レイズとの大事な3連戦、第1戦。

先発は、レスター。

必死で追いつく攻撃するも、負け。

 

レスターは、3回にいきなり満塁ホームラン食らった。

球が走りきれていない初回、2回はうまく対応したけど、

満塁ホームランの衝撃は大きく、4回も得点許す。

内容はむちゃくちゃ悪くはない。

リードが下手な部分もけっこうある。

サルティだからしょうがない。

ただ、今年は置きにいってる球が多い。

球速は出ているけど、軽く打たれる。

 

どうもピッチャー陣より、野手陣の方が危機感が強いんだろう。

野手は、守りも必死だし、バッティングもうまくいかなかったら悔しさが伝わってくる。

ペドロイアはもちろん、アビレス、ゴンザレス、ユーキリス・・・・

必死だ。

見ていて良い。

 

しかし、、、

ピッチャーはやる気がどうも・・・・?

特に先発がそう。

レスター、ベケット、バックホルツ・・・。

やる気あんのか!

って、見える。

気持ちがバラバラのような感じがする。

今、ピッチャー引っ張っていくリーダーがいない。

野球における先発の占めるパワーは大きい。

だから年俸も高い。

しかし、何が原因か不明なるも、やる気がなさそう。

松坂かもな・・・・、原因は。

そうゆうものだ。

先発陣はマリナーズ状態なのかもしれない、勝手な想像である。。。

 

野手に必死さが伝わるから、負けたけど楽しい。

最終回も、乱闘。

不満解消にはいいんだろうけど、モラレスもぶつける必要あったのかな・・・・。

またしても勝手な想像だけど、間違いなく狙ったような気がしてなあ・・・・

 

いまだ最下位。

 

 

 

 

 

フィリーズとの交流戦、3連戦、第1戦。

レッドソックス先発はダニエルバード。

フィリーズは、ハメルズ。

 

ハメルズ相手に、あんまり打てないだろうからバードの踏ん張りに期待。

って思って、試合開始。

しかし、初回から荒れ放題。

ストライク入らずで、ランナー貯めてタイムリー。

ハワード、アトリーいない打線になにをするねん!

流れは早速フィリーズへ。

序盤から、離されるとハメルズにテンポ良く投げられ、

そして追い込まれ、最後はパペルボンで締められて・・・・

あーーー。

もう!

 

って不満が爆発したのはオレだけではない。

そう、

ボビーが最終回に退場。

不満たまってるんだなあ・・・・。

だんだん怒って退場パターン。

もう、どないもこないも・・・・ってなっちゃったんだな。。。。

そりゃそうだ。

いまだ5割にも満たない勝ち星。

勝てない。

ほんとに勝てない。

きのうもアビレスが退場してるし、みんな欲求不満たまりまくってる。

ま、そろそろ、ケンカか退場かあるだろうなと思ってた。

そう。

どこかで爆発させないとだめなんだよね。。。

 

交流戦までには5割と思ってたけど、ダメだなあ・・・・。

まあ、3人ぐらいしか打てるやつおらんから、ムリなんだよね、戦力的に。

ピッチャーも先発弱ってるし、クローザーがいないんだから。

シーズン戦う前から、だいたいわかってたんだよ。

まあ、応援する側としては、

それでもなんとかしてーっておもうものんなんだよなあ・・・・。

 

あーーあ。

 

 

今日は、久しぶりにゴンザレスがホームラン。

たいしたピッチャーからじゃないけど、よしとしよう!

まだ去年よりなんとなく雰囲気マシなような気がしている。

あきらめるのはまだ早いのだ!

おっと今日、サルティが耳にボール当てちゃって途中交代した。

オレ一押し、ライアン・ラバーンウェイ上がってこないかなあ・・・

ラバーンウェイみたいなあ。。

 

ホームでインディアンズとの4連戦、第2戦。

先発は、散髪してロン毛スッキリカットしたバックホルツ。

インディアンズは、去年ロッキーズから移籍のヒメネス。

 

最近負けが込んでいるから、すっかり元気がなくなっちゃってきてるような・・・

まだまだ先は長いぞー、シーズンはこれからだ!

ヤンキースも調子出ていないようだし、チームの形ができていって欲しい。

バレンタインも仕掛けは早くして、打順も調子いい選手を

上位に集中させて、つなげれるようにしてきている。

チームの調子が悪い中、

いろいろ、試行錯誤しながらも、責務をこなしている感じだ。

 

1回、バックホルツが打たれる。

交代でもないのに、気合い入れにバレンタインがマウンドに。

尻を3発ひっぱたいてバックホルツのやる気を引き出す。

効果あったか、その後は無失点。

今シーズンも、バックホルツは覚醒仕切れていないなあ・・・。

ただ、守備にも助けられながら、7回まで投げた。

 

相手先発の、ヒメネスもイマイチ。

オールスター出たときのピッチャーとは別人の状態。

やっぱり、メジャーで安定していい成績をのこすって大変だなと・・・・

ストレートがぜんぜん早くないし、何とか伝家の宝刀チェンジアップで

大量点を防ぐのが精一杯だった。

ボストンも、今日ののヒメネスを3回あたりでマウンドから降ろせないようじゃー

だめだなあ・・・・・

 

ミドルブルックスが初回に逆転のタイムリー。

初球だった。

思いっきりがいい。

その後は、打てなかったけど、とにかくアピールが大事。

まだ、ユーキリスと入れ替わる実力はないけど、

メジャーに間は積極的にチャレンジだ。

ダニエル・ナーバも先発。

ケガさえなければケイリッシュがとっとと早く昇格しているんだろうけどなあ・・・。

ナーバも技術はまだまだだけど、守備でも活躍。

若手が張り切ってプレーしているのを見るのはいつも楽しい。。。

周りにもいい影響を与えるから、もっともっとアピールしてほしいな。

 

松坂がベンチに。

近いうちに先発で登板ありそうだ。

高校時代から、とんでもないレベルの実力を見ているだけに、

サボらなければ、サイヤング賞取ってるだろうに・・・。

ちらっと見た感じは、少しやせたか。

活躍してら、いい条件で放出しようねチェリントンちゃん。

 

クローザーアセベスは今日も打たれてイマイチは続いたけど、

何とか勝利。

とにかく、勝利が一番。

あー、連勝がほしいなあ・・・・

 

 

 

負けが込んでるオリオールズ戦。

超ウルトラ期待の若手、ウィル・ミドルブルックスがホームラン!

それも満塁のグリーンモンスター越えだーーー!!

よーーしよーーし。

チームはふさぎ気味だから、いいよー。

 

ミドルブルックスのホームランで一時は、同点に追いついたけど、

離せないいまのレッドソックス。

 

どこまでいくねん延長。

久しぶりに、疲れたやン、もーーー!

だいたいいつもそうだけど、延長って見てしまうのよね。

特に、フェンウェイだと。

サヨナラを見たい。

後でビデオ見てもじぇんじぇんおもしろくないんだよな。

まったく。

だから見てしまう。

どんなに眠たくても、見て寝た方がスッキリする。

勝てば、スッキリ睡眠。

負ければ、がっくり睡眠。

 

今日は、負ければがっくり睡眠パターン。

もうピッチャーおらんだろーって思ってたら、

やっぱり。。。

誰かと思えば、ダーネル。

ダーネル・マクドナルド。

どうせなら、ミドルブルックスに投げさせれば良かったのにー!

 

野手が投げて、押さえれるわけではないのは当然。

あっさり、勝ち越されて終了。

 

乗っていけないなー。

とりあえず、ミドルブルックスのホームランを何度も見た。。。

よしよし。

去年も映像見てたけど、まだ荒削りな所はある。

ロンゴリアとは違う。

ロンゴリアは若いながら、技術も完成の域だった。

当然メジャー上がっても大活躍。

ミドルブルックスはそこまで技術が伴っていない。。

しかし、光るものはずっとあった。

マイナーから、光っていた。

いわゆる花がある。

しっかりトレーニングして、技術磨いてほしいなあ・・・・

 

今シーズン終わるころには、5番あたりで・・・・。

レッドソックスの試合も見ずに、レンタル開始された映画「マネーボール」を見た。

本は数年前に読んだので、あらすじはわかっていた。

 

おもしろかった。

 

良い。

オレがずいぶんメジャーオタクなのかも知れないけど、

休憩入れずに見てしまった。

楽しかった。

ミッションインポッシブルは途中3回も、休憩したのに・・・・

 

ブラッドピットの演技も良かったけど、

野球を知ってて、メジャーを見ている人ならぜったいおもしろい。

当時の映像もわずかだけど入ったりして、ワクワクして・・・。

ケビンユーキリスの若いときの映像もしっかりあった。

四球のギリシャ神でレッドソックスが放出しなかったこととか・・・・。

 

ビリービーンの短期な性格を表すロッカーで当たり散らすシーンとかも

あったり、レッドソックスヘンリーオーナー役も(ぜんぜん似てない俳優だけど・・・。)出てくる。

 

GMの楽しさ、つらさもわかるし、

日本と違ってアメリカにおける選手の流動性の高さ、

ビリービーンの交渉のシーンなんかは、

内容整理しながら、見入ってしまった。

トレード交渉のシーンが一番おもしろかったなあ。。。

 

あまり期待せずに見ただけに、

☆5つ!人によるだろうけど・・・・

 

 

意外や意外・・・。

今日で6連勝なりー!

がっはっは。。。

開幕時は、やっぱりダメだと思っててけど、

ツインズ、ホワイトソックスに助けられたな。

今年の開幕後のスケジュールは、

レンジャーズやタイガースや東地区ばっかりでメンバー的には

劣り気味のレッドソックスだっただけに。

遠征は、うまくいけばと思ってたら、うれしい誤算。

 

5月半ばまでに、レイズに追いついておきたいところ。

今日は、レスターがしっかり投げた。

コネルコにホームランさえ打たれなければ、

いまのホワイトソックス打線は、大きいのを打たれないからな。

 

6連勝の要因は、

まず、打線の組み替えだな。

エルズベリーがケガしたことで、

1番にアビレスを入れたこと。

2番にスウィーニーを入れたこと。

ユーキリスを下げたこと。

エルズベリーは去年とは違った打撃フォームのおかげで

外角低めしか打てなくなってしまっていた。

アビレスは、ボストンのショートを確保の気持ちでモチベーションが高い。

スウィーニーはオレの中では誤算だった。

スプリングトレーニングはひどかったので、こりゃダメだと思っていたら、

シーズン入ったら、よく見る。

そう、打つより、しっかりボールを見ていた。

さすが、アスレチックス出。と。

開幕当初とにかくフォアボールが多かった。

そして、好球を待ってたたく。

2番には理想的か。

ただ、外野手で大きいのが期待できないのは今後しんどいけど。

 

ペドロイアはもともと、2番タイプじゃないから、

3番OK。大きいのも打つ。

ゴンザレスは、今、開幕時からは少しタイミングずれ気味。

だけど、最低限の打点は稼いでいるし、

数字には残らないけど、ピッチャーにプレッシャーは与え続けている。

今日も、ピービからしっかり打点。

それも虎の子の・・・・。

ゴンザレスは、シーズン後半に備えているとみている。

オルティズは、スプリングトレーニング始まり当初から

今年はしっかりトレーニングしてきたよってカラダだった。

現在開幕時から、絶好調。

 

エルズベリーの離脱で打線を組み替えて、

つながるようになった。

ローテがまだ安定していないし、ブルペンがイマイチは変わらないし、

打つチーム相手だとまだダメだろうけど、

開幕時のひどい状況からは一歩前進。

とにかくチームの形にはなってきた。

 

しかし、急遽取ったセンターバード、イマイチだなあ・・・

しょうがないけど、松井取って欲しかったなあ・・・・。

あ、そうだ、

ケイリッシュがケガしてなければなあ・・・・、おしいなあ。

スタメン取れるチャンスだったのになあ・・・・

あ、そうだ、

レディックがいたらなあ・・・

今シーズン、ホームラン3本も打ってるし・・・・

あーあ。

 

でも、ま、試合見ていても少し楽しくなってきた・・・・。

がんばれ!レッドソックス。

 

ホワイトソックスとの4連戦、第2戦。

先発はダニエルバード。

少し先発に慣れてきたかな。

落ち着きが感じられるようになった。

ま、ホワイトソックスは再建中みたいなものだから、

勝っておきたかった試合。

 

今日のヒーローは、ダーネル・マクドナルド。

スプリングトレーニングで好調だったから、

もっと使ってもいいと思っていながら、ひさしぶりの先発。

チャンスにしっかりタイムリー、そしてホームランとアピールした。

満塁でのツーベースが大きかった。

バードがまだ不安定な投球だったけど、これで落ち着いたみたいだった。

 

ロスもタイムリー、オルティズもホームランで首位打者だし・・・

よしよし。

少しづつ浮上していこう!

ツインズ戦活躍したユーキリスをしっかり見たけど、

相変わらず良くない。

下位にしておくべきだ。

今日も、4番で3三振。

しっかり打線を切っている。

これではいけないね。

 

ショーパックもキャッチングのひどさがますます目立つ。

早めに解雇しようね、バレンタインちゃん。

 

元気のないホワイトソックスで、勝ち貯めようぞ!

 

 

ヤンキースとの3連戦、第2戦。

前半9点もリードして、終わってみたら15点とられて敗戦。

むごい、ひどい、ほんまに情けないのお・・・

 

悲しいのお・・・。

 

むなしいのお・・・・。

 

最後の方は、つらかったなあ・・・。

久しぶりだわこんなにつらいのは。。。。

ココ数年こんな感覚なかったような気が・・・。

 

先発ドーブロントよく投げた。

テシェイラに一発撃たれただけで押さえてブルペンに交代。

いやー、

ひどいな・・・・ブルペン。

なんじゃこれ。

ブルペンこいつら全員修行しなおさせよう!

まず、比叡山に裸でほおりだせ!

いやいやアメリカだから、バミューダに・・

もういらんし。。

 

 

いかん、いかん。

各方面から文句が・・・

 

 

 

前向きに、前向きに・・・・

うん。

なにごとも前向きに・・・・

今シーズンのしんどさはある程度はわかっていたはずだ。

そう。

このメンバーと、スプリングトレーニングの調子を見て

こんなものなのです。

これは実力。

 

なんてったって、東地区3位よそうなんだもん。

もしかしてブルージェイズにも抜かれるかも・・・・って

予想してるんだもん。

レッドソックスファンなのに・・・

 

これぐらいの試合をあと数試合やれば、

前GMと監督の無法がわかるってものだし、

選手の入れ替えもできるってことだし、

気持ちも新たに出発できるってものなんだよね。

3年ぐらいかかるんだろうけど・・・・

 

ボロ負けする試合が何度もあったら、

入れ替えの決心、放出の決心もつくだろう。

 

おれなら、

まず、キャッチャー。

サルティ、ショーパックを出す。

ラバーンウェイをメインに。

 

ブルペン。

もう、総取っ替えする。

アルバース、アセベス、メランソン放出。

DLのくそデブ二人放出。名前いいたくないぐらい。

 

外野に松井秀喜をとって、6番か7番か打たせる。

 

1番ショート  アビレス

2番ライト   スウィーニー

3番セカンド  ペドロイア

4番ファースト ゴンザレス

5番DH    オルティズ

6番レフト   松井秀喜

7番センター  ロス

8番サード  ユーキリス

9番キャッチャー ラバーンウェイ

 

で決まりだ!

我ながら、すばらしい打線!

これで、1試合5点打線ができた。

 

ブルペンは、若手をドンドンドンドンあげて使う。

ここ2.3年有望なやつみんなクソトレードであんまりいないけど。

このまま、続けてもどうせダメなのは目に見えているから、

若手をだせっ。

オールスターまでにはまだ獲得できる選手もいるはずだし・・

うまくいけば今シーズンまにあうかもしれん。

 

大きく変えないと、去年からのウミは出そうにないぞ。

 

 

春の快適な週末、フェンウェイでのヤンキースとの3連戦、第1戦。

日本ではほとんど見れないけど、試合前にセレモニーがいっぱいあったみたい。

解説者やノマー・ガルシアパーラ、ペドロ・マルチネスらの歴代のレッドソックスの

活躍した人が登場。

戦闘機も飛んで・・・・

こうゆうのみたいんだけどなあ・・・・

 

 

先発はバックホルツ。

結果的には、ヤンキースのホームラン攻勢で撃沈。

結局追いつけず、敗戦。

 

打線は、いいピッチャーのときはからっきし。

組み替えて、いろいろ試行錯誤中。

2番にスウィーニーを入れた。

いいんじゃないかな。

このままいこうよ。

しかし、キャッチャーはもうラバーンウェイに変えようよ。

キャッチングできない、サルタラマッキアとショーパックって

うっとうしいんだけど・・・。

ポロポロ落としすぎだし、キャッチングへたくそ過ぎるし、

ブロックできないし、リード悪いし。。。。

ラバーンウェイためそうよ、バレンタインちゃん。

 

田澤が昇格後、初マウンド。

いいんじゃないかな。

フォームもいいし、球も走ってる。

制球はイマイチだったけど。。。

とにかく、田澤はフォークを3球に2球思ったところに投げられたら、

いつでもセットアップになる。

トミージョンの後遺症もなさそうな雰囲気だな。。

 

 

レッドソックスが休みで、ダルビッシュの試合をみた。

すばらしい修正をしてきた感じ。

 

コントロールがすばらしく、

初回からリラックスしていていうことなし!

修正したのが、ほとんどうまくいった感じだ。

 

ノーワインドアップにして、球を離すまでの上下動をなくす。

日本より高いマウンド、固いマウンドに対応するためだろう。

そうすることによって、

左足の置き方が柔らかく置けるようになる。

やさしく置くと、地面からの反発も弱くなり、上に持ち上げられる反動

が少なくなる。フォームの上下動が押さえられる。

固いマウンドにそろーと左足を置くことで反発が少ないし、

ずれも少なくて済む。

トータルで左右のコントロールの乱れも修正された。

 

フォームの上下動を小さめにしたことで、

上下のコントロールがよくなった。

要するに、球が上ずることが今日はほとんどなくなった。

 

フォームの開始のワインドアップをなくすことで、

動きを少なくし、左足をそろーと置くことでトータルコントロールがよくなった。

理論的にはわかっていても、人間が修正するのは

すっげー大変なんだけどなあ・・・・

数日で対応してきてるのがすごすぎる。

 短期間で修正してきたのはマジですごい。

オフにレッドソックスの監督の候補にも挙がった

ピッチングコーチもいいのだろう。

キャッチャーとのコミュニケーションもよさそうだ。

 

今日のダルビッシュのピッチングを見ていると、

去年のバーランダーのに近い感覚を感じた。

ピッチングフォームのバランスが良くなりコントロールが修正できていた。

今日はストレートがほとんど低めで、左右のコントロールもめっちゃ良かった。

後半打者の目で、見ると的が絞れないし、コントロールいいしで、

バッターとしては、ごちゃごちゃになる感覚に陥った。

こりゃ打てねーな・・・・

タイガースのバッターは骨太だけど、ピッチャーがすばらしいと打てない。

 

まあ、この修正にはただ、横に曲がるスライダーへの適応がまだみたい。

上下動の修正以上に修正すると他がダメになるから、

最小限にとどめたのだろう。

なので、変化球は、前回あまり投げなかったカーブを多投。

肘をしっかりあげて投げれることで、カーブのキレは増した。

組み立ては左右のストレートに力を抜いたストレート。

それと、カーブの組み立て。

シンプルだったけど、カンペキ。

 

たぶんダルビッシュは修正を急がないだろう。

今回うまくいった形を続けることをしていても勝てるだろうし、

シーズン通してローテ守れば、15勝は固いなあ・。。。

 

やぽぱ精神的にすごいなダルは。

ダルビッシュは今日のピッチングを続けられれば、

今年まちがいなくサイヤング賞候補になるはずだ。

 

 

いやあ・・・・、

東地区じゃなくてよかったなあ・・・・。

いや、ほぼ再建中のボストンにいたらなあ・・・・

あー、くそー!

 

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ