スプリングトレーニングキャンプまであとわずか。

バッテリーはほとんど合流済み。

野手陣が合流すれば、トレーニング試合が始まる。

 

さて、いわゆる日本のオープン戦だけど、興味を持ってみたいことがある。

いっぱいある。

並べてみる。

 

エルズベリーはケガの状態。バッティングは戻るか?

ペドロイアのケガは回復しているか?

ゴンザレスはほんとに打てるのか?

ベケットは去年駄目だったけど今年は?

松坂はこのままダメ男としてメジャーを終わってしまうのか?

去年ブレイクしたバックホルツの今年は?

ラッキー、レスターは安定のままいけるか?

オルティズは契約最終年頑張れるか?

サルタラマッキアのリードは?バッティングは?

クローザーは一体誰に?

岡島は開幕ロースター取れるか?

ウェイクフィールドは先発?中継ぎ?それとも開幕ロースター無理??

田澤のヒジの回復具合は??

ケイリッシュは開幕ロースター入りするのか?

 

こんなところか。。。。

気にならないというか、大丈夫というか、固いのは、ベテラン、

スクータロ。キャメロン。マクドナルド。

いや、マクドナルドの開幕ロースター入りは、ケイリッシュ次第か・・・・。

 

興味がつきない。

試合を観て、開幕まで楽しもーー!!

 

 

 

 

スプリングトレーニングまであとわずか。

ピッチャーとキャッチャーの早い組は、フォートマイヤーズで鍛えている。

 

今シーズンの先発を考える。

開幕は、レスターではなく、ベケットと予想。

レスターは昨シーズンも安定したピッチング。今シーズンもやってくれるだろう。

ベケットは、昨シーズンは不調。ケガの影響で調子が悪く、大量点を取られるシーンも

多かった。

今年は、去年の雪辱を計るべく、オフからよく鍛えている様子。

スプリングトレーニング前から、投げ込みしている様子。

ということで、本調子ならベケットが開幕先発となろう。

ケガさえなければ、ベケットで開幕!

 

2番手は、間違いなくレスター。

異存なし。

ラッキーは安定感隠し、バックホルツはシーズン通して活躍したのは昨シーズンのみ。

松坂は論外。

 

3番手は、やっぱジョン・ラッキー。バックホルツでもいいけど、ラッキーが一応先輩だし。

それに、同じテキサス出身だし・・・・

 

4番手は、バックホルツ。去年の実績で当確!

 

5番手は松坂。精神が弱く、サボりぐせがあるけど、5番手ならいいだろう。

ただ、去年のように夏前にデブデブになるようなら、

ミラー、田澤も候補になるし、ウェイクがいる。5番手は、争い熾烈だ!

 

5番手は流動的だけど、ベケットがケガが治って復活すれば、ローテは安泰。

ライバルとしては、ヤンキースより、レイズのほうがガーザ放出してもタレント豊富。

 

 

スーパーボウルで、パッカーズがスティーラーズを破り、

アーロン・ロジャースがMVP!

ブレットファーブの影をチームも、ロジャースも払拭。

これでファーブが、パッカーズと一日契約とかで引退!っなんて予想を立てながら・・・・

冬のシーズン終了!

 

スーパーボウルが終われば、ボストンからトラックが出発する。。。。

スプリング・トレーニングのキャンプ地フォーとマイヤーズに向けて・・・・

http://media.nesn.com/2011/02/spring-training-getting-closer-as-teams-pack-up-to-head-south/1/

 

「トラック・デイ」

さあさあ、スプリングトレーニング開始まであとわずか・・・・

春の息吹が聞こえてきましたーーーーー!

 

 

なにがなんでもスーパーボウル!

仕事が忙しくても、スーパーボウル!

みるのだ!

 

去年のMLBのワールドシリーズは、ジャイアンツ対レンジャーズ。

どちらかと言うと、地味チーム。

そして、今年のNFLのスーパーボウル。

スティーラーズ対パッカーズ。

やっぱりこっちも、どちらかというと地味チーム。

 

リーマンショック後の景気後退により、流れがそうなっているのか・・・・。

ホントはペイトリオッツ対ジャイアンツ!とかだったら

もっともりあがるのになあ・・・・。

 

今年のスーパーボウルはまさにディフェンスをみるんだよ。

ポラマルとマシューズに注目だ!!

待ちどうしい。。。。

 

これはデカイ!

ヤンキース痛い!!

 

提示額が低かったんだろうな、たぶん・・・・・。

スタインブレナーオーナーが亡くなっちゃって、ゴタゴタしてるんだろうな、たぶん・・・・

レッドソックスにとっては、こりゃ大きいよ。。

ヤンキースは先発で信頼できるのは、サバシア、とヒューズだけになるな。

 

これでは、今シーズンのヤンキースのプレーオフないかも・・・・。

ジーター怒らせるし、絶対的オーナーがいなくなると、こりゃまだごちゃごちゃするかもな・・・

 

その点一枚岩のわがレッドソックス首脳陣!

オーナーも商品市況がもどってきているから儲かりまくっているだろうし、

各幹部にしっかり役割分担できている。

首脳陣含めてチームってのが面白いよな・・・・。

企業と一緒だ。上が腐ると下も腐る。

上ががっちりしてて、方向性がちゃんとしてれば下も伸び伸びプレーに集中できる。

 

今年は、レッドソックス、東地区ダントツトップ独走するぞ!!

 

ブレイディ率いる、ニューイングランドペイトリオッツがプレーオフで負け、

がっくり状態だけど、スーパーボウルは別。

だんだんと盛り上がってまいりました。

 

スーパーボウルが終わると、MLBスプリングトレーニングへが始まるんだよ。

その前にスーパーボウル!

 

今年は、

スティールカーテンのピッツバーグ・スティーラーズと

アーロン・ロジャース率いるグリーンベイ・パッカーズの対戦。

どちらもディフェンスがめっちゃきついし、ゾーンブリッツ得意の両チーム。

ブリッツをオフェンスラインがどう抑えるか、TE含めてQB守るシステムどうするのか・・。

きゃーーーーー!!

もう楽しみで仕方がありませーーーん。

MLB並に、NFLも見てきただけに盛り上がるぞ!!

 

 

殿堂入り間違い無しのカージナルスの大打者アルバート・プーホールズの契約

が今季で切れる。

 

お互いに残る方向で話し合いが進められているし、完全にチームのカンバンだから

普通はFAになる前に次の契約を結ぶことが多いんだよな。

どうも

スプリングトレーニング前までに決まるのでは???と話が出ているそうな。

決まらなければシーズン終わってフリーエージェントだけど。・・・。

 

そして、トレードで移籍した我がチームの主砲エイドリアン・ゴンザレスとの契約に

影響する。

エイドリアンゴンザレスのレベルは、アルバート・プーホールズレベルということらしい。

噂では、ゴンザレスとの契約が水面下では終わっているとの話もあったりする。

条件は、7年1億5000万ドルレベルらしい。

 

比較としては、

アメリカンリーグでは、

同じ一塁手のヤンキースのテシェイラが8年1億8000万ドル。

ナショナルリーグでは、

フィリーズのライアン・ハワードが5年1億2000万ドル。

スプリングトレーニングに前に、プーホールズの契約が決まるのか、

決まれば、その契約条件で、ゴンザレスとの契約の基準となりそうだ。

 

プーホールズもテシェイラレベルいくだろうし、

ゴンザレスも・・・

庶民の楽しみのひとつだ。

 ゴンザレスとの契約は開幕後に発表されるだろうな。

 

シーズン始まってもいないけど、

今シーズンの終盤、フェンウェイでエイドリアン・ゴンザレスの50本目のホームラン

の、夢を見た。

 

正夢であってほしい。

実力派十分ある。怪我さえなければ、55本ぐらい打つんじゃないかと思っている。

マニーが出ていってから、核になるほんとうの4番がいなかった。

開幕はユーキリスが4番で座るかもしれないけど、

4番のレベルは完全にゴンザレス。

それに、打率もいいんです、ゴンザレスは!

 

楽しみでしょうがないな・・・・。

 

おもしれー!!

まだまだやる気のエプスタイン。

昨シーズンホームラン王のブルージェイズのホセ・バティースタ。

いまだブルージェイズと契約できていません。

調停も???って状況のなか、ボストンとトレードの噂が出てます。

 

いやあ、もう十分すぎるほどの補強をしたんだけど、

よっぽど去年の負けが効いたのか、

バティースタは去年54本のホームラン。

打率は.260と低いけど打ちまくった年だった。

 

来年オルティズと契約しないなら、ありかもしれない。

 

 

今シーズンのショートのスタメンは誰だろう。。。。

昨年ほぼ先発のスクータロ。

ケガから、戻ってきたラウリー。

 

まず、スクータロ。

去年はスクータロは、がんばった。

ブルージェイズから獲得したときは、1番とか2番ではなく、

8.9番でつなげる役割の予定だったのに、

エルズベリーがケガで1番にとか、

ペドロイアがケガで2番とか大変だったと思う。

そのなかでも、シーズン通して穴埋めはきっちりこなしたし、

守備もまずまずこなしていたと思う。

優勝戦線から離れた終盤も、セカンド試しとかいろいろされたけど

150試合出場で、打率は.275。

きっちり仕事をこなした。

 

そして、ラウリー。

ずいぶん手首のケガで出ていなかったけど、昨年終盤スタメンで出ることが

多かった。持ち前の長打力も健在。

また、ショートだけじゃなく、サード、セカンドと守れることも特徴。

ケガさえなければ若いだけに、常時出場できる体力もある。

ただ堅実かというとそうでもない。

守備に秀でているわけでもなく、エラーもけっこう多い。

ただ、去年バッティングでは、.287 出塁率も.381とよかった。

 

さて、スタメンショートどうするかな。。。。。

9番で、スクータロで押したい。

 

守備力では、ラウリーよりうまい。

バッティングも大きいのはないけど、つなぎができる。

流し打ちもうまい。

このあたりはラウリーにはないところ。

1.2番がしっかりし、ゴンザレスもいるし主軸は安泰。

つなぎの9番がほしい!

(8番はサルティ)

目立たないけど、ランナーをすすめる効果的はバッティングができるのは

さすがベテラン。

このあたりをフランコーナ含め、ちゃんと見ているか。だな。

ちゃんとみていれば、

ラウリーの長打力に魅せられるのも分かるけど、

9番、ショート、スクータロでいくべきだ。

 

ラウリーには、昨年がんばったユーティリティのビル・ホールの役割で

いいだろう。

ユーティリティとして、一年怪我なく出来れば、来年は

スタメンでのショートが期待できる。

(今年、スクータロとは2年契約最終年だったと思う)

 

ラウリーには来年、長打力の下位バッターとしての活躍を期待したい。

 

 

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ