クレイ・バックホルツ

きたきた、延長戦。

10回表の満塁のチャンス!

ピッチャーが右で、ゴームズに変わって代打、マイク・カープ。

初球。

はいはいはい、行ったー、まさかー、いったー!

グランドスラーーーム!

がっはっはーい。

わっしゃっしゃーいい!



今年のレッドソックスはやめられんのー。

いやあ、まいった。

まさに、呼ばれて、飛び出て、じゃじゃじゃじゃーん!

センターオーバーの大ライナー。

ジョニー・ゴームズのヒゲパワー全開かな・・・。




10回裏は、田澤。イマイチだったけど、4点差あったからなんとかなった感じ。

おまけに、レイズも打つ気ナシみたいな・・・・。

カープのグランドスラムで、もうガックリ状態。

そりゃそうだ・・・。

ワイルドカードも危うくなってきたし・・・・

内容は良くないね。だいぶ疲れているかな・・・春からのメジャーリーグフルシーズンだからだろうか・・・。

若者パワーで乗り切って欲しいね、ガンガンと。




大事な大事な、レイズとの3連戦。第2戦。

今日の先発は、デンプスター。

いぶし銀の投球。

バックもよく守ったね。

2点差で後半、モラレスにバトンタッチそして、ブランドン・ワークマン。

昨日、ブレズロウが2回投げてるし、田澤も投げた。ソーントンはもうダメってベンチもわかってきたか、ワークマンを勝ってる試合で、僅差で投入。

お試しもあっただろう。

しかし、7回ツーアウトから、良くないフォアボール。そしてロンゴリアのタイムリーヒット。

8回、ホームランで同点。

良くないね。

コントロールが・・・。

同点で9回、上原浩治登場。

ちょっと、ちぐはぐかな。ま、範囲内だな・・・。



そして、10回、ペドロイア四球。

ビクトリーノ送りバント。さすがシッカリ決める。

オルティズ敬遠。

ナポリに、ピッチャービビッたか、フォアボール。

ゴームズに変わって、マイク・カープ。

期待したねえ・・・・・。

まじで、

でいきなりだもんな・・・・、打った瞬間は、外野フライはいっただろうと一瞬思って、センターがバックするから、行ったか?でホームラン。

乗ってるね・・・・レッドソックス。




よしよしいいぞー!

ブルペンは、不安ありまくりだけど、まあ、先発のピービィいるし、バックホルツも戻ってきたし、あとは、ケガしてる人いっぱいっぽいから、徐々に治って欲しいなあ・・・。



ヤンキースとの4連戦を3勝1敗で終えて、一日休みでレイズ戦。

直接対決の3連戦。

超重要。

先発はバックホルツ。

リハビリ明けの初登板。いきなりのレイズ戦。相性は良いがどうか。。

レイズは、やっかいなプライス。もちろんぶつけてきた。



プライスをそう簡単には打てないと思っていたけど、バックホルツが良かったね。

もっと球が荒れるかなとも思ってみていたけど、コントロールも良かったし、変化球もいい。

リハビリ緒戦だから、5回で降板。

リハビリのバックホルツじゃなくても、この時期先発は早めの交代でいいんじゃないかな・・・。

まあ、残暑厳しいし、暑いし。疲れもピークだし・・・・。

ただブルペンが、正直薄いんだよなあ・・・。

勝ちゲームは、ブレズロー、田澤、上原で決まっているけど、うまくつなげられるヤツが、いまワークマンだけだからなあ・・・・。弱い。

ソーントンダメだし、モラレスも今年イマイチ。

若手ももう一つだし・・・。

ここに来て、左のミラーのケガが痛い・・・。

ベイリー、ハンラハンの仕事してないのが一番痛いんだよな・・・。



ブレズローが良くなってきていて、田澤の前に1番手のセットアッパーになっている。

今日は、田澤がつないだけど、ヒット打たれて、回終えずに上原に任せられている。

ちょっと、田澤が疲れ気味の感じがする。去年は良すぎたか・・・。今年、体重増やしてキレがなくなっているのか・・・。どうか・・・・。



上原が、最高。

打てないね。

8回ツーアウトから登板。

9回もしっかり締めて、ゲームセット。

スプリット打てないね。

ロンゴリアもお手上げだった。



さて、レイズとの大事な初戦を獲った。

いけるかな、今年はプレーオフ。

いかしてくれー、プレーオフ。

明日、勝ったら、決まりだろう。

ウシシ・・・・・



ヤンキースとの3連戦、第3戦。

マリアノ・リベラで締められて、敗戦。

この同地区対決の2シリーズを、2勝4敗。

厳しい戦いだなあ・・・・・。

なかなか勝たせてはくれないね。



ヤンキースとの3連戦も、余裕で勝ち越しできると思っていたけど、

ヤンキースのピッチャー、

ペティット、黒田、サバシアにそこそこ抑えられて、その上、ブルペン陣がいいね、ヤンキース。

意外だった。

おまけに、グランダーソン、A・ロッドの復帰。

2枚戻ったのは、やっぱり大きいね。

もともとつけいる隙もなかったヤンキースが、2013年は主力のケガだらけだった。

でも、けが人が戻りつつある中、おまけにブルペンも良いし、やっぱり強い。



レッドソックスメンバーも開幕から、ほぼ全員全力で戦ってきた。

勝つ意思がみなぎっていたし、やる気ないやつほとんどなし。

見てればわかる。

でも、長丁場のシーズン、けが人が続出している。

なんとか先発は、ピービの補強で試合は作れているけど、

ビクトリーノ、ナポリ、ロスのケガが大きい。

特にロスのケガが長引いているから、サルティへの負担が大きくなっている。

ラバーンウェイを使ってはいるけど、打てないのは相変わらず。

サルティをついつい使ってしまうようになってしまっている。しかし疲れが取れてない。

ロスがいれば、リード面でも、ベテランの配球術はやはり違う・・・。

ロスの復帰が長引いているのが、めちゃめちゃ痛いね。



勢いが止まりつつあるけど、踏ん張りどころだけど・・・・。

8月後半、そして9月。

正直、ピッチャー。

ピービの補強は大きい。


レスター、ドーブロントがイマイチ気味だし、

去年休んだラッキーは、スタミナが・・・。

前半大活躍のバックホルツは、いつまでたっても戻ってこない。

現実厳しめ。

おまけに、ますます、1点、2点が勝負を分けるようになるシーズンクライマックス。

ブルペンも、きょうの試合でもブリツン、デラロサ、モラレス、イマイチ。

モラレス、デラロサは、どうも集中力ない投球だった。

デラロサも期待していたけど、審判の判定に完全に集中きれていた。若いからだけど、いかんな。なんとなく、来年の先発の練習程度でしか考えてないような投球だった。

モラレスは、去年活躍したけど、今年最初からDL、復帰以後もイマイチが続いている。続かないと、やはり厳しいね。

ブルペンが、上原の前がなあ・・・。負けていても、最少失点に抑えられる投手がいなくなっている。田澤だけでは、厳しい。


結局、ブルペン勝負で、ヤンキースに負けた。

コツコツつなげられて、走られて、試合後半で3点追加されている。

ちょっと、良くないな・・・・。

シーズンの勢いを落としそうなきょうの敗戦だった。




ラストスパートへ、ちょっと、厳しいかもしれん。。。。




アストロズ戦。

ピッチャーは、けっこう内容の良い投球しているナックルボーラー、ライト。

アストロズだし、使ってみようってことだろうなあ・・・。

しかししかし。

初回に、オレのイチオシ、ライアン・ラバーンウェイがパスボール連発。

いやあ。。。。まいった、まいった。

合計4回。

初回に4回、パスボール。

しょうがないだろう、これは。。。みていてもずっと笑うしかないもんな。

4回目は、ファレルもちょっと笑っていたような・・・・・。


1発目のは、ミットが悪かったかな・・・・。

ミットは、やっぱり、ナックルボーラー用的な、皮の薄いタイプ。しかし、普段使ってないのが丸わかりのカチカチに見える。

うーん。しょうがないよなあ・・・・。

2回目、3回目、4回目ははっきりいって、完全に「どこにいくかは、ボールに聞いてくれ!」ボールだ。

よく、4回で済んだほうだ。そのあとも、よく、取ったよ。


映像見ていても、これは、取れないなあ・・・・。思う。

ウェイクフィールドのナックルは、けっこうスピード遅めで、揺れながらふらふら落ちるみたいなボールなんだけど、ライトのナックルはディッキーに近いスピード早いナックル。おまけに、横に流れるようなボールもけっこうあるんだよなあ・・・。

かわいそうなラバーンウェイ。

そういえば、ウェイクフィールドが投げているときも、ミラベリってほとんど専用キャッチャーがいた。解雇して、ジェイソン・バリテックがナックル受けるようになって、パスボール連発。急遽、解雇したミラベリ呼び戻したってことあったなあ・・・・。

ラバーンウェイは、キャッチャーとしての資質はもう、超一流レベル。バリテックもそうだった。でも、とれないんだもん・・・。

2回から、ピッチャー交代。

ま、しょうがないね。




試合は、乱打戦。大きくリードされたけど、悪いけどアストロズのピッチャーだから、逆転あるかも・・・って見ていたら、だんだん点差が縮まって、チャンスに、ラバーンウェイ。逆転RBIヒットかまして、本日大活躍!

よしよし。




トレードを整理。

ボストンとしては、イグレシアス出して、ピービを獲得って感じ。

まあ、あるかもとは、思っていた。イグレシアスの放出は・・・。活躍すると、次の契約のこともあるし・・・。となると、イグレシアスとの次の契約のことを考えると、ボガーツの存在との比較ってことになるんだよね。

シーズン前半大活躍のイグレシアスだったんだけど、マイナーには、そう、イグザンダー・ボガーツがいるから・・・・。正直、イグレシアスには、今シーズン最後のチャンスだったかも知れなかった。最後のチャンスに活躍して、いい評価でタイガースいったのは、良かったんじゃないかな・・・・と思うね。シリアコとの競争にも勝ったし、サードも守れるし・・・・。

この、2.3年の監督・GMの若手の利用の出来の悪さがなければ、ほんとはもっと早く芽が出てきていてもおかしくはなかたんだよな・・・。そう思う。

これで、ショートは、来シーズンはボガーツをどんどん使うことになるはず。ボガーツは、カラダも大きく、ホームランも期待出来る。守備はまあまあメジャーレベル。おまけに、若い!今回のイグレシアス放出で、セプテンバーコールアップでは、ボガーツがベンチに入ることになるだろうな。

9月になる前に、ドリューがもし、またケガしたら、上がってくるかも知れない・・・・。



そして、ピービ。

これには、まいった。

パドレスでて、ホワイトソックスでもまずまずの投球していたけど、ここ数年悪かった。しかし、去年復活。全盛期レベルではないけど、四隅をしっかりつかって、ボールを動かすから、勝利数が読める。バックホルツのケガがなければ、獲得するのは、先発じゃなかったのかも知れないけど、今年活躍すれば、選手寿命も伸びているし、しっかりトレーニングしそうなピービなら2年、3年契約もあるかも知れないぞお。

プレーオフを完全に見据えた補強だな。



ソーントンはイマイチかな。

致命的なのは、決め球がない。

中継ぎでも、勝ち試合には今後投入できないレベルにみえる。

やっぱ、アンドリュー・ミラーの穴はけっこうでかいってことだな・・・・。ノーコンだけど・・・

ソーントン使うなら、きょう投げた、左のブリツン、右のデラロサの方がおもしろいね。まあ、安定性はまだまだだけど、やる気満々だし、決め球がある。



今年のチームは、おもしろいし、打線がつながる。チェリントンやるなあ・・・・。間違いなく、チェリントンの成果なんだよな・・・・。

きょうも、アストロズの中継ぎなら、いけるんじゃないかっておもったもんな・・・。

暑い夏。

8月は長い。

NFLのプレシーズンが今週から始まるけど、MLBは佳境に入ってきたなー。

去年とは大違いだから、楽しいなー!!!

エヘヘ。。。





ツインズとの3連戦、第1戦。

前回のツインズとのシリーズは負け越しているから、このシリーズ初戦は勝っておきたいなー。

バックホルツ先発。今シーズン、一気にエース格にのし上がるようなピッチングを連発しているクレイ。今日は、マウアーが出場せず。わかってか、あわせるようにマイク・ナポリも休み。



バックホルツは、今日はそんなに調子が良いほうではなかったけど、ランナー出しながらもツインズ打線を要所抑える。とくに、ウィギンハム、モウノーをチャンスで抑えたのが大きかった。

終盤、バックホルツのあとの、アンドリュー・ミラー、アレックス・ウィルソンがしっかり投げた。同点に追いつき延長戦。

10回表、ノーアウト1.2塁でミドルブルックスが送りバント。ちょっとビックリ。サインか?それとも自主的にか?どうだろう。サインだろうなあ・・・・・

ドリュー敬遠で、ゴームズ。あいかわらずバッターボックスで忙しい。いま、メジャーで一番忙しいバッターだな・・・。まずヘルメットをとにかく自分のいい位置ににするまでは長い。そして肩さわって、顔触って・・・・、、そこら中さわりまくってやっと打席に。ボックスに入るたびにやってるから、みてるだけでもおもしろい・・・・。

犠牲フライで、勝ち越し。

よしよし。



1点リードで、10回裏。田澤純一が出てくるとおもいきや、なんと、上原浩治。

ドキドキするねえ・・・・。

田澤は昨日、回をまたいで、25球投げた。連投を避けたんだろうね・・・・。それに上原は昨日投げてないってことかな。フレッシュ満開。

今日の上原の内容はベリーグッド。いいねえ。。。すっごくいいねえ!

特に、ファストボールがよく伸びていたな。それにコントロールが最高だった。二人目のバッターなんか、3球外角に同じとこへ。すばらしい!

ストレートは、90マイルに満たないときもあるけど、よく伸びる。球速が落ちない上原の真骨頂!

若手中心だったし、スプリットもしっかり振ってくれるツインズ打線。3人でかたづけて、試合終了。

3連勝!

よしよし、いいぞおー!


やっぱりねえ・・・・連投じゃないと、ボールがいいねえ・・。たいへんなんだね、、、休まないとね・・・・。首脳陣もよくわかっているから、今後もみんな休ませながらやっていくって事だな・・・。




ハンラハンはトミージョンやるとかだし、どうしようもないね。松坂、ラッキーと同じだな・・・。下半身のねばりなく、手投げで投げ続けると、ヒジに負担になる典型的シーズンだった。結局手術しないといけなくなるつうパターン。。。。。




延長は、ついつい絶対見てしまう。負けたらむっちゃくやしいけど、勝つと、今日一日ハッピー!!


ブルージェイズとの3連戦、第2戦。

昨日、田澤が打たれて敗戦。続きたくないぞ、の2戦目。。

バックホルツが完璧な投球。得点許さずに、交代。今年はヤルかなやんちゃクレイ。。

マイク・ナポリのでっかい2発で大勝利!がっはっは。こいつの飛距離ハンパじゃねー。。ボールに当たったときの音が、低い。ボールがつぶれているのが伝わるものすごいスイング。たのもしいぞ。。




最近、打者で気になっているのが、もうひとりのマイク、マイク・カープ。

マリナーズから移籍の、マイク・カープ。マリナーズから移籍の・・・・。

だいたい、マリナーズから出た選手は大活躍することが多い傾向にある。なぜかしら、あそこはやる気がなくなるのか、なんらかの要因があるのか・・・・。
まあ、ともかく、そんなあことより、はっきりいって、スプリングトレーニング時の内容は良くなかった。ずっとみてたけど、カラダは開くし、バットは波打ってるしで、カラダつきはすこぶる打ちそうなんだけど、当然結果出ない。はっきりいって期待していなかった。ジャーニーマンなのかなと。。。

でも、開幕ロースターに残った。意外だった。。

シーズン開幕当初、ポジションだぶるダニエル・ナーバ、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがいたから、使われることはなかったけど、4月半ば鮮明に覚えているのがシーズン最初のスタメンとして起用される。いきなり4安打。4打数だったと記憶している。打ちまくった。結果以上にプレシーズンでズタボロだった打撃が改善、フォームが修正されて、腰のキッチリとまった壁ができていてパワーがしっかりボールにのっていた。バット技術が良くなっていた。こりゃやばいな・・・と思った。もともとカラダはでっかいしケツもでかい、となると、このフォームは打つぞ・・と。



その後も、スタメンで使われることは少なかったけどよく打った。バッティングフォームがいいから、結果出る。

で、ポジションの競争相手だったマウロ・ゴメス移籍へとつながった。そうゆうことだった。

でも、でも、さすがにオルティズが復帰するときにアクティブ・ロースター外れるかと・・・・。売る出し中のジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがいたからだ。。

しかししかし、ここでも、AAA行きは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアとなった。ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアは、プレシーズンよかったけど、マイク・カープと逆でシーズン入ってまったく打てなくなっとったから。



その後も控え、スタメン両方で使われ出し、ビクトリーノのけがでますます使われるようになった。大活躍し、そして、今日もピンチヒッターで出て、なんとなーく打つんじゃないかい・・・・と思っていたら、ほんまにホームラン打ちよった。フォームが良い。腰が残って、しっかりバットにボールが乗っている。


いやあ、、、この男、ボストンで大爆発しそうな予感がするぞおー。競争は激しいけど、ゴメス、ブラッドリー・ジュニアとの競争に勝ち、その後も結果残しまくっている。遅咲きの大器晩成型かもしれん。

スプリングトレーニングの状態みてもロースターに残したチェリントンの見る目は、すごいのかもしれん。。。

マイク・カープ。これからもおもしろくなりそうだぞー



開幕2戦目。ヤンキース戦。

ヤンキースは主力がいないから、開幕戦に続いて、勝っておきたいところ・・・・。



バックホルツ先発。スプリングトレーニングの延長で調子は良い。キャッチャーサルティのへたっぴリードもうまくこなしながら、ハフナーの一発だけの得点で仕事をしっかりこなす。

8回は、得点差もあったし、イチローからって事もあって開幕戦に続いてアンドリュー・ミラー登場。ピンチヒッター出されてイチローとの対戦はなくなったけど、いきなりデッドボール・・・・。いかんなあ・・・・ノーコン癖が戻ってきてる感じだなあ・・・・。ダニエルバードが移ったか・・・・。なんとかカノーを打ち取って交代。2戦続けて、四球・死球でランナーだして、イマイチ・・・・。プレシーズン戦では良かったのに・・・・プレッシャーに弱いのかな。。。


続いて、アセベス。去年は、成績悪いのに口ばっか達者で謹慎させられたアセベス。WBCでも武闘派の本領発揮しとったし、事をおこすんだけど、今年はどうか・・・。スリーランかまされる。

・・・・。

うーん。

判断は微妙だなあ・・・。ホームランあるバーノン・ウェルズに初球考えてないストレート。キャッチャーサルティだから判断は微妙だなあ・・・・。変化球から入るとか考えない下手くそキャッチャーだからなあ・・・・。アセベスの出来は今日だけでは判断が難しいけど、ストレートの伸びはなかった。去年といっしょ。。。負け試合や今日のように終盤で点差あるときだけなんだろうけど・・・・今日の結果では、とっととだして、若手上げろーっていいたい内容だった。。。


クローザーは、ハンラハン。プレシーズン同様、内容は良くない。ガードナーへの三振では、最速97マイルでコントロールも良かった。乗っていけるかどうかだな・・・・。



打つ方は、黒田博樹が2回に降板したことで、勢い乗った感じ。黒田を襲ったビクトリーノの打球は、黒田がドジャース時代にデコに打球あてたことがあるから、その、まあ、後遺症的な反応だったんだろうなあ・・・・・。顔に当たらないように手でボールをのけようとした結果だったように思う。取りにいった感じじゃなかった。ニューヨークは寒そうだったし、中指痛めてデッドボール続けて、結局降板。しょうがなかったね。。。大事ないことを祈る。

ま、おかげで、次の回に集中して得点あげられた。去年と違ってヒットが続いている。選球眼いいバッターそろった感じだし、今日も、若手が大活躍。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア。
ホゼ・イグレシアス。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアは、メジャー初ヒット。

祝!!よっしゃー!!

家族も大喜び。本人はいたって、普通に一塁に・・・・。この男、まだまだ、ずっと先を見据えている感じだ。

イグレシアスも今日もヒット。切れのいい変化球にはまだまだ対応できてないけど、知ってか知らずか早めに、、追い込まれる前に、ストレートを打ちにいっている。
コーチか、それとも本人がわかってやってるのか、、、結果出ているとシリアコ出番なし。。。

シリアコもみたいのに。



マイクナポリがレッドソックス初ヒット。なんとなくほっとしていた様子。ホームランは出ていないけど、今日もボールが落ちてくる時間がめっちゃ長いフライががあった。当たればスタンド行くだろう。




開幕2戦。ヤンキースの貧打に助けられているところが大きい。しかし、シーズンは長い。同地区はすべてライバルだし、いまは、相手より内向きに良くなっているのかみていこう。。。




プレシーズンマッチ、ピッツバーグ・パイレーツ戦。

パイレーツの先発ピッチャーイマイチっぽい印象だったから、打つ方は参考にならんと感じてみる。



先発はバックホルツ。

過去、ローテーションには入っているものの、イマイチ安定感欠けるシーズンばっかの投球内容。今年はどうか・・・。

1.2回あんまり良くない、カーブがきちんとコントロールされていないし、チェンジアップが去年から引き続き落ちなくなっている。ただ、今日はキャッチャーがロス。リードがいい。助けられたね。。。

3回以降は、コントロールが良くなってきたし、カーブとチェンジアップが悪いとわかったのか、ツーシーム(ワンシームかも・・)と、カッターでうまく打ち取っていた。
ローテーションピッチャーとして、このあたりは成長のあとがみられた。結局、ホームランの1失点に抑えて降板。観客から大拍手。プレシーズンなのにこの雰囲気。やっぱファン多いボストン。

球種が増えて、スプリットも投げるようになって、バッターに絞られなくなった。ノーヒッターのころのストレートと二つのカーブだけの時代が、ほんに、懐かしいと思えるほどたくましくなった。よしよし、ローテ2番手決定!




2番手には、回の途中から田澤純一。このあたりは、もはやシーズンの感じ。カンタンにゲッツーに打ち取った投球。まずまず、次の回も登板。ストレートの伸びがある。しかしスプリットが相変わらずコントロールが定まらない。カーブは今日は良かった。
回をまたいで3回目。投球数が20球を超えたあたりから急速にダウン。球がおじぎして、みていてなんか足に来ているような・・・・。フォアボール連発で、交代。
内容は良かった。回を2回またいでの登板だったから、しょうがないね。またぐと肩が冷えるから、スタミナも消耗する。シーズンでも3回投げることはあんまりないだろうから、いいだろう。




打順は、開幕オーダーか?と思うメンバー。

1番センター   エルズベリー
2番ライト     ビクトリーノ
3番セカンド   ペドロイア
4番ファースト  ナポリ
5番サード    ミドルブルックス
6番DH      サルタラマッキア
7番レフト     ゴームズ
8番キャッチャー ロス
9番ショート   イグレシアス

うーん。。。。。
ショートが解せんが、開幕あり得るオーダーだった。

エルズベリー、ビクトリーノはイマイチ。
ペドロイア、は順調。ナポリは、球の見送りかたはやはり4番だ。
5番ミドルブルックスは今日もフェンス直撃のでっかいヒット。この男の打球はマジで伸びる。すげー。
サルティはキャッチャーとしては、超低レベルだけど、打者としてはアッパースイングで当たれば飛ぶ。ラバーンウェイではこうはいかない。

ゴームズは安定してヒット打つだろうし、ロスも打つ方はともかく、今日のリード、肩の強さ、キャッチングブロッキングレベルは、完全に正捕手レベルだ。サルティにマスクかぶらせずに、ロスのマスクでシーズン行くべきだ。
イグレシアスは、ストレート系には対応出来るけど、今日もブレーキングボールはてんでダメ。なぜ出しているのか理解できん。シリアコどうしたんだろ、ケガかな・・・・。出せよなシリアコを。





開幕まで2週間。25人、40人ロースターどうなるか・・・・。楽しみだ。
ブラッドリーは入るのか。デラロサはどうか。アセベス、バードの位置づけは?オーバーベイ、スウィーニーをどうするのか。。。

興味はつきないなー




プレシーズン、フィリーズ戦。

先発はジョンラッキー。

状態はたいしてあがってないように感じられる。

契約が今年入れて2年あるから、先発4、5番手あたりで使い続けるのだろうけど、年俸にはまったく納得いかん、ほとほと悲しくなるレベル。



アンドリュー・ベイリーがまずまず。中継ぎでの開幕ブルペン決定だろう。ただアスレチックス時代のストレートの伸びはまったくない。外角ギリギリのいいコースのストレートをフェンス前まで軽く運ばれているのをみると、クローザーはない。中継ぎ。


上原浩治。今日は8回に登板。シーズン見越しての、登板回なのかな・・・。ただ、プレシーズンの8回だから、試合後半でバッターはまだまだマイナーにどっぷりの若手。。軽くあしらう感じだな。フォークを続けたら、みんなまったく打てない。上原のスプリットを打てるマイナーの若手はいない。今日の登板は参考にならないな。

途中でボーク。セットしたのに、またセットしたシンプルなボーク。やった瞬間「あっ」と思ったら、やっぱり審判がコール。すぐ修正出来るだろう。




エルズベリー。

今日の先発はハメルズだから、ある程度はしょうがないだろうけど、良くない。6月ぐらいまで打率2割程度でいくんじゃないか・・・・。そんなことになると、夏までにトレードも現実に起こるかもしれないかもなあ・・・・。

なんといってもジャッキーブラッドリーJRがいい。ただ、ジャッキーは、ユーティリティではないから、エルズベリーがケガしない限り、たぶんメジャーでの出場はない。となると、エルズベリーの結果が出なくても、ジャッキー・ブラッドリーをセンター先発にするのも現実的ではないか・・・・。エルズベリー出して、すぐブラッドリー???いや、ないな・・・・。そこまでリスクをチェリントンが負うとは思えない。ってことは、ジャコビーの数字悪くても、やっぱり、今年は最後まで使う可能性が高いか・・・・。



イグレシアス。

やっぱり体格が去年までとは違う。飛距離も伸びている。だけど、変化球には相変わらずついて行けていない。だめだ。となると、内野ショートの先発もまだまだレベルだし、ファースト以外内野守れるシリアコが内野ユーティリティで決定だろう。まだイグレシアスの変化球対応はぜんぜんだめと見た。

期待されているほど働かないだろう、、、まだ、いまのレベルでは。。。シリアコ落とすなよ!チェリントン。



ペドロイア。

ほぼ開幕万全だろう。いうことなし。すばらしい!


ビクトリーノ。

状態イマイチ。WBCの影響あるだろうけど、WBCでも活躍してないからギア上げてなかっただろうし、そうなのにあんまり活躍するようには思えないなあ・・・・。契約ほどには・・・。


ミドルブルックス。

手首の状態が、万全であるのを祈るのみ。この男の飛距離はほんとに伸びる。ボールのとらえ方のすばらしさ、背筋も強いんだろう。ベルトレーレベルの背筋力っぽい。ケガなければ、ミドルブルックスは30本打つはずだ。



だんだん開幕モード。
先発組で状態いいのは、ペドロイア、ナポリ、ミドルブルックス、ゴームズ。悪いというかレベルが低いのは、エルズベリー、ビクトリーノ、ドリューってところか。。。

先発は、レスター、バックホルツ、ドーブロントがまずまず。ラッキーはダメ。



うーん。。。。トータルでは、やっぱ勝率5割行ったり来たりの戦力だな・・・・。




2013年、スプリングトレーニングが始まった。

サプライズでもないだろうけど、ペドロ・マルチネス、ジェイソン・バリテック

レッドソックススーパースターが現れた。

いやあ、、おもしろいなあ・・・・・。

2012年完全にクラッシュしたチーム。

再びチームとしてのまとまりをつくろーってことなんだろう。GMが呼んだのかなあ・・・。

フロリダに行けるわけもなく、チームの動画で見た限りは、

マルチネスが、ダニエル・バードにフォームの指導している姿が・・・。

ダニエル・バードは2012年はダメだった。

念願の先発ローテーションでのスタートだったけど、明らかにトレーニング不足の下半身。

開幕から、スピードないわ、スライダーはすっぽ抜けるわでフォアボール出して、

ストライクを痛打って連発。AAAで仕切り直したけど、昇格してもさんざん。

結局、シーズン終了までぜんぜんダメだったなあ・・・・。

途中、再び中継ぎにって方向もあったそうだし。。。

さて、2013年ダニエル・バードは先発なのか。それとも中継ぎなのか。どうだ。

そして、そして、下半身含めたフォームが2011年レベルに戻っているか・・・・。



ジェイソン・バリテックも臨時コーチに。

ジョン・レスターとの会話、レスターのフォームをジーーーーと見ていたのが印象的だった。

レスターも、2012年シーズンはダメだった。

ストレートスピードは遅い感じだったし、

カッターやカーブ系も曲がりが早く、バッターにきっちり見られてストレートを打たれて・・・。

降板後ベンチでグラブをたたきつけるシーンがたびたびあったなあ・・・・。

バリテックなら、超適切なアドバイスできるだろうし、元に戻ればいいなあ・・・。

つうか、エースは15勝しないといけない昨今。。

どうか・・・。



おれ期待の田沢の先発はないのかなあ・・・・。

チャンスだけでも与えて欲しいなあ・・・。

ローテ予想は、

1番手 レスター
2番手 バックホルツ
3番手 ドーブロント
4番手 ラッキー
5番手 デンプスター

かなあ・・・・。

4番手、5番手争いに、田沢を入れて欲しい。

ダニエル・バードも入ってくるかな。。。

想像膨らますのも楽しい。

オープン戦始まってくれば状態わかるし判断できるようになる。



この時期の他チームの動向も気になる。

やっぱりヤンキース。

イチローが2年契約だし、黒田も安定しそうだし、その上、

ユーキリスが1年契約。

ユーキリスは、ケガで最近良くなかったけど、脇腹と手首が万全なら、20本打ちよるだろうし・・・。

やばいなー。。。

それに、ハフナーも1年契約。

三振多いけど、当たったら全部ホームランみたいな危険な男。

デンジャラスだ。。。

Aロッドがケツかなんかの手術で当分出ないそうだけど、ぜんぜん戦力落ちてねーやんか・・・。

先発ローテも変わらず強力だし、今年もいきそうな感じだなあ・・・・。

あ、あ、なんとなく、イチローが体重増やしたように見受けられる。

うーん。。。。松坂じゃあないんだから、トレーニングサボってじゃないだろうし・・・、

もしかして、2013年型イチローは、ホームラン量産型なのかも知れない・・・・。

ヤンキースとの契約で、充実しまくっていそうだから、なにかやってくれそうな気がする・・・・・。


オープン戦も始まってないけど、いろいろ想像するのは楽しーなー。。。

おっと、アスレチックスのチームページ見たら、TOPが岡島だった。

マイナー契約でTOPに載せるかー普通・・・・。期待されてるなー

開幕はロースター確実だな。

ユーキリスにせよ、岡島にせよレッドソックスにいた選手の動向は気になる・・・・。

松坂だけは気にならないけど・・・。はっは。

岡島には活躍して欲しい、マジで。

モチベーションあがったときのパワーはすごいよオカジは。

スプリットでメジャーリーガーを三振するところを久しぶりに見たい!!



2013オープン戦開始まであと2日。

えへえへ、うしし、やっぱ野球は楽しいなあー


1 2 3 4 5 6 7

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ