レンジャーズがヤンキースに勝って、4勝2敗でワールドシリーズ出場決定!

ヤンキース敗れたのが2つの点でうれしい。

1、おれはレッドソックスファンであること。

そして、

2、昨年のワールドシリーズMVP男、松井秀喜が伝説になるだろうこと。

 

2がやっぱうれしい。

昨年のプレーオフ、松井秀喜が打ちまくった。

ワールドシリーズでも打ちまくり、MVPに。

誰がなんと言おうと、松井秀喜がヤンキースをワールドチャンピオンにする、

限りなくでかい活躍をしたということ。。

 

今日のヤンキースの攻撃、守備ははっきりいってひどかった。

レンジャーズがすばらしかったというより、ヤンキースがお粗末。

今日負けたら終わりなのに、そんな気がしないヤンキースの動き。

とくに、NHK解説の武田さんが言っていたけど、キャッチャーポサダの動き。

武田さん解説通り、ポサダは最悪だったな。

あれだけランナー気にしたら、ピッチャーは集中できなくなる。

下手くそキャッチャーの典型だった。

 

もともと、この対戦はキャッチャーがカギと観ていた。

ヤンキースは、打つけど守備がボロボロのポサダ。

レンジャーズは、メジャー最高レベルの守備を誇るモリーナ。

モリーナ三兄弟は、キャッチャーとしての資質が素晴らしいのは有名である。

クリフ・リーが圧倒的ピッチングができたのも、モリーナのキャッチングのうまさが

大きいのだ!

キャッチングでボールがストライクになる技術を持っている。

クリフ・リーは最高なんだけど、モリーナのリード、キャッチングが素晴らしい。

 

ヤンキースはずっとポサダ、レンジャーズはモリーナ。

勝敗はここだったな。

 

 

フィリーズが1勝返した。

それでもジャイアンツがリードしているんだけど、

フィリーズがまだ有利と思うのは俺だけかな・・・・。

3勝2敗でジャイアンツがリードしていてちょうどいいぐらいかな。

次、ジャイアンツ勝たないとやばいような気がするんだけど、

勝敗並んだら、ジャイアンツはリンスカム投げたら面白い!

 

アメリカンリーグは、ヤンキースが追い込まれている状況だ。

でも今日は、ヒューズが投げる。

前回は、コントロールが悪かった。

シーズン中でも連続して調子がわるいのはあんまり見たこと無いので、

今回はヒューズいけるんじゃないか・・・・と見ている。

レンジャーズは、ルイス。

シーズンも負け数のほうが多いぐらいだから、ヒューズが押さえたら

ヤンキースが勝つだろう。

 

やっぱ今年のプレーオフはおもしろい。

ついつい見てしまう・・・・。

 

 

 

おもしろいねープレーオフ。

今日も、ジャイアンツ対フィリーズ。

ジャイアンツの面々なんかは、他チームを放り出された選手もちらほら、

ルーキーとか若手もちらほら。

かたや、フィリーズは油の乗った勢いのあるやつばかり。

中堅のまだ伸びシロもあるぐらいの・・・。

 

しかし、試合はジャイアンツ勝利。

それもさよなら勝ち!

ロスはラッキーボーイを飛び越えて、

今は何を投げても打たれるような状況だ。

完全にゾーンに入っている。

 

パンダ、サンドバルも不振はどこえやら、球場の勢いに押されてタイムリー。

元レッドソックスのロペスもセットアップ万としてフィリーズの左打者打ち取りまくり。

こりゃ、このままいくかもしれないが、

次回追い込まれたフィリーズは、ハラデー登板!

そして、ジャイアンツはもちろんリンスカム!

は、は、は。面白いったらないね。。

 

 

アメリカンリーグも追い込まれたヤンキースが同じパンダ系のサバシアで

勝利!

 

ワールドシリーズどうなるか、ますます面白くなってきたーー!!

去年レッドソックスプレーオフ出たけど、こんなにおもしろくなかったど。

 

 

斉藤隆がブレーブスを解雇になった。

もともとコックスの勇退シーズンをなんとかプレーオフに・・・。

とのことで、斉藤とワグナーがレッドソックスから移籍したのだから、

コックスが勇退したら、でていくのは規定路線。

ブレーブスも、斉藤に320万ドル、ワグナーに700万ドルだから、

今シーズンも・・・は無理な話。

 

斉藤は来季もメジャーでやりたいそうだし現役続けるみたいだ。

アラフォーまだまだいけるぞー!!

年俸を300万ドルとか要求しなければ、いくらでも雇うところはあるだろう。

安くて働いてくれる(ケガが心配で、リスクはあるけど)セットアッパーは

どこも引っ張りだこだな。

 

ぜいひ来年もガンバッテ欲しいな。

 

さてプレーオフ。

ヤンキースが負けて、レンジャーズが王手!

面白くなってきた。

ナショナルリーグもジャイアンツが2勝でリードして、

おもしろい展開。

ヤンキースはサバシアで勝てるかああ!!

 

 

 

あ圧巻!クリフ・リー。

もうこの人はとんでもありません。

ヤンキース打線に仕事させず。

13三振で勝利投手。

これで、テキサスレンジャーズは2勝。

 

レッドソックスファンとしては、来年松坂放出して、リー取りなさいよ、と言いたい。

去年、プレーオフでレッドソックスがジョンラッキーが投げたエンゼルスに負けたので

ラッキーを取ったように、

このままでは来年ヤンキースが、クリフ・リーを獲得なんてことになれば、

プレーオフは絶望的になる。

 

このままレンジャーズとフィリーズが勝って、リーとハラデーの対決が見てみたい!

 

 

フィリーズがジャイアンツに勝利。

強いです、フィリーズ。

まー、ピッチャーがいいからしょうがない。

3本柱。打てませんよ、簡単には。。。

 

ずっと言っているが、、、

ジャイアンツが勝つためには、全部リンスカムしかないって!

 

このままでは、寄り切られそうな雰囲気だぞー。

 

 

アメリカンリーグも面白い。

テキサス・レンジャーズがタイに持ち込んで、今日

クリフ・リー先発。ヤンキースはアンディ・ペティットで左腕対決。

おもしれーーーー!!

断然テキサス応援。

 

ヤンキース負けちまえー!

やっぱレッドソックス出てなかったらおもしろくねー!!

 

ニューイングランドペイトリオッツがオーバータイムで勝ったから

よしとしよう!

今年のNFLは混戦しまくっているから、こちらもおもしれー

 

 

 

ジャイアンツとレンジャーズが勝利。

 

ジャイアンツ対フィリーズ。

リンスカム対ハラデー!

全部見てしまった。

久しぶりにハラデーの投球も見たけど、こいつはやっぱすげー。

チームは負けたけど、フィリーズの強さを見せつけられた感じ。

はっきり言って、ジャイアンツとフィリーズでは、個人勝負なら

各ポジション・打順で対決したら、ほとんど全部フィリーズが勝つだろう。

でもそこは、チームスポーツ、今日はジャイアンツの勝利。

リンスカムも調子は、むっちゃいいということでもなかったけど

やっぱ抑える。

要所を抑えるコツを掴んでいるエース。

弱い時代から、若いのに、チームを牽引してきただけに、

バッター陣もなんとかこいつに勝たせてあげたいと思っていただろう。

ジャイアンツ打線にそんな思いが伝わってくるようだった。

 

 

ヤンキース。

悪い時のヒューズが出た試合。

ヒューズのコントロールがいいときは誰も打てない。

今日は違った。

キレで勝負擦るタイプではないだけに、バッティングのいいレンジャーズに打たれた。

 

ま、これで、プレーオフはますます面白くなった!!

 

テキサスとのアメリカンリーグ優勝決定戦。

圧倒的にテキサスが有利に進んだ試合、

8回に4点差大逆転のヤンキース。

 

テキサスの球場は呆然。

戦争しまくった前大統領、ブッシュも唖然、顔面蒼白。

球場に見に来ていた地元ファンはがっくり。

 

テキサスのウィルソンはよく投げた。

ロビンソンカノのソロホームランだけに抑えて、仕事まっとうした。

しかししかし、あとを引き継いだ中継ぎ陣が8回に崩壊。

ヤンキース打線に集中打浴びせられ逆転されてしまった。

もはや、再逆転の気力なし。

 

テキサスが初戦取れば、おもしろくなると思ったんだけど、

こりゃスイープあるかもしれない。

 

あ、、、、

でも、、、、

テキサスには、クリフ・リーがいた。

 

 

やっぱまだ分からん・・・・・

 

 

アメリカンリーグのリーグ決定戦が始まる。

ヤンキース対レンジャース。

サバシアとウィルソン。

事前の予想では、当然ながらサバシアでヤンキースが初戦を取る予想が大勢。

ショーがない。

 

ウィルソンは去年までテキサスで鳴かず飛ばずの先発ピッチャー。

5年間で12勝しかしていない。

今年だけで、15勝。

メッツの高橋レベルまではいかないけど、スクリュー気味のボールが切れるかどうかが

ヤンキース打線を抑えるカギになるだろう。

あとは、コントロール。

課題はあるので、やっぱヤンキースの圧倒的有利の初戦になる予想。

 

オレもそう思う。

ま、第1戦としては、次の日のナショナルリーグのほうがおもしろそうだ。

リンスカムVSハラデー。

こっちだよ注目は!

リンスカムがフィリーズを抑えきれるかが、唯一のジャイアンツが勝てる要素。

それ以外にない!!

ハラデーは打てないんだから。。。

頑張れリンスカム!!

 

楽しみだなあ・・・・・。

今週末は、NFLも面白い。

コルツ対レッドスキンズが見物かな。

アメリカのメジャースポーツはおもしろすぎる!

 

レッドソックスのことを全く書けないのが悲しい・・・・。

 

でもしょうがない、ので4チームを分析。

総合的に2010年の4チームは、すべて投手王国の様相。

打で勝ってきたチームはひとつもない。

レンジャースも一時の打力だけでは、プレーオフに進めなかった。

クリフ・リーの加入が勝ち進めた要因と見るべきだろう。

 

それと、投手の柱がしっかりしている。

ヤンキース、サバシア。

レンジャース、リー。

フィリーズ、ハラデー、

ジャイアンツ、リンスカム。

 

各試合とも、エース対決が見物。

リーグ優勝決定戦は7試合制だから、

2.3番手の投手の出来がワールドシリーズへのカギか。。。

 

そうなると、くやしいけどヤンキース、フィリーズが一歩出てるんだよな・・・・。

ジラルディが、バーネットを後ろにして、ヒューズ、ペティットを前に持ってくる勇気があるなら

ヤンキースが勝ちそうな気がする。

 

フィリーズは、隙が見当たらない。

ジャイアンツは全試合リンスカム出すしかないだろう!!

テキサス&サンフランシスコ!!

がんばれ!!

 

 

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ