これで、ピッチャー枠12人のうち、中継ぎ一人追加すると思う。

左の中継ぎが岡島一人だし、左をいれるだろう。

 

ところで、松坂大輔投げた今日のワシントン戦みたけど、ピリッとしない。

制球にばらつきあるし、ストレートも90マイルいかない。

悪かった(故障していた)去年の前半のような動きだった。

1億ドルの男の真価はまだみれてないなあ・・・・

能力はありまくるんだけどなあ・・・・

気持ちの入りが感じられないんだよな・・・・

球に体重がのってないんだよなあ・・・・

手を抜いているような感じがするんだよなあ・・・・

^^;

 

松坂は実力があるだけに、勝負がかかっていない試合はなあ・・・

でも先発落とされそうなのわかってるのかなあ・・・・

もしかして股関節治ってないんじゃないかな・・・・

 

 

MLBのレッドソックスのページの「Active Roster」から、

レディックの名前がなくなった。

25人開幕ロースターには入れないんだろう。

つらいなーーーー

オープン戦で4割も打ってるしエラーもないのに・・・・。

 

25人開幕ロースターは、田沢がDLだろうから、

スコットアッチソン

ダニエルバード

ジョシュベケット

クレイバックホルツ

マニーデルカーメン

ジョンラッキー

ジョンレスター

松坂大輔

岡島秀樹

ジョナサンパペルボン

ラモンSラミレス

ティムウェイクフィールド

ヴィクターマルチネス

ジェイソンヴァリテック

エイドリアンベルトレー

ビルホール

マイクローウェル

ダスティンペドロイア

マルコスクータロ

ケビンユーキリス

マイクキャメロン

JDドリュー

ジャコビーエルズベリー

ジェレミーハーミーダ

デイビッドオルティズ

以上のよう。

 

自分で書いて、何回も数えても25人。

25人だな。

もしかして、大輔DLでレディック入るかも・・・とかすかな、期待。

 

もう!

 

今日は開幕だ!

ヤンキースとの3連戦!

レディックいないのつらいけど、レッドソックスがんばれー!!

 

 

 

昨年途中、ビクターマルチネスが加入し、バリテックの出場機会は少なくなったが

今年はずいぶん出場機会は少なくなりそうだ。

 

去年バリテックがマスクをかぶるときは、マルチネスの打棒はほしいので

ファーストあるいはDHに入ることが多かった。

しかし、今年はファーストには、ユーキリスとそして股関節の状態が悪いローウェルも

ファーストに入りそうなので、マルチネスのファーストはほとんどない。

 

マルチネスのDHだが、本職のオルティズとこれまたローウェルがDHの控えとなろう。

ローウェルがDHの時も、サードはベルトレーがいる。

もし、シーズン途中でやっぱりローウェルが移籍となっても、ブリュワーズから移籍の

ホール(25人に入るかは微妙だが・・)がサードに入るとかして、ベルトレーがDHということもできる。

また、DH候補には、ドリュー、ハーミーダと事欠かない。

 

バリテックは、もはやバッティングでは期待できないので、

完全に控え捕手となってしまうシーズンだろう。

ウェイクのナックルを取れたらいいのだけど、マルチネスのほうが捕球がうまい。

レスターの時ぐらいしか受けるときはないか・・・・・

 

控え捕手としては、こんなに信頼できる捕手は他球団にはいないんだけど。。

 

 

田澤純一が右ひじのトミージョン手術をするそうだ。

 

前シーズン、日本社会人からメジャーに直接行ったはじめての日本人選手。

野茂がいろんなところから非難を浴びながら海をわたり、その後の大活躍で

次々と日本人がメジャーに行くこととなった。

田澤の成功が日本の社会人野球からのメジャーへの橋なんだと常々おもっていたので、

現在自分は落ち込んでいる。

もちろん俺なんかより、本人が一番落ち込んでいるに違いないのだけど・・・

 

トミージョン手術は今は多くのメジャー選手が行っている手術。

手術後、メジャーのマウンドに戻って活躍している選手は数多い。

手術後、逆に球速がアップしている選手までいる。

村田兆治も手術したと思うのだが、何歳か忘れたぐらいだけどいまだに140キロ投げている。

村田はすごすぎるが、同僚のデルカーメンもやった。大丈夫だ。

 

メジャー契約だし、ほおり出されることはない。

ある意味よかったと思って、手術後のリハビリにがんばってほしいと思う。

俺の応援なんてたかがしれてるが、岩村も大怪我して戻ってきた。

この際、何苦楚魂で戻ってこい!

 

がんばれ!田澤!

 

 

マイク・ローウェルが一塁を守ってのツインズとのオープン戦。

去年は股関節の故障に苦しみ、出場も少なく満足なシーズンではなかったローウェル。

 

オフ、レンジャーズへのトレードがほとんど決まってた矢先に手首の故障で白紙に。

とりあえず開幕はレッドソックスで出そうだ。

ただ、ローウェルを出す予定で、オフにサードのスタメン候補ベルトレを獲得している。

ベルトレーはサード専門なので、

今シーズンはサードとファーストを、ベルトレー・ユーキリス・ローウェルでいきそう。

 

ローウェルのバッティングは捨てがたい。

風体もそうだけど、まさに「いぶし銀」。

バックアップだと、給料高すぎるけど、勝負強いバッティイングは健在。

休ませながらだと出場するだろう。

 

ところで、田沢が手術をするようだ。

今シーズンは無理だろうが、リハビリがんばって復活してほしい。

まだ若いので、あせらずいこう!

 

 

ジョシュベケット。

完全にボストンのエース。

今シーズンで契約が切れるので、契約の話は去年から注目されてる。

どうも、現在交渉中らしい。ま、当然と言えば当然だが。

 

4年6800万ドルから7000万ドル前後の話し合いらしい。

安い気がする・・・・・4年8000万ドルでもいいと思うのだけどなあ・・・・。

岡島にしろユーキリスにしろ、ペドロイアにしろ安い。でも家族のこととか考えたら

やっぱりボストンはいいいんだろうなあ。。お金に代えられない価値があるか。。

ともかく、契約に関してはベケット側はノーコメント。

ただ、ソースが漏れてくるということは、ボストンは提示していると考えていいだろう。

 

 

ベケットはこの前「契約の話はシーズン終了後だ」と話していたが、

ボストンは、ベケットを手放せない。

ラッキーを獲得したけど、エースというのはそうはいないもの。

 

ボストンがラッキーを獲得した理由と金額の一つに、

テキサス州出身であることも大きいんじゃないかと思ったりしている。

勝手な推測だけど、

ベケットもテキサス州出身。ラッキーは読めるピッチャーで32歳。ベケット30歳。

ラッキーがベケットの兄貴分となるのも、ボストン首脳陣の計算のうちじゃないか。・・と。

お金じゃない環境の大事さをアピール。やっぱ同じ出身って大きいだろうし。

それに、どちらもけっこう激昂しやすい^^

 

そういえば、レッドソックスのピッチャーでは、バックホルツ、ダニエルバード

阪神から加入したアッチソンもテキサス出身。みんなけっこうすごい強気な性格。

レギュラーでこんなにテキサス州出身が多いのもめずらしい。

まさにベケット包囲網。

計算ずくと思うのは、おれだけだろうか・・・・

 

サバシア級ぐらいで、契約早くまとまってほしいな。

スクータロの守備はいい。

技術的には、完ぺきではないけど、みていて気持ちがいい。

すっごい楽しそうにプレーするのだ。

日本人はついついしかめっ面でプレーするひとが多いけど、

スクータロは、笑顔があふれベースボールを楽しんでいるので

見ているこっちも楽しくなってくる。

 

思えばここ数年、レッドソックスのショートは右往左往していた。

ルーゴ・ラウリー・グリーン・・・・。

打つけど守備がへた、守備jはまずまずでも打てない。

 

ただ、メッツにいったアレックスコーラは打てないけど、

守備は超ウルトラ一級品だ。

守備だけで魅了できる数少ない選手。

ボストンでは控えだけど、メッツではスタメンだし。

岡島も、ヒット性の内野安打をギリギリアウトにしてもらったりもあった。

評価する人が少ないけど、コーラの打球に対する判断力、動きはすばらしい!

数字に表れない好プレーを連発していたと思う。

内野の守備だけでなく、中継プレーとかでもすばらしい。

ここで、そこに投げたから、ランナーが生還できなかったとかそんなプレーが多い。

ダイジェストには絶対現れないプレー。

だから、スポーツは全部にいえるけど、見るなら最初から最後まで真剣に空気を

感じながら見る。

 

話戻って、スクータロ。

バッティングは大きいのはないけど堅実。

去年のブルージェイズでも流し打ち、フォアボールも多いので出塁率も高い。

いわゆる遅咲きの選手だから、意外とコツコツ型かと思ってしまう。

がんばってほしい。

 

 

 

 

残ってほしい。

残さざるを得ない成績だ。

 

外野手は足りているけど、オープン戦4割の打率。

そして、いかに好調でもスタメンは難しい。

今年のボストンの外野は層が厚い。

 

オープン戦半ばに成績が落ちて、マイナーに落ちるかと思っていたが

ことごとく打ちまくってアピールしまくっている印象。

これでは、首脳陣も落とせない。

ギリギリでがんばっているレディックを応援したい。

こうゆう若手が出てくると、チームが活性するのだ。

全体の質も覇気も上がってくるから、それをフランコーナ&エプスタインは

みのがさないだろうと思う。

 

開幕メンバーが楽しみだ。

 

 

ツインズとのオープン戦。

バックホルツが先発だったけど、どうもピリッとせず。

前回登板は審判の判定が辛かったこともあり、参考にならんなあと思ったが、

今日の審判はまとも。

しかし、マウアーにホームランされるし、いい当たりの連発だった。

4点で抑えたのが奇跡の内容。

 

やっぱり球種が足りない。

チェンジアップをおぼえたのでメジャーに戻ってきたが、

おおきなカーブがなくなってしまって、使える球種はストレート・チェンジアップ

の2種類を左右・高低に投げ分けるのみ。

岡島が毎年新しい球種に取り組んでいるのに、先発候補がこれでは。

 

時折、光るツーシームが右バッターの足元にシュートする。こいつはいい。

ただ、ほとんど投げることもない。シーズンに置いているのだといいのだけど。

このツーシームが使える球種に成長すれば、先発4・5番手は安泰だが。

 

下半身も安定していない様子。

オフに遊びすぎたか・・・・??

シーズンでは先発5番手の予定だが、今のままではオールスターまでもたないだろう。

もしそうなるなら、オフには放出対象か。もう一年チャンスあるか。

 

 

やっぱり、松坂にとって代わられるのかなあと思う。

もともと実力は松坂が圧倒的に上だし・・・・

 

フランココーナ監督が、ヤンキースとの2010年開幕戦の先発および

ローテーションを発表。

 

第1戦ベケット、第2戦レスター、第3戦ラッキー。

豪華布陣。

だんだんもりあがってきたなあ・・・・

エンターテイメントの持って生き方がうまいから、だんだん気持ちが高ぶってくるな。

開幕オーダー予想した。

先発ピッチャーはベケット。

1番レフト    エルズベリー

2番セカンド  ペドロイア

3番キャッチャー マルチネス

4番ファースト  ユーキリス

5番DH     オルティズ

6番ライト    J.Dドリュー

7番センター  キャメロン

8番サード   ベルトレー

9番ショート  スクータロ

ペドロイアがケガが大丈夫ならこのオーダー。

ペドロイアが出なければ、2番スクータロとかドリューとかいろいろ変わるけど。 

ま、自分が監督だったら、ドリューの代わりにハーミーダを入れたいが。

フランコーナ&エプスタインはドリューでいきそうな気がする。

もし、ハーミーダを入れるようならボストン首脳陣は偉い。

だって、ハーミーダは、オープン戦絶好調だもの!

 

今日は、岡島も1回2三振。映像見れないのが残念。

 

松坂も先日投げた。まだスピードはまだだろうけど。松坂の真骨頂は

打者の手元まで球速が落ちないストレート。

初速は決して速くない松坂が下半身からほってないと、

初速が速くない球(他のメジャーリーガーと比べてだけど)が手元で伸びないと

かんたんに打たれる。(去年の前半状態)

去年DLから復帰後のエンゼルス戦なんかは、しっかり球が伸びていたのでよかった。

スポーツ記者のコメントやダイジェストじゃなく、ちゃんと映像がみたいなあ・・・・

 

だんだんヤンキースとの開幕戦に向けもりあがってきた。

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ