ダルビッシュ・有

レンジャーズとの3連戦、第3戦。

ダルビッシュに14三振も食らわされて、最後にベルトレーにサヨナラ打たれて、結果はスイープ。。。

あー、なんてこったい!

いやーん。

あかんがなー!


くそーなんでやねんーーー!


テキサスにまで乗り込んで、チャッチャっとほうきでゴミのようにはかれてしまって・・・・

くそー!!

むかつくわー。。。

テキサス強いな・・・


ジョン・レスターは、よく投げた。同点には追いつかれたけどよく投げた。

打つ方は、ダルビッシュを初回得点しただけでも、よかったレベル。この男たぶん、もう、当分打てない。フォームに安定感がまだだけど、時間とともに、ますます安定していくだろう。ヤバイレベルになっちゃったダル・・・。

振り返るとレンジャーズとのこの3連戦。

ピッチャーがいいね、テキサスは・・・。

昔から名前で楽しめた、オギャンドーも十分やばいね。ハミルトンいないけど、みんなつなげて、強いチームになっている。

まあ、強いチームとのシーズンの対戦は、いい経験てことで・・いきましょう。



この3連戦、いろいろ見るべきところはいっぱいあった。不安も出た。

先発は今日のレスター含めて、悪くない。敵地だし、よく投げているし内容も良い。

打つ方は、エルズベリーに元気なし。

ビクトリーノはけがから復帰したし、ペドロイアも順調。オルティズは、ダルビッシュから失投でもない球をライトスタンドに運んでいる。

ナポリは、打ってないけど、4月ができすぎだから、こんなもんだろう。

ナーバもヒットは出ているし、マイク・カープも打席での内容悪くない。ダルにはやられたけど・・・。

シリアコは、がんばっているし、今日はサード守って、しっかり結果出した。

ミドルブルックスはちょっぴり不調だけど、へんに休ませないでずっと使えば慣れるはず。



ブルペンは。

上原浩治は、ホームランあったけど、内容はそんなに変わってない。

田澤純一も、カーブ、スプリットにわずかながら、いい球が出始めた。本人もわかっている感じ。ファストボールがいいから、キレでみんな振ってくる。徐々に、変化球の精度上げていこう。



ちょっとクローザーがヤバイか。

ハンラハン復帰したけど、内容はかわっとらん。スタミナもダメ。再び落ちるのは時間の問題。ベイリーがちょっと検査で、投げられない様子。このままだと、近いうち、新しいクローザーになるだろう。

上原飛ばして、田澤が入るか・・・・

田澤がクローザーになるには、変化球の精度。変化球のレベル上がれば、クローザーも絶対つとまるはず。去年後半のピッチングになれば、十分チャンスだろな、、、、でもでも、、、それとも来期以降の先発を考えていくのか・・・・

本人が先発指向なら、クローザーはあんまりだろうと思うなあ・・・・。ま、しっかり、本人が決めるすっごいレベルに来ているってことは確か・・・。。。

本人が気づいているといいのだけど・・・。




レンジャーズにはしっかり、やられてしまったよー。

ダルビッシュも、もはや、メジャーリーガーが、バッターボックスでわけわからんようになっってしまわされるレベルになっている。

バーランダーと現役最高投手の争いが続く事になるなこりゃ・・・。。。言っている言葉が良い。デブったやつとは大違い・・・・

あーん、もうっ。





レンジャースとの3連戦、第1戦。

先発は、アーロン・クックとダルビッシュ。

ダルのナイスピッチングも見たいけど、勝たせてくれと・・・・

 

1回、ボストンの攻撃。

ダルビッシュの右肘が下がっていたので、今日は打てるかも・・・と思う。

まだ、バランスを試行錯誤だね。

しかし、この男は松坂と違う。

あきらめず自己管理をストイックにする男だ。

話している言葉が違う。

 

試合は、効果的に得点を積み重ね大きくリード。

クックもしっかり要所押さえて、合格点。

 

8回から田沢が登板。

メジャーに上がってからの登板はすべて敗戦処理っつうやつだったから、

今回はうれしいぞ。

リードは大きいけど、勝ちパターンゲームでの登板。

バレンタインこのあたりはうまい。

ピッチングコーチか・・・。

レンジャーズは1番キンズラーから・・

見応え合ったね。

きっちり押さえて、9回。

9回トップバッター、ベルトレ。

あんなフォームで打つか、、、グリーンモンスターまで・・・・

ってスイング。

恐るべき背筋力。

笑ってしまった・・・・、すごすぎて。

タイミング完全に外れたスプリットかな?カーブかな・・・・・

下半身砕けながら、持って行ったホームラン。

クルーズもグリーンモンスター直撃のヒット。

うーん。やばい。

ベルトレはしょうがないとして、大量点で試合は大丈夫だろうけど、

押さえないと印象悪い。

マジマジとみた。

最後は2三振でゲームセット。

スプリットがしっかり落ちた。

納得。

これで、次回もいい場面で使ってくれる。

 

フェンウェイのファンも、そのあたり知ってか・・・

大量点なのに、目をこらしてよーーーく見ている、帰らない。

ボストンのファンは、目が肥え取るなあ・・・・

ウッシッシ。。

 

レッドソックスが休みで、ダルビッシュの試合をみた。

すばらしい修正をしてきた感じ。

 

コントロールがすばらしく、

初回からリラックスしていていうことなし!

修正したのが、ほとんどうまくいった感じだ。

 

ノーワインドアップにして、球を離すまでの上下動をなくす。

日本より高いマウンド、固いマウンドに対応するためだろう。

そうすることによって、

左足の置き方が柔らかく置けるようになる。

やさしく置くと、地面からの反発も弱くなり、上に持ち上げられる反動

が少なくなる。フォームの上下動が押さえられる。

固いマウンドにそろーと左足を置くことで反発が少ないし、

ずれも少なくて済む。

トータルで左右のコントロールの乱れも修正された。

 

フォームの上下動を小さめにしたことで、

上下のコントロールがよくなった。

要するに、球が上ずることが今日はほとんどなくなった。

 

フォームの開始のワインドアップをなくすことで、

動きを少なくし、左足をそろーと置くことでトータルコントロールがよくなった。

理論的にはわかっていても、人間が修正するのは

すっげー大変なんだけどなあ・・・・

数日で対応してきてるのがすごすぎる。

 短期間で修正してきたのはマジですごい。

オフにレッドソックスの監督の候補にも挙がった

ピッチングコーチもいいのだろう。

キャッチャーとのコミュニケーションもよさそうだ。

 

今日のダルビッシュのピッチングを見ていると、

去年のバーランダーのに近い感覚を感じた。

ピッチングフォームのバランスが良くなりコントロールが修正できていた。

今日はストレートがほとんど低めで、左右のコントロールもめっちゃ良かった。

後半打者の目で、見ると的が絞れないし、コントロールいいしで、

バッターとしては、ごちゃごちゃになる感覚に陥った。

こりゃ打てねーな・・・・

タイガースのバッターは骨太だけど、ピッチャーがすばらしいと打てない。

 

まあ、この修正にはただ、横に曲がるスライダーへの適応がまだみたい。

上下動の修正以上に修正すると他がダメになるから、

最小限にとどめたのだろう。

なので、変化球は、前回あまり投げなかったカーブを多投。

肘をしっかりあげて投げれることで、カーブのキレは増した。

組み立ては左右のストレートに力を抜いたストレート。

それと、カーブの組み立て。

シンプルだったけど、カンペキ。

 

たぶんダルビッシュは修正を急がないだろう。

今回うまくいった形を続けることをしていても勝てるだろうし、

シーズン通してローテ守れば、15勝は固いなあ・。。。

 

やぽぱ精神的にすごいなダルは。

ダルビッシュは今日のピッチングを続けられれば、

今年まちがいなくサイヤング賞候補になるはずだ。

 

 

いやあ・・・・、

東地区じゃなくてよかったなあ・・・・。

いや、ほぼ再建中のボストンにいたらなあ・・・・

あー、くそー!

 

一日遅れだけど、ダルビッシュの投球を見る。

初回、むっちゃ緊張している。

しょうがない。

緊張しないやつがおかしい。

ストライクはいらないし、表情がカチカチ。

口をずっと真一文字に締め、呼吸も鼻だけな感じ。

リラックスしているときのダルビッシュは、

いつもほんの少しだけど口が開いている気がするんだけど・・・。

 

少しほぐれてきたのが、オリーボにヒット打たれてあと。

何かふっきれたのか、少し深呼吸して、表情が柔らなくなった。

変わったと思った。

バッター川崎。明らかにフォームの柔らかさが戻った。

でも、ストライクは入らない。

3球ボールの後、ショート・アンドラスが駆け寄って間を置く。

いい間だ。

いっそう表情が緩む。

リラックスな感じ。

再び深呼吸。

投球はボールでフォアボールだったけど、フォームはやわらか。

完全に硬さがとれたフォーム。

やっぱ、その後は、打ち取る。

 

やっぱすごいわダルビッシュ。

回の途中できちんと修正できるのがすばらしいなあ・・。

 

テキサスのファンも回が終わるごとに

「YUーーーーーーーーーーーー」コール!

ボストンファンのオレには、ユーキリスの「ユーーーーーーーーーーーーーーーーク」

なんだけどなあ・・・・。

 

2回以降はそれなりに立ち直って投球。

気になったのは、マウンドの堅さにまだなじんでいない感じがした。

たぶん、ダルビッシュは精神力がいいので、

気にしないように、固いマウンドに慣れていけるようにこころをコントロールしているんだろう。

時間はかかるだろう。

左足の踏み込み時に柔らかいマウンドだと少しずれる。

ずれに慣れた投球を何十年もやってるから、

カチカチマウンドの踏み込み時のずれない左足の時の

コントロールの調整が今後も必要だろう。

メジャーリーグボールには大丈夫そうな感じ。

 

こりゃ、ダルビッシュが投げるときは毎回

「YUーーーーーーーーーーーーーーーーー」

コールが聞けそうだ。

やっぱ、海を渡ってがんばっているやつをリアルで、見られるのは

ワクワクするんだなあ。

自分のモチベーションもアップするな。

 

 

うーん、西地区は、やっぱレンジャーズが本命だなこりゃ。。。

 

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ