MLBは完全にシーズンオフ。

まっさかりは、NFL。

アメリカンメジャースポーツの筆頭格。

 

ペイトリオッツはAFC一位だから今週は休み。

だけど、ワイルドカードプレーオフもおもしろい。

MLB同様、負ければシーズン終了。

がっくり過ごすのか、喜びまくって送るのか、きまるのよ。

 

明日は4試合全部見てしまいそう!

ルール知っててよかったと思う今日この頃。

当たりがシーズン中とは、全く違うプレーオフモード。

オレには絶対無理だからおもしろい!!

ペイトリオッツのスーパーボウルチャンピオン姿を夢見て・・・・

 

みるべし!!

 

 

ベルトレーがレンジャーズと契約。

6年9600万ドル。

ボストンにはいたのは1年だけとなりました。

 

これでレンジャーズは、ゲレーロとは契約しないだろうし、

ヤングもDHかトレードとなる。

うーん、レンジャーズはチームとしてまとまるのだろうか・・・・

勝手な予想だけど、

今シーズンのアメリカンリーグ西地区は、

アスレチックスとマリナーズの優勝争いになるんじゃないか・・・・と。

 

レンジャーズはチーム内不和起こるだろうし、

エンゼルスはピッチャーの3枚目、4枚目がイマイチだろうし。

 

シーズン前だけでも、

アスレチックスとマリナーズで優勝争いの夢をみよう!

ドミニカのウェブサイトが

エイドリアン・ベルトレとテキサス・レンジャーズがと6年9600万ドルで契約した

と、報じている。

ほんまかいなー!

ありゃりゃ、出しすぎだろ、テキサスう。

エンゼルスもさすがに追えなかったか・・・・

そりゃそうだろ。

 

これで、マイケル・ヤングも出されるかもしれないな。

ヤング、レッドソックスが取ったら面白いのに。。。。

 

 

そうだ、去年オレの一押し選手だったハーミーダが

去年後半アスレチックスに行ってたんだけど

レッズと契約した模様。

才能はピカイチなんだけどなあ・・・・

ブレイクしてほしいなあ・・・・。

 

パペルボンどうするんだろうなあ・・・・。

ニュース入ってこないなあ・・・・・。

 

いやあ、ボラスだなあ・・・・・やっぱ。

ねばるねばる。ネバネバだー!!

ボラスの希望が5年8500万ドル。

レンジャーズの提示の予想が、6年らしい。

いくだろ、こりゃ。

しかし、良く出すなあレンジャーズ。

 

でもレンジャーズには、マイケル・ヤングという顔がサードにいるのだけど

大丈夫なんだろうか・・・・・

と考えていたら、ヤングがコンバートを受け入れたとの情報が。

ヤング、かわいそうに・・・・。

去年はハミルトンが復活したけど、

レンジャーズの顔は、マイケル・ヤングだぞ!

いいのか¥???チームに影響するどー。

ベルトレが行くのかまだわからないけど、もしベルトレが不振なら、

チームは撃沈するだろう。

 

松井応援しているから、アスレチックスが上がればいいんだけど。

 

岡島とレッドソックスとの契約が合意に至った模様。

よかった、よかった。

ま、詳細は入ってきていないから、ちと不安だけど・・・。

去年痛めた腰とかの事で金額決まってないのかああ・・・。

 

去年もマイナー契約だったし、もっと出したれよな!

こき使っているんだから。

2007年なんか岡島がいなかったらワールドチャンピオンになってないんだから。

 

もう少ししたら詳しく入ってくるだろう。

2010年も終に近づいて、岡島とベルトレーの契約に関する情報が出ている様子。

岡島には、アスレチックスが興味を示している様子。

 

斎藤がセットアップマンとしてブリュワーズに決まったが、

岡島を同じ金額ぐらいで考えているのかもしれない。

さすがビリービーン。

怪我さえなければ、ぜったい安いはず。

レッドソックスがしぶちん過ぎたら移籍もあるかもしれない。

 

ベルトレーは移籍が決定的だが、エンゼルスが興味があるみたい。

松井を放出して、他の大物にみんな逃げられたエンゼルス。

モラレスが来季戻ってくるから、今シーズンみたいに打てないことはないだろうけど、

レンジャースが積極補強してるんだから、黙ってられないところ。

アメリカンリーグは、東地区でワイルドカードも決まってしまうから、

西地区では必ずといっていいほど、シーズン首位じゃないとプレーオフ進めない。

となると、補強しないと。。。

ベルトレーがエンゼルスに行けば、今シーズン以上にマリナーズから

大ブーイングをうけることになるのよね。。。

 

さ、どうなるか。今年中に決まるかそれとも年明けになるか・・・・。

 

 

元レッドソックスということで書いておこう。

斎藤隆が、メジャー4チーム目、

ドジャース

レッドソックス

ブレーブス

そして、ブリュワーズ。

年内に決まるところは、必要とされるリストの上位にいるんだろう。

おじさんの星!斎藤。

出来高含め、320万ドルらしいから、この年齢&セットアッパーとしては

いい金額。

たぶん200万ドルプラス出来高あたりか・・・・。

若かったら500万ドルとかになるのだろうけど・・・・・。

年取ると急に安くなるメジャー。

ピークは、25歳から35歳までってとこかなあ。。。

筋肉も衰えるし、しょうがないけどね。

 

 

岡島はどうだろう。

200万ドルあたり出してくれたらボストンと即なんだろうけど・・・。

ペイトリオッツが絶好調!

タイトエンド、ヘルナンデスとかケガでいっぱい欠く中、

バッファロー・ビルズに完勝。

同じく大型新人タイトエンド、グロンコウスキーもタッチダウンまくりです。

去年は、プレーオフにウェルカーがケガで出れなくて、全くオフェンスが機能しなかったけど、

今年は違う。

ウェルカーだのみの去年とは違って、まさに全方位へのパスキャッチマンがいる。

 

ウェルカー、ブランチの両ワイドレシーバーだけじゃなく、

タックルできて、パスも受けれて、走れるタイトエンド、ヘルナンデスとグロンコウスキー。

ランニングバックにグリーンエリスとウッドヘッド。

忘れてはならないライン陣も最近絶好調。

ディフェンスもセイフティもコーナーバック陣もノリに乗ってるぜ。

 

レッドソックスの借りを返してくれよ、ペイトリオッツ。

ボストンには住んでないけど、応援するのだ。

 

今年の移籍は積極的に取りに行った結果、ほぼ終了。

主力から、ブルペンまで、すきまはないとばかりに補強。

野手の控えは、豊富にいるから問題なしで、

考えられるのは、もう左のセットアッパーの所だけ。

 

岡島秀樹との契約がどうなるかが注目するところ。

岡島は現在フリーエージェントで、どことも契約できる。

残るのかどうなのか、残るとしたら契約金は・・・・。

楽しみ。

岡島の契約が終われば、ボストンの今年のストーブリーグはおわりだ。

来年のキャンプに向けて、トラックが移動するまでなにもなーーい。

 

 

 

というわけで、

NFL、

ペイトリオッツがプレーオフ進出決定。

ブレイディ絶好調!

レッドソックスのオフシーズン、

NFLで盛り上がるぞ!

 

今年はとどまらないエプスタイン&ヘンリーちゃん。

1年300万ドルで、レイズにいたダン・ウィーラーをと契約。

2チームつくるような勢いで獲得しまくっています。

それも、ライバルチームの主力を。

ヤンキースからは、引っこ抜けないから、レイズからクロフォードに続いてだ。

 

ダン・ウィーラーの投球の組み立ては、ストレートと縦に落ちるカーブ。

先発としては球種が少ないけど、

セットアップとしての決め球であるカーブが結構落差がある。

さすが、エプスタイン。よくみてる。

 

右のセットアップもこれで補強完了。

残るは左が一枚。

さあ、岡島秀樹とどうするかだけ。

 

今年岡島は故障者リストに入ったし、防御率も1点ほどダウンしたので、今年並みの契約は

無理だろう。

今年は、1年275万ドル。そして、付帯条件として専属通訳を付けることができた。

さて、今回はどうだろう。

他球団に行くなら、専属通訳はまず無理。

金額以上にセットアッパーにそんなにかけられない。

ボストンで通訳を獲得できたのは、3年間の実績があったからだしな。

 

ボストンの左のセットアップが打たれるのが筋。フェンウェイはみんな知ってるが、

岡島がきてから、今年はともかく押さえてくれるようになった。

その功績もあっての契約だったけど、数字が落ちている。

今年並みの契約は無理だろう。

 

相場はどうか、松井秀樹もそうだけど35歳過ぎた選手にメジャーは厳しい。

例外は斉藤ぐらいだろう。なんやかんやと勝ちゲームのクローザーやセットアッパー

でほとんど結果出している。

斉藤は、現在もホワイトソックスから、1年200万ドルでオファーきてるようす。

(それに日常生活の英語力は高いから、通訳なんてもちろんいらない。

日本からの助っ人的じゃなく完全にアメリカ人の扱いだからオファー来やすい)

 

 

相場的には、岡島も1年200万ドルが上限かな。

となると、岩隈のように欲をかかなければ

150万ドルか180万ドルぐらいなら、いいところだと思う。

 

岡島には家族がいるし、ボストンで4年間やってコミュニティにも慣れている。

当然それは家族にも言えることで、別チームに行けばすべてが新しくなることでたいへん。

そうとう魅力的な条件じゃないと、行かないだろう。

また、治安とかも含めて、子供たちのことを考えると、ボストンの環境はいいので

まず離れないと予想される。

と、いろいろ考えると、よっぽどひどい条件をエプスタインが提示しなければ、

ボストンと再契約するだろう。

 

それに岡島としては専属通訳も継続させたいだろうし、

通訳付きで150万ドルあたりで決着するようなきがする。

200万ドル出してくれたら、超ラッキーぐらいか・・・・

チームも、左のセットアップと契約していないんだから、

岡島と再契約できると踏んでいるんだろうな。

 

ファンとしては残って欲しいし、体調戻してもらって、

メジャー1年目のときのような、落差のあるチェンジアップをみたいものだ!!

 

 

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ