もう、踏んだり蹴ったりのレッドソックスです。

マイクキャメロンが故障者リスト入り。

センターがブンブン丸のビルホールだけになっちゃった。

 

誰かがコールアップされるんだろうけど、ましな選手がいない。

レディックはスプリングトレーニングで4割ぐらい打っていいのだけど、

センター守れない。

他の選手を上げることになろう。

 

ただ、エルズベリーが大丈夫なら、レディックを上げるか。。。

 

今でも打つほうでつなげられないボストンなのに、

つなげられるキャメロンが抜けるのは痛すぎる。

唯一ずっとつなげられるのはマルコスクータロだけになっちゃった。

 

やばいなボストン。。。

でもなんとなく強いより、原因がはっきりしてるから、応援しがいがあるってもんだ。

くそ!

 

6連敗はいやじゃ、勝利祈願で!

ブログタイトル変更!

「ボストンレッドソックスを語るブログ」

 

レイズに王者の試合されて、

仕事もやる気が・・・・・ない。

 

打順変えろよな、フランコーナ!

くそっお、、呼び捨てになってきた 笑。

 

 

レイズに4連敗。

もはや、今年はダメなような気がしてきた・・・・

3番にマルチネス、5番にオルティズ・・・・

案の定戻しよった・・・・

 

言うのはよそう。

NESNの中継も、フェンウェイからボストンマラソンを映してるし、(CM中だけど)

ファンが投げいれた、ビーチボールの行方を映してるし、

こうゆうときは、しょうがないみたいな感じだな・・・。

 

唯一の得点はハーミーダのホームラン。

がっはっは!打つのだよ彼は・・・・。なんで9番におくねん!

 

よそう・・・。

だんだん暗くなる・・。

 

そうだ!!

今年のレッドソックスの中継を見ていると、

女性ベンチレポーターが変わったみたい。

去年までは、Heidi Watneyだったんだけど。

バリテックの不倫相手とのうわさだったひと。

バリテックは奥さんと離婚したみたいだし。

原因は不明らしいけど、おそらくHeidi Watneyとの熱愛だろうと・・・

確かに、Heidi Watneyは美人で、フェロモンむんむんのスタイル抜群美女。

バリテックもいかれてしまうのも無理はない・・・

 

チームは勝てないし、それた話が続くような気がしてきた・・・・

 

レイズに3連敗。

いまの状態では、予想された結果のような気がする。

オルティズを外したものの、DHにマルチネス、打順は3番。

あかんだろ。

レイズのピッチャーは甘くない。

いまのメンバーなら、ペドロイアとユーキリスはくっつけないと。

唯一の長打があり、ピッチャーが気を許せない連続だからだ。

それを、離してはいけませんねー。

 

レスターもそんなに悪くないが点を取ってくれる気がしないと、

流れも悪い。

良くない連鎖。

 

エルズベリーが戻ってくれば、

1番 エルズベリー

2番 スクータロ

3番 ペドロイア

4番 ユーキリス

5番DH ローウェル

6番 キャメロン

7番 ハーミーダ

8番 マルチネス

9番 ベルトレー

おれが監督ならこうする。

が、絶対にないだろう打線だけど・・・・。

 

ただ、打順をこうすれば、打線がつながり1試合3ー4点は取れる。

あとは、ピッチャーが頑張ったら、5割復帰は早いと考える。

 

だけど、オルティズを5番DHに戻し、マルチネスを3番とかで

打線を切るような打順が続くなら、

オールスターまでで、今年が終わるかもしれない予感がする。

他地区の上位は、調子がいいしバランスもいい。

中地区、西地区のチームと当たっても、今のボストンのチーム力なら

勝てない気がする。

もはや勝てるのは、ロイヤルズとオリオールズのみだろう。

(ファンの方ごめんなさい。)

 

なたを振るう改革しないと、やばいだろうなあ・・・・・・

どうするフランコーナ監督、エプスタインGM。選手は悪くないぞ。

対策が遅いから、より厳しくなってるんだよなー

 

レイズに2連敗。

はー。。。。

原因ははっきりしているし、首脳陣がわかってないわけないので、

行動を起こすかどうかだろうな。

 

 

今日の試合みていても、ペドロイアの一生懸命さに感動する。

一球一球大切に、その時々ぜんぶ一生懸命だ。

こんなやつメジャーにいない。

だから、勝たせてあげたいんだけどなー

 

マイナーから、レディック上げて、ローウェルDHで

ベルトレー8番。

かんたんなことなんだろうけど、、、

オルティズの実績と人気に代えられないのかなあ・・・・

 

ピッチャーが完封するしかなーい。

 

延長12回で、負けた。

ボストンは11回裏、ノーアウト満塁の大大大チャンスに、

オルティズファーストゴロ、

ベルトレー サードゴロゲッツー。

予想通りの凡退。

今のオルティズは、くさいところにストレート。あとは変化球で打ち取れる。

ベルトレーは、全球変化球。案の定。打てるわけがない。

マリナーズ時代から、岩鬼なんだから!

 

で、12回表デルカーメン。

1塁にランナー置いて、バレル。

「たまにボカーンとホームラン打つから、気をつけて!」

って、自分でつぶやいたあと、2分後にホームラン。

笑ってしまった。。。。預言者かおれは!

 

痛い。

ベケット、岡島、パペルボン、バードをつぎ込んで負け。

 

オルティズとベルトレー代えてくれーーーー!

フランコーナちゃーーん!

 

今日はもう1戦。ベンチ雰囲気悪いだろなあ・・・

 

2010年レイズとの最初のシリーズ。

初回からシャワーの雨が降り続く。

内容はやはり、苦戦。

 

先発はベケット。キャッチャーはバリテック。

ベケット2戦目だけど、全部バリテック。

ベケット指名かなあ・・・・?

ベケットはエースだし、監督はキャッチャーはどっちがいいか聞いているはず。

もしそうだと、ベケットはマルチネスじゃなくて、バリテック指名しているような気がする。

あくまで想像だけど・・・

 

守備面でのキャッチャーの資質はバリテックのほうが圧倒的に上。

マルチネスは見た目と違って、割と気が強いほう。

バリテックは配球良し、バッターを良く見てサインを出すし、キャッチングがうまい。

 

マルチネスは、配球がうまいほうではないし、キャッチングもへた。

だけど、バッティングはピカイチ。

インディアンス時代、サイヤング賞ピッチャー・クリフリーとベンチで大げんかもあるほど。

どちらかというと、「おれのゆうことを聞け」タイプ。

 

ベケットは完全に攻めピッチャー。テキサスだし、気も強い。

合うのはバリテックだろう。

そのあたりあるんじゃないだろうか・・・?

 

今日のベケットは打てないピッチ。圧巻!

ストレートのコントロール。

カーブの切れ、ツーシームのコントロールは最高!

エラーがらみで1点取られただけ(ベルトレーのタイムリーエラーだ。残念・・)

 

レイズのピッチャーのデイビスもいいピッチャー。

ボストン打線調子悪いし、全く打てない。

バリテックのホームランで同点になってよかった内容。

 

今年のレイズも手ごわい。

しかし、フランコーナの組む打順は、調子いい選手と悪い選手を交互に入れて

いるようだ。

んー、あまりよくないとおもうのだけど・・・・

 

さあ。明日はバックホルツ。松坂がそろそろ上がってくる。

押さえないとやばいぞ、バックホルツ!

 

 

ツインズに6対3で勝利。

今日のヒーローは、ここで一押し!ジェレミー・ハーミーダ!

ハーミダより、ハーミーダに戻す。

 

3対2でレッドソックス有利な、7回裏ツインズの攻撃、

2アウト1.2塁の大ピンチで先発ラッキーに変わり

岡島秀樹登場!

それも、バッターはマウアー!

いいですねーめっちゃ厳しい局面。岡島への信頼がうかがえる。

 

ただ、いきなり、なにするねんマルチネスのパスボールで2・3塁へ。

やっぱキャッチングがへたっぴマルチネス。しょうがない。

しかたなく、マウアー敬遠。

しかし、次のバッターは4番モウノー。率ではマウアーに負けるけど

飛ばすのはモウノー。それも満塁。

やったぜ岡島サードフライ。ピンチ脱出。

 

ピンチのあとにチャンスあり。

レッドソックス8回の攻撃。

いろいろあったけど、ワンアウト2.3塁でバッター、ドリュー。

ここでツインズ敬遠。

次がキャメロン、そしてハーミーダ。

 

ドリューとキャメロン勝負なら点が入らない可能性があると見ていたが、

ドリュー敬遠で点が入ると思った。

 

キャメロンは浅いレフトフライ。ツーアウト。

さあさあ、ハーミーダ登場!!

期待に応えて、左中間ド真ん中破る3打点2塁打。

ここで勝負あり。

 

思った通りの活躍ハーミーダ。

エルズベリーのケガで回ってきたスタメンだけど、使えば活躍するのだよ!!

どんどん使えよフランコーナちゃん。

 

今日は気分がすっごくいい!

 

 

レッドソックスブログだけど、またもや書かずにいられない松井秀喜の話。

今日松井の所属するエンゼルスがヤンキースタジアムで

ヤンキースと対戦する。

 

試合前に、ワールドチャンピオンのチャンピオンリング贈呈式が行われた。

ヤンキースのメンバーに、裏方の一部のひとまで

次々に名前をコールされて、ピッチャーマウンドあたりに設けられた所に

走っていく。

高そうな箱に入ったリングがジラルディ監督から、1人づつ渡される。

 

ヤンキースの主要メンバーひとりづつコールされて、手渡しされる。

ヤンキースの最後はジーター。

 

そして、終わったと思ったら、

次のコールが、松井秀喜。

「ナンバーフィフティファイブ!HIDEKI MATSUI!」

1人3塁側からエンゼルスのユニホームを着て(当然だけど)

ピッチャーマウンドに走っていく。

 

ジラルディと握手。チャンピオンリングが松井の手に。

すると、ヤンキースのメンバーが集まって松井を囲む。

Aロッドが、ジーターが・・・・

次々と松井とハグしていく。

 

 

・・・・・・。

 

おれは、大泣きしてしまった。

 

 

松井秀喜。すごい男だ。

贈呈式映像へ

負けです。

全体的に空気が重い。ツインズが調子いい。

こうゆうときは一発がある主砲が打つとがらりと雰囲気が変わるんだけど、

今年のレッドソックスにはその選手はいないし、後半追いつけないな。

オルティズは、もうボロボロ。

バッティングの内容がものすごい悪い。

なんか体がアンバランスだ。監督はいつまで使うのだろう。

最後はオーナーがダメだしするのかな・・・・・

 

キャメロンなんかは、無安打だけど、審判協議のファウル(ポール際)とか、

別にはもう一歩でセンター頭上ぬけそうとか・・・・

けっこうおしいあたり。内容がいいから、今後も期待できる。

 

マルチネスの左打席が調子落ちてきた。

右打席が良くなかったが、左打席にも影響してきたようだ。

オープン戦のあとの開幕あたりの絶好調とは正反対。

あきらかに下降気味。

 

ドリューもイマイチ。

となると、3番、5番、7番がだめ。

つながらない打線では点が取れない。

うーん。打線入れ替えの余地があると思うのだけどなー

ローウェルもださないのかなあ・・・・

 

話変わるけど、エンゼルスを開幕からのオーダーを見ていると

ソーシア監督は、ほとんどの選手を入れ替わり使っている。

状態を確かめているのと、やっぱ選手は試合に出たい。

試合に出て、結果が出ずひっこめられるのはしょうがないとだれも思う。

 

でも、いまのレッドソックスは結果出てない選手をスタメンで出してる状況。

これでは、控えになっている選手はやる気がうせる。

そうなると、ベンチの空気が悪くなる。

→勝てない。。。。。

 

やばいやばいやばいーー!

この調子だと、ペドロイア・ユーキリスのホームランがでて、

ピッチャーが抑える時しか勝てないような感じ。

当面勝率5割前後うろうろしそうだ。

 

ハーミダの爆発に期待しよう!!!

 

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ