他チームの選手

レッドソックス関係ないけど、

トロント・ブルュージェイズで、ウェイブを巻き起こしている川崎の、おもしろい映像をみた。

レンジャーズ戦、三塁打打ったあと、ベルトレが川崎になにか言ってる。

これぜったいおもしろい。ベルトレの怖い顔と川崎のひょうきんな顔だちが、おもいっきりunmatch。

川崎の三塁打映像

きょうも、勝ち越しタイムリー打ったし、すっごい活躍している。寒いところでの、明るい性格は、完全にトロントに受け入れられて、みていて楽しい。

打率は良くないけど、ピッチャーにボール投げさせているし、ピッチャーからすると、ちっこい打者がしぶといとだいたいいらいらするんだよね。そうすると、次のバッター以降に影響する。そうすると、ジェイズはクリーンナップにホームランかます奴らがそろってるから、不用意に投げるとかまされる。GMも監督もわかってる感じだな。だから、メジャーにすぐ戻したんだろうね。

出塁率だけみると、レギュラーでぜんぜんおかしくないもんね。

人気っだけじゃなく、完全に戦力。おもろいだけでは、使ってくれるほど甘くない世界。

なんとなく、自分もがんばろうって気になるから不思議だ。

毎日出場してほしいし、もっともっと活躍してくれ、川崎よ!

さて、ボストンは好調を維持してきているんだけど、悲しすぎる出来事でガックリきていた数日。

15日だったか、シリアコがパドレスへ。

ずいぶん前から、エラーはしまくるし、空振り三振ばっかだしで、やる気がじぇんじぇんないのが丸わかりだった、ペドロ・シリアコ。

去年加入して、野球センスの底知れないレベルに今年の一押し選手にしていたのに・・・・。

だいたい、オレが今年の一押し選手にしたら、たいていトレードか、活躍しないか、ケガか・・・・で、まったく試合に出なくなる。

ほんとに、疫病神だな、わしは・・・・。

今年もシリアコを一押しにしていたら、毎度やっぱり、結局トレード。


はあ・・・・。


ため息ばっかだなあ・・・・。

シリアコ好きだったのに・・・・・。


おれが悪い。すまん、シリアコ・・・・。


シーズン前にショートでドリューをとってきた瞬間、だめかな・・・・・とは思ったけど、

最近、ぜんぜんやる気ないんだもん。

そりゃわかる。

よくわかる。


去年の活躍なら、今年は、ショートのレギュラーで、っておもうもん・・・。

イグレシアスの成長も大きかったなあ・・・・

去年までの打てないホゼだと、変わらず守備のみだったろうし。

まあけど、

1度目のがっくりは、

ドリューが来てなかったら、開幕からショートだったのに。。。

その上、がっくり2度目は、

開幕当初からドリューがケガででなかったのに、シリアコじゃなく、イグレシアスをマイナーから上げてスタメンに起用。

ほんでもって、イグレシアスが活躍。

で、まったく出番がなくなっちゃった。

やる気なし丸わかり。中南米選手だし、わかりやすすぎなんだもん・・・・。

しょうがないよ。

やる気なくなるさ。

オレがシリアコなら、毎日飲んでるね。

あーあ。




で、結局、パドレスへ。

移籍後、ホームラン含む大活躍。打率4割。

そりゃ打つさ。

センスあるもん。

やる気なかっただけだもん・・・・。



オフシーズンの補強はだいたいうまくいってるんだけど、

シリアコを出さないといけなくなったのは、チェリントンの失敗だなあ・・・・。



こうゆう選手は貴重なのに・・・・。




まあ、

でも、

チームに活躍の場がないなら、出るべきではある。絶対。

日本的閉塞な組織や仕組みのシステムとかだと、生きながら人が死ぬ。人がしあわせに生きるシステムではないんだよね、基本。

そんなことになるより、別れはめっちゃつらいけど、新天地でのチャンスに賭けるべきと思うし、それが一番良いのだ。

今回も、チームも、シリアコもベストの選択。



パドレスでレギュラーとって、大活躍してほしい!

時間見つけて、たまには見るよ。

一押し選手であることには変わりはない。

ほんとうにシリアコは、いい選手なんだよ。

去年は、クソ指揮官の元で、すばらしいプレーみせてくれてありがとう!



オリオールズとの4連戦、第2戦。

ヤンキースが落ちつつある中、現在の首位攻防戦。

オールスターゲームまで1ヶ月の大事な大事な、ボルチモアでの戦い。


強い。

強いなあ・・・。

シーズン前から、ある程度わかってたけど、オリオールズ強いね。。。

ピッチャー元気。いいの、そろっとる。

それに、

クリス・デービス。

・・・・・。

バッターボックスでヤバヤバ光線、発しまくってるな・・・。

この人、激ヤバ。

何投げても、フェンス超えそうな雰囲気を醸し出しておりまーす。

やばいでーす。

シーズン最初のオリオールズ戦の時から、こいつやばいと感じていたけど、やっぱ、現在ホームラン王。

わかる。

よくわかります。

怪獣に、ストライクゾーンに投げてはいけません。

すべて、ボールにしましょう。

いけません。

球を投げてはいけません。

そうしましょう。

卑怯とか関係ありません。いけない男です、このクリス・デービス。


試合は負けたけど、デンプスターが内容の良いピッチング。

8回満塁のピンチに、上原浩治登場。

今日一の楽しい場面。

初球に注目。

カーブ投げろー!と思っていたら、カーブか、スライダーか、でストライク。

この一球で決まったかな・・・・。

さすが、デイビッド・ロス。

さすがの入り方の要求。

2球目、渾身のストレート。外角いっぱい。空振り。

そして、3球目。

スプリットが見事に落ちる。

三球三振!

さんきゅうさんしん!

そういえば、子供の頃、三球で三振したやつは、必ずいじめられたなあ。

「三球三振ってなに?」

「当たらないの?」

「寝てたの?」

・・・・・・。


今日の上原には、しかたがございません。打てません。すばらしすぎました。




さて、強いオリオールズとの対戦続く。

過去三年のことを思い出すと、夢のような時期ではあるけど、

やっぱりずっと、勝ってください。



クリス・デイビスはいかんぞ。

こいつは、いかん!

みんな、わかってるかっ。

わかってるな。。。

勝負するなよ!

いかんぞ・・・・。

怪獣だぞ、こいつは。

怪獣に向かっても、人間は勝てないど。

ウルトラマンじゃないだど。

わかるよな・・・


2013年開幕から2ヶ月がすぎ、これ以上ないってぐらいの好調スタート。いいぞー

昨日から、ナ・リーグ、フィラデルフィア・フィリーズとのフェンウェイでの4連戦。

今日は第2戦。

先発はデンプスター。フィリーズは、クリフ・リー。

2013年今年のスプリングトレーニングで、クリフ・リーと対戦している。中継もしてくれたのでみたけど、そのときは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアのホームランが出たりと、投球内容はイマイチな印象だった。

しかし、なんだろう、この人は・・・・。

今日はぜんぜん違うやん!

なんじゃいなあー、もうっ

スプリングトレーニングの時の投球とは、ぜんぜん違うじゃないか・・・。さすがのリーの投球になっちょるやんー。。ボストン打線が完全に翻弄されて。。きりきり舞い。。。まさにリーの真骨頂・・・。

完全に、バッターの思考回路が崩壊させられてしまうピッチャーなんだよなあ・・・この男。ストライクゾーンの四隅をボールが動くし、ボールゾーンもうまく使いまくるし、、、打てねえ。。。まったく打てねえ・・・。

すごいわ、クリフ・リー。

どうしようもない。

このレベルになると、やっぱ、開幕前の投球なんかはなんのあてにもならないねえ。。。

わしゃ、感服つかまつった・・・





クリフリーが完投ペースで投げていて、球数もまだいけそうだったけど、9回は、ジョナサン・パペルボン。

当然、パペルボンのテーマが流れることもなく・・・・。ブルペンからマウンドまで、無音のなか、ブーイングが・・・・・。けっこう大きかったなー、ブーイング。おまけに、レッドソックス在籍時の最後の登板、オリオールズに打たれたシーンがまってましたとばかりに、流れる。。。。さすが、アメリカ!

9回、オルティズのホームラン級の大きいファウルはあったけど、今年絶好調のパペルボンは打てず。結局三人でピシャっと、やられちゃって、負け。。。




昨日は、打線爆発でしっかり勝ったけど、今日は完全にクリフ・リーにやられてしまったなあ・・・。

さすがじゃのー、リー君は・・・。

逆に、ライアン・デンプスターが2点でよく抑えたな・・。。デンプスターは、開幕からしっかり仕事をしているすばらしいね。よくやっっちょるよ。

やっぱ、落ちる球持ってると、内容が安定するのかな・・・・。


9回、田澤純一が1点差負けている中で、登場。

先頭打者に、いきなりのホームラン。

いかんな・・・。

だめだなあ・・・・。

集中力なかったなあ・・・。

ロスのミットと逆のインコースへのストレート。

ドンピシャだったな。。ちと、コントロールへの気持ちが薄れていたような・・・。集中力なかったね。負けている状況では、集中力を高まりも違うのかな・・・・。そんな、入り方だった。

まあ、でも、今日の全般的内容はいいね。

ホームラン打たれたけど、その後もヒット2本打たれてスコアリングポジションにランナー置いて、やばかったけど、けど、投球内容は悪くなかった。

カーブのコントロールが良かった。カーブが良かったから、ストレートの伸びがなかった分、ホームランの1点に抑えることができたんじゃないかなってな。。。汗が多いと変化球がいいのかな・・・・?しっとりしたボールが好きなんだろうかな・・・田澤も。。スプリットも落ちがいまいちだったけど、コントロールはまずまず。

9回裏パペルボン相手の2点差は確かに、きつくなっちゃったけど、ま、しょうがない。若いし、シーズン前半だし、内容重視ってことで、いきましょう。いこう、いこう。

少し前から、カーブと、スプリットのコントロールを修正してきているか・・・。数試合前までのファストボールのキレだけで抑えていたレベルから、上げてきていたように感じた今日の投球。

初球のストライクの入り方だな・・・・。

気持ちの部分なんだろうな・・・・。

そのへんは、ベテランとは違うんだろうかな・・・・。

まあまあ、開幕からメジャー初年度だし・・・・。

若手はあたたかくみていこうっ



打線は、ペドロイアが絶好調!

バレンタインのおかげでバットに集中出来なかった2012年シーズンとは違って集中できているね・・・。新人王とった年レベルの振りしている。シーズン後半までいってほしいなあ・・・・。

キャプテンでいいんじゃないかな・・・・来年は。




今日は負けちゃったけど、東地区順位もまずまず。主力ぜんぜん欠けまくっているヤンキースが首位。

なんでやねん!

ほんまに・・・。

なんなんだ、ヤンキースめ!

主力いらんやーん、ぜんぜん。

ベテランばっかになった、主力がおらん方が、いいんじゃないのか。。。

うーん。。。

ということは、ベテラン主力が戻ってきたら、負けるようになったりして・・・・。

えへへへへ。。。

期待しようっ!!




2013年、スプリングトレーニングが始まった。

サプライズでもないだろうけど、ペドロ・マルチネス、ジェイソン・バリテック

レッドソックススーパースターが現れた。

いやあ、、おもしろいなあ・・・・・。

2012年完全にクラッシュしたチーム。

再びチームとしてのまとまりをつくろーってことなんだろう。GMが呼んだのかなあ・・・。

フロリダに行けるわけもなく、チームの動画で見た限りは、

マルチネスが、ダニエル・バードにフォームの指導している姿が・・・。

ダニエル・バードは2012年はダメだった。

念願の先発ローテーションでのスタートだったけど、明らかにトレーニング不足の下半身。

開幕から、スピードないわ、スライダーはすっぽ抜けるわでフォアボール出して、

ストライクを痛打って連発。AAAで仕切り直したけど、昇格してもさんざん。

結局、シーズン終了までぜんぜんダメだったなあ・・・・。

途中、再び中継ぎにって方向もあったそうだし。。。

さて、2013年ダニエル・バードは先発なのか。それとも中継ぎなのか。どうだ。

そして、そして、下半身含めたフォームが2011年レベルに戻っているか・・・・。



ジェイソン・バリテックも臨時コーチに。

ジョン・レスターとの会話、レスターのフォームをジーーーーと見ていたのが印象的だった。

レスターも、2012年シーズンはダメだった。

ストレートスピードは遅い感じだったし、

カッターやカーブ系も曲がりが早く、バッターにきっちり見られてストレートを打たれて・・・。

降板後ベンチでグラブをたたきつけるシーンがたびたびあったなあ・・・・。

バリテックなら、超適切なアドバイスできるだろうし、元に戻ればいいなあ・・・。

つうか、エースは15勝しないといけない昨今。。

どうか・・・。



おれ期待の田沢の先発はないのかなあ・・・・。

チャンスだけでも与えて欲しいなあ・・・。

ローテ予想は、

1番手 レスター
2番手 バックホルツ
3番手 ドーブロント
4番手 ラッキー
5番手 デンプスター

かなあ・・・・。

4番手、5番手争いに、田沢を入れて欲しい。

ダニエル・バードも入ってくるかな。。。

想像膨らますのも楽しい。

オープン戦始まってくれば状態わかるし判断できるようになる。



この時期の他チームの動向も気になる。

やっぱりヤンキース。

イチローが2年契約だし、黒田も安定しそうだし、その上、

ユーキリスが1年契約。

ユーキリスは、ケガで最近良くなかったけど、脇腹と手首が万全なら、20本打ちよるだろうし・・・。

やばいなー。。。

それに、ハフナーも1年契約。

三振多いけど、当たったら全部ホームランみたいな危険な男。

デンジャラスだ。。。

Aロッドがケツかなんかの手術で当分出ないそうだけど、ぜんぜん戦力落ちてねーやんか・・・。

先発ローテも変わらず強力だし、今年もいきそうな感じだなあ・・・・。

あ、あ、なんとなく、イチローが体重増やしたように見受けられる。

うーん。。。。松坂じゃあないんだから、トレーニングサボってじゃないだろうし・・・、

もしかして、2013年型イチローは、ホームラン量産型なのかも知れない・・・・。

ヤンキースとの契約で、充実しまくっていそうだから、なにかやってくれそうな気がする・・・・・。


オープン戦も始まってないけど、いろいろ想像するのは楽しーなー。。。

おっと、アスレチックスのチームページ見たら、TOPが岡島だった。

マイナー契約でTOPに載せるかー普通・・・・。期待されてるなー

開幕はロースター確実だな。

ユーキリスにせよ、岡島にせよレッドソックスにいた選手の動向は気になる・・・・。

松坂だけは気にならないけど・・・。はっは。

岡島には活躍して欲しい、マジで。

モチベーションあがったときのパワーはすごいよオカジは。

スプリットでメジャーリーガーを三振するところを久しぶりに見たい!!



2013オープン戦開始まであと2日。

えへえへ、うしし、やっぱ野球は楽しいなあー


松井秀喜が引退。


・・・・・。

とうとうこの日がやってきてしまった。

しょうがないな。

豪快なあの一発を見れなくなるのはさびしいけれど、当然ながら、オレがとやかく言える理由もなし!



松井の姿はずっと見てきたなあ・・・・。

高校野球の連続四球も生で見ていたし、

ジャイアンツ時代の、打った瞬間「行ったー!」ってな豪快なスイング。

振り切ったあとの、バットをくるっと投げる最後の動作。

そして、ホームランなのでゆーーーーくりダイヤモンドを回る姿。



目をつぶれば、鮮明に出てくる。




そして、メジャーリーグ。ヤンキースへ。

ホームランで、超ガッツポーズを取ったのを今でも思い出す。

「なにするねんこの男!」って言った気がする。。。

フェンウェイでは、とにかくよく打ちよった。。。。


そして、なんといっても2009年。

ヒザの故障はあってDH中心になっちゃったけど、円熟の技術だった。

まさにカラダのバランスと、バットコントロールの技術は最高潮だった。

2009年ワールドシリーズは全部見たし、松井の打席は気合いで見ていた。

精神的な集中力のすごさもテレビ画面からわかったし、

自由自在のコントロールのマルチネスが「もう投げるところがない!」ってレベルまで、

松井が追い込んで、それでもマルチネスが気をつけながら投げた球を、

ライトスタンドに・・・・

あればすごかった。



普通はピッチャーがボールを持ってて、そこから投げるから、基本野球はピッチャーが優位状況から始まる・・・。

そんな優位であるピッチャーを追い込める打者、それも超一流のピッチャーを追い込める打者って、そんなにいっぱいいない。

数えるほどの人数だし、そうゆう選手もいつもそうであるとは限らない。体調、精神的な部分が充実していてはじめて、その瞬間が訪れる。

2009年ワールドシリーズの松井秀喜はすごかった。

MVPにふさわしかった。

選手も関係者も、ものすごいレベルだったことをわかってるから、ニューヨークで、アメリカで日本人なのに、まったくといっていいほど悪い意見はでなかった。

英語はよくわからんが、ペドロ・マルチネスの試合後の会見の松井に対するコメントを求められたときのあの表情はいまも覚えている。

もうどうしようもなかったって顔してた・・・・。



その後、エンゼルスへ。

ヤンキース戦。

チャンピオンリング贈呈式での、エンゼルスのベンチでいた松井にコールが。

「ナンバーフィフティファイブ、ヒデキ・マツイ!」

そして、ピッチャーマウンドでヤンキースの面々と抱き合った瞬間はもう、涙が止まらなかった。

いまも思い出したら、涙が出る。

しかし、シーズンは本人もベンチも不本意な成績だった。

見ていてもやはりヒザの影響からか、踏ん張りがきいていない。

大砲の期待で入っただけに・・・。

それでも、契約金額とかけ離れた成績では間違いなくなかったと思う。


そして、アスレチックスへ。

スプリングトレーニングでの映像があった最初の打席。

あきらかにカラダを絞り込んで細くなった松井の姿があった。

オレが理解したのは、ヒザへの負担を軽くするには体重落としたんじゃないか・・・と。

体重落とせばパワーは落ちる。

それを、ヤンキース時代の後半にたどり着いた超一級技術でカバーしようと考えたんだろうと・・・。

打つ瞬間のボールの中心からわずかに下を、切るように上からたたく。

そして、左腕を絞りこみ一気に押し出す。

前から飛んでくる球に、一瞬で打ち込む。

かつて王貞治が会得した究極の遠くへ飛ばす技術。

はっきりいって、常人ではぜったいになしえない領域。

それによって、体重減をカバーすれば、ホームランはまだ量産できると・・・・・。

オレは、そのときに感じた。



しかし、数年かけて体重含めて技術をコントロールしたのではないから、

アスレチックス時代の前半戦はうまくいってなかった。

バランスが悪い。

監督がメルビンにかわるまで、スタメンを外されることもしばしば。

メルビンになって、スタメンに戻り、快進撃。

さすが、松井と思ったもんた。

スタメン外されながらも、現在の最高の打撃のカタチをサボらずやってきたんだなと。

でも、やっぱり飛距離の低下は、カバーしきれなかったように感じた。

アスレチックス時代は、本人も賭けだったのでは。。。。と思う。

ヒザを取るか、パワーを取るか。。。。

そんな感じの・・・・。

ホームランを追い求めるがゆえの選択。

松井秀喜のホームランへのこだわり。




そして、レイズへ。

またもや、いきなりのホームラン。

ほんとうにこの男は、すばらしい。

レイズでのメジャーの打席は、技術うんぬんを超えてきた集中力だった。


ここまできたな・・・・と感じた。





上記内容のすべてはオレの勝手に感じたことの表現。本人とはまったく話したこともないのですね・・・・。



松井秀喜さま。

いままでほんとうにありがとうございました。

その思いを具現化して見せてくれたおかげで、

わたしの人生の一部が充実したものになりました。

ありがとうございました!


書きながら、涙がとまらんなくなってきた。。。。くそー

ライアン・デンプスターと2年契約。

2650万ドルだそうな・・・。


デンプスター。

知らない。

さて、どんな人だろう・・・。

うーん。35歳。メジャーで15年。先発→クローザー→先発。

ピッチングフォームを見る。

うーん。

右の本格派。

フォークだなああ・・・。

ストレートは早くない。

フォーク多投ピッチャーっぽいなあ。。

落差はまずまず。




先発4番手か5番手。

堅く10勝。

ケガはたぶんないだろう。

そうゆう事だな・・・。



年内に動いたなあーチェリントン。

しかし、堅い契約ばっかだなー。

バブリー契約はなし。

リスク大きい契約もなし。

なるほど。

ワクワクしないけど、なんとか5割勝てる状況にはなってきたか・・・。



ただ、打つ方が弱いなあ・・・・。

点取れねえな、、こりゃ。

守って勝つ、ジリジリした試合が多くなりそうな気がするな。。。

それにナポリの入団会見まだだし・・・・、不安。

ハミルトンは、エンゼルスにいっちゃったし、もう大砲いないぞー。

マウロ・ゴメスにがんばってもらうしかないか


ビクトリーノじゃ弱いしなあ・・・。

ちっちゃいチームだなあ。。。

西の方は、赤いチームがとんでもない打線になってるのにな・・・。。

この違い・・・・。


田澤先発して欲しいなー

デンプスターなんかよりよっぽど、12勝ぐらい堅いとみてるんだけどな・・・。

来年の一押し選手はやっぱ、田澤だな。。。



しかし、そういえば、オレが一押し選手にしたら、活躍しないんだよなあ・・・。


歴代みんなダメだった。

ハーミーダ

ケイリッシュ

ラバーンウェイ


・・・・

オレは、GMにはなれないか・・・くそっ!


よしっ、田澤の一押し止めとこう・・・。

あ、

シリアコもいるなあ・・・。

でもシリアコ活躍しなくなるとまずいしなあ・・・・。

ええい!クソ!

レッドソックスはお休み。

あんまり見るきもなくなってるなんだけどなあ・・・・

しょうがないもんなー

 

ってことで、

東地区激動の首位決戦!

ヤンキース対オリオールズを見る。

 

いやあ・・・・・。

楽しそうだなあ・・・・。

オリオールパークが超満員だもんなあー

リプケンの引退の時以来じゃないかな。。。

あ、ウィータースのデビュー日があったか・・・

盛り上がってるからいいなあー

なんて、うらやましい。

 

緊張感たっぷりだし、

ボルチモアはニューヨークから車で行ける距離だから、

けっこうヤンキースファンがいそうな感じ。

8回ヤンキースの攻撃。

満塁でイチロー。

イチローコールが!

ストライクが入ると大歓声。

イチロー、なんとなく楽しそうだもんなあ・・・・。

同点タイムリー。

一塁ベース上で、イチロー、楽しそうだもんなー

いいなあ・・・・・。

首位攻防っていいなあ・・・・。

 

オリオールズは強くなったなー

ショーウオルターの手腕だな。

才能豊かな豊富な選手がそろってるチームに火をつけた。

それに、楽しそうだ。

いまのレッドソックスの選手みてても楽しくなさそうだもの。

勝てるわけがない。

ま、いづれ、ボビー変えないとダメだね。

 

 

ヤンキースとの3連戦、最終戦。

もはや徳俵の端っこにいるレッドソックス。

勝ち続けるしか今シーズン終わってしまうー

 

先発はベケット。

ヤンキース先発は、前回2安打ピッチングの黒田。

調子、モチベーションからして、やる前からずいぶんと開きが・・・・

 

ヤンキースは、A・ロッド、テシェイラいないから、打線のパワーはめっちゃ弱い。

小失点差に持ち込めば、勝てるかもと・・・。

ベケットは、大量点はないけど、前半からぽつぽつ失点。

大量なかったのが不思議なくらいだった。

やっぱ、ロドリゲス、テシェイラいないと大きくは取れない。

でもでも、イチロー。

ベケットにはだいたい相性いいんだよね・・・。

タイミングが合うんだろうな・・・・

2打席連発。

そして、ヤンキーススタジアムにイチローコール。

連発後のイチローコールはさらに大きく・・・・・

ニューヨーカーはいつから、こんなに選手のコールするようになったんだろう・・・・

って思ってしまうぐらい気合いの入ったコール。

イチローのとんでもない高いレベルの偉大さを、

都会に住んでる目の肥えたメジャーリーグファンは

よーーく知ってるんだろうなあ・・・・

まあ、オレが100回生まれ変わっても、10年連続200本なんて打てるわけないもんね。。。

誰でも思うよな・・・

 

イチロー第三幕の幕が上がったな、こりゃ。

一幕はオリックス時代。

二幕はマリナーズ時代。

そして、三幕はヤンキース時代。。

となるか・・・・。

なるんじゃないかな・・・・・そんな予感がする。。。

かねてからイチローは50歳までやるって言ってるから、10年あるし・・・

打席で充実しているのがなんとなくわかる。

 

レッドソックス打線は黒田を打てない。

メジャーリーガーにスライダー投げるやつあんまりおらんから、

若手はまず打てない。

前回同様、ラバーンウェイ、シリアコはきりきり舞い。

しょうがない。

しかし、さすがのエイドリアン・ゴンザレス。

レベルが二回りぐらい上の実力。

黒田の失投をとらえて、ライトスタンドに。

結局、今日の得点はこれだけ。

完全に黒田にやられたな・・・・。

 

もうわずかのプレーオフ進出の機会は、どうだろう・・・・・

わかっていながら、書くのはつらい。

 

今日は、イチロー第三幕があがったのを喜ぶとしよう。

 

ツインズとの4連戦、第3戦。

シリアコ代打ホームラン。

ロスのタイムリーで、逆転して残り1回。

普通は勝つわな・・・・

しかし、いまだにクローザーに居座らせている。

居座っているのか、アセベスが・・・。

バレンタインもアホなんだよな。

 

 

今シーズンのチームの劇的変化はだいたいにおいては、うまくやっている。

このうまい方向に持っていけてる要因は、チェリントンかバレンタインかってとこだな。

チェリントンなのかも知れんといま思った。

大きくはバレンタインの采配も悪くない。

しかし、ところどころ大きな穴を開けることをしている。

選手獲得、放出に関して、チェリントンはいい感じ。

失敗補強もあるけど、すぐ使わないとか、放出するとか、修正を出来ている。

トータルうまいんじゃないか。。

となると、バレンタインの穴が今後気になるところ。。。

ヤンキースと再びしっかり優勝争いするには、イマイチ監督ではぜったいにムリ。

なぜなら、ヤンキースには名将になりつつあるジラルディがいる。

こいつは、危険だし、優秀だ。

レッドソックスにとってすこぶる良くない人物だ・・・・

 

きょう、マウアーがレッドソックスのやる気をたたきのめしてくれた。

アセベスとマウアーでは格が違うのはわかってるんだけど・・・。

ホームランの前のファウルで、「やばいな・・・」と思った。

難しい球をファウルで逃げながら、タイミングを合わせていく。

恐るべし、マウアー。

逆転ホームランのあと、久しぶりに、見るのをやめた。

さすがに、精神的コントロールが出来なくなってしまった。

シリアコの劇的ホームラン。

普通は勝つんだよ。。。なんどもアセベスなんて放出しろって言ってるが・・・

落ち着きを取り戻し、分析、未来に向けての考える。

自分で出来るわけじゃないけど、

 

しかししかし、さすが、マウアー。

やられて、スッキリ。

男前だし、人格もすばらしいらしいし、

敵ながら賞賛しなければいけない。

すばらしい。

よくわかっとる。

打つべきところで、打ちよる。

 

 

バレンタインは修正できるか?

チームは、まだやる気モチベーションを保てるか・・・・

どうか。

若い力が、ベンチ内で大きくなってきているようなら、

また再び立ち上がれるかも知れない。。

 

期待しよう!

 

1 2 3 4 5 6 7 8

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ