ボストンの映像今日はないから、ダルビッシュをみてみた。

メジャーでの試合見てなかったのでワクワクしながら・・・・。

 

投球は、落ち着いている感じ。

ストレートは決して速くないけど、要所で投げるフォーシームは150キロ程度か・・・

しかし、左右の振り分け、緩急、お見事。

肘の位置も高めで維持されていて、ボールの回転もいい。

コントロールも完璧じゃないけど、ストライクを投げることがまず大切だし。。。

多少は、配球の良さに変わるだろう。

 

マウンドでも滑りやすいボールとも仲良くやろう的感じが見受けられる。

投球間隔も、メジャー仕様、遅くない。

野手にしてみるとそのへんの呼吸ってけっこう大事なのだ。

投球間隔が遅いと野手のエラーも増える。他のピッチャーとあんまり変わらない感じだし大丈夫だろう。

 

注目してみていたのはフォーム。

特に下半身。

固く、高さのあるマウンドにどう対処しているか・・

慣れない高めのマウンドだと、ボールが上ずる傾向があるんだけど、

押さえながらよく投げていたように思う。

左右にバランスが崩れることが何回かあったかな・・・。。

しょうがない、慣れていこう。

 

変化球も切れも良かった。

カットを投げるのか知らないけど、横に曲がるスライダーも、

縦のスライダーもバッターは打てないだろう。

 

ベンチに戻っても、

片言だろうけど、ナポリとも会話しているし、

アンドラスともしゃべっていた。

非常に雰囲気がスムーズ。

大切なことだ。

 

15勝いくだろうなあ・・・・。

毎年。

松坂のように体調の管理サボり癖はないし、

精神的にも言葉を聞いていたら松井秀喜、イチローにつながるところがある。

成長余地もまだまだありそうな・・。

 

あーーー、

ダルちゃん!ボストン戦では打たれてね!

 

主力メンバーはほとんどおらず、

前回のヤンキース戦同様、手の内を見せないバレンタイン作戦か・・・。

 

試合始まる前に、先発ピッチャー以外の

ブルペンの話。

 

クローザーがベイリー

セットアップがメランコン

中継ぎメンバーとして、

アセベス、アルバース、カーペンター、ドーブロント、ミラー、モラレス、モーテンセン、パディーヤ、

の名前が・・・

田沢、ボーデンの名前はなかったんだけど・・・。

まあ、十分だな。

毎年、中継ぎはし烈な争いなのよね。。

 

先発はバックホルツ。

去年ずいぶん休んだから今年はがんばらないとな。

ってことで、開幕からスタート切れそうな投球。

タイミング外しのチェンジアップはキレがあるし、

ストレートも効果的。

唯一ロンゴリアにスタンドにぶちかまされたぐらいだった。

今年もロンゴリアはやばそうだ。

ホームランの前のファウルでけっこうやばい雰囲気・・・って思ってたら

次のインコースのストレート、ホームランだもの・・・・。

そんなに悪い球じゃなかったし、

その前の投球が変化球だったから、

決めの球のタイミングとしてストレート選んだのはいいんだろうけど、

さすがロンゴリア、技術レベルも上がっている。

バックホルツの決め球ストレートにきっちりあわせていた。

打った瞬間、サルタラマッキアもがっくり。。。

 

ま、でも全体的には合格の内容。

開幕まで2週間。

そろそろピッチあげていこう!

ワクワク楽しみになってきたよー!

 

 

関係ないけど、

ペイトン・マニングどこにいくんだろうなあ・・・・

 

ヤンキース戦。

YES主催だから、実況うっとうしい。。

解説は、前カブス監督ピネラ。

試合始まる前の映像がムカツク。

往年のヤンキースの選手とか活躍したヤンキースの選手の映像を流して

最後にジーター、A・ロッドで締める今シーズンの試合前のパターン映像。

この映像に松井秀喜の映像がないやないか。

なんでやねんヤンキース。

ワールドシリーズに導いてくれた、MVPの松井を入れないなんて・・・

だからむかつくねんヤンキース。

このあたりがいややねんアメリカ!

松井秀喜が入ってないなんて・・・・

松井がいなければ今でもワールドシリーズもいけてないのに・・・

くそーーー!!

 

さて、試合はピッチャーの投げ合い。

スプリングトレーニングなのに、ノバを出してくるジラルディの余裕さ。

かたや、レッドソックス、ローテメンバー出さずに、入るはずもないドーブロント。

バレンタインもわかっているさ。。

今年のローテ厳しいのは・・。

 

しかし、ヤンキースのノバ。

いいピッチャーだ。ほんとに・・・。

ストレートは上から投げ下ろしだし、チェンジアップの切れもいい。

おおきなカーブでタイミングはずして、

ピンチややばい打者のときはスイッチが入る。

こりゃ打てないね。

おまけに、キャッチャーはマーチン。

完璧だね。

マーチンは、ドジャースで黒田と一緒だったから、

いいところ全部知っているし、黒田がパワーアップするのは間違いない。

ヤンキース唯一の大きな穴だった彼・・・(すぐキレる彼・・)

AJバーネットが出されて、まったく穴がなくなってしまったなあ。。。。

やっぱ今年ダントツヤンキース勝ちまくりそうだ。

 

打つ方も今日は主力をヤンキースに見せないようなバレンタイン戦法。

こそくだけど、余裕がない証拠だな・・・

いいなあ・・・・・ジラルディ。

 

 

 

おもしろい。

マーリンズは勝負かけたオフシーズン。

監督も変わって、ずいぶん補強をした。

 

試合内容はなんてことのない試合だったけど、

6回に、でました!ギーエン監督!

武闘派ギーエン、シーズンがまだ始まっていないというのに、

判定巡って一塁塁審におもいっきり抗議!

おもしれー、やっぱりギーエン。さすが。

1回には、ベケットのデッドボールでも、ベケットに一言ちくり。

なんていったかはわかるわけないんだけど、

ちくっと発言したに違いない。

 

今日の状況は、

ベケット。

初回はばたばたコントロールボロボロだったけど、

2回以降は球速抑え気味で左右投げ分けていた。

ケガなければ大丈夫だろう。

6回裏、バレンタインとアナウンサーの間で

ローテについて少し話。

レスター、ベケット、バックホルツ、バード、アセベス

で回すような話が・・・・。

妥当なところだな。

 

キャッチャー。

ショーパックが今日もマスク。

キャッチングは並。

ブロッキング優。

リードは並の下。

肩は並の上ってとこか。

しかし、途中サルタラマッキアに交代後さっそくパスボールやってるあたり

サルティのブロッキングはほんとに穴だな。

 

ユーキリス。

今日もダメ。

調整長引きそうな予感。

 

ロス。

なんとなく下位で打順決まるんじゃないかなあ・・・

 

ゴンザレスは調整良さそう。

 

 

 

先発はレスター。

今日は、キャッチャーとの呼吸がいまいち。

キャッチャーはショーパック。

試しているんだろうけど、サルティとのコンビに戻りそう。

ショーパックの打つ方はたぶんダメだろう。

 

打つ方は、

ペドロイア。

この人は天才だ。

フルスイングすれば、芯に当たらなくなることが多いのに、

思いっきり振って芯にあてる技術を持っている。

すばらしい動体視力なんだろうと思う。

動物並み。

今年も成績はしっかり残しそう。

 

エルズベリー。

今日は3番。

去年の大爆発から今年3番に・・・・て声がある。

しかし、フォーム変えたか、振り出しが良くないようだ。

コックの位置が去年と違うみたいだし、

振り出し時ワキが開いている。

このままでは、パワーどころか、打率も落ちそうな予感がする。

修正しないと、4月3番どころか、1番も危うくなるような・・・。

 

新加入のロス。

2割8分ぐらいは打ってほしいんだけど、な。

顔がアメリカ顔だから、ムードメーカーになってくれりゃあいいか。

 

ライアン・スウィーニー。

守備はしっかりなんだけど、

打つ方はあんまり期待できそうにないとみた。

 

エルズベリー、ユーキリスがイマイチなら

今のところのできとして、

開幕、今年も苦労しそうだなあ・・・・。

 

先発はダニエルバード。

ストッパーのイメージがあるので、

うまく先発への転向をフォーム、ボール等できるようになるか

見ながら試合を楽しむ。

 

コントロールはまずまず。

球速は、100マイル超えはおそらくなかったと思う。

先発にはいらないしな・・・。

スライダーもキレキレってわけじゃなく、

たぶん先発にしてから曲げを浅く、握りを浅くとかしている感じ。

チェンジアップもまずまずだった。

ゆーったりとしたフォームはそのままで

ローテーション4番目かな?うまくいきそうな予感。

 

アセベス。

可もなく不可もなく。

 

打つ方は、

エルズベリーは体調、調子まずまずとみた。

去年で自信ついている感じで、

今月徐々にあげていけばいいだろう。

 

ユーキリスは、まだまだ。

タイムリーは打ったけど、

振り遅れているし、飛んだところが良かったってやつ。

ただ、選球眼がいいのと、パワーがあるので持っていけた感じ。

 

エイドリアン・ゴンザレス

この方やばい。

もう完全に実戦モードで打席に入っている感じで

いわゆる雰囲気があるスタンスで、

どこ投げても打たれるオーラをかもしだしている。

今年、開幕から打ちまくるような予感がする。

あとは肉体的にうまく調製していけば、

開幕戦ホームラン見られそう。。。

 

プント。

守備は一流。

バットは全くだめ。いわゆるブンブン丸だな。。

ジェドラウリーの後としては打つ方が大きく戦力ダウン。

 

 

イグレシアス。

守備は一流。

バットはまだまだなあ・・・・

 

サルタラマッキア。

ラバーンウェイとの競争が楽しみ。

尻に火がついているだろう。

といっても、急にカバー率が上がるわけでもなく

配球がうまくなるわけでもない。

バットでアピールするしかないのが現状だろう。

 

 

なんとなく、

現時点、

外野陣がちょっと穴のような気がするな・・・・。

先発はいけそうな気がしてきた。。。

 

 

 

パイレーツとのトレーニング。

先発がクレイ・バックホルツ

2試合目。

調子はいい感じで、シーズンの仕上がりとしては

非常に早いほうだとみた。

コントロールもまずまずだし、球のばらつきってのがほとんどなく、

低めに集まっていたし、チェンジアップの落ちも一昨年並。

このままケガが悪化せずに行けば、今シーズン15勝あるかも。。。

ただ、シーズン全部投げたのがなかったような気がするからな?

 

打つほうは、

2番にユーキリス。

手術で調整遅れているのがありありだから

急ピッチで慣れさせていこうって感じか・・・

しかし、バランスは悪い。

振りにいくワキもがら空きだし、厳しい状況。

 

アビルスは気合い入っている、まずまずの動き。

早めの調整なのがオルティズ。

ホームラン。

このままあげていけば、開幕もボロボロってことはなさそう。。

 

先発試験中のパディーヤは打ち込まれ。

中継ぎ陣は、可もなく不可もなく。

 

開幕スタートしたいんだけど・・今年は。。。

結局ローテーションピッチャーで勝たないと

ヤンキースにもレイズにもだいぶしんどいからな今年は・・・・

バックホルツは3番手で回ってほしいものなんだよな・・・・。

 

 

 

レッドソックス関係ないけど、なんとなくいいたくなっったなあ・・・。

ダルビッシュのコメントをアメリカの認識違いの受け取り方と、

日本のマスゴミの相変わらずのゴミ反応にヘドが出る思いを感じて

ついついむかつきまくってかいてしまう・・・。

 

そう。

日本語とは微妙なニュアンスが日本人として育った人と

英語のきっちりしている言葉とは違うのだよ。

ダルビッシュは日本で育って日本語で話したんだから

当然微妙なニュアンスを表現しただけ・・・やねん。

 

日本語を直訳するからおかしくとらえられるのだ・・・。

直訳でアメリカで報道されるのはしょうがないとして

それを、日本のくそマスゴミが日本国内に向かっての報道として

直訳しているだけのカス仕事をしているのにムカツク。。

 

日本のくそマスゴミも日本人として生まれ

日本語で仕事させていただいているくせにまったくそのあたりの

英語との表現というかニュアンスの違いを全く書かずに

現地のコメントのみ日本語に訳すだけのあほんだらマスコミの

コメントにむちゃくちゃ腹が立つ!

ぼけマスゴミめ。おまえたちはお金もらう価値はない。

 

 

日本語は微妙なんだよ。

日本人で生まれ、日本で育ったんだから

報道するなら日本人に説明している仕事に就いているんなら

そうゆう認識の違いをきっちり説明するやつがいても良さそうなものなのに、

アホカスばっかのマスコミのぼけ!

 

そう。

イチローが英語がべらべらなのに通訳を今でも通す。

松井秀喜が、ニューヨークのジョークもバリバリなのに

ワールドシリーズでのコメントも通訳を通しているのはなぜか・・・。

そう。

どうしても日本語のほんとに微妙なニュアンスを英語に直訳すると

誤解が生じる可能性が高いと現地にずーーといて

理解しているからそうしているんだよ!

わからんか!

くそ日本のマスゴミめ!

おまえらにメジャーのコメントをする価値はない!

 

はあはあ・・・。

 

 

ちょっと、すっきいりした。

 

ダルビッシュのコメントをきっちりニュアンスも含めて

表現しろよぼけなす日本のマスゴミ報道。マスゴミのレベル低い社員め。

 

はあはあ・・・。

 

すっきりした。。。

 

 

レッドソックス関係ないけど、日本人としてやっぱダルに活躍してほしいしな。。

中途半端に報道するくそマスゴミに、

最前線で戦っているダルの足引っ張る資格はない!

黙っとけ。

ダルビッシュの活躍だけ報道しろ!

 

すっきりした。

 

 

今日は、2012年初ゲームの日。

大学チームとの2試合。

 

MLBがボストンカレッジイーグルスとの試合を配信してくれたので

さっそく見た。

場所は、フォートマイアーズ。できたばかりのジェットブルーパーク。

なんと、フェンウェイに似せてグリーンモンスターがある。

ちょっとちっちゃいけど・・・

 

いやー、新鮮だなー

プレーオフも見てなかったから野球って、ベースボールって楽しいな。。

実況、解説は去年と同じ、ドン・オルシーロとジェリーレミーのコンビ。

ドンの甘い声を聞いて懐かしさと、今シーズン始まった気がしたな。。。

ジェリーは舌噛みまくって、まだまだシーズン前って感じ。。

 

大学チームはフレッシュで、メジャーリーガーとの試合だから

終始笑顔。

楽しくて楽しくてしょうがねー!みたいな雰囲気。

ボールを投げて、バットで打つ。

なんて単純でおもしろいんだろう・・・。

勝負はあるけど、まず楽しい。

子供の頃はずっとそうだった・・・・

 

イーグルス戦見ていて、主力のいくつか気づいたポイント。

ユーキリスが元気に復帰していた。

守備は、まったく問題ないと見た。

バッティングは、背筋が去年より伸びたフォーム。

選球眼は今まで通りさすが。

技術的には、・・・本調子ではないような気が・・。

上下半身のバランスが悪いし、ワキも開いていて突っ込むフォーム。

現時点ではよくない。

手術明け・・少し出遅れるか・・

 

オルティズは、なまけた年より少しマシな感じ。

ラバーンウェイがヒット、

アビレスがRBIヒット、守備は問題なし。

当落線上の選手は大学チームだろうがみんな必死。

弱肉強食の世界だ。

田澤が登板。

ストライクが真ん中に集まりすぎ。切れも悪い。

ちょっと調整遅いぞー。

今年が生き残りの年なんだよーお。。

中継ぎ競争今年も激しいんだから・・・

 

あー、とにかくシーズンは待ち遠しいなあ・・・

 

 

 

 

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ