ジョエル・ハンラハン

レッドソックスがワールドチャンピオンになった。もう1週間たつけれど、夢の中にいまだいるような、そんな感じだ・・・。

この一ヶ月は、自分自身の経験してきたことを含めても、ベスト3に入る、とんでもなく充実した時間をおもいっきりドキドキした。


振り返ると、ほんとうに充実していたなあ・・・。シーズン前は、超不安っていうか、日本語にはないようなざらっとしていた。
2012年、クラッシャー、バレンタインがチームをぶっこわして、監督の交代から始まった新しいシーズン。まず、オルティズと契約し、そして、ジョエル・ハンラハン、スティーブン・ドリュー、デイビッド・ロス、シェーン・ビクトリーノ、上原浩治、ジョニー・ゴームズ、ライアン・デンプスター、マイク・ナポリ、マイク・カープと次々に新しい選手と契約。去年はチェリントンはまだ、動けなかったから、すっごい補強。

でも、でかいのは全くなくて、得点力が落ちるよな・・・・と思っていた。

ナポリとの契約が、検査の結果もあって、1年に短縮。ますます不安加速・・・・。


スプリングトレーニングが始まる。トレーニング映像からは、ハンラハンがイマイチだな・・・・と思っていたら、案の定、すぐ故障。ま、ベイリーがいるから・・・・と思ってたら数試合でまた故障。

でも、選手はみんな開幕試合から、毎試合やる気がみなぎっていた。おいおい、このまま160試合いくのか?と思えるぐらいのやる気度だったし。みんな、ペドロイアのようなプレー連発。全員ペドロイア風で・・・。



シーズン。
今年もほぼ全試合、負け試合でも楽しくなかった記憶はなかったような気がする・・・・。2012年なんかはほんとにひどかった、うん・・・・ひどかった。それ以前も、どうもしっくりこない雰囲気があった。長いシーズンそんなもんだろうと思ってみていたものだ。どこのチームでもそんなものだと・・・。いまおもえば、エプスタインがイマイチだったのかも・・・・。ま、バレンタインはアホだし、フランコーナは超イマイチだったけど。


今年のチームは、いま残っている選手に関してはどんなに負けていても、やる気がなくなったと感じたことはなかったなあ。それほど、執着していた気がする。

順調に勝ち星積み上げて、秋に首位明け渡して、やばいな・・・っておもったこともあったけど、チェリントンの補強と、レベルを上げたパワーで、追いすがるオリオールズ、レイズ、ヤンキースを粉砕。思いっきり厳しい戦いの連続だった9月もしっかり勝ち越して、プレーオフへ。

後半戦なんかは、誰かが活躍したってことではなく、ロースター全員が活躍していた。出れば活躍のすばらしい集中力と采配だった。


プレーオフ。
数年10月はみていなくてひさしぶりだったせいもあって、もうドキドキワクワクの連続。負ければ、だいたい次いけないから、緊張しまくりながらおもいっきり集中して見た。見逃しては一生後悔するような気がしてみていた。

10月は楽しかったなー。

こんなにドキドキ連続攻撃の時期はなかったなあ・・・・。

レイズに勝ち、柔道の団体戦のように、個別の選手同士の戦いなら絶対負け越していただろうタイガースに、接戦の連続で勝ちきり、ワールドシリーズへ。



もはや、一球が試合を決めるような緊張の連続。上原浩治がヘロヘロになるのがよーっく理解出来た戦いの連続。

ワールドシリーズだから当然負けていても、誰もあきらめないんだけど、やっぱりシーズン通して、そんな戦いをしてきた選手たちだから、違っていた。

ワールドチャンピオン。



パピが言っていたのはその通りだな。2013年今年のチームは、2004年、2007年のチームより破壊力はなかった。と。

でも、全員が、やる気にみなぎっていて、自身のやれる最高のことをしようという意思がみなぎっていた。ほぼ全試合みながら、ずっと感じていた。

今年のチームは、チェリントンもそうだし、自分自身にもいろんな想いを新しくできたグレイトチーム。

ほんとに、すばらしい時間をすごすことができた。おかげで、シャンパン飲みすぎて、2ヶ月で5キロも太ってしまった・・・・。やばい・・・。

でも、まだ、当分、余韻にひたろう・・・・・。来年のことを考えるのは、もうちょっとあとにしよう!


ヤンキースとの4連戦を3勝1敗で終えて、一日休みでレイズ戦。

直接対決の3連戦。

超重要。

先発はバックホルツ。

リハビリ明けの初登板。いきなりのレイズ戦。相性は良いがどうか。。

レイズは、やっかいなプライス。もちろんぶつけてきた。



プライスをそう簡単には打てないと思っていたけど、バックホルツが良かったね。

もっと球が荒れるかなとも思ってみていたけど、コントロールも良かったし、変化球もいい。

リハビリ緒戦だから、5回で降板。

リハビリのバックホルツじゃなくても、この時期先発は早めの交代でいいんじゃないかな・・・。

まあ、残暑厳しいし、暑いし。疲れもピークだし・・・・。

ただブルペンが、正直薄いんだよなあ・・・。

勝ちゲームは、ブレズロー、田澤、上原で決まっているけど、うまくつなげられるヤツが、いまワークマンだけだからなあ・・・・。弱い。

ソーントンダメだし、モラレスも今年イマイチ。

若手ももう一つだし・・・。

ここに来て、左のミラーのケガが痛い・・・。

ベイリー、ハンラハンの仕事してないのが一番痛いんだよな・・・。



ブレズローが良くなってきていて、田澤の前に1番手のセットアッパーになっている。

今日は、田澤がつないだけど、ヒット打たれて、回終えずに上原に任せられている。

ちょっと、田澤が疲れ気味の感じがする。去年は良すぎたか・・・。今年、体重増やしてキレがなくなっているのか・・・。どうか・・・・。



上原が、最高。

打てないね。

8回ツーアウトから登板。

9回もしっかり締めて、ゲームセット。

スプリット打てないね。

ロンゴリアもお手上げだった。



さて、レイズとの大事な初戦を獲った。

いけるかな、今年はプレーオフ。

いかしてくれー、プレーオフ。

明日、勝ったら、決まりだろう。

ウシシ・・・・・



ツインズとの3連戦、第1戦。

前回のツインズとのシリーズは負け越しているから、このシリーズ初戦は勝っておきたいなー。

バックホルツ先発。今シーズン、一気にエース格にのし上がるようなピッチングを連発しているクレイ。今日は、マウアーが出場せず。わかってか、あわせるようにマイク・ナポリも休み。



バックホルツは、今日はそんなに調子が良いほうではなかったけど、ランナー出しながらもツインズ打線を要所抑える。とくに、ウィギンハム、モウノーをチャンスで抑えたのが大きかった。

終盤、バックホルツのあとの、アンドリュー・ミラー、アレックス・ウィルソンがしっかり投げた。同点に追いつき延長戦。

10回表、ノーアウト1.2塁でミドルブルックスが送りバント。ちょっとビックリ。サインか?それとも自主的にか?どうだろう。サインだろうなあ・・・・・

ドリュー敬遠で、ゴームズ。あいかわらずバッターボックスで忙しい。いま、メジャーで一番忙しいバッターだな・・・。まずヘルメットをとにかく自分のいい位置ににするまでは長い。そして肩さわって、顔触って・・・・、、そこら中さわりまくってやっと打席に。ボックスに入るたびにやってるから、みてるだけでもおもしろい・・・・。

犠牲フライで、勝ち越し。

よしよし。



1点リードで、10回裏。田澤純一が出てくるとおもいきや、なんと、上原浩治。

ドキドキするねえ・・・・。

田澤は昨日、回をまたいで、25球投げた。連投を避けたんだろうね・・・・。それに上原は昨日投げてないってことかな。フレッシュ満開。

今日の上原の内容はベリーグッド。いいねえ。。。すっごくいいねえ!

特に、ファストボールがよく伸びていたな。それにコントロールが最高だった。二人目のバッターなんか、3球外角に同じとこへ。すばらしい!

ストレートは、90マイルに満たないときもあるけど、よく伸びる。球速が落ちない上原の真骨頂!

若手中心だったし、スプリットもしっかり振ってくれるツインズ打線。3人でかたづけて、試合終了。

3連勝!

よしよし、いいぞおー!


やっぱりねえ・・・・連投じゃないと、ボールがいいねえ・・。たいへんなんだね、、、休まないとね・・・・。首脳陣もよくわかっているから、今後もみんな休ませながらやっていくって事だな・・・。




ハンラハンはトミージョンやるとかだし、どうしようもないね。松坂、ラッキーと同じだな・・・。下半身のねばりなく、手投げで投げ続けると、ヒジに負担になる典型的シーズンだった。結局手術しないといけなくなるつうパターン。。。。。




延長は、ついつい絶対見てしまう。負けたらむっちゃくやしいけど、勝つと、今日一日ハッピー!!


ブルージェイズとの3連戦、第2戦。

2対2の同点での9回

田澤が登板。

一点も与えてはいけない場面。




しかし、先頭アダム・リンドにカーブをホームラン。

本人もビックリしたような表情。まさか、あそこまで飛ぶとは・・・。リンド恐るべしなんだろうなあ・・・・。

リンドへの投球内容は悪くなかった。今日も雨が降ってきていてたぶん湿度がたかかったのがよかったのかもしれんが・・・・カーブも決まっていたし、スプリットもしっかり落ちた。

しかし、一度見たカーブ、外角にほぼ同じ球。それをセンターオーバーで打ちよるメジャーの恐ろしさ。。。

一回見たらもう十分・・・・。みたいな・・・・。ケンシロウかおのれは・・・・ほんまにおそろしい北斗神拳レベルのメジャーのバッター。。。


痛かった。

田澤もガックリ。

しかし、一番痛かったのは、キャッチャー、ロスだったかも・・・・。ファウル・チップが2回も顔面直撃。マスクの破片が飛び散る。1回に2回も、田澤の95マイルレベルのファウルチップは痛い。マスクは、もう、、、使い物にならないだろうなあ。。。。

ファウルチップには二つある。バッターのタイミングがバッチリ合っているけど、ちょっとずれてファウル。バッターが、「クソっー」ってやつ。。。

と、

バッターがキッチリとらえたんだけど、思っていたところと違って、ファウルチップになる。バッターが、「あれっ?」つうやつ。。。

ふたパターン。

田澤の場合は後者だな・・・。

合っているけど、手元で伸びるから、バットのまんなかに当たらない。そんなボール。これだけでも、クローザー指名は間違いではない。こんなファストボール投げるヤツはそうはいない。

成長出来る力はちゃんとある。

現に、リンドのホームランのあとのファストボールの伸びはリンドの時よりすごかった。目を覚まされてボール投げていた。

ベンチはきちんとわかっているか・・・・。そのあたりだな・・・・。

現時点で、最良のクローザーであることは間違いない。



今日の、アダム・リンドへの一球は、ものすっごい後悔しているだろう。

セットアッパーレベルの気持ちでは、ダメなんだとわかっただろう。。。。理解まではまだだろうけど。。。

これからだよ。。。

まだ若い。クローザーなったばかりだ。そう簡単には気持ちをあげれるわけがないのだ。。。。どこなのかもわかってないんだから・・・

結果が全てだけど、最初はこんなもの。

今日のホームランのあとの投球内容を見れば、成長する。ずっーとクローザーもできる素養は十分。

精神面でのもっていきかた、気持ちの盛りあげ方、一球への気持ち。そのへん自分で府に落とせれば、そうできれば、もう今年シーズン通してクローザーになる感じやね。。。。


これからだね。。


ハンラハンがDL入り。ま、もともと大金もらって、全く働いてないハンラハンを責めるべきだしな・・・・。けがなんだろうけど、、ハンラハン、スプリングトレーニングみてもあきらかにトレーニングサボったんがわかるよれよれさ・・・・。

ちゃんとみとんねーん。

下半身ガタガタで鍛えてないの丸わかりで開幕しやがって!

なめんなよ、ファンを!

契約金半分、田澤にあげろー



ツインズとの4連戦、第3戦。

みるからに若い!ウェブスターが登板。緊張していたでしょうかねえ・・・・。技術的には、セットポジションになると、急速落ちるし、コントロール悪くなるし、投げさせたのが?のピッチャー。ランナーいないとそこそこ投げれるんだろうけど、先発で使うならセットでボロボロの内容はダメだな。それになんだか、ファストボールがめっちゃ軽く感じた・・・・。さて、次回はあるか・・・・。

試合は、結局、ドーブロントとともに、打たれまくって、前半でほとんど負け決定。



ハンラハンが予想通り、ボビー・ジェンクス並にトレーニング不足だろーって思えるようなボロボロさで超ダメダメ君になっちゃって、ファレルから田澤がクローザーに。。。

本日、9回、田澤純一登場。

試合は決定しているけど、ツインズ打線の一番からということで注目だった。初球、ちょっと不用意だったか、ファストボールをセンター前でヒット。

次は、やっかいなジョー・マウアー。くさい球は打たないし、厳しい球でもヒットにする技術はメジャーベスト3には入る。田澤は、いい球投げていた。コーナーもついていたし、追い込んでもいた。スプリットも最近になく決まったし。しかし、マウアー。いい球なんだけど、ヒットならカンタンに打ったかのように、ライト前ヒットで出塁。まじ、いいボール投げていたんだけどなー。

3番は、ウィリンハム。当たればホームラン平気で飛ばすパワーヒッター。デッドボール。無死満塁。

4番は、モウノー。長距離砲。でも、モウノーに対しても、スプリットが決まったし、追い込んでもいた。最後は、スプリットが高めに抜けたか。。。センターフライで一点。

5番は三振。ほとんどストレート。6番打者をレフトフライで9回終了。

1点とられたけど、ランナー置いても最後は追加点許さなかったし、まずはよし。



内容は悪くなかったな。。ツインズの1-4番はヘビーだし。ここ最近になかったスプリットが決まっていたのが、びっくりしたぐらい。。。でも、田澤が投げていた9回は小雨が降っていた天気だったから、湿度が高かっただろうし、うまく指にひっかかってくれたから、今日はスプリットが決まっていたのかも知れないな。。。。

カーブはあいかわらず決まっていなかったし、いまだ、変化球のコントロールは修正出来ていないような気がした。

ベイリー、ハンラハンがけがで、クローザーに回ってきたけど、おれてきには今年は中継ぎで回を重ねて、来年は先発でってのをみたいんだけどなあ・・・・・
このままクローザーになると、パペルボンのパターンになっちゃうかも・・・・



ま、でもでも、信頼されて登板出来るときにしっかり投げるのもプロの仕事。

勝ちゲームにしっかりクローザーで締めてくれることを祈りながら、

ドキドキしながらみるんじゃー!

げへへっ。。。




レンジャーズとの3連戦、第3戦。

ダルビッシュに14三振も食らわされて、最後にベルトレーにサヨナラ打たれて、結果はスイープ。。。

あー、なんてこったい!

いやーん。

あかんがなー!


くそーなんでやねんーーー!


テキサスにまで乗り込んで、チャッチャっとほうきでゴミのようにはかれてしまって・・・・

くそー!!

むかつくわー。。。

テキサス強いな・・・


ジョン・レスターは、よく投げた。同点には追いつかれたけどよく投げた。

打つ方は、ダルビッシュを初回得点しただけでも、よかったレベル。この男たぶん、もう、当分打てない。フォームに安定感がまだだけど、時間とともに、ますます安定していくだろう。ヤバイレベルになっちゃったダル・・・。

振り返るとレンジャーズとのこの3連戦。

ピッチャーがいいね、テキサスは・・・。

昔から名前で楽しめた、オギャンドーも十分やばいね。ハミルトンいないけど、みんなつなげて、強いチームになっている。

まあ、強いチームとのシーズンの対戦は、いい経験てことで・・いきましょう。



この3連戦、いろいろ見るべきところはいっぱいあった。不安も出た。

先発は今日のレスター含めて、悪くない。敵地だし、よく投げているし内容も良い。

打つ方は、エルズベリーに元気なし。

ビクトリーノはけがから復帰したし、ペドロイアも順調。オルティズは、ダルビッシュから失投でもない球をライトスタンドに運んでいる。

ナポリは、打ってないけど、4月ができすぎだから、こんなもんだろう。

ナーバもヒットは出ているし、マイク・カープも打席での内容悪くない。ダルにはやられたけど・・・。

シリアコは、がんばっているし、今日はサード守って、しっかり結果出した。

ミドルブルックスはちょっぴり不調だけど、へんに休ませないでずっと使えば慣れるはず。



ブルペンは。

上原浩治は、ホームランあったけど、内容はそんなに変わってない。

田澤純一も、カーブ、スプリットにわずかながら、いい球が出始めた。本人もわかっている感じ。ファストボールがいいから、キレでみんな振ってくる。徐々に、変化球の精度上げていこう。



ちょっとクローザーがヤバイか。

ハンラハン復帰したけど、内容はかわっとらん。スタミナもダメ。再び落ちるのは時間の問題。ベイリーがちょっと検査で、投げられない様子。このままだと、近いうち、新しいクローザーになるだろう。

上原飛ばして、田澤が入るか・・・・

田澤がクローザーになるには、変化球の精度。変化球のレベル上がれば、クローザーも絶対つとまるはず。去年後半のピッチングになれば、十分チャンスだろな、、、、でもでも、、、それとも来期以降の先発を考えていくのか・・・・

本人が先発指向なら、クローザーはあんまりだろうと思うなあ・・・・。ま、しっかり、本人が決めるすっごいレベルに来ているってことは確か・・・。。。

本人が気づいているといいのだけど・・・。




レンジャーズにはしっかり、やられてしまったよー。

ダルビッシュも、もはや、メジャーリーガーが、バッターボックスでわけわからんようになっってしまわされるレベルになっている。

バーランダーと現役最高投手の争いが続く事になるなこりゃ・・・。。。言っている言葉が良い。デブったやつとは大違い・・・・

あーん、もうっ。





今年からアメリカンリーグ西地区に入った、アストロズとの4連戦、第2戦。

ここにきて、ロースターが動いている。

ハンラハンがとうとうDL。調整し直しだな。。。。アセベスがマイナーへ。妥当な人事。ダニエルバードがメジャー復帰。先日の登板は、まだまだイマイチ君。。ラバーンウェイがロースターに。バットの振り出し遅いの直ったかなあ・・・・?

チェリントン大忙しだ。。。

でも、乗っている選手をちゃーんと入れてきているように。。。そうしている点がすごくよくわかる。。。

入替の内容や意図はすごく良い。チャンスを出来るだけあたえようとしている。当然若手がやる気になる。チャンスをくれるってのは、すっごくやる気になるんだよねえ・・・。停滞していた数年間には全くなかったから、若いのがやる気失っていた。。。前回シリーズのアスレチックスなんか、少し前のレッドソックスの若手ばっか。当時から活躍の場を与えられていなかった、ジョシュ・レディック、ジェド・ラウリーが、アスレチックスの完全に主力なんだもの・・・。いかに、数年前に使われずに干されていたのがよくわかる。

エプスタインバブルが、空気をよどませていたんだよなあ・・・・。


無能監督に使われなくても、メジャーリーグは、移動の自由度があるから、チームは変わることで、実力があれば必ずといっていいほど、メジャーに定着できるようになる。トータルでチャンスが与えられるシステムになっている。アメリカンスポーツの世界は、その点すばらしい。



先発はデンプスター。開幕から、4月。仕事をしっかり出来ている。今日もデイビッドロスの良いリードを受けて、しっかり結果を残す。スプリット、チェンジアップがやっぱり良い。

アストロズの先発ベダードも内容はけっこうよかったけど、今日は、ボストンの打者が乗っていたなあ。。。


デイビッドロスが、ホームラン2発、そしてキャリア初の1試合4安打と大活躍。ベダードとタイミングが合っていた感じで、2打席連続の場外ホームラン。



シリアコも先発。最近、活躍しなければって焦りが見受けられるような、ボールをブンブン振っていたけど、今日は、第一打席から、ボールをしっかり見ていた。アドバイスされたか・・・・。第一打席はスリーベースヒット。ヒットまでの、打席内容がよい。第二打席も、ボールをシッカリみて、ストライクを振る感じで、レフトに大きな当たり。第四打席は、レフト前ヒット。

シリアコってほんとうに、応援したくなるんだよなあ・・・・。この子が打つと、なんでかめっちゃうれしい。スリーベースの時なンかセンターとるなあーーーって、さけんでしまう。。。凡退すると、なんかガックリになる。ずっと出て欲しいなあ・・・ほんとに。華があるねん。。今日の試合の打席は焦らずに、しっかりボール見ていた。波に乗っていきつつある内容だった。よしよし!



マイク・ナポリ。

絶好調。いまや、抑えきれない。ピッチャーからみていい球やきわどい球は全てファウル。切れのいい変化球とかもボールになるなら振らない。まん中に入ったら、即KOされる。

恐ろしい。まさに今、この男デンジャラス。。。。

今日も、打点。4月がまだ終わってないのに、今日で27打点。チャンスに打ちまくってます。このまま、いってねナポリちゃん。


ジョニー・ゴームズ。

スプリングトレーニングでは絶好調だったけど、シーズン始まって、打てていない。内容も悪い。今日も打席では、三振の応酬だった。

しかししかししかし、そこはベテラン域&集中力は切らさない。5回の守備でレフトライナーを横っ飛びキャッチ。大ファインプレー。。。すばらしいぞー、ジョニー!!

ライナーが抜けていたら、今日勝ってなかったかもしれん。それぐらい値千金の守備だった。そして最後の打席ではレフト前ヒットで、ボストンでの初打点。ファーストでは、ほっとした顔。いいねえ・・・・・




勝ちゲームは、もちろん!

田澤純一登場。SACFLYで1点取られた。相変わらずスプリット、カーブのキレは悪い。なんとか今日もファストボールの勢いで抑えた。結果オーライ。

そして、上原浩治。
落ちが悪めのスプリットをツーベース食らうも、今日は、なにより顔が良い。いい顔していた。。。気合いの入ったいい顔。ツーベースのあとも、もう一度、集中させるような感じだったから、今日は抑えるな。。。。とおもいながら、見た。。。キッチリ抑えた。



最終回は、3点差だったのにアンドリュー・ベイリーではなく、アレックスウィルソン。このあたりも、ファレル&新コーチ陣のいいところ。勝ちゲームで若手をしっかり使う。このあいだメジャー初登板したばっかりのウィルソン。初登板の時は、緊張しまくっていたのが映像からもしっかりわかったけど、今日は落ち着いていた。ボールはいいから、3人であっさり片付けて、勝利。




4月のスタートが良かったから、流れがすっごく良いレッドソックス。テロの影響もあって、フェンウェイには空席目立つけど、勝っていけば戻ってくるだろう・・・。

ベンチの雰囲気もすっごく良さそうな、ナイスゲーム。



テロがあったり、ロイヤルズに2連敗もあったけど、雰囲気はいいぞーの今年のチーム。

アスレチックスとの3連戦、第1戦。



今日は、マイク・ナポリのグランドスラムがすごい。低めのボール球をグリーンモンスターの上までもっていくなんて、意味わからんぞー。理解を完全に超えたパワー。

すごいよ。

パワーヒッターのスイングはすごい。完全にフェンウェイ掌握。

前の打席でデッドボール食らってるのに、おかまいなし。今日は思いっきり腫れるだろうけど・・・・めちゃくちゃ痛いし、2.3日は腫れる。スロー見た限り、骨までいってないような気がするんだがなあ・・・・。ナポリが外れたら、得点力が半分ぐらいにダウンするから、軽傷をいのる。。。


ミドルブルックスもひさしぶりのホームラン。やっぱこの男、今年は30本いく気がする。オルティズが戻ってきて、6番だけど、やばい6番バッターになっているからピッチャーたいへんだろう。




8回、田澤純一が登板。6点差あったのにモーテンセンが3点とられて、交代したウィルソンがフォアボール。すぐにウィルソンを交代。

速いよなあ・・・3点差で、ま、ウィルソンひとりだけで、すぐ田澤。ファレルは早めだなあ・・・・。きょうの田澤の内容はいまいちだったけど、結果はランナー返さず。上原ならそれでいいんだけど、これからまだまだ登っていく田澤だから、内容悪いと、登れないぞースプリットもなんか、まだまだ模索中の感じだし、、、シーズン後半には去年のレベルにいってほしいなあ・・・・

9回は、超いまいちハンラハンからクローザーになったアンドリュー・ベイリー。今日も、気合いが入っていた。セットアッパーの時とは、球のキレが違う・・・・。気持ちで投げるタイプなんだろう、、、



好調、レッドソックス。ジョン・ラッキーは今年も働かないようだけど、ピッチャーがみんないいし、ビクトリーノがすっごくいい働きしているし、チャンスのナポリが超ウルトラ大活躍で打点稼ぎまくりー。

はっはっは。

完全に、去年の悪夢は払拭されたか・・・・。



長いシーズン、まだまだだけど、楽しい。。。。

みていて楽しい。

みんな楽しそうだし・・・。

わしの、気分もよろしっ!!

がっはっはー



レイズとの第3戦。2013ジャッキー・ロビンソン・デー&ペイトリオッツ・デーの記念日。

同点に追いつかれた9回に出た出た出ました!マイク・ナポリのグリーンモンスター直撃ツーベース。

一塁走者、ダスティン・ペドロイアが走って走って、、、走って、ウオーク・オフ・ゲーーーーーム!

レイズ戦1回戦に続いてのサヨナラ。。。

やっっほーーーーーーーーい。

がっはっはーーー

よーっし、いいぞー!



先発ピッチャーは、デンプスター。

今日は、コントロールがよかったし、スプリットのキレも良かった。。。。ま、審判のコールにも助けられたのもあったけど、ロンゴリアのホームランの1発に抑えたのは、グッド。

上原がセットアッパーの8回。危ないセンターフライあったけど、結果オーライ。スプリットの切れもいいし、しっかり仕事して、またまたベンチできっついハイタッチの応酬。よく見ると、上原のきついハイタッチに、みんな力入れて手を出すようになったのが笑える・・・・。

1点リードで、クローザーへ。ハンラハンではなく、アンドリュー・ベイリー。ハンラハンが、いったんお休みって感じだな・・・・。正解だろう。20球程度で下半身がヨレヨレになって、ファストボールも5マイル落ちるようなスタミナでは、乗り切れん。

ベイリーは去年までは、クローザーやってたし順当。しかし、失点。なんとか逆転はさせなかったけど、やな予感。

しかししかし、9回裏、ビクトリーノがおしい当たりのレフトフライ。ダスティン・ペドロイアが、モリーナの味方もだませる恐るべきキャッチングをかいくぐって、(審判だけは、モリーナキャッチにだまされてなかった・・)フォアボール。

そしてそして、気合いのナポリ。ホームランも期待する中、スプリットを泳がされながら腰が残って、レフトへ。。。

すばらしい!

ビクトリー!!





これで、レイズ戦3連勝。

レイズの打線が、2012年からは大きくダウンしている感あり。やっぱ、アプトンがいないのは、こんなにも大きかったのか・・・・と思わせる打線だ。アプトンは波が大きかったけど、打つときは連続でホームラン打ちまくったりするからめっちゃやっかいだったし、怖かった。それに、ぺーにゃがいないも、意外に大きい。存在感がぜんぜん違うってことだな・・・・。ファーストは、去年のドジャース・レッドソックス超大型トレードでアメリカンリーグに来たロニーもいいバッターだけど、ホームランがあんまりない。となると、今年のレイズはロンゴリアさえ抑えれば、大量点がないって打線になってしまっている。まあ、GMとしては、少ない予算だし、ピッチャーがすっごいのがいっぱいいるから守って勝つってことなんだろうけど・・・・

チーム力はそんなに差がない両チーム。ボストンの気合いで3連勝。



気になるのは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア。今日で、打率1割切った。大振りになっている。、スプリングトレーニングで、クリフ・リーから打ったホームランで調子にのってしまったか・・・・と思ってしまう凋落ぶりだよなあ・・・・。まったく、ボールが見えていない。振りが大きすぎる。カラダが開きまくって・・・・プレシーズンで4割打った選手とはまったく別人状態になってしまった。とくに変化球への対応がひどい。全部空振り。。。。守備でも9回、記録には残らないけど、間に合わないホームに投げて、バッターランナーをセカンドに行かせたり、、、見えてない感じだ。若いからなのか、バットの調子が悪いからなのか、、、、どちらにせよ、まだだった・・・・と感じる状況。今日も先発だったけど、いいところなし。

チェリントンはどこまでがまんするか・・・・こりゃ、みものだ。明日はレフト・ゴームズでいくのか、まだまだ使うのか・・・・。ゴームズのようにDHはないだろうし、このまま悪いと、スコット・ボラスが何を言おうが、AAAで調整もあるかもしれんなあ・・・・・。不公平感が出てくる前に、ゴームズを先発にすべきだな・・。




チームは、調子がいい。しかし、チーム力は、前評判とかわらず、もともと高くない。勝っているけど、紙一重だろう。プレーオフゲームのような選手のやる気に支えられている感じがする。シーズンはまだまだ始まったばかり。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアをゴームズにかえる。
シリアコも先発で使う。
キャッチャー、ロスの出場機会を増やす。

長いシーズン見据えてやっていくべきだな・・・。



そういえば、、、

こないだ、マウロ・ゴメスがジェイズにいっちゃったなあ・・・・。ということは、ファースト控えは、マイク・カープにしたってことだな。。。ま、オルティズが戻ってくれば、アクティブ外れるだろうけど・・・・




去年は、サヨナラはされまくっていたけど、今年はもう、2度目。勢いつくんだよなー、選手は。。。

ヤンキース、ジェイズ、オリオールズ、そしてレイズとのきつかった、東地区との開幕シリーズ終了。明日は、補強がんばったインディアンズ。どんな選手がいるのか楽しみだーーー



レイズとの3連戦、第1戦。

開幕から5割キープしている、奇跡の序盤戦。移籍組がみんな活躍。ミドルブルックスの3連発。ラッキーのぞいて、先発のふんばり、ブルペンがっちり。。

今日もがんばっていこう。



レイズ先発プライス、キャッチャーは、モリーナ。このコンビでは点が入らない。しょうがない。相変わらずモリーナのキャッチングがすばらしい。この男がマスクかぶるとストライクゾーンが上下左右にボール半個ずつ広がる。

レスターも好投。キャッチャー、デイビッド・ロス。リードがうまい。とんでもなく難しいキャッチャーフライも捕るし、プライスからホームランもかっ飛ばす。



トピックスは後半。

ハンラハンが同点で9回に登板。2連続フォアボール。で、ファレルが出てくる。交代。いやあ、、、、こいつは、まいったね。スプリングトレーニングから、内容悪いとは思っていたけど・・・・。開幕後もクローズ失敗、内容も悪い、そんな投球続いていたけど、交代とは思わなかった。

よく決断した、ファレルちゃん。

マウンドには、上原浩治。

評価されとーるなあー。

がっはっっはー

前回登板のオリオールズ戦では決勝点打たれたけど、ぜんぜん評価下がってないって事だな。。。



そして、抑える。。。

ベンチに帰って、ハイタッチの応酬。

すばらしい。



延長10回表は、田澤純一。

鈍足モリーナにツーベース打たれたけど、、、

キャッチャーはロス。サルティと違ってリードうまい。初球からカーブ投げさせるし、ツーストライクノーボールからもボール気味の配球。バッター手を出さざるを得ない。。。。ストライクじゃなく、ボールで打たせるすべを知っている。へたっぴキャッチャーほどストライクばっか投げさせるんだよなー。

違うな・・・。やっぱ。

うまい。

うなる。

ロスじゃなければ、田澤は点取られていたね。。。

さすがだ!


延長10回裏。ワンナウトから、エルズベリーがヒット。願ってもない走者。10回表にモリーナがヒット打ったあと、ピンチランナーが出て、レイズのキャッチャーは若手になってて。モリーナではない。

モリーナではない。

なんと、すごいことか・・・・。

みながら、こりゃ絶対大チャンスだー・・・・とおもって、みた。


エルズベリーが、盗塁。


ビクトリーノもバントの構えからバットを引いて援護。

若いキャッチャー暴投。そして、エルズベリーは三塁へ・・・・。


やっほーい!!


まさに、いぶし銀の采配。

そう。これだよ!



モリーナなら、エルズベリーもほとんど走れなかっただろう。モリーナ三男よりも、上をいくとんでもないレベルの鉄砲肩の次男ちゃん。太ってるけど、動作も速い。こいつがいないチャンスをみごとにだ生かした。



そして、ビクトリーノ。

うまい。

ゴロを打ってエルズベリー生還。サヨナラゲーム。

さすがビクトリーノ。このかたもよくわかっている。盗塁の援護もそうだし、ワンナウトでゴロを打つこともわかっている。

全部うなってしまった。





今日の勝ちは大きい。めちゃ大きいぞ。

ベンチの采配もうまかった。ここ数年あり得ない凝縮された采配。ハンラハンをサクッと変えたのも、よくやった。

こうゆう勝ちを取れるようになると、チームは勢いにのる。選手がやる気になる采配だった。



先発キャッチャーは、デイビッド・ロスにしよう!

サルティは、控えで。。。。

これこそが、チーム上昇へのきっかけになるはずだー





1 2

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ