ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア

9月になりました。

2012年の悪夢な9月とはうって変わって、快適な秋。

セプテンバーバーコールアップです。

若手がいっぱいベンチに入ります。



さっそく、内野ユーティリティとして、フィリーズからマクドナルドを獲得。チェリントンがとまりません。ピービィだけにとどまらず、ボガーツもさっさとメジャーに上げて、そして、内野の守備を補強する。

マクドナルドの獲得は、若手のミドルブルックス、ボガーツ、おまけに、ホルト、シュナイダーに影響しないのがいいね。すばらしい。

やる気がそがれるような補強にはならない、完全なる守備要員。主に、セカンドのダスティン・ペドロイアを休ませるためじゃないだろうか・・・。

それだけ。

そんな気がする。

若手は、元気もりもりだろうけど。

セカンドには、ユーティリティが現在いない。

そうゆうことだろう。

サードは3人、ミドルブルックス、ホルト、シュナイダー、ショートはドリュー、そしてボガーツでOK。でもセカンドは、サードの3人は基本守れない。かといって、他の若手はベンチに入るレベルでもない。で、マクドナルドを補強したと・・。

ずっと全力プレーのペドロイアを戦略的に休ませるためなんだろう・・・。すごいなチェリントン。



外野手の補強として、クイティン・ベリー。そのかわり、モーテンセンを出す。いいだろう。モーテンセンはいらない。

静かに動いているねー、チェリントン。細かいところでも戦力見直していますな・・・。

クイティン・ベリーは、きょうのホワイトソックス戦でも9回、さっそく守備固めでセンターに入って、しっかり最後の打球をキャッチ。こちらは、ブラッドリー・ジュニアじゃないみたいだなあ・・・。上げないのかなあ・・・・

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアは、マイナーでもイマイチになのかも・・・。春先良かって、代理人のボラスがボラボラいいまくったから、嫌われちゃったかな・・・・。

1年も活躍してないのに、代理人が言うと印象悪くなるんだよなあ・・・。負けずに結果出せばいいんだけど・・・・。



正念場の9月。

とにかく、強敵との連戦が続きまくるから、1戦1戦見ていってしまう。

あー、楽しみだー!!

きょうも、上原浩治が1点差で9回クローザーで登板。強打者コネルコとの駆け引きは、ドキドキしたねえー。怖いねーコネルコ。一発いつでも打つ可能性あるからー。

でも、最後打ち取って、勝利!

驚異のピッチング続いているから、上原には、ケガなく行ってほしいねー。




ドジャースとの3連戦、最終戦。

きょうは勝っておきたい試合。

先発は、ナイスピッチングを続けているけど、勝ててなかったピービィ。内容は、移籍して後もよかったから、興味津々でみる。

序盤から、ドジャースのバッターをうまく料理していく。危険なのは、3番エイドリアン・ゴンザレス、4番絶好調のハンリー・ラミレス。この3.4番は恐ろしい。

結果は、エイドリアン・ゴンザレスに一発食らったけど、それ以外はギリギリ外野フライでわずかに交わして終了。ラミレスに対しても、四隅付いた絶妙の配球と変化球でノーヒット。

すばらしい!

結局、ピービィは最後まで投げて、完投。

最終回は、バテていたけど、9回表にナポリの一発が出たから、なんとか勝利。



ほんとにすばらしかった。

全盛期のレベルの球威はないけど、その分円熟のコントロール。エイドリアン・ゴンザレスにかまされたボールと10球ぐらい甘いのあったけど、打てないね。。

エイドリアンの打席は、ボストン時代からもみていて楽しい。超一流の上に超が付く技術のバッター。だからこそ、打ち取ったときの、ピービィの絶妙のムービング。そして、エイドリアン・ゴンザレスの悔しい表情。

たまりません。




プロスペクトのボガーツが先発。

先日メジャー初ヒットを打って、きょうは、2ヒット&打点付き。4回ぐらいあったか、ショートゴロもすべてきっちりアウトにする。

雰囲気だけなら、立派なメジャーリーガー。

まだ、21歳。

ほんまかいな・・・・。

若い。

ショートの守備位置を制している雰囲気がすごい。生でもないのに、伝わってくる・・。

イグレシアス出さないといけなかったのは、よくわかるよチェリントン。

メジャーデビューは9月思っていたのに、さっそく上げたチェリントン。新しい血がないとよどみそうな雰囲気のチームに、若い選手をすかさず上げる。さすがだなあー。チェリントンも39歳だもんなー。

いやはや・・・・。

ただ、ボガーツにも、やっぱり弱点が・・・・。

ドジャースの2番手が投げるスライダーには、腰が完全に引けていて、まったく反応できていなかった。

このあたりは、トッププロスペクトとはいえ、まだ若いか・・・。メジャーの変化球には、まだまったくと言っていいほど対応できていなかった・・・。ストレートとか、左ピッチャーは打つから、そんなにマイナスじゃないけど・・・。右ピッチャーの外の変化球を、意識的に決め球にされたら、打てないかな。

決め球にカットするなりボールをしっかり見極めることができていけば、間違いなく大型契約獲得しそう・・・、こりゃ・・・。

ジャッキーブラッドリーJRより、早いかもしれない。。




このシリーズ勝ち越したのは大きい。

グレインキー、カーショウのエース級の二人と対戦しなかったのもあるな・・。ドジャースは首位だし、同リーグじゃないからってことでぶつけてこなかったのだろう。

ラッキーだった。




ピービィの獲得はとにかく大きい。

マウンドで、魂こもった球を一球一球、丹念に投げているのが、むっちゃわかる。バッターに対し、前向きに、アグレッシブに行っている。

ぶつぶついいながら・・・・。

いいなあ・・・。

この熱のこもった投球。

ケガなく、ボストンでずっといてほしいとおもわせるピッチャーだ。

すばらしい!



移動はあるけど、一日休んで、オリオールズ戦。

ちょっと、山です。

今年のちょっと、山です。

10月は、山ばっかだけど・・・・。

一日休んで、13連戦。

また、一日休んでレイズ戦そして、ヤンキース戦。

そしてまた、一日休んでオリオールズ戦、次にジェイズ戦。

なんちゅう、スケジュールじゃ・・・。

もう休める日なんか、あらしません・・・・。

さあさあ、いこういこう!!

プレーオフに向けての、超連戦が、あさってから始まる・・・・。



フィリーズ戦、2連敗のあとの第4戦、最終戦。今日は勝って、明日からのヤンキース戦に勢いつけてっと。。。

先発は、長いことDL入っていたモラレス。

けががなければ、今シーズン開幕から先発ローテーションに入っていてもおかしくなかったぐらい毎年内容が良くなってきているし・・・。速い球だけじゃなく、ブルペンでも成長し続けているんだよなあ・・・。

初回2点とられたけど、5回79球。ヤンキース戦に先発を温存させるシナリオだったかのようなベンチに取って最高の仕事をしてくれた。

モラレス、良かったどー



守っても、相変わらずペドロイアがすばらしいプレーしまくっている。今日もピンチでめっちゃ難しいダブルプレーを完成させるし。

イグレシアスもやる気がみなぎっている。

でもでも、

シリアコが最近やる気がなくなっているのがすっごくわかるんだよなあ。。。今日も最終回バッターで出たけど、やる気が感じられない。。。まえもエラー連発した試合あったし、まずいよなあ・・・・。あきらかに集中きれとる。。。

このままだと、来年イグレシアスにショート取られちゃうどー。。そうなると、内野ユーティリティでがまんするか、外野コンバートか、出るかしかなくなってしまう。。。

うーん。

がんばってほしいなー、シリアコちゃん。



今日は、ピッチャーががんばった。長く投げられないモラレスのあと、ブレズロー、モーテンセンがしっかり抑えたし、8回は田澤純一がセットアッパーとして登場。

田澤の投球内容はすこぶるよかったぞな。。。

まじ、ちょっとー、よかばってんよー!

レッドソックスの試合は全部見てる中で、今日の田澤の球は、2013年一番の内容。ファストボールは、先日のイマイチから再びうなるレベルの速球になっていたし、伸びもありまくりっ!ヒットを打たれた球だけ中に入っちゃったけど、それ以外はコントロールも外角にきっちりだった。

ベリーグー!

エクセレントっ!

ええぞい。

スプリットは間違いなく今年一番。落ち方がハンパなかった。ストライクゾーンから、完全にボールになってしまう落ち度。8球ぐらいスプリット投げたか・・・すべての落差がハンパなく、ワンバウンドが1球程度の確率も最高。

すげー、スプリットフィンガー。

いやあ、、、よかったなー、今日の田澤は・・・・。

うんうん。。



最後は、ベイリー。

9回に点とりまくって、余裕の抑え。



エルズベリーはユニフォームのケツが破れまくっているのに、最終回とうとう5盗塁目達成。ピッチャー牽制しまくりの中、走る。わかっていながらセーフ。

柄パンだったような絵だった。。

がっはっは。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがメジャーに上がってきたから、まさにケツに火がついたか・・・。

いいよー、競争がないと人はサボっちゃうから・・・・。



フィリーズ戦は2勝2敗。まずまずってことで、いいでしょうな。。


明日からは、ぐひひっ!メッツにやられまくって、弱りまくってるヤンキースとの3連戦。テシェイラとユーキリスが戻ってくるらしいが、いまのレッドソックスなら連勝あるかもっ!

楽しみじゃあー!




2013年開幕から2ヶ月がすぎ、これ以上ないってぐらいの好調スタート。いいぞー

昨日から、ナ・リーグ、フィラデルフィア・フィリーズとのフェンウェイでの4連戦。

今日は第2戦。

先発はデンプスター。フィリーズは、クリフ・リー。

2013年今年のスプリングトレーニングで、クリフ・リーと対戦している。中継もしてくれたのでみたけど、そのときは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアのホームランが出たりと、投球内容はイマイチな印象だった。

しかし、なんだろう、この人は・・・・。

今日はぜんぜん違うやん!

なんじゃいなあー、もうっ

スプリングトレーニングの時の投球とは、ぜんぜん違うじゃないか・・・。さすがのリーの投球になっちょるやんー。。ボストン打線が完全に翻弄されて。。きりきり舞い。。。まさにリーの真骨頂・・・。

完全に、バッターの思考回路が崩壊させられてしまうピッチャーなんだよなあ・・・この男。ストライクゾーンの四隅をボールが動くし、ボールゾーンもうまく使いまくるし、、、打てねえ。。。まったく打てねえ・・・。

すごいわ、クリフ・リー。

どうしようもない。

このレベルになると、やっぱ、開幕前の投球なんかはなんのあてにもならないねえ。。。

わしゃ、感服つかまつった・・・





クリフリーが完投ペースで投げていて、球数もまだいけそうだったけど、9回は、ジョナサン・パペルボン。

当然、パペルボンのテーマが流れることもなく・・・・。ブルペンからマウンドまで、無音のなか、ブーイングが・・・・・。けっこう大きかったなー、ブーイング。おまけに、レッドソックス在籍時の最後の登板、オリオールズに打たれたシーンがまってましたとばかりに、流れる。。。。さすが、アメリカ!

9回、オルティズのホームラン級の大きいファウルはあったけど、今年絶好調のパペルボンは打てず。結局三人でピシャっと、やられちゃって、負け。。。




昨日は、打線爆発でしっかり勝ったけど、今日は完全にクリフ・リーにやられてしまったなあ・・・。

さすがじゃのー、リー君は・・・。

逆に、ライアン・デンプスターが2点でよく抑えたな・・。。デンプスターは、開幕からしっかり仕事をしているすばらしいね。よくやっっちょるよ。

やっぱ、落ちる球持ってると、内容が安定するのかな・・・・。


9回、田澤純一が1点差負けている中で、登場。

先頭打者に、いきなりのホームラン。

いかんな・・・。

だめだなあ・・・・。

集中力なかったなあ・・・。

ロスのミットと逆のインコースへのストレート。

ドンピシャだったな。。ちと、コントロールへの気持ちが薄れていたような・・・。集中力なかったね。負けている状況では、集中力を高まりも違うのかな・・・・。そんな、入り方だった。

まあ、でも、今日の全般的内容はいいね。

ホームラン打たれたけど、その後もヒット2本打たれてスコアリングポジションにランナー置いて、やばかったけど、けど、投球内容は悪くなかった。

カーブのコントロールが良かった。カーブが良かったから、ストレートの伸びがなかった分、ホームランの1点に抑えることができたんじゃないかなってな。。。汗が多いと変化球がいいのかな・・・・?しっとりしたボールが好きなんだろうかな・・・田澤も。。スプリットも落ちがいまいちだったけど、コントロールはまずまず。

9回裏パペルボン相手の2点差は確かに、きつくなっちゃったけど、ま、しょうがない。若いし、シーズン前半だし、内容重視ってことで、いきましょう。いこう、いこう。

少し前から、カーブと、スプリットのコントロールを修正してきているか・・・。数試合前までのファストボールのキレだけで抑えていたレベルから、上げてきていたように感じた今日の投球。

初球のストライクの入り方だな・・・・。

気持ちの部分なんだろうな・・・・。

そのへんは、ベテランとは違うんだろうかな・・・・。

まあまあ、開幕からメジャー初年度だし・・・・。

若手はあたたかくみていこうっ



打線は、ペドロイアが絶好調!

バレンタインのおかげでバットに集中出来なかった2012年シーズンとは違って集中できているね・・・。新人王とった年レベルの振りしている。シーズン後半までいってほしいなあ・・・・。

キャプテンでいいんじゃないかな・・・・来年は。




今日は負けちゃったけど、東地区順位もまずまず。主力ぜんぜん欠けまくっているヤンキースが首位。

なんでやねん!

ほんまに・・・。

なんなんだ、ヤンキースめ!

主力いらんやーん、ぜんぜん。

ベテランばっかになった、主力がおらん方が、いいんじゃないのか。。。

うーん。。。

ということは、ベテラン主力が戻ってきたら、負けるようになったりして・・・・。

えへへへへ。。。

期待しようっ!!




ブルージェイズとの3連戦、第2戦。

昨日、田澤が打たれて敗戦。続きたくないぞ、の2戦目。。

バックホルツが完璧な投球。得点許さずに、交代。今年はヤルかなやんちゃクレイ。。

マイク・ナポリのでっかい2発で大勝利!がっはっは。こいつの飛距離ハンパじゃねー。。ボールに当たったときの音が、低い。ボールがつぶれているのが伝わるものすごいスイング。たのもしいぞ。。




最近、打者で気になっているのが、もうひとりのマイク、マイク・カープ。

マリナーズから移籍の、マイク・カープ。マリナーズから移籍の・・・・。

だいたい、マリナーズから出た選手は大活躍することが多い傾向にある。なぜかしら、あそこはやる気がなくなるのか、なんらかの要因があるのか・・・・。
まあ、ともかく、そんなあことより、はっきりいって、スプリングトレーニング時の内容は良くなかった。ずっとみてたけど、カラダは開くし、バットは波打ってるしで、カラダつきはすこぶる打ちそうなんだけど、当然結果出ない。はっきりいって期待していなかった。ジャーニーマンなのかなと。。。

でも、開幕ロースターに残った。意外だった。。

シーズン開幕当初、ポジションだぶるダニエル・ナーバ、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがいたから、使われることはなかったけど、4月半ば鮮明に覚えているのがシーズン最初のスタメンとして起用される。いきなり4安打。4打数だったと記憶している。打ちまくった。結果以上にプレシーズンでズタボロだった打撃が改善、フォームが修正されて、腰のキッチリとまった壁ができていてパワーがしっかりボールにのっていた。バット技術が良くなっていた。こりゃやばいな・・・と思った。もともとカラダはでっかいしケツもでかい、となると、このフォームは打つぞ・・と。



その後も、スタメンで使われることは少なかったけどよく打った。バッティングフォームがいいから、結果出る。

で、ポジションの競争相手だったマウロ・ゴメス移籍へとつながった。そうゆうことだった。

でも、でも、さすがにオルティズが復帰するときにアクティブ・ロースター外れるかと・・・・。売る出し中のジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがいたからだ。。

しかししかし、ここでも、AAA行きは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアとなった。ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアは、プレシーズンよかったけど、マイク・カープと逆でシーズン入ってまったく打てなくなっとったから。



その後も控え、スタメン両方で使われ出し、ビクトリーノのけがでますます使われるようになった。大活躍し、そして、今日もピンチヒッターで出て、なんとなーく打つんじゃないかい・・・・と思っていたら、ほんまにホームラン打ちよった。フォームが良い。腰が残って、しっかりバットにボールが乗っている。


いやあ、、、この男、ボストンで大爆発しそうな予感がするぞおー。競争は激しいけど、ゴメス、ブラッドリー・ジュニアとの競争に勝ち、その後も結果残しまくっている。遅咲きの大器晩成型かもしれん。

スプリングトレーニングの状態みてもロースターに残したチェリントンの見る目は、すごいのかもしれん。。。

マイク・カープ。これからもおもしろくなりそうだぞー



レイズとの第3戦。2013ジャッキー・ロビンソン・デー&ペイトリオッツ・デーの記念日。

同点に追いつかれた9回に出た出た出ました!マイク・ナポリのグリーンモンスター直撃ツーベース。

一塁走者、ダスティン・ペドロイアが走って走って、、、走って、ウオーク・オフ・ゲーーーーーム!

レイズ戦1回戦に続いてのサヨナラ。。。

やっっほーーーーーーーーい。

がっはっはーーー

よーっし、いいぞー!



先発ピッチャーは、デンプスター。

今日は、コントロールがよかったし、スプリットのキレも良かった。。。。ま、審判のコールにも助けられたのもあったけど、ロンゴリアのホームランの1発に抑えたのは、グッド。

上原がセットアッパーの8回。危ないセンターフライあったけど、結果オーライ。スプリットの切れもいいし、しっかり仕事して、またまたベンチできっついハイタッチの応酬。よく見ると、上原のきついハイタッチに、みんな力入れて手を出すようになったのが笑える・・・・。

1点リードで、クローザーへ。ハンラハンではなく、アンドリュー・ベイリー。ハンラハンが、いったんお休みって感じだな・・・・。正解だろう。20球程度で下半身がヨレヨレになって、ファストボールも5マイル落ちるようなスタミナでは、乗り切れん。

ベイリーは去年までは、クローザーやってたし順当。しかし、失点。なんとか逆転はさせなかったけど、やな予感。

しかししかし、9回裏、ビクトリーノがおしい当たりのレフトフライ。ダスティン・ペドロイアが、モリーナの味方もだませる恐るべきキャッチングをかいくぐって、(審判だけは、モリーナキャッチにだまされてなかった・・)フォアボール。

そしてそして、気合いのナポリ。ホームランも期待する中、スプリットを泳がされながら腰が残って、レフトへ。。。

すばらしい!

ビクトリー!!





これで、レイズ戦3連勝。

レイズの打線が、2012年からは大きくダウンしている感あり。やっぱ、アプトンがいないのは、こんなにも大きかったのか・・・・と思わせる打線だ。アプトンは波が大きかったけど、打つときは連続でホームラン打ちまくったりするからめっちゃやっかいだったし、怖かった。それに、ぺーにゃがいないも、意外に大きい。存在感がぜんぜん違うってことだな・・・・。ファーストは、去年のドジャース・レッドソックス超大型トレードでアメリカンリーグに来たロニーもいいバッターだけど、ホームランがあんまりない。となると、今年のレイズはロンゴリアさえ抑えれば、大量点がないって打線になってしまっている。まあ、GMとしては、少ない予算だし、ピッチャーがすっごいのがいっぱいいるから守って勝つってことなんだろうけど・・・・

チーム力はそんなに差がない両チーム。ボストンの気合いで3連勝。



気になるのは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア。今日で、打率1割切った。大振りになっている。、スプリングトレーニングで、クリフ・リーから打ったホームランで調子にのってしまったか・・・・と思ってしまう凋落ぶりだよなあ・・・・。まったく、ボールが見えていない。振りが大きすぎる。カラダが開きまくって・・・・プレシーズンで4割打った選手とはまったく別人状態になってしまった。とくに変化球への対応がひどい。全部空振り。。。。守備でも9回、記録には残らないけど、間に合わないホームに投げて、バッターランナーをセカンドに行かせたり、、、見えてない感じだ。若いからなのか、バットの調子が悪いからなのか、、、、どちらにせよ、まだだった・・・・と感じる状況。今日も先発だったけど、いいところなし。

チェリントンはどこまでがまんするか・・・・こりゃ、みものだ。明日はレフト・ゴームズでいくのか、まだまだ使うのか・・・・。ゴームズのようにDHはないだろうし、このまま悪いと、スコット・ボラスが何を言おうが、AAAで調整もあるかもしれんなあ・・・・・。不公平感が出てくる前に、ゴームズを先発にすべきだな・・。




チームは、調子がいい。しかし、チーム力は、前評判とかわらず、もともと高くない。勝っているけど、紙一重だろう。プレーオフゲームのような選手のやる気に支えられている感じがする。シーズンはまだまだ始まったばかり。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアをゴームズにかえる。
シリアコも先発で使う。
キャッチャー、ロスの出場機会を増やす。

長いシーズン見据えてやっていくべきだな・・・。



そういえば、、、

こないだ、マウロ・ゴメスがジェイズにいっちゃったなあ・・・・。ということは、ファースト控えは、マイク・カープにしたってことだな。。。ま、オルティズが戻ってくれば、アクティブ外れるだろうけど・・・・




去年は、サヨナラはされまくっていたけど、今年はもう、2度目。勢いつくんだよなー、選手は。。。

ヤンキース、ジェイズ、オリオールズ、そしてレイズとのきつかった、東地区との開幕シリーズ終了。明日は、補強がんばったインディアンズ。どんな選手がいるのか楽しみだーーー



ヤンキースとの開幕3連戦、第3戦。

打線のつながりもいいから、スイープいきたいところ・・・。



先発は、デンプスター。

正直ヤンキースの超主力いないから3点ぐらいに抑えれば勝てるんじゃないかと・・・みる。

初回から、ビックリの、、、セカンドランナー、ビクトリーノでヤンキース先発のアンディ・ペティット。ワイルドピッチで三塁に・・・・と思ったら、おれの嫌い選手ベスト5に入るセルベーリが緩慢な動き。ビクトリーノが三塁回ってホームに突入!

うおっー!

どうだ!!

・・・・。

アウト。

・・・。


おしい。

惜しかった。とにかく、惜しかった。アウトになったけど、セルベーリの手を抜いた動きを即座に判断してのホーム突入。すばらしい。アウトになったけど、間一髪だったし、セルベーリがホームに突撃してこなかったら、セーフだった。

こういうのは去年までは全くなかったなあ・・・・。

イチローが常々言う、野球で一番むずかしいのは走塁ってやつ。。まさにそんなシーンだった。一瞬の判断は確率でもなく、統計でもないねん。複雑な出来事が合わされまくっているなか、最善の判断を下して行動する。それが超一流と一流の差だろう。

プロの仕事。

ビクトリーノ。集中していなかったら、ただ三塁に行くだけだったろう。おれも、全く考えずに見ていた。。。チャンスが今ないか・・・いつも思っていないと絶対に出来ないホーム突入だった。


初回からうなっってしまった。

慣れると出来ない動き。勉強になった。当たり前的な発想があったなら、ぜったいにホームに行こうなんて思わないはず。。。

うなった。。。。





そして、1回裏、今度は、セカンドへの盗塁を試みたガードナーに、デイビッドロスの目の覚めるセカンドへの投球。ピンポイントでアウト。スタートもカンペキだったけど、ロスのキャッチからの動作の素早さ、送球の正確さ・スピード・・・・カンペキ。

すばらしい!!

エクセレント!!!

ロスは後半も盗塁を指した。この人すばらしい。

いやあ、1回表裏で、超一流のメジャーリーガーのレベルを見た試合だった。


ゲームは負け。

デンプスターが3点取られて、ブラッドリーのタイムリーで一点返したけど、8回裏のモーテンセンがストライク取りに行ったあまりにも警戒感のないストレートを、嫌いなベスト5に入る素手で打つセルベーリにホームラン。

モーテンセンだからなあ・・・・。ちっとは注意しろよー。ロスは責められない。ボール先行で、セルベーリだし警戒しながらコースつけば、大丈夫の判断で投げさせたんだろう。しかし、まだまだのモーテンセン。

この一発大きかった。

当然。ヤンキースのクローザーは、この男。現役で唯一の42番。そして、今後も誰もつけることもないだろう42番。

まさに、守護神、マリアノ・リベラ。

靱帯なんかやったときは、もうだめかと・・・と思ったけど。。。


復活!

鉄人。

生ける伝説レベル。

20センチぐらい横に曲がるカットボール。

常人には、意味わからんすごい球投げるヤツ。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアもみたこともないカットボールに三振。。。

カッターのキレはイマイチだけど、ゲーム終了。


しょうがない。

左打者がマリアノ・リベラのカットボール打つには、イチローのように山張って、思いっきり開くしかない。

そう考えると、やっぱイチローってすごすぎるな・・・・。





ビクトリーノと、ロスのエクセレントプレー見ただけでも良かった試合。



開幕。ヤンキース戦。2勝1敗。上出来だろう。

明日は、ロードで、ブリュージェイズと3連戦。、前評判はめっちゃ良いジェイズ。でも勝ち越していきたいもんだ。・・・・





開幕2戦目。ヤンキース戦。

ヤンキースは主力がいないから、開幕戦に続いて、勝っておきたいところ・・・・。



バックホルツ先発。スプリングトレーニングの延長で調子は良い。キャッチャーサルティのへたっぴリードもうまくこなしながら、ハフナーの一発だけの得点で仕事をしっかりこなす。

8回は、得点差もあったし、イチローからって事もあって開幕戦に続いてアンドリュー・ミラー登場。ピンチヒッター出されてイチローとの対戦はなくなったけど、いきなりデッドボール・・・・。いかんなあ・・・・ノーコン癖が戻ってきてる感じだなあ・・・・。ダニエルバードが移ったか・・・・。なんとかカノーを打ち取って交代。2戦続けて、四球・死球でランナーだして、イマイチ・・・・。プレシーズン戦では良かったのに・・・・プレッシャーに弱いのかな。。。


続いて、アセベス。去年は、成績悪いのに口ばっか達者で謹慎させられたアセベス。WBCでも武闘派の本領発揮しとったし、事をおこすんだけど、今年はどうか・・・。スリーランかまされる。

・・・・。

うーん。

判断は微妙だなあ・・・。ホームランあるバーノン・ウェルズに初球考えてないストレート。キャッチャーサルティだから判断は微妙だなあ・・・・。変化球から入るとか考えない下手くそキャッチャーだからなあ・・・・。アセベスの出来は今日だけでは判断が難しいけど、ストレートの伸びはなかった。去年といっしょ。。。負け試合や今日のように終盤で点差あるときだけなんだろうけど・・・・今日の結果では、とっととだして、若手上げろーっていいたい内容だった。。。


クローザーは、ハンラハン。プレシーズン同様、内容は良くない。ガードナーへの三振では、最速97マイルでコントロールも良かった。乗っていけるかどうかだな・・・・。



打つ方は、黒田博樹が2回に降板したことで、勢い乗った感じ。黒田を襲ったビクトリーノの打球は、黒田がドジャース時代にデコに打球あてたことがあるから、その、まあ、後遺症的な反応だったんだろうなあ・・・・・。顔に当たらないように手でボールをのけようとした結果だったように思う。取りにいった感じじゃなかった。ニューヨークは寒そうだったし、中指痛めてデッドボール続けて、結局降板。しょうがなかったね。。。大事ないことを祈る。

ま、おかげで、次の回に集中して得点あげられた。去年と違ってヒットが続いている。選球眼いいバッターそろった感じだし、今日も、若手が大活躍。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア。
ホゼ・イグレシアス。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアは、メジャー初ヒット。

祝!!よっしゃー!!

家族も大喜び。本人はいたって、普通に一塁に・・・・。この男、まだまだ、ずっと先を見据えている感じだ。

イグレシアスも今日もヒット。切れのいい変化球にはまだまだ対応できてないけど、知ってか知らずか早めに、、追い込まれる前に、ストレートを打ちにいっている。
コーチか、それとも本人がわかってやってるのか、、、結果出ているとシリアコ出番なし。。。

シリアコもみたいのに。



マイクナポリがレッドソックス初ヒット。なんとなくほっとしていた様子。ホームランは出ていないけど、今日もボールが落ちてくる時間がめっちゃ長いフライががあった。当たればスタンド行くだろう。




開幕2戦。ヤンキースの貧打に助けられているところが大きい。しかし、シーズンは長い。同地区はすべてライバルだし、いまは、相手より内向きに良くなっているのかみていこう。。。




がっはっは!

がっはっはっは!

2013年開幕戦。たかが1試合。されど1試合。162分の1だけど違うのだよ。ザクとは違うのだよ・・・・
毎年のことだけど、こんなにワクワクする日はないぐらい。




まず投げる方。。。
先発は、3年連続開幕投手ジョン・レスター。

開幕予定オーダー通りのレッドソックス。レスターは順調な立ち上がり。なんといってもヤンキースはけが人多しで、打線は全く普通のチーム。

破壊力バツグンの超破壊力レギュラー打線の、
1番 ジーター
2番 グランダーソン
3番 テシェイラ
4番 A・ロッド
が、DLでいない。

ジラルディかわいそう・・・・でもラッキーっ。まさに、飛車、角、金、銀、落ちみたいな打線だもん。いや、ありえへんけど、飛車2枚、角2枚落ちみたいな打線だなと、ふと・・・・。この4人がいたら結果は完全に違っていただろう。一発あって怖いのはロビンソン・カノーだけ。

2点とられたけど、開幕だしキャッチャーサルティだししょうがない。セルベーリにタイムリー打たれたけど、はっきりいってリードがヘタだっただけだし・・・・。レスターは責められねー。。



レスターのあと、いきなりの上原浩治。すばらしい!スプリングトレーニングから継続のすっばらしい投球内容。低めに決まるストレート。キレもある。追いかけるヤンキースのうって出てきたジラルディ采配の、、、、代打ハーフナー、イチロー、そして、この間までレッドソックスでプレシーズン送っていた代打オーバーベイをかたづける。内容すばらしすぎ。投球数は少ないけど、これが上原のまさに雑草魂!がっはっはー!



続いて、アンドリュー・ミラー。
緊張たっぷりの開幕戦。フォアボール連発。しょうがない。誰でも緊張するさ。。。しかししかし、その後は少し落ち着いたのと打線があんまり怖くないヤンキース。ツーアウトまで来て、コチラもアンドリュー、アンドリュー・ベイリー。今年は開幕からっ。しっかり打ち取ってスリーアウト。


そして、そして、次の回もベイリーだろう。。。と思っていたら、ここで田澤純一の登板。
いやー、これには参った。勝ちゲームの8回。それも開幕ブルペン初。去年の無能監督バレンタインと違って、、、、
成長しまくっている選手なのに、シーズン決まったような後半でも負けゲームしか投げさせないアホ監督と違って、、、、

開幕戦で、
ヤンキース戦で、
勝ちゲームの8回で、
登板。
まさにセットアッパー。

いやあっ!認められてるなあ・・・・。
評価されとるなあ・・・・。

内容もすばらしかった。緊張もしただろうけど、初球から、外角にコントロールされたストレート。ワンナウト後、一発ありうるハーフナー。最速96マイルのストレート。結果ヒット打たれたけど、サルティ出ししょうがない。でもでも、次はイチロー。これはドキドキした。イチローの顔見たら気合い入りまくり。調整も万全みたいだし、

「打たんといてくれー!」
「打つのは、他チームの時にしてくれー!」
とおがみ倒しながら、緊張してみる。

結果、ストレートに詰まって、ピッチャーゴロ。さばいてゲッツー完成。

しびれたー。
今日一番のしびれた瞬間。

紙一重だった。イチローもそう思っているだろう。ストレートが伸びていたから詰まったし、詰まったからイチローだけど、ゲッツーになった。

田澤ガッツポーズ。



9回はもちろん、ジョエル・ハンラハン。スプリングトレーニングの内容は良くない。で9回表追加点ほしいなあ・・・・と思っていたら、

ピッチャー、おひげのジャバ。

打ち崩す。。。

6点差はいくらなんでも、ハンラハン大丈夫。




打つ方は、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがすばらしい。先発サバシアでも全く物怖じしていない。この男、

底がまったく知れない。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアは、現在でもはやレギュラーの実力はちゃんとある。選球眼もいいし、イグレシアスのようにボールになる変化球はまったく振らない。すごすぎる。完全に、ジャコビー以上だろう。
守備でもカノーのいい当たりを背面キャッチ。キャッチしたあとも倒れずにバランスとってベンチに返る。身体能力もすげーレベルだ。ファミリーも大応援。。。

ホゼ・イグレシアス。
相変わらず変化球全く打てないし、見逃せないから、現在はダメだけど、ラッキーもあって3ヒット。ついている。とりあえず、先発なんだから、変化球に慣れるのを見守るしかないのかもしれん。シリアコもいるし、やっぱりドリュー獲得は間違いだったんだろうがな・・・・。3試合に1試合は、シリアコ先発にしてほしいなあ・・・・




若いメンバーが大活躍した内容だった。ひやひやはあるけれど、やっぱり若手が活躍して勝つと勢いに乗れる。スイープもあるかもしれんぞ、開幕シリーズ!

がっはっっは。

がっはっは。何年ぶりだろう。。。すっきりした開幕戦。それだけ、ここ数年間、空気がよどんでいた。・。。

ずーーーと、若手をくすぶらせてきた、エプスタインと、能力ないフランコーナ、アホだったバレンタインが、チームを没落させて、リーマンブラザーズ並に、破たんそしてこなごなにクラッシュしたチームがよみがえるのかも知れないっ!!

よーしっ!!。

2013年、最高のスタートだあああっ!!




2013年ヤンキースとの開幕戦、オーダー決定!

1. CF: Jacoby Ellsbury
2. RF: Shane Victorino
3. 2B: Dustin Pedroia
4. 1B: Mike Napoli
5. 3B: Will Middlebrooks
6. DH: Jonny Gomes
7. C: Jarrod Saltalamacchia
8. LF: Jackie Bradley Jr.
9. SS: Jose Iglesias
SP: Jon Lester

で、当然、、

ヤンキースのオーダーもみないとー

1. CF: Brett Gardner
2. RF: Ichiro Suzuki
3. 2B: Robinson Cano
4. 1B: Kevin Youkilis
5. DH: Ben Francisco
6. LF: Vernon Wells
7. SS: Eduardo Nunez
8. 3B: Jayson Nix
9. C: Chris Stewart
SP: CC Sabathia




レッドソックス注目点は、

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアが先発メンバーに入る。

DHは、スプリングトレーニングのバットの調子がいいゴームズ。

ショートストップは、ホゼ・イグレシアス。



ヤンキース注目点は、

4番ファースト、ケビン・ユーキリス。

・・・・。

ほんまに、ジラルディはやっかいだ。

やらしいなあ・・・。

名将だなあ・・・・。

ぶつけてくるもんなあ・・・・。




レッドソックスの開幕先発メンバーは、納得いかんなー。

まず、キャッチャー、サルタラマッキア。

おかしい。確かに打力は、率悪いけど、ホームランは打ちよる。しかし、守りはひどい。ますますひどくなっているのに、マスクかぶらせるのは、アホだ。どこか抜けてるチェリントン&ファレルのコンビ。

あかんなあ。。。。

首脳陣が、最初にヤンキースに負けてるものっ。。。

あかんわ。

いかん・・・。

いかんわ・・・。



DHは、サルティでいいし、レフトはゴームズ。キャッチャーはロスで、ショートはシリアコだよ。
どこ見てるねんファレル。イグレシアスの成長を期待して入れたんだろうけど、シリアコがやる気なくすやろーよー。ドリューがけがなら、シリアコだ。わかっとらん。チェリントン&ファレル、イマイチやわー。アメリカ人なのにアンフェアーやねん。

変化球見逃せないイグレシアスは打率残すのは難しい。プレシーズンの若手ピッチャーならいいけど、超一流ばかりのメジャーレベルでは打てないだろう。変化球は見逃せないとフォームはいずれくずれる。それに、キャッチャーもマシなヤツがマスクをかぶるから、弱点なんてすぐ見破られる。たまに、アホなピッチャーとキャッチャーはいるから、ストレート投げて、そうゆう時には打つだろうが・・・。


キャッチャー。
今日のツインズ戦のロスのマスクみても最高だ。ピッチャーのいいところ引き出しよる。かたや、サルティなんかシングルAレベルの守備だしリードもダメダメ男。投手力が重要な昨今のメジャーで、大事なマスクをサルティにかぶらせるなんて・・・・・意味わからん。

選手レベルでは他チームに圧倒的に及ばないのに、人選戦略ミスしてたら勝てないだろうな・・・・。



ファンはいいたい放題いえるだけなんだろうけど、結局勝てないとファンは離れるからなあ・・・・。

先発が踏ん張れば、5割は勝てる。しかし、勝てている間は方向変更しないだろうから、じり貧になるか。。そのあたりわかってないなら、今年も最下位ありうるかもしれん・・・・な。。。

あー、
たのむからジラルディよ、レッドソックスの監督になってくれんかっ!



1 2
↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ