移籍・引退選手

9月になりました。

2012年の悪夢な9月とはうって変わって、快適な秋。

セプテンバーバーコールアップです。

若手がいっぱいベンチに入ります。



さっそく、内野ユーティリティとして、フィリーズからマクドナルドを獲得。チェリントンがとまりません。ピービィだけにとどまらず、ボガーツもさっさとメジャーに上げて、そして、内野の守備を補強する。

マクドナルドの獲得は、若手のミドルブルックス、ボガーツ、おまけに、ホルト、シュナイダーに影響しないのがいいね。すばらしい。

やる気がそがれるような補強にはならない、完全なる守備要員。主に、セカンドのダスティン・ペドロイアを休ませるためじゃないだろうか・・・。

それだけ。

そんな気がする。

若手は、元気もりもりだろうけど。

セカンドには、ユーティリティが現在いない。

そうゆうことだろう。

サードは3人、ミドルブルックス、ホルト、シュナイダー、ショートはドリュー、そしてボガーツでOK。でもセカンドは、サードの3人は基本守れない。かといって、他の若手はベンチに入るレベルでもない。で、マクドナルドを補強したと・・。

ずっと全力プレーのペドロイアを戦略的に休ませるためなんだろう・・・。すごいなチェリントン。



外野手の補強として、クイティン・ベリー。そのかわり、モーテンセンを出す。いいだろう。モーテンセンはいらない。

静かに動いているねー、チェリントン。細かいところでも戦力見直していますな・・・。

クイティン・ベリーは、きょうのホワイトソックス戦でも9回、さっそく守備固めでセンターに入って、しっかり最後の打球をキャッチ。こちらは、ブラッドリー・ジュニアじゃないみたいだなあ・・・。上げないのかなあ・・・・

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアは、マイナーでもイマイチになのかも・・・。春先良かって、代理人のボラスがボラボラいいまくったから、嫌われちゃったかな・・・・。

1年も活躍してないのに、代理人が言うと印象悪くなるんだよなあ・・・。負けずに結果出せばいいんだけど・・・・。



正念場の9月。

とにかく、強敵との連戦が続きまくるから、1戦1戦見ていってしまう。

あー、楽しみだー!!

きょうも、上原浩治が1点差で9回クローザーで登板。強打者コネルコとの駆け引きは、ドキドキしたねえー。怖いねーコネルコ。一発いつでも打つ可能性あるからー。

でも、最後打ち取って、勝利!

驚異のピッチング続いているから、上原には、ケガなく行ってほしいねー。




ロッキーズに連勝して、ジェイズとの4連戦。

ジェイズはなかなか打線がすごいから、なかなか離せない。

先制しても、追いつかれて、中継ぎ登板アンドリュー・ベイリーが、

危険な男、エンカーナシオンにみごとに一発かまされ同点。

気をつけて見ていた。ホームランあるんじゃないかと・・・・。

なんか、「案の定・・・」の一発。

ボールは悪くないんだけどなあ・・・、ベイリーも。高めがあるんだよなあ・・・。それも、パペルボンのように、回転がよろしくないから、高いヤツはやられるんだよなあ・・・・



しかし、同点後の裏の攻撃。

ビクトリーノがカンペキ三遊間。

続いて、絶好調!ダスティン・ペドロイアも三遊間。

ノーアウト一二塁で、オルティズ。フェンウェイ盛り上がりまくったけど、三振。

でもなんとなく、すっごい雰囲気ある。

逆転してないのに、もう逆転するのが確実っみたいな雰囲気。。

すごいないまのチームは・・・。

ナポリが歩いて、バッターピンチヒッター、ジョニー・ゴームズ。

最近当たりが戻ってきているから、ボールも見えている。

よく見て、スリーボールまでねばって、

ワンスリーから、打つ。このあたりが、調子戻ってきている証拠。

サード強襲で、逆転。

すばらしい!

エクセレント!!



続いて、サルティ。最近フォアボール多い。しっかり歩いて、2点差。

続いて、新顔ブランドン・シュナイダー。

チャンスにどんなバットするか、しっかり見る。

三振。

イマイチ。

カラダは一流。技術は二流。

伸びしろでレンジャーズから、取ってきた感じ。

チェリントンはこうゆうの好きなんだね。


逆転して、クローザー、上原浩治登場。

「クローザー」。

なんていい響きなんだろう。

「締める役」。

日本語はどうも、盛り上がりには欠ける・・・・。

すばらしいピッチング。

ファストボールがずれたら一発って感じが二球ぐらいあったけど、そこは

タイミング外れてくれてOK。

スプリットが今日も低めに決まって、試合終了。

ガッツポーズ。

おれもガッツポーズ。

今日もいい気分。。。





試合終了後に、お勉強。

ブランドン・シュナイダーってどんなヤツなんだ?

ってことで、しっかり勉強。

現在27歳。専門は現在ファースト。守備位置だけで、打てないと厳しいって思う。

2005年キャリアスタート。最初はキャッチャーだな。

メジャー出場経験は、オリオールズで3年、レンジャーズで2年程度。

現在オリオールズは、怪獣・クリス・デイビスが完全にレギュラー。

テキサスでは、去年まで大砲・ハミルトン、現在は、競争に勝ち残ったモアランド。ってことで放出になったのかな・・・。

メジャー経験はほとんどセプテンバーコールアップがらみだろう。メジャー成績あてにはならず。マイナーで打率は、平均.270、出塁率.330。いまいち。

ホームラン打ってるのかと?打ってない。たいしてことない。

チェリントンの取り方を考えると、もしかしたら、伸びるかも。技術習得できれば、爆発するかも・・・・・ってやつだな。

今日もカラダは、超一流。鍛えてもいるとみた。トレーニングはサボってない人かな?このあたりもチェリントンの意向か。プロ意識がないやつ、やる気のないやつは基本取らない主義なんだろう。まあ、取ってみないとわからん部分はあるけどな・・・。

バッティングみたけど、変化球は打てないね。ついていってもいない。

守備は、専門はいまファーストみたいだけど、数年前から、三塁、外野全部やってるみたい。

キャッチャースタートで、バットマンに転向していったけど、伸びなくていろんな守備やり始めたって感じ。

まあ、キャッチャーからの転向で、一番やりやすいファーストに行って、でも、でかいの打てないとファーストでのメジャーのレギュラーでは難しいとの自分とコーチの判断なんだろうなあ、ファーストって、とにかくホームラン打てないと・・・・て位置だからなあ・・・・・。

ミドルブルックスが長引きそうなら、とりあえずチャンスは今後もありそうだ。

メジャーの変化球になんとか慣れて、打てるようになって欲しいね。。。

27歳まだ、若い。イバネスをみてみろっ、伸びたのは30歳超えてからだぞ。






さて、ボストンは好調を維持してきているんだけど、悲しすぎる出来事でガックリきていた数日。

15日だったか、シリアコがパドレスへ。

ずいぶん前から、エラーはしまくるし、空振り三振ばっかだしで、やる気がじぇんじぇんないのが丸わかりだった、ペドロ・シリアコ。

去年加入して、野球センスの底知れないレベルに今年の一押し選手にしていたのに・・・・。

だいたい、オレが今年の一押し選手にしたら、たいていトレードか、活躍しないか、ケガか・・・・で、まったく試合に出なくなる。

ほんとに、疫病神だな、わしは・・・・。

今年もシリアコを一押しにしていたら、毎度やっぱり、結局トレード。


はあ・・・・。


ため息ばっかだなあ・・・・。

シリアコ好きだったのに・・・・・。


おれが悪い。すまん、シリアコ・・・・。


シーズン前にショートでドリューをとってきた瞬間、だめかな・・・・・とは思ったけど、

最近、ぜんぜんやる気ないんだもん。

そりゃわかる。

よくわかる。


去年の活躍なら、今年は、ショートのレギュラーで、っておもうもん・・・。

イグレシアスの成長も大きかったなあ・・・・

去年までの打てないホゼだと、変わらず守備のみだったろうし。

まあけど、

1度目のがっくりは、

ドリューが来てなかったら、開幕からショートだったのに。。。

その上、がっくり2度目は、

開幕当初からドリューがケガででなかったのに、シリアコじゃなく、イグレシアスをマイナーから上げてスタメンに起用。

ほんでもって、イグレシアスが活躍。

で、まったく出番がなくなっちゃった。

やる気なし丸わかり。中南米選手だし、わかりやすすぎなんだもん・・・・。

しょうがないよ。

やる気なくなるさ。

オレがシリアコなら、毎日飲んでるね。

あーあ。




で、結局、パドレスへ。

移籍後、ホームラン含む大活躍。打率4割。

そりゃ打つさ。

センスあるもん。

やる気なかっただけだもん・・・・。



オフシーズンの補強はだいたいうまくいってるんだけど、

シリアコを出さないといけなくなったのは、チェリントンの失敗だなあ・・・・。



こうゆう選手は貴重なのに・・・・。




まあ、

でも、

チームに活躍の場がないなら、出るべきではある。絶対。

日本的閉塞な組織や仕組みのシステムとかだと、生きながら人が死ぬ。人がしあわせに生きるシステムではないんだよね、基本。

そんなことになるより、別れはめっちゃつらいけど、新天地でのチャンスに賭けるべきと思うし、それが一番良いのだ。

今回も、チームも、シリアコもベストの選択。



パドレスでレギュラーとって、大活躍してほしい!

時間見つけて、たまには見るよ。

一押し選手であることには変わりはない。

ほんとうにシリアコは、いい選手なんだよ。

去年は、クソ指揮官の元で、すばらしいプレーみせてくれてありがとう!



2013年開幕から2ヶ月がすぎ、これ以上ないってぐらいの好調スタート。いいぞー

昨日から、ナ・リーグ、フィラデルフィア・フィリーズとのフェンウェイでの4連戦。

今日は第2戦。

先発はデンプスター。フィリーズは、クリフ・リー。

2013年今年のスプリングトレーニングで、クリフ・リーと対戦している。中継もしてくれたのでみたけど、そのときは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアのホームランが出たりと、投球内容はイマイチな印象だった。

しかし、なんだろう、この人は・・・・。

今日はぜんぜん違うやん!

なんじゃいなあー、もうっ

スプリングトレーニングの時の投球とは、ぜんぜん違うじゃないか・・・。さすがのリーの投球になっちょるやんー。。ボストン打線が完全に翻弄されて。。きりきり舞い。。。まさにリーの真骨頂・・・。

完全に、バッターの思考回路が崩壊させられてしまうピッチャーなんだよなあ・・・この男。ストライクゾーンの四隅をボールが動くし、ボールゾーンもうまく使いまくるし、、、打てねえ。。。まったく打てねえ・・・。

すごいわ、クリフ・リー。

どうしようもない。

このレベルになると、やっぱ、開幕前の投球なんかはなんのあてにもならないねえ。。。

わしゃ、感服つかまつった・・・





クリフリーが完投ペースで投げていて、球数もまだいけそうだったけど、9回は、ジョナサン・パペルボン。

当然、パペルボンのテーマが流れることもなく・・・・。ブルペンからマウンドまで、無音のなか、ブーイングが・・・・・。けっこう大きかったなー、ブーイング。おまけに、レッドソックス在籍時の最後の登板、オリオールズに打たれたシーンがまってましたとばかりに、流れる。。。。さすが、アメリカ!

9回、オルティズのホームラン級の大きいファウルはあったけど、今年絶好調のパペルボンは打てず。結局三人でピシャっと、やられちゃって、負け。。。




昨日は、打線爆発でしっかり勝ったけど、今日は完全にクリフ・リーにやられてしまったなあ・・・。

さすがじゃのー、リー君は・・・。

逆に、ライアン・デンプスターが2点でよく抑えたな・・。。デンプスターは、開幕からしっかり仕事をしているすばらしいね。よくやっっちょるよ。

やっぱ、落ちる球持ってると、内容が安定するのかな・・・・。


9回、田澤純一が1点差負けている中で、登場。

先頭打者に、いきなりのホームラン。

いかんな・・・。

だめだなあ・・・・。

集中力なかったなあ・・・。

ロスのミットと逆のインコースへのストレート。

ドンピシャだったな。。ちと、コントロールへの気持ちが薄れていたような・・・。集中力なかったね。負けている状況では、集中力を高まりも違うのかな・・・・。そんな、入り方だった。

まあ、でも、今日の全般的内容はいいね。

ホームラン打たれたけど、その後もヒット2本打たれてスコアリングポジションにランナー置いて、やばかったけど、けど、投球内容は悪くなかった。

カーブのコントロールが良かった。カーブが良かったから、ストレートの伸びがなかった分、ホームランの1点に抑えることができたんじゃないかなってな。。。汗が多いと変化球がいいのかな・・・・?しっとりしたボールが好きなんだろうかな・・・田澤も。。スプリットも落ちがいまいちだったけど、コントロールはまずまず。

9回裏パペルボン相手の2点差は確かに、きつくなっちゃったけど、ま、しょうがない。若いし、シーズン前半だし、内容重視ってことで、いきましょう。いこう、いこう。

少し前から、カーブと、スプリットのコントロールを修正してきているか・・・。数試合前までのファストボールのキレだけで抑えていたレベルから、上げてきていたように感じた今日の投球。

初球のストライクの入り方だな・・・・。

気持ちの部分なんだろうな・・・・。

そのへんは、ベテランとは違うんだろうかな・・・・。

まあまあ、開幕からメジャー初年度だし・・・・。

若手はあたたかくみていこうっ



打線は、ペドロイアが絶好調!

バレンタインのおかげでバットに集中出来なかった2012年シーズンとは違って集中できているね・・・。新人王とった年レベルの振りしている。シーズン後半までいってほしいなあ・・・・。

キャプテンでいいんじゃないかな・・・・来年は。




今日は負けちゃったけど、東地区順位もまずまず。主力ぜんぜん欠けまくっているヤンキースが首位。

なんでやねん!

ほんまに・・・。

なんなんだ、ヤンキースめ!

主力いらんやーん、ぜんぜん。

ベテランばっかになった、主力がおらん方が、いいんじゃないのか。。。

うーん。。。

ということは、ベテラン主力が戻ってきたら、負けるようになったりして・・・・。

えへへへへ。。。

期待しようっ!!




パイレーツから、ジョエル・ハンラハンをトレードで獲得の報道。

よしよし、いいぞー。

上原はセットアッパーの確率高いし、ベイリーはケガのリスクでjかいから、

ハンラハン獲得でいいだろう。

何年かぶりにブルペンがちゃんとなった感じか・・・。

ファレルが、そのあたり突っ込んだか・・・。

ピッチャーちゃんとしてくれと・・・。



結局、今年も動いたな・・・。

けっこうでかく。それも年内に・・・。

若手を育てている時間はボストンにはないんだろうな・・・。

そんな悠長なこと言ってて、ファンがだまってないよーってだな・・・。

ハンラハンも来年は32歳。ケガのリスクもあるだろう。

上原含めて3人でセットアッパーとクローザーを競わせるのか、

それとも、

シーズン中も、クローザーは別として、

同点の場面でも、どしどしセットアッパーをつぎ込む方法をとるのかってことかもな。

そして、1点取って逃げ切るみたいな・・・



ナポリの入団会見がストップしたままでその後の動きがない。

心配だ。

ナポリ一人で、打つ方の得点力が下がる。

1試合、1点は変わるだろう。

ナポリが入らなければ、打つ方は期待できなくなるからそうとうやばいね・・・。

コーディ・ロスはアリゾナと契約みたいだし、

ハミルトンは西海岸。

こりゃ、エルズベリーに再び爆発期待するしかないかもな・・・。


トータルでみて、エプスタインの残光をすべて排除している感じのチェリントン。

あとは、ジョン・ラッキーか。

とっとと放出して、田澤を先発ローテーションに!

ぜひとも!

力はあるんだよ、ぜったい。

今年の投球すれば、まちがいないくローテレベル。

フェンウェイも田澤の実力しっかりみていた感じだし、

ダニエル・バードより上だろうし、とりあえずファレルちゃん、田澤を先発の候補に!

さて、監督決定!

ジョン・ファレル。

いいんじゃないかなあ・・・・

1.クラッシャーボビーのあとだから、静かに立て直せる。

2.ローテをしっかり固めなければ今後の浮上はあり得ない。

って、ことでしょう。

 

プラス、アビレスを放出。

しかたなし。

1.エプスタインが獲ってきたから

2.シリアコっていうすっごい可能性秘めたショートがちょっと前にやってきた。

そうゆうことだろう。

サードには、ミドルブルックス確定だし、居場所なしになるだろうからなあ・・・。

シリアコをレフトっていうわけにはいかない、ボビーじゃあるまいし・・・。

居場所ないのに、いるのは本人のためにもならんし、いいでしょう。

 

ファレル監督ってことで、こりゃ田沢の先発の芽が出てきた。

松坂のようにトレーニングサボらなければ4.5番手争い出来るだろう。

となると、ローテーションは

1.レスター

2.バックホルツ

3.ドーブロント

4.ラッキー

5.田沢&移籍組&ブルペン組(バード・ミラー)

ってところか。

ラッキーはダメなら放出もあるだろう、エプスタインの残りだから・・・。

それか若手がほしい。2013年の5番手は若手試しの枠でいこう!

ダニエルバードは、ファレルだったらブルペンになるか。

ミラーもレッドソックス来たけど、コントロールの悪さは直ってない。

いまのところ先発イマイチ・・いい球投げるんだけどなあ・・・・。

となると、後半バツグンのピッチングした田沢にますますチャンスがくる。

 

先発は、イメージ出来るけど、野手は今のままでは優勝絶対ムリだな。

キャッチャー。

サルタラマッキアもチェリントン的じゃないだろうし。

ラバーンウェイはバットがひどい。こんなにひどいとは・・・・。

使うのか?

うーん。。。

 

ファースト。

たのむっ!エイドリアン・ゴンザレスだけ戻ってきてくれっ!!

 

外野手全部。

ナーバ、ケイリッシュ、イマイチ。

レギュラーは今はムリ。伸びしろも・・・・うーん。

エルズベリーは金額高くなったのに、フォーム変えて打てなくなった。

オレなら契約しないだろう。

 

あー、外野手は穴大きすぎるし・・・。

1年では埋まらんなこりゃ。

 

ファレルとは3年契約らしいし、時間かかると見ているンだろうなあ。

2年で勝てれば万々歳ってとこか。

3年契約は「じっくりやってねファレルちゃん」って意味だろうな。

 

ま、ともかく、来年に向けて第一歩。

思ったより早く決まったし、納得の契約だ。

 

超大型トレードの余波がショックのレッドソックス。

しかし、前に進むしかないので、

次の展開を考えていこうっと・・・・

 

もう、今シーズンはほとんど終了しているので、

勝ち負け考えてもしょうがないんだよなあ・・・・。

ってことで、来期の戦力みていこう。

 

ドジャースからトレードされた、ジェイムズ・ロニー。

一塁手。今日は先発なので注目してみる。

28歳か29歳かな。中堅どころ。

今日は先発のファーストの守備。

バッティングは、ボールをよく見ていく感じだ。

ドジャースでの成績見ても、大きいのを打ちまくるタイプではない。

どちらかというと、中距離バッターか。

ドジャース時代の出塁率は、3割超え。

打率は2割8分あたりか・・・・。

今日のロイヤルズの先発が左だったから、左対左でやりにくいだろうけど

参考にはなった。左投手はあんまり得意ではない様子。

いわゆるシェアなバッティング選手タイプかな・・。

技術的には下半身を上半身とうまく連動させることはなく、

上半身のパワーで打っているから、クロフォードに近い。

安定感には欠ける。それに年齢とともに数字が落ちるフォーム。

ま、ケガがなければ、2割8分打つだろう。

今日はタイムリーヒットがあったけど、

5番、6番あたりで返すのに適しているか・・・。

ただ、年俸が600万ドル超えていることを考慮するとイマイチだな・・。

ハッキリ言って、もらいすぎ。

3割打たないと割に合わない選手だなあ・・・。

 

 

メッツからトレードのペドロ・ベアト。

今日は2回と次の回ノーアウト満塁まで投げた。

基本コントロール重視型。

球種は、ストレート、ツーシーム、カーブ、チェンジアップ、シンカーか。

カーブのコントロール悪い。

チェンジアップは落ちない。遅いストレートになっている。

シンカーはまずまず。

見ていて、印象は「もったいない」

基本中継ぎ使いなんだろうけど、カーブを右バッターの外角にコントロール出来ない。

落ちないチェンジアップ。

ストレートもそんなに速くないから、見られると大量点やられそう。

今日の3回がそうだった。

もったいないと思うのは、

カーブのコントロールとチェンジアップが落ちれば先発になれたはず。

それに、少し我慢弱いか・・・・。

中南米の性格がうかがえる。シーズン最初に比べ太っている。

伸び悩みっていわれるタイプの予感がする・・・・。

チェリントンは先発でもいけるかもとおもっているんじゃないか・・・。

球種の精度あがれば可能性はある。

ま、基本ショーパックとのトレードだから、化ければ儲けものだけど、

こんなもので・・・・とチェリントンは思っているだろうなあ・・・・。

きっかけあって、自己管理が出来るようになって、下半身鍛えたら化けるだろう。

できるか。

 

 

いやあ・・・、

プレーオフへの可能性がほとんど消えたせいだろうけど、

フェンウェイに空席目立つなあー。

来年への期待の今の試合もそうだけど、

主力を超ビックリ大放出しただけに、

来年結果でなければ、3年ぐらいチーム崩壊って可能性もあるなあ・・・・。

怖いなあ・・・・・それだけは、やめていただきたいですなあ・・・・まじで。

うーん、

チームを引っ張るキャプテンがほしい。

ペドロイアはどうも柄じゃないか・・・・

今日も判定にキレまくっていたし、、、、

確かに判定はクソだったけど。

エイドリアン・ゴンザレスにキャプテンの可能性あったけど出ちゃったし・・・。

どうするべ・・・・かなあ・・・・。

 

ラバーンウェイかなあ・・・・・

どうだろう、次期キャプテンに。

もうちょっと打って欲しいなあ・・・・。

雰囲気はいい感じなんだよなあ・・・・。

チームが結束固めるには、キャプテンいるな、間違いなく。

 

超大型トレードが決定!

 

エイドリアン・ゴンザレス

ジョシュ・ベケット

カール・クロフォード

ニック・プント

 

みんなドジャースへ。

そして全く釣り合わない若手獲得。

・・・・。

 

いやあ、すごすぎる。

 

まじで。

 

超主力をみんな出しちゃった・・・・。

 

エプスタインが取ってきた選手みんな放出。

 

バレンタインは評価されているってことだし、

来期も続投するってことだろうし、

チェリントンもとことんだな。

 

エイドリアンは、止めて欲しかったなあ・・・・。

美しいフォームをフェンウェイで見れなくなるのは、かなしい。

 

 

すごすぎる

言葉もない。

 

 

そして、ペドロイアだけが残る。。。。

クラッシャー、バレンタイン!

さて、今後どうなるか。

若手に期待するしかねーな。

 

試合前にニュース。

キャッチャー、ケリー・ショーパックをメッツへトレード決定。

先発は、ベケットで、シーズン最初からベケットのマスクがショーパックだったけど、

いきなりラバーンウェイをあてる。

いやあ、やるなあ・・・・バレンタイン。

動き早いなー、チェリントン。

トレードデッドラインなんて関係なし。

やるときにやるんだよ!

出すときに出すんだよ!

 

これで、ラバーンウェイが第2捕手確定。

来年は、サルティいないかもしれないから、正捕手への道へいくか・・・

行ってほしい。

オレの一押しラバーンウェイ。

今日もまだ、大振り目立つけど、

キレぐせのあるベケットとの呼吸もまずまず。

いけるんじゃないか。

ヒットは1本だったけど、レフトにホームラン性のあたり打ったし、

なにより、ケガない限りマイナーはもうないって位置がやる気を引き出すはず。

メジャーのボールになれれば、

顔もカラダも振りも、マット・ホリデーそっくりなんだから、爆発するはずなんだよね。

 

 

振り返ると、チェリントンの動き早いなあ。

今シーズン半分すぎて、

長期不良債権選手と一年契約選手と長期優良契約選手以外の選手はこれで全部入れ替えた。

半年でよく変わった。

すばらしいね。

この3年よどみまくっていた人を、そこそこ勝ちながらいれかえた。

 

今年は、プレーオフ厳しいだろうし、来年のことを考えると、

一年契約選手は、来年ほとんどいないだろう。

現在いるロースターでみたら、

サルタラマッキアはもともと、エプスタインのお気に入りだったから、来年はいないだろうし、

今日もいきなりホームラン打たれたメランソン、それにアセベスもいないだろう。

中継ぎももっと若いやつ入れるはず。

ショート争いのアビレスも、シリアコが奪って来年いないかも知れない。

だいぶおもしろくなってきた。

 

今日、アンドリュー・ベイリーが投げる。

太って、カラダの切れはイマイチながら、

ドカンとくる重そうな球は健在。

日本人と違って、多少太っていた方が、いい部分もあったりするからな・・・

ベイリーのロースター入りでも、田沢が落ちなかったのは評価できる。

 

オリオールズに連敗するなら、もう今年は終わるんだろなあ・・・・

 

いやじゃあー!

 

ツインズとの4連戦、第2戦。

昨日完封されて、今日は取っておきたい試合。

しかし5回に同点にされ、タイゲームのキリキリした試合展開。

 

何度かチャンスあったけど、ダメ。

9回裏のラバーンウェイの打球はいったと思ったんだけどな・・・

おもしろいのは、打った瞬間のベンチもすごかった。

みんな、サヨナラホームランの期待にすっごい動向。

乗り出しまくりだったんだけどな。。。

10回に逆転されて負け。

 

今日ショートに入ったのは、アビレス。

ずっと最近シリアコだったけど、アビレス。

さすがにシリアコばっかじゃアビレスがやる気なくす。

やる気なくさないところで、出す。

そうするとまだがんばるぞって気だから活躍する。

若手の使い方はよく知ってるバレンタイン。

さすがだ。

アビレスが今日活躍。

ノマー、ガルシアパーラの放出のあと、

長年レッドソックスのショートは穴だった。

打てんし、守備はボロボロのやつばかりで・・・・。

それが、高いレベルで争いが・・・。

おもしろい。。

 

 

ラバーンウェイがチャンスに打てなかったけど、

この男、雰囲気は完全にプーホールズレベルだし、

力は持ってるから、サボらなければ数年以内にクリーンナップ打ってるからな。

みんなよく知ってるから、期待する。。。

 

チームは良くないな。

このまま。ワイルドカードを狙いつつ、

でも、上がっていくチーム力ないから、

ファンには離れないレベルで、今年は再建となるんだろう。

もしかして若手が爆発すれば、プレーオフいけるって感じだな・・・。

 

しかし、勝てんな。

ペドロイアもミドルブルックスも凡退して、F文字連発しまくっているから

フラストレーションたまりまくってる。

くやしいんだよなあ・・・・

 

 

 

1 2 3

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ