイズはなかなか打線がすごいから、なかなか離せない。

先制しても、追いつかれて、中継ぎ登板アンドリュー・ベイリーが、

危険な男、エンカーナシオンにみごとに一発かまされ同点。

気をつけて見ていた。ホームランあるんじゃないかと・・・・。

なんか、「案の定・・・」の一発。

ボールは悪くないんだけどなあ・・・、ベイリーも。高めがあるんだよなあ・・・。それも、パペルボンのように、回転がよろしくないから、高いヤツはやられるんだよなあ・・・・



しかし、同点後の裏の攻撃。

ビクトリーノがカンペキ三遊間。

続いて、絶好調!ダスティン・ペドロイアも三遊間。

ノーアウト一二塁で、オルティズ。フェンウェイ盛り上がりまくったけど、三振。

でもなんとなく、すっごい雰囲気ある。

逆転してないのに、もう逆転するのが確実っみたいな雰囲気。。

すごいないまのチームは・・・。

ナポリが歩いて、バッターピンチヒッター、ジョニー・ゴームズ。

最近当たりが戻ってきているから、ボールも見えている。

よく見て、スリーボールまでねばって、

ワンスリーから、打つ。このあたりが、調子戻ってきている証拠。

サード強襲で、逆転。

すばらしい!

エクセレント!!



続いて、サルティ。最近フォアボール多い。しっかり歩いて、2点差。

続いて、新顔ブランドン・シュナイダー。

チャンスにどんなバットするか、しっかり見る。

三振。

イマイチ。

カラダは一流。技術は二流。

伸びしろでレンジャーズから、取ってきた感じ。

チェリントンはこうゆうの好きなんだね。


逆転して、クローザー、上原浩治登場。

「クローザー」。

なんていい響きなんだろう。

「締める役」。

日本語はどうも、盛り上がりには欠ける・・・・。

すばらしいピッチング。

ファストボールがずれたら一発って感じが二球ぐらいあったけど、そこは

タイミング外れてくれてOK。

スプリットが今日も低めに決まって、試合終了。

ガッツポーズ。

おれもガッツポーズ。

今日もいい気分。。。





試合終了後に、お勉強。

ブランドン・シュナイダーってどんなヤツなんだ?

ってことで、しっかり勉強。

現在27歳。専門は現在ファースト。守備位置だけで、打てないと厳しいって思う。

2005年キャリアスタート。最初はキャッチャーだな。

メジャー出場経験は、オリオールズで3年、レンジャーズで2年程度。

現在オリオールズは、怪獣・クリス・デイビスが完全にレギュラー。

テキサスでは、去年まで大砲・ハミルトン、現在は、競争に勝ち残ったモアランド。ってことで放出になったのかな・・・。

メジャー経験はほとんどセプテンバーコールアップがらみだろう。メジャー成績あてにはならず。マイナーで打率は、平均.270、出塁率.330。いまいち。

ホームラン打ってるのかと?打ってない。たいしてことない。

チェリントンの取り方を考えると、もしかしたら、伸びるかも。技術習得できれば、爆発するかも・・・・・ってやつだな。

今日もカラダは、超一流。鍛えてもいるとみた。トレーニングはサボってない人かな?このあたりもチェリントンの意向か。プロ意識がないやつ、やる気のないやつは基本取らない主義なんだろう。まあ、取ってみないとわからん部分はあるけどな・・・。

バッティングみたけど、変化球は打てないね。ついていってもいない。

守備は、専門はいまファーストみたいだけど、数年前から、三塁、外野全部やってるみたい。

キャッチャースタートで、バットマンに転向していったけど、伸びなくていろんな守備やり始めたって感じ。

まあ、キャッチャーからの転向で、一番やりやすいファーストに行って、でも、でかいの打てないとファーストでのメジャーのレギュラーでは難しいとの自分とコーチの判断なんだろうなあ、ファーストって、とにかくホームラン打てないと・・・・て位置だからなあ・・・・・。

ミドルブルックスが長引きそうなら、とりあえずチャンスは今後もありそうだ。

メジャーの変化球になんとか慣れて、打てるようになって欲しいね。。。

27歳まだ、若い。イバネスをみてみろっ、伸びたのは30歳超えてからだぞ。






テキサス・レンジャーズとの3連戦、第3戦。

同点で、最終回、ゴームズツーベース、ペドロイアフォアボール、オルティズのスリーランで勝利!

がっはっは。

よし、よし、いいぞおー。

オルティズ打った瞬間、「gone!」ってさけびながら、思いっきりガッツポーズとってしまった。

うーん。ストレス吹き飛ぶわ。。



今日の勝利は大きいね。

西地区首位、レンジャーズとの対決だし、負けている状況から勝ちゲームピッチャーつぎ込んでの逆転勝ちだし・・・。

ジャコビー・エルズベリーが今日から復帰。いきなり4安打。

ジョニー・ゴームズも、最近のうっぷんはらすかのような4安打。

ダスティン・ペドロイアが2打点。

デイビッド・オルティズが、さよならスリーラン。

マイク・ナポリが貴重な、同点内野安打。

ピッチャーが、

エース・レスターねばりの投球。デイビッド・ロスのリードがやっぱ大きいけど・・・

田澤純一がギリギリゼロにおさえた。

上原浩治は、きのう打たれたお返しで、ゼロ。

アンドリュー・ベイリーも、なんとか仕事。



エイドリアン・ベルトレーに一発かまされたときは、やばいなあと思ったけど、テキサスに2勝。

すばらしい。


唯一、ペドロ・シリアコが元気ないねんなあ・・・。

代打で出されたときも、なんとなくせつない顔してたし・・・。

がんばれシリアコ!おまえが活躍しないとたのしくないぞー



さてさて、明日は、エンゼルス戦。

打線の名前がすごいってことなんだろうけど、みーんな不調ってことで、いまのうちに勝っていこう!




フィリーズ戦、2連敗のあとの第4戦、最終戦。今日は勝って、明日からのヤンキース戦に勢いつけてっと。。。

先発は、長いことDL入っていたモラレス。

けががなければ、今シーズン開幕から先発ローテーションに入っていてもおかしくなかったぐらい毎年内容が良くなってきているし・・・。速い球だけじゃなく、ブルペンでも成長し続けているんだよなあ・・・。

初回2点とられたけど、5回79球。ヤンキース戦に先発を温存させるシナリオだったかのようなベンチに取って最高の仕事をしてくれた。

モラレス、良かったどー



守っても、相変わらずペドロイアがすばらしいプレーしまくっている。今日もピンチでめっちゃ難しいダブルプレーを完成させるし。

イグレシアスもやる気がみなぎっている。

でもでも、

シリアコが最近やる気がなくなっているのがすっごくわかるんだよなあ。。。今日も最終回バッターで出たけど、やる気が感じられない。。。まえもエラー連発した試合あったし、まずいよなあ・・・・。あきらかに集中きれとる。。。

このままだと、来年イグレシアスにショート取られちゃうどー。。そうなると、内野ユーティリティでがまんするか、外野コンバートか、出るかしかなくなってしまう。。。

うーん。

がんばってほしいなー、シリアコちゃん。



今日は、ピッチャーががんばった。長く投げられないモラレスのあと、ブレズロー、モーテンセンがしっかり抑えたし、8回は田澤純一がセットアッパーとして登場。

田澤の投球内容はすこぶるよかったぞな。。。

まじ、ちょっとー、よかばってんよー!

レッドソックスの試合は全部見てる中で、今日の田澤の球は、2013年一番の内容。ファストボールは、先日のイマイチから再びうなるレベルの速球になっていたし、伸びもありまくりっ!ヒットを打たれた球だけ中に入っちゃったけど、それ以外はコントロールも外角にきっちりだった。

ベリーグー!

エクセレントっ!

ええぞい。

スプリットは間違いなく今年一番。落ち方がハンパなかった。ストライクゾーンから、完全にボールになってしまう落ち度。8球ぐらいスプリット投げたか・・・すべての落差がハンパなく、ワンバウンドが1球程度の確率も最高。

すげー、スプリットフィンガー。

いやあ、、、よかったなー、今日の田澤は・・・・。

うんうん。。



最後は、ベイリー。

9回に点とりまくって、余裕の抑え。



エルズベリーはユニフォームのケツが破れまくっているのに、最終回とうとう5盗塁目達成。ピッチャー牽制しまくりの中、走る。わかっていながらセーフ。

柄パンだったような絵だった。。

がっはっは。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがメジャーに上がってきたから、まさにケツに火がついたか・・・。

いいよー、競争がないと人はサボっちゃうから・・・・。



フィリーズ戦は2勝2敗。まずまずってことで、いいでしょうな。。


明日からは、ぐひひっ!メッツにやられまくって、弱りまくってるヤンキースとの3連戦。テシェイラとユーキリスが戻ってくるらしいが、いまのレッドソックスなら連勝あるかもっ!

楽しみじゃあー!




ツインズとの4連戦、第3戦。

みるからに若い!ウェブスターが登板。緊張していたでしょうかねえ・・・・。技術的には、セットポジションになると、急速落ちるし、コントロール悪くなるし、投げさせたのが?のピッチャー。ランナーいないとそこそこ投げれるんだろうけど、先発で使うならセットでボロボロの内容はダメだな。それになんだか、ファストボールがめっちゃ軽く感じた・・・・。さて、次回はあるか・・・・。

試合は、結局、ドーブロントとともに、打たれまくって、前半でほとんど負け決定。



ハンラハンが予想通り、ボビー・ジェンクス並にトレーニング不足だろーって思えるようなボロボロさで超ダメダメ君になっちゃって、ファレルから田澤がクローザーに。。。

本日、9回、田澤純一登場。

試合は決定しているけど、ツインズ打線の一番からということで注目だった。初球、ちょっと不用意だったか、ファストボールをセンター前でヒット。

次は、やっかいなジョー・マウアー。くさい球は打たないし、厳しい球でもヒットにする技術はメジャーベスト3には入る。田澤は、いい球投げていた。コーナーもついていたし、追い込んでもいた。スプリットも最近になく決まったし。しかし、マウアー。いい球なんだけど、ヒットならカンタンに打ったかのように、ライト前ヒットで出塁。まじ、いいボール投げていたんだけどなー。

3番は、ウィリンハム。当たればホームラン平気で飛ばすパワーヒッター。デッドボール。無死満塁。

4番は、モウノー。長距離砲。でも、モウノーに対しても、スプリットが決まったし、追い込んでもいた。最後は、スプリットが高めに抜けたか。。。センターフライで一点。

5番は三振。ほとんどストレート。6番打者をレフトフライで9回終了。

1点とられたけど、ランナー置いても最後は追加点許さなかったし、まずはよし。



内容は悪くなかったな。。ツインズの1-4番はヘビーだし。ここ最近になかったスプリットが決まっていたのが、びっくりしたぐらい。。。でも、田澤が投げていた9回は小雨が降っていた天気だったから、湿度が高かっただろうし、うまく指にひっかかってくれたから、今日はスプリットが決まっていたのかも知れないな。。。。

カーブはあいかわらず決まっていなかったし、いまだ、変化球のコントロールは修正出来ていないような気がした。

ベイリー、ハンラハンがけがで、クローザーに回ってきたけど、おれてきには今年は中継ぎで回を重ねて、来年は先発でってのをみたいんだけどなあ・・・・・
このままクローザーになると、パペルボンのパターンになっちゃうかも・・・・



ま、でもでも、信頼されて登板出来るときにしっかり投げるのもプロの仕事。

勝ちゲームにしっかりクローザーで締めてくれることを祈りながら、

ドキドキしながらみるんじゃー!

げへへっ。。。




レンジャーズとの3連戦、第3戦。

ダルビッシュに14三振も食らわされて、最後にベルトレーにサヨナラ打たれて、結果はスイープ。。。

あー、なんてこったい!

いやーん。

あかんがなー!


くそーなんでやねんーーー!


テキサスにまで乗り込んで、チャッチャっとほうきでゴミのようにはかれてしまって・・・・

くそー!!

むかつくわー。。。

テキサス強いな・・・


ジョン・レスターは、よく投げた。同点には追いつかれたけどよく投げた。

打つ方は、ダルビッシュを初回得点しただけでも、よかったレベル。この男たぶん、もう、当分打てない。フォームに安定感がまだだけど、時間とともに、ますます安定していくだろう。ヤバイレベルになっちゃったダル・・・。

振り返るとレンジャーズとのこの3連戦。

ピッチャーがいいね、テキサスは・・・。

昔から名前で楽しめた、オギャンドーも十分やばいね。ハミルトンいないけど、みんなつなげて、強いチームになっている。

まあ、強いチームとのシーズンの対戦は、いい経験てことで・・いきましょう。



この3連戦、いろいろ見るべきところはいっぱいあった。不安も出た。

先発は今日のレスター含めて、悪くない。敵地だし、よく投げているし内容も良い。

打つ方は、エルズベリーに元気なし。

ビクトリーノはけがから復帰したし、ペドロイアも順調。オルティズは、ダルビッシュから失投でもない球をライトスタンドに運んでいる。

ナポリは、打ってないけど、4月ができすぎだから、こんなもんだろう。

ナーバもヒットは出ているし、マイク・カープも打席での内容悪くない。ダルにはやられたけど・・・。

シリアコは、がんばっているし、今日はサード守って、しっかり結果出した。

ミドルブルックスはちょっぴり不調だけど、へんに休ませないでずっと使えば慣れるはず。



ブルペンは。

上原浩治は、ホームランあったけど、内容はそんなに変わってない。

田澤純一も、カーブ、スプリットにわずかながら、いい球が出始めた。本人もわかっている感じ。ファストボールがいいから、キレでみんな振ってくる。徐々に、変化球の精度上げていこう。



ちょっとクローザーがヤバイか。

ハンラハン復帰したけど、内容はかわっとらん。スタミナもダメ。再び落ちるのは時間の問題。ベイリーがちょっと検査で、投げられない様子。このままだと、近いうち、新しいクローザーになるだろう。

上原飛ばして、田澤が入るか・・・・

田澤がクローザーになるには、変化球の精度。変化球のレベル上がれば、クローザーも絶対つとまるはず。去年後半のピッチングになれば、十分チャンスだろな、、、、でもでも、、、それとも来期以降の先発を考えていくのか・・・・

本人が先発指向なら、クローザーはあんまりだろうと思うなあ・・・・。ま、しっかり、本人が決めるすっごいレベルに来ているってことは確か・・・。。。

本人が気づいているといいのだけど・・・。




レンジャーズにはしっかり、やられてしまったよー。

ダルビッシュも、もはや、メジャーリーガーが、バッターボックスでわけわからんようになっってしまわされるレベルになっている。

バーランダーと現役最高投手の争いが続く事になるなこりゃ・・・。。。言っている言葉が良い。デブったやつとは大違い・・・・

あーん、もうっ。





今年からアメリカンリーグ西地区に入った、アストロズとの4連戦、第2戦。

ここにきて、ロースターが動いている。

ハンラハンがとうとうDL。調整し直しだな。。。。アセベスがマイナーへ。妥当な人事。ダニエルバードがメジャー復帰。先日の登板は、まだまだイマイチ君。。ラバーンウェイがロースターに。バットの振り出し遅いの直ったかなあ・・・・?

チェリントン大忙しだ。。。

でも、乗っている選手をちゃーんと入れてきているように。。。そうしている点がすごくよくわかる。。。

入替の内容や意図はすごく良い。チャンスを出来るだけあたえようとしている。当然若手がやる気になる。チャンスをくれるってのは、すっごくやる気になるんだよねえ・・・。停滞していた数年間には全くなかったから、若いのがやる気失っていた。。。前回シリーズのアスレチックスなんか、少し前のレッドソックスの若手ばっか。当時から活躍の場を与えられていなかった、ジョシュ・レディック、ジェド・ラウリーが、アスレチックスの完全に主力なんだもの・・・。いかに、数年前に使われずに干されていたのがよくわかる。

エプスタインバブルが、空気をよどませていたんだよなあ・・・・。


無能監督に使われなくても、メジャーリーグは、移動の自由度があるから、チームは変わることで、実力があれば必ずといっていいほど、メジャーに定着できるようになる。トータルでチャンスが与えられるシステムになっている。アメリカンスポーツの世界は、その点すばらしい。



先発はデンプスター。開幕から、4月。仕事をしっかり出来ている。今日もデイビッドロスの良いリードを受けて、しっかり結果を残す。スプリット、チェンジアップがやっぱり良い。

アストロズの先発ベダードも内容はけっこうよかったけど、今日は、ボストンの打者が乗っていたなあ。。。


デイビッドロスが、ホームラン2発、そしてキャリア初の1試合4安打と大活躍。ベダードとタイミングが合っていた感じで、2打席連続の場外ホームラン。



シリアコも先発。最近、活躍しなければって焦りが見受けられるような、ボールをブンブン振っていたけど、今日は、第一打席から、ボールをしっかり見ていた。アドバイスされたか・・・・。第一打席はスリーベースヒット。ヒットまでの、打席内容がよい。第二打席も、ボールをシッカリみて、ストライクを振る感じで、レフトに大きな当たり。第四打席は、レフト前ヒット。

シリアコってほんとうに、応援したくなるんだよなあ・・・・。この子が打つと、なんでかめっちゃうれしい。スリーベースの時なンかセンターとるなあーーーって、さけんでしまう。。。凡退すると、なんかガックリになる。ずっと出て欲しいなあ・・・ほんとに。華があるねん。。今日の試合の打席は焦らずに、しっかりボール見ていた。波に乗っていきつつある内容だった。よしよし!



マイク・ナポリ。

絶好調。いまや、抑えきれない。ピッチャーからみていい球やきわどい球は全てファウル。切れのいい変化球とかもボールになるなら振らない。まん中に入ったら、即KOされる。

恐ろしい。まさに今、この男デンジャラス。。。。

今日も、打点。4月がまだ終わってないのに、今日で27打点。チャンスに打ちまくってます。このまま、いってねナポリちゃん。


ジョニー・ゴームズ。

スプリングトレーニングでは絶好調だったけど、シーズン始まって、打てていない。内容も悪い。今日も打席では、三振の応酬だった。

しかししかししかし、そこはベテラン域&集中力は切らさない。5回の守備でレフトライナーを横っ飛びキャッチ。大ファインプレー。。。すばらしいぞー、ジョニー!!

ライナーが抜けていたら、今日勝ってなかったかもしれん。それぐらい値千金の守備だった。そして最後の打席ではレフト前ヒットで、ボストンでの初打点。ファーストでは、ほっとした顔。いいねえ・・・・・




勝ちゲームは、もちろん!

田澤純一登場。SACFLYで1点取られた。相変わらずスプリット、カーブのキレは悪い。なんとか今日もファストボールの勢いで抑えた。結果オーライ。

そして、上原浩治。
落ちが悪めのスプリットをツーベース食らうも、今日は、なにより顔が良い。いい顔していた。。。気合いの入ったいい顔。ツーベースのあとも、もう一度、集中させるような感じだったから、今日は抑えるな。。。。とおもいながら、見た。。。キッチリ抑えた。



最終回は、3点差だったのにアンドリュー・ベイリーではなく、アレックスウィルソン。このあたりも、ファレル&新コーチ陣のいいところ。勝ちゲームで若手をしっかり使う。このあいだメジャー初登板したばっかりのウィルソン。初登板の時は、緊張しまくっていたのが映像からもしっかりわかったけど、今日は落ち着いていた。ボールはいいから、3人であっさり片付けて、勝利。




4月のスタートが良かったから、流れがすっごく良いレッドソックス。テロの影響もあって、フェンウェイには空席目立つけど、勝っていけば戻ってくるだろう・・・。

ベンチの雰囲気もすっごく良さそうな、ナイスゲーム。



アスレチックスとの3連戦、第3戦。

昨日はアセベス、ライトがボコ打たれ、完封負け食らって、今日が大切な試合。ダニエル・バードがアクティブ・ロースターに復帰。

先発はエース、ジョンレスター。シーズン序盤の今月はそこそこ球の切れも続いていたけど、今日は初回、2回と見ていると、ストレートは走っていたけど、カッター、チェンジアップがイマイチで、いらいら感がたっぷりの投球。

けっこう球数投げれるレスターだけど、ファレルが6回途中、早い交代。3点差で田澤純一。ツーアウト満塁で思いっきりピンチの場面。ちょっと外野のスキマへ飛んだら、3点入る場面。

いやあー、緊張感たっぷりーー

バッターは、4月開幕から調子がいい、ココ・クリスプ。やっかいな場面でやっかいな打者。足もあるから内野ゴロも、あんまりいけない場面。

キャッチャーは、今日はサルティじゃなく、ロス。ちょっと安心感。。。


初球。カーブ外れる。

さすが、ロス。交代したピッチャー。ツーアウト満塁のチャンスの打者心理よくわかっとる。初球から、気合い入れて、振りに行くのは定石。ここで、ちょっと気の抜け気味の変化球で気をそぐ。さすが、ロス!

2球目。ストレート外角。コントロールも良い。1球目で気をそがれているクリスプ。田澤のしっかり伸びるファストボールにファウル。勢いは勝っているから、気持ちのパワーダウンしたクリスプは、ボールをはじきかえせない。よしよし。。。

3球目。スプリットを外角に。振りに行った2球目と同じコースに今度は落とす。すばらしいロスのリード!!

さすがじゃ!

ここで、決まった。と思った瞬間だったなあ・・・・。これで抑えられると。。。

ストライクからボールになる、最後の球はツーシームか??握りがよくわからんかったけど、レフトフライに打ち取る。

クリスプからすると、田澤はスプリットあるし、ストレートも伸びている。カウントは不利な状況。なにくるか読めないから、迷う。何が来ても反応が遅れる。

田澤しっかり火消し完了。。。

ロスのリードがやっぱりすごいな。さすがだ。。



次の回も田澤。ツーアウトまで取るも、イマイチ内容は悪い。前回同様、カーブが全く切れないし、スプリットも落ちが鈍い。なんとかファストボールが走っているからツーアウトだった。

ジェドラウリー。ファストボールでツーストライクに追い込んだけど、スプリットを左中間に持って行かれる。うまいなあ、ラウリー。ストレートまちながらスプリット打ち返すなんて、さすがの技術。落ちがイマイチだったから、ってのもある。ツーベース。

次の打者も、フルカウントから、ファストボールを投げ続ける。ロスも、カーブとスプリットのキレ悪いからストレートで押すしかない。わかっているから田澤も投げ続ける。しかし。。。。
コースも良かった外角をライトに。。。1点。

散髪して長い髪を切った、ミラーに交代。三振で終了。ミラーの内容悪い投球続いてるから、髪切って気分転換なんだろう。

田澤の内容は、スプリットのキレが悪かった。なんとなく感じるのは、ここ何回かの投球を見ているといろいろ試しているんじゃないかなあと感じる。ずーと、ワンバウンドになってばっかだから、はさみを浅くしたりとか・・・・。試行錯誤してるかのような・・・。でも、おかげでカーブも影響を受けている・・・・。そんな気がする。模索中だな。。。ま、実戦で試せている余裕が出てきたって事で、大きくなったなあ・・・・と。。。




続いて、8回は上原浩治。前回ホームラン食らっているから、どうか。。。

またもや、ホームラン食らう。投げた瞬間。あっと、思ったら、やっぱり持って行かれた。甘い球はメジャーリーガーはピンポン球のようにもっていきよる。それもフェンウェイ場外に・・・・・。開幕から、ちょっと、疲れるころかな・。・・・。

しかし、後続抑えて、何とかしのぐ。1点差。




最終回はアンドリュー・ベイリー。気合いの投球。ラウリーにはヤバイファウルあったけど。。。。三振でガッツポーズ。

この男。ガッツポーズがよく似合う。





昨日のボロ負けから、しっかり、きょうは逃げ切った。まさに逃げ切った。

田澤、上原、ベイリー。

勝利の方程式!




このまま、シーズンの巡航軌道にはいっていこうじゃないかー




1 2 3

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ