イチロー

ヤンキースとの開幕3連戦、第3戦。

打線のつながりもいいから、スイープいきたいところ・・・。



先発は、デンプスター。

正直ヤンキースの超主力いないから3点ぐらいに抑えれば勝てるんじゃないかと・・・みる。

初回から、ビックリの、、、セカンドランナー、ビクトリーノでヤンキース先発のアンディ・ペティット。ワイルドピッチで三塁に・・・・と思ったら、おれの嫌い選手ベスト5に入るセルベーリが緩慢な動き。ビクトリーノが三塁回ってホームに突入!

うおっー!

どうだ!!

・・・・。

アウト。

・・・。


おしい。

惜しかった。とにかく、惜しかった。アウトになったけど、セルベーリの手を抜いた動きを即座に判断してのホーム突入。すばらしい。アウトになったけど、間一髪だったし、セルベーリがホームに突撃してこなかったら、セーフだった。

こういうのは去年までは全くなかったなあ・・・・。

イチローが常々言う、野球で一番むずかしいのは走塁ってやつ。。まさにそんなシーンだった。一瞬の判断は確率でもなく、統計でもないねん。複雑な出来事が合わされまくっているなか、最善の判断を下して行動する。それが超一流と一流の差だろう。

プロの仕事。

ビクトリーノ。集中していなかったら、ただ三塁に行くだけだったろう。おれも、全く考えずに見ていた。。。チャンスが今ないか・・・いつも思っていないと絶対に出来ないホーム突入だった。


初回からうなっってしまった。

慣れると出来ない動き。勉強になった。当たり前的な発想があったなら、ぜったいにホームに行こうなんて思わないはず。。。

うなった。。。。





そして、1回裏、今度は、セカンドへの盗塁を試みたガードナーに、デイビッドロスの目の覚めるセカンドへの投球。ピンポイントでアウト。スタートもカンペキだったけど、ロスのキャッチからの動作の素早さ、送球の正確さ・スピード・・・・カンペキ。

すばらしい!!

エクセレント!!!

ロスは後半も盗塁を指した。この人すばらしい。

いやあ、1回表裏で、超一流のメジャーリーガーのレベルを見た試合だった。


ゲームは負け。

デンプスターが3点取られて、ブラッドリーのタイムリーで一点返したけど、8回裏のモーテンセンがストライク取りに行ったあまりにも警戒感のないストレートを、嫌いなベスト5に入る素手で打つセルベーリにホームラン。

モーテンセンだからなあ・・・・。ちっとは注意しろよー。ロスは責められない。ボール先行で、セルベーリだし警戒しながらコースつけば、大丈夫の判断で投げさせたんだろう。しかし、まだまだのモーテンセン。

この一発大きかった。

当然。ヤンキースのクローザーは、この男。現役で唯一の42番。そして、今後も誰もつけることもないだろう42番。

まさに、守護神、マリアノ・リベラ。

靱帯なんかやったときは、もうだめかと・・・と思ったけど。。。


復活!

鉄人。

生ける伝説レベル。

20センチぐらい横に曲がるカットボール。

常人には、意味わからんすごい球投げるヤツ。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアもみたこともないカットボールに三振。。。

カッターのキレはイマイチだけど、ゲーム終了。


しょうがない。

左打者がマリアノ・リベラのカットボール打つには、イチローのように山張って、思いっきり開くしかない。

そう考えると、やっぱイチローってすごすぎるな・・・・。





ビクトリーノと、ロスのエクセレントプレー見ただけでも良かった試合。



開幕。ヤンキース戦。2勝1敗。上出来だろう。

明日は、ロードで、ブリュージェイズと3連戦。、前評判はめっちゃ良いジェイズ。でも勝ち越していきたいもんだ。・・・・





さあさあ、首位いじめしよう、しかないぞ、のヤンキース戦。

先発レスター。

ヤンキースは黒田。

苦戦必至のゲーム。

 

テシェイラいないから、角落ちのヤンキース。

飛車のA・ロッドもイマイチだから苦しそうなヤンキース。

レスターなんとか抑えていたが、

6回逆転される。

でもあと引き継いだ、今日も中継ぎだけども田沢がいいピッチング。

ほぼカンペキ。

ストレートも走っているし、スプリットもそこそこいいし、キャッチャーラバーンウェイだし

いうことなし。

 

ラストスパートかけているペドロイアが黒田のたぶんシンカーを同点ホームラン。

そして最終回。

シリアコがタイミング外されまくっているけど、腰が残ったレフト前ヒット。

こいつのセンスはすっげー。

いいわあ・・・・。

まじで・・・・。

ランナーに出れば、牽制球投げさせまくってピッチャーへろへろにするわ、

で、疲れたねピッチャーが根負け。

 

エルズベリーがライト前。

ワンナウトだけど・・・、

ライトイチローだけど・・・、

セカンドランナー、シリアコホームへ。

めっちゃくちゃ速い。

イチローの返球もど真ん中。捕球から送球までミスなし返球。

しかし、セーフ!!!

 

がっはっは。

 

しびれるねえ・・・・

 

エルズベリーはバースデー。

1983年9月11日生まれ。

実況ドンちゃんも、ハッピーバースデー!ジャコビーエルズベリー!と絶叫!!

9.11だからいろんな想いがあるからなあ・・・・

 

新生レッドソックスの首位いじめ。

明日もよろしく!

 

 

レッドソックスはお休み。

あんまり見るきもなくなってるなんだけどなあ・・・・

しょうがないもんなー

 

ってことで、

東地区激動の首位決戦!

ヤンキース対オリオールズを見る。

 

いやあ・・・・・。

楽しそうだなあ・・・・。

オリオールパークが超満員だもんなあー

リプケンの引退の時以来じゃないかな。。。

あ、ウィータースのデビュー日があったか・・・

盛り上がってるからいいなあー

なんて、うらやましい。

 

緊張感たっぷりだし、

ボルチモアはニューヨークから車で行ける距離だから、

けっこうヤンキースファンがいそうな感じ。

8回ヤンキースの攻撃。

満塁でイチロー。

イチローコールが!

ストライクが入ると大歓声。

イチロー、なんとなく楽しそうだもんなあ・・・・。

同点タイムリー。

一塁ベース上で、イチロー、楽しそうだもんなー

いいなあ・・・・・。

首位攻防っていいなあ・・・・。

 

オリオールズは強くなったなー

ショーウオルターの手腕だな。

才能豊かな豊富な選手がそろってるチームに火をつけた。

それに、楽しそうだ。

いまのレッドソックスの選手みてても楽しくなさそうだもの。

勝てるわけがない。

ま、いづれ、ボビー変えないとダメだね。

 

 

クロフォードのの手術で、やっぱり今シーズンあきらめたってことなんだろう。

 

東地区首位ヤンキースとのゲーム差13。

ワイルドカード首位レイズとのゲーム差8。

 

ワイルドカードでのプレーオフ進出も、いっちゃ悪いけどマリナーズと争ってるようでは

いけるはずもなく。。。

虚無感が先に来るんだよなあ・・・。

少し前まではまだ希望があったんだけどな・・・。

マウアーとイチローに最後の引導を渡してもらったって感じ。

やっぱ、この二人は仕事するってね・・。

 

今年けが人は多かったけど、去年までと大きく変わるかとなると、

そうでもない。

去年までは、ケガしたときの主力に変わって出場した選手が

大いに活躍した。

今年はない。

みんな放出してしまって、マイナーとの差が大きくなり過ぎたな。

チームとして戦力はボロボロだった。

打つ方だけど。。。。

 

ピッチャーは、けが人関係なしに全くダメ。

ベイリーの離脱は確かに痛かったけど、

やっぱ、アセベスのクローザーは、完全に采配、設置ミス。

若手にしとけけばサヨナラや同点に追いつかれて逆転されることも少なかっただろう。

先発、駒はいた。

しかし、去年のロッカールーム飲酒事件のまん中のベケット、レスターが全くだめ。

バックホルツも、相変わらずシーズン全部投げられない。

クックは、こんなもんで、松坂に至っては存在価値もない。

ダニエル・バードの先発転向もだめで、

意外だったのがドーブロントだけ。

押さえられるはずもない。

 

マリナーズといい勝負の年だったのはやはり実力。

 

今年はいいだろう。

ファンもそう思っている。

ずいぶん選手をいれかえたのは評価出来る。

2013年は、今年のメンバーはもっと減るだろう。

しかし、早く常勝チームにしないと、再びボストン低迷への序章となりかねんから、

ピッチャーの整備だな。

トレーニングしないやつは放出しないといけないし、

ブルペンの整備はそうとう必要。

 

チェリントン、バレンタインの改革は大まかには評価出来るけど、

アセベスの利用失敗で、5.・6試合は落としているから、、、

勝敗が逆だったなら、まだワイルドカード争いしているかもな・・・。

2回失敗したときぐらいに、若いやつにクローザーやらせれば良かった。

結果は同じだったとしても、来年につながる。

アセベスではつながらん。

けが人多くても、重要な采配に失敗しなければ選手全員があきらめている訳じゃないから

まだ戦えた。監督、GMの完全なミス。

大きかったなあ、こいつが。

 

ま、

エプスタインの不良債権多すぎて、ヤンキースとは戦えるレベルではなかったね。

スプリングトレーニングの時から、やばいなあ・・・・って見てたけど、

やっぱダメだった。。。

今年ずいぶん不良債権処理したけど、まだだいぶ残るな。

ただ、来年の開幕はもっとメンバー変わってるだろうしな。うんうん。

 

 

しょーがねーなー。。。

来年に向けての、チームを見ていこうっと!

 

ヤンキースとの3連戦、最終戦。

もはや徳俵の端っこにいるレッドソックス。

勝ち続けるしか今シーズン終わってしまうー

 

先発はベケット。

ヤンキース先発は、前回2安打ピッチングの黒田。

調子、モチベーションからして、やる前からずいぶんと開きが・・・・

 

ヤンキースは、A・ロッド、テシェイラいないから、打線のパワーはめっちゃ弱い。

小失点差に持ち込めば、勝てるかもと・・・。

ベケットは、大量点はないけど、前半からぽつぽつ失点。

大量なかったのが不思議なくらいだった。

やっぱ、ロドリゲス、テシェイラいないと大きくは取れない。

でもでも、イチロー。

ベケットにはだいたい相性いいんだよね・・・。

タイミングが合うんだろうな・・・・

2打席連発。

そして、ヤンキーススタジアムにイチローコール。

連発後のイチローコールはさらに大きく・・・・・

ニューヨーカーはいつから、こんなに選手のコールするようになったんだろう・・・・

って思ってしまうぐらい気合いの入ったコール。

イチローのとんでもない高いレベルの偉大さを、

都会に住んでる目の肥えたメジャーリーグファンは

よーーく知ってるんだろうなあ・・・・

まあ、オレが100回生まれ変わっても、10年連続200本なんて打てるわけないもんね。。。

誰でも思うよな・・・

 

イチロー第三幕の幕が上がったな、こりゃ。

一幕はオリックス時代。

二幕はマリナーズ時代。

そして、三幕はヤンキース時代。。

となるか・・・・。

なるんじゃないかな・・・・・そんな予感がする。。。

かねてからイチローは50歳までやるって言ってるから、10年あるし・・・

打席で充実しているのがなんとなくわかる。

 

レッドソックス打線は黒田を打てない。

メジャーリーガーにスライダー投げるやつあんまりおらんから、

若手はまず打てない。

前回同様、ラバーンウェイ、シリアコはきりきり舞い。

しょうがない。

しかし、さすがのエイドリアン・ゴンザレス。

レベルが二回りぐらい上の実力。

黒田の失投をとらえて、ライトスタンドに。

結局、今日の得点はこれだけ。

完全に黒田にやられたな・・・・。

 

もうわずかのプレーオフ進出の機会は、どうだろう・・・・・

わかっていながら、書くのはつらい。

 

今日は、イチロー第三幕があがったのを喜ぶとしよう。

 

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ