松井秀喜

松井秀喜が引退。


・・・・・。

とうとうこの日がやってきてしまった。

しょうがないな。

豪快なあの一発を見れなくなるのはさびしいけれど、当然ながら、オレがとやかく言える理由もなし!



松井の姿はずっと見てきたなあ・・・・。

高校野球の連続四球も生で見ていたし、

ジャイアンツ時代の、打った瞬間「行ったー!」ってな豪快なスイング。

振り切ったあとの、バットをくるっと投げる最後の動作。

そして、ホームランなのでゆーーーーくりダイヤモンドを回る姿。



目をつぶれば、鮮明に出てくる。




そして、メジャーリーグ。ヤンキースへ。

ホームランで、超ガッツポーズを取ったのを今でも思い出す。

「なにするねんこの男!」って言った気がする。。。

フェンウェイでは、とにかくよく打ちよった。。。。


そして、なんといっても2009年。

ヒザの故障はあってDH中心になっちゃったけど、円熟の技術だった。

まさにカラダのバランスと、バットコントロールの技術は最高潮だった。

2009年ワールドシリーズは全部見たし、松井の打席は気合いで見ていた。

精神的な集中力のすごさもテレビ画面からわかったし、

自由自在のコントロールのマルチネスが「もう投げるところがない!」ってレベルまで、

松井が追い込んで、それでもマルチネスが気をつけながら投げた球を、

ライトスタンドに・・・・

あればすごかった。



普通はピッチャーがボールを持ってて、そこから投げるから、基本野球はピッチャーが優位状況から始まる・・・。

そんな優位であるピッチャーを追い込める打者、それも超一流のピッチャーを追い込める打者って、そんなにいっぱいいない。

数えるほどの人数だし、そうゆう選手もいつもそうであるとは限らない。体調、精神的な部分が充実していてはじめて、その瞬間が訪れる。

2009年ワールドシリーズの松井秀喜はすごかった。

MVPにふさわしかった。

選手も関係者も、ものすごいレベルだったことをわかってるから、ニューヨークで、アメリカで日本人なのに、まったくといっていいほど悪い意見はでなかった。

英語はよくわからんが、ペドロ・マルチネスの試合後の会見の松井に対するコメントを求められたときのあの表情はいまも覚えている。

もうどうしようもなかったって顔してた・・・・。



その後、エンゼルスへ。

ヤンキース戦。

チャンピオンリング贈呈式での、エンゼルスのベンチでいた松井にコールが。

「ナンバーフィフティファイブ、ヒデキ・マツイ!」

そして、ピッチャーマウンドでヤンキースの面々と抱き合った瞬間はもう、涙が止まらなかった。

いまも思い出したら、涙が出る。

しかし、シーズンは本人もベンチも不本意な成績だった。

見ていてもやはりヒザの影響からか、踏ん張りがきいていない。

大砲の期待で入っただけに・・・。

それでも、契約金額とかけ離れた成績では間違いなくなかったと思う。


そして、アスレチックスへ。

スプリングトレーニングでの映像があった最初の打席。

あきらかにカラダを絞り込んで細くなった松井の姿があった。

オレが理解したのは、ヒザへの負担を軽くするには体重落としたんじゃないか・・・と。

体重落とせばパワーは落ちる。

それを、ヤンキース時代の後半にたどり着いた超一級技術でカバーしようと考えたんだろうと・・・。

打つ瞬間のボールの中心からわずかに下を、切るように上からたたく。

そして、左腕を絞りこみ一気に押し出す。

前から飛んでくる球に、一瞬で打ち込む。

かつて王貞治が会得した究極の遠くへ飛ばす技術。

はっきりいって、常人ではぜったいになしえない領域。

それによって、体重減をカバーすれば、ホームランはまだ量産できると・・・・・。

オレは、そのときに感じた。



しかし、数年かけて体重含めて技術をコントロールしたのではないから、

アスレチックス時代の前半戦はうまくいってなかった。

バランスが悪い。

監督がメルビンにかわるまで、スタメンを外されることもしばしば。

メルビンになって、スタメンに戻り、快進撃。

さすが、松井と思ったもんた。

スタメン外されながらも、現在の最高の打撃のカタチをサボらずやってきたんだなと。

でも、やっぱり飛距離の低下は、カバーしきれなかったように感じた。

アスレチックス時代は、本人も賭けだったのでは。。。。と思う。

ヒザを取るか、パワーを取るか。。。。

そんな感じの・・・・。

ホームランを追い求めるがゆえの選択。

松井秀喜のホームランへのこだわり。




そして、レイズへ。

またもや、いきなりのホームラン。

ほんとうにこの男は、すばらしい。

レイズでのメジャーの打席は、技術うんぬんを超えてきた集中力だった。


ここまできたな・・・・と感じた。





上記内容のすべてはオレの勝手に感じたことの表現。本人とはまったく話したこともないのですね・・・・。



松井秀喜さま。

いままでほんとうにありがとうございました。

その思いを具現化して見せてくれたおかげで、

わたしの人生の一部が充実したものになりました。

ありがとうございました!


書きながら、涙がとまらんなくなってきた。。。。くそー

アーリントンで、行ったことないけど・・・

レンジャーズボールパークにて、これまた行ったことないけど、

テキサス・レンジャーズとの3連戦、第3戦。

 

先発ベケット。

キャッチャーはベケチャン投げるときはこのところ、ショーパック。

立ち上がりからまずまずで、7回決勝点取られるまでよく投げた。

7回、決勝点はワイルド・ピッチ。

うーん、これは取れないな・・・バリテックなら取れたかもしれんが。

8回アルバースに交代。

クルーズが、いまのレッドソックスにはほぼだめ押しのホームラン。

切り返す力、全くなし。

 

昨日、頭にデッドボールのエイドリアン・ベルトレ。

出場。

よかったよかった。

顔がめっちゃ怖いけど、パワフルだからテキサスでの人気あるんだよな、けっこう。

似合ってるかもなあ・・・。

 

途中、ペドロイア、ミドルブルックスのソロホームランで

何とか食い下がるのがめいっぱいな感じだったな・・・

打てん・・・。

つながらん・・・。

だから点は取れない。

負けパターン、弱いチームの典型な状況。

一人二人じゃどうしようもないね・・・・。つらいなあ・・・・

 

まあ、レンジャーズとの3連戦。力負けだなあ・・。

圧倒されてるよ、完全に。

力負け。

結局3連戦のうち、2試合目に小失点差試合をぎりぎり取ったものの、

1勝2敗。

2試合目よく取れたとみるべきだろうなあ・・・・。

 

明日は休み。

そのあとは、ヤンキースタジアムでヤンキース戦。

イチローも出るだろう。

Aロッドが骨折したらしいけど、戦いは厳しいだろうな・・・。

もう来シーズンに向けて今シーズンを過ごす日が近くなってきたか・・・・

 

あーーーーくそー!

 

あ、松井秀喜がレイズからダメだし。

うーん。オルティズ復帰までのつなぎで・・・・

って、チェリントンにはないだろうなあ・・・・

バレンタインにはあるかもしれんが・・・

ないな・・・・。

チームにプレーオフ目指せる可能性があるかないかだろうしなあ・・・・

 

最終回、ツーアウト満塁で松井秀喜・・・・

ピッチャーは、ご存じ!やばい、アセベス。

 

危なかったなあ・・・・

まじで・・・

もうちょいで同点満塁弾食らうとこだった。

松井の調子がイマイチだから良かったけど・・・・。

 

先発はベケット、打たれたけど合格点。

裏エースの実力発揮。

アビレスのセンターへのホームランでのミドルブルックスとの

生還タッチがいいね。

いいね。

若いね。

勢い感じるね。

そして、逆転のダニエル・ナーバのホームラン。

いやあ・・・・、技術的には良くなったね。

数年前ならムリだよね。

ストレートにタイミング会わせての、チェンジアップをホームラン。

いやあ・・・いいねえ・・・・・

すばらしい!

上達してるじゃないか、ナーバ。

数年前までブンブン振ってたくせに。。。

よーし。よーし!

 

守りでもウルトラ若手のシリアコのジャンピングキャッチ!!

いやあ・・・・

ペドロイアがあせってるね・・・・・たぶん。

こりゃ、おもしろいね、見てる方は・・・。

 

今日の一勝は大きい。

ミドルブルックスが先頭に立ってるじゃないか!

いいじゃないか。

エイドリアン・ゴンザレスも今日復帰。

なんとかいけそうか・・・・。

 

後半楽しみになってきた。

ベテランは爆発ないけど、

若いのは、とんでもなく爆発するってあるからな・・・・

 

楽しみ楽しみ・・・・

 

 

タイガースに2連勝。

大きい。今日は、バーランダー相手だったからなおさら大きい。

バーランダー相手に5点とったのはすばらしい。

ダニエル・ナーバがいい働きだった。

バーランダーがなんとなく投げにくそうだったのが印象的。

 

レッドソックス先発はダニエル・バード。

投げ方変えたのか、サイドハンド気味の投球。

この投げ方だと、スライダーはよく曲がるし、ストレートは角度がつく。

しかし、肘を痛めやすいんだけど、いいのかな・・・。

 

スウィーニーがDLから復帰して即スタメン。

しかし、ペドロイアが休み、DLに入るのかどうか・・・ってところ。

もう、うまくいきません。

バーランダーが右だし、ミドルブルックスは休みで、

ファーストがゴンザレス。

スウィーニーもゴンザレスも本職なので、ファインプレーもすばらしい。

チームの状態はよくないけど、何となく、去年よりやっぱマシな気がしている。

アセベスが今日もイマイチなんだけど、

ベイリーの復帰を待つのだろうか・・・

オールスター前後の順位にもよるんだろうけどな。

アンドリュー・ミラーにしとくって手もある。

おもしろいと思うんだけどなあ・・・・

 

 

松井秀喜がメジャーで今シーズン初試合。

現地の放送でも、試合前にきっちり紹介。

なんか普通に紹介されているから、いいなあ・・・・

そしていきなりホームラン。

この男はやはりすごい。

なんとなく、狙っていくだろうとは思っていたが、ホントにぶっ放すとは。。。。

打った瞬間のピアジンスキーのガックリしたのがすっごくうれしい。。。

鳥肌たった。

この男が打つと、自然に笑顔になる。

ボストンが取って欲しかったなあ・・・・

 

ヤンキースとの3連戦、第2戦。

前半9点もリードして、終わってみたら15点とられて敗戦。

むごい、ひどい、ほんまに情けないのお・・・

 

悲しいのお・・・。

 

むなしいのお・・・・。

 

最後の方は、つらかったなあ・・・。

久しぶりだわこんなにつらいのは。。。。

ココ数年こんな感覚なかったような気が・・・。

 

先発ドーブロントよく投げた。

テシェイラに一発撃たれただけで押さえてブルペンに交代。

いやー、

ひどいな・・・・ブルペン。

なんじゃこれ。

ブルペンこいつら全員修行しなおさせよう!

まず、比叡山に裸でほおりだせ!

いやいやアメリカだから、バミューダに・・

もういらんし。。

 

 

いかん、いかん。

各方面から文句が・・・

 

 

 

前向きに、前向きに・・・・

うん。

なにごとも前向きに・・・・

今シーズンのしんどさはある程度はわかっていたはずだ。

そう。

このメンバーと、スプリングトレーニングの調子を見て

こんなものなのです。

これは実力。

 

なんてったって、東地区3位よそうなんだもん。

もしかしてブルージェイズにも抜かれるかも・・・・って

予想してるんだもん。

レッドソックスファンなのに・・・

 

これぐらいの試合をあと数試合やれば、

前GMと監督の無法がわかるってものだし、

選手の入れ替えもできるってことだし、

気持ちも新たに出発できるってものなんだよね。

3年ぐらいかかるんだろうけど・・・・

 

ボロ負けする試合が何度もあったら、

入れ替えの決心、放出の決心もつくだろう。

 

おれなら、

まず、キャッチャー。

サルティ、ショーパックを出す。

ラバーンウェイをメインに。

 

ブルペン。

もう、総取っ替えする。

アルバース、アセベス、メランソン放出。

DLのくそデブ二人放出。名前いいたくないぐらい。

 

外野に松井秀喜をとって、6番か7番か打たせる。

 

1番ショート  アビレス

2番ライト   スウィーニー

3番セカンド  ペドロイア

4番ファースト ゴンザレス

5番DH    オルティズ

6番レフト   松井秀喜

7番センター  ロス

8番サード  ユーキリス

9番キャッチャー ラバーンウェイ

 

で決まりだ!

我ながら、すばらしい打線!

これで、1試合5点打線ができた。

 

ブルペンは、若手をドンドンドンドンあげて使う。

ここ2.3年有望なやつみんなクソトレードであんまりいないけど。

このまま、続けてもどうせダメなのは目に見えているから、

若手をだせっ。

オールスターまでにはまだ獲得できる選手もいるはずだし・・

うまくいけば今シーズンまにあうかもしれん。

 

大きく変えないと、去年からのウミは出そうにないぞ。

 

 

タイガースに逆転サヨナラ負け。

9回に3点リードをアセベスが・・・・・

そして、2点リードをメランソンが・・・・。

オレが投げた方が・・・いいんじゃないか!っていいたくなる。

 

まさに、泣きっ面に蜂。

弱り目にたたり目、

傷口に塩を塗られて、

ボロボローー。

 

はじめはがんばった。

バレンタインが早速打順、選手変更。

ユーキリスを下げて、打順も変えて。

つなぎにも徹する気持ちも出てきていた。

現在のペドロイア、ゴンザレス、オルティズで得点。

いい感じだった。

粘りながらも逆転。

しかし・・・・。

完全に崩壊しているなブルペンも、先発も。

 

アセベスはもうダメだ。

スプリングトレーニング見てればわかる。

去年とは別人。

放出して、若いの投げさせた方がいい。

メランソン、キレが全くない。

 

あーー、ジョナサンすごかったんだなああ・・・・・

 

 

クローザーには、パディーヤだな。

セットアップにボーデンとモラレス。

空いた中継ぎに田澤を上げよう。

 

キャッチャーはサルティ放出して、ラバーンウェイを。

ブロッキングへたくそすぎる。

最後もきちんと止めてれば、負けてなかったかもしれない。

バレンタインの顔が物語っていた。

 

今日の評価は、バレンタインが動いたってこと。

去年までだったら、打順変更するのに2週間はかかっていただろう。

しかし、エルズベリーはダメだ。

フォームを早急に元に戻さないと、打率は2割前半しか出ないだろう。

まずエルズベリーは下位に落とすべし。

ウィーニー出して松井呼んでこいって!打つから!

 

タイガースに0対10。

完封負け。

ピッチャーがまだ本調子ではないこの時期に・・・

 

ベケットは確かに良くなかった。

右肘が下がってるから、ストレートに全くのびがなく打たれ放題。

もちろんカーブはストライクはいらない。

バリテックなら修正加えるかもしれんが、サルティにはそんなことは見えないだろうし。。。

 

打線はボロボロ。

スプリングトレーニングの状況ではこうなることはある程度予想できたけど

まさに内容悪い。

エルズベリーはフォーム変えて、これからもあかんだろう。

ユーキリスも手術後よくない。

下位打線は、つなげるやつがいなくなってるからもはや全く機能せず。

 

当分ペドロイア、ゴンザレス、オルティズで点を取るしかないだろうな。

となると、1試合2.3点が限度。

ピッチャーが押さえるしかないけど、

先発が崩れたらもう追いつけないだろうし、

開幕のように先発がんばっても、ブルペンがボロボロ。

今日もボロボロ。

このままだと、負け数が増えていくだろうなあ・・・・。

 

よかったのはボーデン。

初めて開幕からいて今日登板した、ボーデンはよかったし

今年は中継ぎでそこそこやってくれそうな感じ。

コントロールがいい。

 

バレンタインどうする。

このままだとたぶんダメだ。

 

まず1番を変えた方がいいな。

アビレスかスウィーニーに。

そして、ユーキリスには休んでもらって、

サードにアビレス。

ショートにしょうがないからプント。

プント8番、エルズベリー9番打たす。

モスを5番に上げて、

サルティをラバーンウェイ変えて6番に据える。

も一つおまけに、スウィーニーを松井秀喜に。

おれならここまでするけどなあ・・・・・

 

これぐらいしないと、もう今年はやばい気がする。

 

 

NFLのニューイングランド・ペイトリオッツの殿堂入り間違いなしヘッドコーチ

ビル・ベリチックがジェットブルーパークで観戦。

 

先発はダニエルバード。

良くなかった。

1回はそこそこだったけど、2回先頭にフォアボール。

この時点で良くない。先頭出すことがすっごくいけないことに気がついてないような

投球。

ランナーためて初球、若手成長著しいシュナイダーにど真ん中のストレート。

3塁線破られ得点。

キャッチャーは今日はショーパッチ。

何回かスプリングトレーニング見ているけど、結局ショーパッチはリードがへたくそだな。

まだ、先発としての力の抜くところ入れるところがわかっていないダニエルバードに対して

配球リードほんとにへたくそ。

ランナーためる前でも、満塁はいけないだろうに、ツースリーから最後変化球投げさせる。

ダメだろ、バードに。そして、満塁でシュナイダーに初球ストレート、ないだろそれは。

シュナイダーにストレート、それも初球、あほちゃうか!

変化球だろフォアボール後は、それもバードなんだし。

ショーパッチ、今日ホームラン打ったけど、もう出して、ラバーンウェイにすべきだ。

 

ニックプントがサード。

守備はだいたい無難。

バットは全くダメ。

内野ユーティリティ決定。

 

アビレス

ショートで決定だろう。

 

エルズベリー。

まだ打点が良くないなあ。。

開幕までに直せるか

 

ペドロイア

見ているだけで楽しい。

 

今日はバードがいけなかった。

先発に不安な投球。

それでもローテいくのだろうけど・・・。

 

ライト、スウィーニーのバットは弱い。

外野の一角としては弱すぎる。

なんとかしないと、モスも波激しいから、外野のバットが総崩れもあり得るかもしれない。

松井秀喜を補強して、スウィーニーを出すのだ、チェリントンちゃん。

がっはっは。

 

 

 

 

ヤンキース戦。

YES主催だから、実況うっとうしい。。

解説は、前カブス監督ピネラ。

試合始まる前の映像がムカツク。

往年のヤンキースの選手とか活躍したヤンキースの選手の映像を流して

最後にジーター、A・ロッドで締める今シーズンの試合前のパターン映像。

この映像に松井秀喜の映像がないやないか。

なんでやねんヤンキース。

ワールドシリーズに導いてくれた、MVPの松井を入れないなんて・・・

だからむかつくねんヤンキース。

このあたりがいややねんアメリカ!

松井秀喜が入ってないなんて・・・・

松井がいなければ今でもワールドシリーズもいけてないのに・・・

くそーーー!!

 

さて、試合はピッチャーの投げ合い。

スプリングトレーニングなのに、ノバを出してくるジラルディの余裕さ。

かたや、レッドソックス、ローテメンバー出さずに、入るはずもないドーブロント。

バレンタインもわかっているさ。。

今年のローテ厳しいのは・・。

 

しかし、ヤンキースのノバ。

いいピッチャーだ。ほんとに・・・。

ストレートは上から投げ下ろしだし、チェンジアップの切れもいい。

おおきなカーブでタイミングはずして、

ピンチややばい打者のときはスイッチが入る。

こりゃ打てないね。

おまけに、キャッチャーはマーチン。

完璧だね。

マーチンは、ドジャースで黒田と一緒だったから、

いいところ全部知っているし、黒田がパワーアップするのは間違いない。

ヤンキース唯一の大きな穴だった彼・・・(すぐキレる彼・・)

AJバーネットが出されて、まったく穴がなくなってしまったなあ。。。。

やっぱ今年ダントツヤンキース勝ちまくりそうだ。

 

打つ方も今日は主力をヤンキースに見せないようなバレンタイン戦法。

こそくだけど、余裕がない証拠だな・・・

いいなあ・・・・・ジラルディ。

 

 

 

バリテックの引退会見が行われた。

短い時間だけど、少し泣いてしまったなあ・・・。

くそー。

松井秀喜のエンゼルスのユニフォームでのチャンピオンリング贈呈式以来だな・・。

いい会見だった。

英語は相変わらずぜんぜんわからんけど、

ロッカールームスタッフの名前を一人ずつ呼んでいた。

うれしいのよね、大スターに名前を呼ばれるって・・・

すばらしい!

 

チームメイトもけっこう参加。

ちらっとだったけど、ウェイク、オルティズ、レスター、ベケット、マクドナルド他

いたな。

チーム移ったひととか、あたらしいメンバー以外は出るべきだと思うんだけどなあ・・・

こうゆうの大事だと思うんだけどな。

松坂はいたのかは不明。。

岡島もいるべきと思ってしまったなーオカジは日本かなあ・・

バリテックのキャッチング技術の高さのおかげで、

ずいぶんボール球がストライクコールになったはずなんだけどな。。

 

15年のキャリアの集大成映像↓、Aロッドにぶちかましだー!

http://boston.redsox.mlb.com/video/play.jsp?c_id=bos&content_id=20111433&topic_id=26895966

 

 

1 2
↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ