この人は、どうしようもないようだ。

オフにカラダを絞り込んできたかと思いきや、去年の後半のデブさよりもう一段デブに。

腹が出過ぎ。

こんなでキレのあるボール投げれるわけがない。

腹が出過ぎだから、ストレートが50球投げるまで80マイル(130キロぎぐらい)いかないていたらく・・・・。

村田兆治はいまでも140キロ投げるのに。。。。

 

トレード拒否権あるんだろうけど、出せ!!解雇してほしい。

ヘンリーオーナーも見に来ていたけどがっくりだろう。

失敗契約だったということだ。

もういらん!!

 

先発5番手はアンドリュー・ミラーか200勝まであと少しのウェイクフィールドでいい。

首脳陣よ、決断せよ。。。

 

スプリングトレーニング、ヤンキースとの対戦。

先発はバックホルツ。

バッター陣の先発は全員控え組。。。。

ヤンキースは、ジーター、テシェイラ、A・ロッド、カノー等々ベストに近いオーダー。

今年の手の内見せない作戦ですな。

 

バックホルツはほぼ完璧なピッチング。

去年ブレイクして、大事な今年、調整順調とみた。

それに、今年も去年並に活躍すれば、オフに大型契約も取れるだろうしな。

 

スタメンじゃないバッター陣は、若手と新加入組なんだけど、見た目はみんなホームラン打ちそうな

体つき。

さすがメジャー、恐るべし。

どこ投げても打たれそうな体格してるけど、マイナーと行ったり来たりしている選手は

やっぱ、技術がだめだ。

注目したのは、来年以降ショートのスタメンも囁かれているホゼ・イグレシアス。

全打席見たけど、うーん。マスコミで騒ぐほどかなあ・・・・と疑問。

守備は、ほぼメジャーで通用するけど、バッティングはイマイチとみた。

構えは、そのまんまA・ロッド。

しかし、後がやっぱぜんぜん違う。波打ってるしバットが・・・・。

それにカラダがまだだから、長打はほとんど駄目。

イチロー並に打ちまくるならともかく、ショートの守備で打てないならメジャーは無理。

単打も打ちまくれるほど技術が伴っていないし、ボールへの判断力が遅いので

打率も残せないだろうから、

まだまだマイナーでレベルアップが必要。

 

去年後半、けが人続出のなか奮闘した、ダーネル・マクドナルド。

ライアン・ケイリッシュ。

うーん。

ふたりとも、イマイチ。

これから上げていくのだろうけど、メジャー当確ラインの選手の調整としてはまったくダメ。

去年のバッティングとは似ても似つかぬ低レベル。下半身がなってない様子。

ダニエル・ナーバも、去年からなんにも技術的にアップしてない。

振りにいくときの、右の脇腹開きすぎ。それじゃあインコース見えないだろっと思ってたら

やっぱ空振りしまくり。

だめですな。

 

ジェド・ラウリーがファースト守って先発。

これには驚いた。

セカンド、ショート、サードを守れるがファーストにも起用される様子。

となると、今シーズンは内野のスーパーユーティリティプレーヤー確実。

バッティングも調整順調の様子。

手首のケガ、感染症といろいろあったけど今年はいけそうかな。

長打力も魅力で、今日も2塁打うったし、イグレシアスが注目されているだけに、

スクータロがいない来年に書ける意気込みが感じられた。

 

新加入組の注目は、ドリュー・サットン。

いいじゃないかーーー!!

去年は、レッズそしてインディアンズにいて、今年はボストン。

スイッチヒッターで、内野手。セカンドとファースト守っていた。

見た感じ、やっぱメジャーで出ていただけに技術は持っている。

やっぱマイナーの選手とは違う。。。

選球眼もよく、どちらの打席からも、右にも左にも打てて、大きいのも打てる。

エプスタインが喜びそうな選手。

スタメン無理なんだろうけど、こうゆう選手は、ずっと使ったら結果残すとおもうんだけどなあ・・・・。

使ってほしいなあ・・・・

ボストンじゃむりだろうけど。。。

 

AAAに定着気味のレディックは、技術的には今年も成長していない様子。

守備もうまいし、ストレートには強いけど、変化球が相変わらずまったくダメだなあ。

放出されるんだろうなあ・・・・・結局多分。

 

 

春の試合は、若手・新加入組のお披露目会。

見ていてすっごいたのしい。

 

でもゴンザレス出ないなあ・・・・心配だなあ・・・・。

 

 

 

 

スプリングトレーニングでのフィリーズ戦。

ベケットの登板が流れ、今日は新加入のピッチャー陣が登板。

ダンウィーラー、アンドリュー・ミラー、ボビー・ジェンクスの3人。

 

注目はアンドリュー・ミラー。

松坂外して、先発5番手でもいいぐらいの素質。

マーリンズで不遇の時代を過ごし。レッドソックスへ来た素質はバツグンの左腕。

ま、たぶん、中継ぎでの起用なんだろうけど、間違いなく左のセットアッパーのトップになる。

岡島もうかうかしていられない。

 

中継ぎは左を2枚にするだろうから、たぶんアンドリュー・ミラーは当確っぽい。

開幕の左のセットアップマンの残るひとつのイスを、岡島とドーブロントで争う形。

 

ゴンザレスがまだ出てこないのが気がかり。

去年、肩のケガが思わしくないのかな・・・・なんて思ってしまう。

早く出てきて欲しいぞ、ゴンザレス。

開幕から怪我なくシーズン過ごせばホームラン王になるだろう・・・・たぶん!!

 

 

スプリングトレーニングで続々主力級が試合に挑んでいる。

開幕メジャーの当落ラインのケイリッシュ、マクドナルド、レディックも活躍し、

徐々に上げていかないとイケナイ状況。

 

しかし、ベケットが脳しんとうで次回登板回避の模様。

去年はケガがきっかけでボロボロで、松坂と共に戦犯扱いだけにやばい。

脳しんとうはアメリカのプロスポーツでは近年非常に厳しい。

ヤンキースののセルベーリなんかもデッドボール受けたあと何度も脳しんとうし、

ずいぶんまえからは打席にたつときはでっかいヘルメットを着用しているぐらい。

 

NFLでも脳しんとうの診断が下ると出場はしない。

それだけ、厳格になってきているのは、選手生命だけじゃなく、今後の生命に関わる

から。。。

 

ま、

通常は、回避すればヒジや腰のようなケガじゃないので大丈夫だろう・・・。

ローテーションは、レイズに比べて弱いから、ベケット活躍しないと

優勝はないし。。。。。

 

意外に、

アンドリュー・ミラーのローテーションもいいと思うんだけど、、松坂はずして。

 

 

さて、スプリングトレーニング開幕。

今日はツインズ戦。

 

ベケット先発、バックホルツ、岡島、ウィーラー、アチソンとピッチャー。

まだまだ調整ではあるけど、

ベケットはまずまず。

バックホルツは完璧。

岡島打たれまくり。

ウィーラーイマイチ。

アチソン普通。

ってとこか。

 

アンドリュー・ミラーが松坂け落として、先発5番手なんてこともあるかも・・・・

 

岡島は炎上してしまって、大丈夫かなあ・・・・・。

今年は去年よりブルペンの競争激しいから、頑張ってほしいんだけど・・・。

いままでは、けっこうバリテックのうまいキャッチングに助けられたところもあるから、

今年はやばいかもしれない。

開幕までうまく調整できるかってとこか。

 

バッターはレギュラークラスと控えクラスの交互の打順。

マクドナルド、ナーバ、レディック、ケイリッシュ、アンダーソン、イグレシアスといった、

開幕メジャー目指す選手は、毎年この春先の試合は必死。

おもしろい。

 

 

2011年、バックホルツに注目。

2010年大ブレイクし、今年は先発3番手で開幕を迎えるであろうピッチャー。

2009年までは、先発に定着しそうで出来なくて、

いつもいつも、トレード候補。でも、

なんども落とされたAAAでチェンジアップを覚えたことで大ブレイクした。

 

150キロ前後のストレートと同じ軌道でちょっと落ちるチャンジアップ。

腕の振りもストレートとほとんど同じだから、打てない。

 

去年チームがけが人続出で、先発もベケット、松坂がボロボロのなか

レスターと共に勝ち続けたおかげでなんとか、

プレーオフ出場争いが出来た。

去年はレスター、バックホルツがいなかったら、年間80勝にも届かなかっただろう。

 

今年バックホルツが完全に飛躍できるか楽しみにみる。

去年よかったけど、オフに練習サボってたりすると、10勝いかないかもしれない。

松坂もそうだけど、精神的にダメな人だと続かない。

オフにちゃんと鍛えていれば、15勝はあるだろう。

2年続けて、15勝上げればもはや、トレード候補に上がることもないだろうし、

ビッグな契約を勝ち取れるだろう。

今年15勝出来れば、レスターと同等の5年3000万ドルレベルの契約が待っている。

 

フェンウェイのセンターの後ろのビデオボードが大型&HDに変更!

老朽化のため、数年前一時は建て替えの話もあったけど、オーナーが変わって首脳陣は

改築しながらやるそうだ。

http://boston.redsox.mlb.com/video/play.jsp?content_id=13118789&c_id=bos

ヤンキースタジアムも綺麗にはなったけど、やっぱ歴史は大切だよな。

いまはもう生きていない人のフェンウェイのビデオをみて、その球場がいまでも

そのままあるとなったら、行きたくなることもある。

球場に行ったら、「大昔の選手がここで活躍したんだなあ・・・・」なんて、

楽しみもある。

 

開幕がだんだんと近づいてきた。

 

トレーニングもそこそこに、土曜日からは実戦が始まります。

日本でいうオープン戦だけど、メジャーリーガーでも自主トレ全くしない選手も

めずらしくないのでこの試合での動きが楽しみ。

 

あいかわらず、25人枠に入るための競争がすごい!

弱いチームと違って、全ポジション競争。

ロイヤルズやパイレーツなら間違いなく開幕スタメンの選手も平気でAAA行きとなるので

気を抜けません。

 

松坂、岡島もぜんぜん開幕AAAもあるかもです。

若手は、アピールしまくらないと絶対開幕メジャーは無理。

若手は、結果残しまくって当たり前状態。

それでもメジャーは遠い。

 

今週土曜日、ボストンカレッジとの試合から開始です。

ゴンザレスが楽しみ!!

 

いやあーー。おもしろいなあ・・・・。

去年ヤンキースの看板オーナージョージ・スタインブレナーが亡くなって、

現在オーナーのハンク・スタインブレナーがあからさまにジーターを非難。

こりゃおもしろいぞー!

キャプテンジーターを怒らしてどうするんだろ、ヤンキース首脳陣。

アホだな・・・・・・。

 

ジーターとは、今年の契約時でも、キャッシュマンが交渉状況をマスコミに漏らしたりして、

契約したけど、遺恨残したし、やばいなあジーター。

いくらジーターでもやる気なくすだろなあ・・・・・。

 

そうなると、今年はヤンキースはやる気ないだろうか。

ハンクがオーナーじゃあ、こりゃずーっとだめかもしれないな。

がっはっは!!!

 

今年はダントツ、レッドソックスが独走しそうだ。

レイズのマニーとデーモンが不気味だけどな・・・・・。

 

 

開幕投手の予想。

ベケットだな・・・・・当確だろう。

去年までの動きを考えると、レスターだろうけど、

マスコミもフランコーナの話も本人の話を聞いても、こりゃ間違いなさそう。

ケガの回復具合がどうなのか、とトレーニング中の試合で判断したい。

 

「エース」。

大黒柱。。

ベケットは、去年厳しい試合ばっかでよく集中打を浴びまくった試合が多くがっくりしたんだけど、

キレキレの時は、相手チームを完全に飲み込むピッチングができる投手だ。

レスターはまだその域ではない。

ベケットが3連戦の初戦で、対戦チームを圧倒してしまったら、その後の2戦もバッターが

おかしくなってしまい3連勝となったりする。

数字では現れないけど、バッターってそんなものなのだ。

完全に狂わされてしまったら、一流バッターでも対戦チームが変わらないと元に戻りにくい。

 

今年、1試合のすべてを征してしまう圧巻のベケットのピッチングを再び見てみたい!!

 

 

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ