つぶやき日記

ヤンキースとの3連戦の第3戦。

上り調子のレッドソックス打線。

裏エースのベケットとサバシアの対決。

 

前半は、ベケットがヤンキースのジーター、Aロッドににデットボール当てて。。。

いつも笑顔のジラルディが、ヤバい顔!!

すげーコワイジラルディ。

普段温厚な感じの人はやばいのよねーと思ってて、

報復あるだろっ・・・・と思ったら、やっぱりあった。。。。

4回、ピッチャーサバシア、バッターオルティズ。。

99%当てに行ったボール。。

コントロールのいいサバシアだから、下半身にストレートをきっちり当てた。。。

今日一番緊張した場面だったなあ・・。

今度は、フランコーナの顔が真っ赤。。

乱闘あるか!!!っと・・・・

いくかあ!!!!

 

 

なかった・・・・。

 

 

 

7回、サバシアから連打と交代後の怒涛の連打!

なんと7得点!

すばらしい打線。

中でもエルズベリーが好調だ。

サバシアの変化球についていき、最後はライト前へ。

去年ケガでほとんど欠場したし、契約は調停ぎりぎりだったし・・・

今年もスプリングトレーニングから調子よかったのに、

前半最初の頃は打順は下位。。。

よかった・・・ほんとによかった!

このまま活躍して欲しいなー

 

ジェンクスはやっぱりDL、で、が、しかし、

上げる中継ぎいないーーー

ブルペン人いないよー

これは補強しないといけないよ、エプスタインちゃん。。。

 

明日からはブルージェイズと3連戦。

ブルペンぼろぼろだし、ペドロイアケガだしきびしいんだけど、

このままいくぞー!

 

ヤンキースとの3連戦、第二戦。

本日の球審は、日本の野球ファンなら誰しも知っているボブ・デービッドソン。

もちろんアメリカでも大人気、いや大不評。

アメリカの審判業界もなにを考えているのか、いまだにこの人メジャーの審判である。

ヤンキースとレッドソックスの試合の球審なんか・・・・

 

ま、今日はウェイクフィールド。

レッドソックスはラッキーだったかもしれない。。。

しかし、コールがバラバラ。おもしろいぐらいバラバラ。

同じコースでストライクとボール。

眼球が泳いでいるんだろな・・・・

 ヤンキースのカノーもクソボールをストライクと取られたり、

バリテックもバッターボックスで一球ごとにコールにうなずいたり・・・・

みんな右往左往・・・

大変でした。。。。。

 

 

試合は、本日も勝利。

ウェイクが200勝まであと4勝。

バリテックも来年はいないかもしれないし、チームがまとまるきっかけになる。

これで首位。

現在懸念は、ブルペン。

今日もウェイクのあとアセベスが最後まで投げた。

フランコーナ、アセベス使い過ぎ。

ウィーラー温存せずに投げさせろ!

 

前半戦の大一番。

ヤンキースとの3連戦、第一戦。

スクータロが復帰。活躍したサットンがまたマイナーへ・・と思いきや、、

ベンチは、内野手そのままで外野を4人に・・

 

試合は、レスターが安定したエースのピッチングでヤンキース打線を抑えた。

打撃絶好調のテシェイラに当ててしまって、結果打たれなかった感じ。

 

今日のヒーローは、マット・アルバース。

デブダメ男のジェンクスが、7回裏、一人目に投球中に再び痛め、降板。

緊急登板したアルバースが、Aロッド、カノーの激ヤバコンビを仕留めた。

ここ打たれたら逆転への流れだっただけに、大きかった。

シビれたー!!

 

しかし、ジェンクスがDLから復帰後またケガ。

明らかに、トレーニングサボった腹。。。

ホワイトソックス時代とはぜんぜん違うブヨブヨ体型。

契約は2年1200万ドル。

たぶん、アホ契約になりそうだ。

 

ジェンクスはどうせDLだろうし、早めにましなブルペンどこからか取ってこないといけないよ、

エプスタインちゃん。。。

 

アスレチックスとの3連戦、第3戦。

久しぶりのラッキー先発。

Dlから復帰しての初戦だったけど、まずまずのボールのキレ。

貧打のアスレチックス相手だから、まさにラッキー!

 

打つほうは、

ほぼ復調したクロフォードの一発。

左のアンダーソンのカーブをしっかり打った。

そして、

恐怖の左打者、エイドリアン・ゴンザレス。

ピッチャーの気分で見ていたけど、

この男には全部ボール投げたい気分。

何投げても打たれるオーラを放ってるし、ヤバすぎる。。。。

軟弱中継ぎ陣を安心させる、貴重な追加点をグリーンモンスターに・・・・

決して甘くないよ、そのボール。。。。

かわいそうなピッチャーだ・・・・。

 

うっとおしいヤンキースがテシェイラが打ちまくって

首位になれなかったけど、休みいれて

ニューヨークへ・・・・

 

まさに首位決戦!!

たたきのめすのだあー!!

 

 

アスレチックスとの3連戦の第2戦。

9回表、4点差でパペルボン登場。

終わったな・・・・と思っていたけど、あれ、あれ、あれと

何がおこるかわからないねーおもしろいねー

 

ストライクゾーンのコールが安定しない素人並の審判に、

まず、バリテックが言った!!

リプレーシーン見ながら、こうゆうときは、だいたい自分でなんて言ってるか

あてて見てしまう。

バリテックの退場リプレーで、、、

どこみてるねん!アホーとかあれの時ストライクでなんであれが違うねん!ボケ

とか・・・・

勝手に自分で入れる。

 

次にパペルボン。

さっきその球ボールって言ったくせに、なんで同じ球がストライクやねん!

いいかげんにしろよ、カス審判!!

このボケナス

って、勝手に言葉を当ててみる。

とおもしろい。。。。。

 

もっとえげつないこといいているのかもしれんが・・・

フ〇〇ク、ユー!

とか。

たしかにヒドイ審判だった。

こいつのせいで、延長長い試合になったんだろう・・・

 

勝ってよかった。。

でもまたベケットの勝ち星が消えた・・・・・。

 

アスレチックスと地元で3連戦の第1戦。

もつれもつれて逆転勝利!

いい感じですー

 

ゴンザレス今日も3安打。みているのが楽しい。

インターリーグ前に首位に立ちたい。。。

 

松坂がトミージョン手術するするそうな。。。。

松坂を長年ずーーーとみているオレとしては、自らが招いたケガと考えている。

心の精神的弱さから発する自己管理のサボりから来た太りすぎからくる関節及び筋肉が稼働しなくなったことによる上半身ばっか使った投球でのヒジへの大々的負担での腱酷使が招いた結果。

とみている。

よくあるケースといえばそうなんだけど、肉体的にありあまる才能がなんともったいないと思うのだ。

野球をかじったことのある肉体的才能まったくなしのオレからすると、かなしい。

イチロー、松井がメジャーで成功しているのも、心の持ちようが大きいのだ。

だから、松井、イチローの調子が悪くてもあまり文句が出ない。。

日頃の行いもそうだし、人への対応、言葉が大切だと考えての言動、

そういった内面的部分のすばらしさが、人を引きつけ、ひいては自分自身の成長につながることを、イチロー、松井は知っている。

松坂は、分かっていないのか、出来ないのか、、、やろうとしないのだろう。。。。

手術することについては、オレもつらいと思うが、

貢献できなくなって久しいので、大金で契約した本人にとっても、大金で獲得したチームにとっても

一番いい着陸のカタチなんだろうと思う。。。

 

岡島は今日余計な発言をしている。

コールアップを拒否だそうな。

ろくでもない日本のクソマスゴミへの返答なんだろうし、不満もあるだろうけど

発言は控えたほうが良いだろう。

そのしっぺ返しが自分に跳ね返るのだから・・・・

岡島のファンとしては非常にかなしい発言だ。。。

日本人アホマスゴミへの対応は松井君を見習おう!

 

 

ホワイトソックスに3連敗だーー

痛い、この時期痛すぎる連敗。。。

打線にやられた感じだけど、連戦で疲れが見える。

相手も一緒なんだけど、それもホームで。

 

勝率6割には持っていかないと、東地区ではしんどいのだよ。

他チームの戦力も均衡化されている時代だから、勝率6割で優勝できるはずなんだよね。

先発も疲れが出る時期だけど、ブルペンがふがいない。

ブルペン打たれすぎやー

今年プレーオフ進出は絶対条件なんだから、あんまりダメだと放出やって、

7月までに補強すべし!

 

現在のブルペン陣、

カネもらいまくってるくせにだらしない投球が多すぎる。

アセベス、アチソンはともかく、

3人→ウィーラー、ジェンクス、アルバース ダメ3人。

こんな投球レベルならいらん。。。

 

 

地元フェンウェイに戻って、ホワイトソックスとの2連戦の第1戦。

レスターが強力打線をかわせず、ダンウィーラーも相変わらずきっちり打たれた。

強力打線ホワイトソックスに撃沈。。。。

 

関連づけで、

ホワイトソックスのギーエン監督に顔が似ているエイドリアン・ゴンザレスが

ライトスタンドにホームラン!!

スッキリした!!!

 

ボーデンがコールアップ。

今日さっそく登板したが、相変わらずストレートとカーブだけのピッチャー。

進化がない。チェンジアップとか覚えたら、先発でやっていけるのになあ・・・・

今年も、ボーデンはイマイチ君。。。。

誰が落ちても岡島は上がってこない・・・・・ちとさびしい。

 

 

さあさあ!連戦の疲れが出るんだけど、

明日は勝っときたい。。。。

 

今日はタイガースとの第3戦、そして、雨で流れた分の第4戦。

しんどい・・・・

みんな疲れている。

とくに2戦目は・・・・。

みるのも疲れた。。。

そして、本日2戦目の相手ははバーランダー。

しょうがねー

 

とにかくタイガースとの4連戦で首位に立ったことで、

開幕6連敗は、もう過去の話になった。

去年と違うのは、打線が好調なこと。

でっかいけが人がいないのと、エイドリアン・ゴンザレスがスタメンに入って

核ができた。

ピッチャーも「ぜったいおさえないと・・・」じゃなくて、

「なんとか打ってくれるだろう・・・」って気持ちで投げれているのが大きい。

このまま、オールスターまで首位で行きたいなー

やっぱレイズに勝ち越したい。

 

明日からはホームに帰って、ホワイトソックス3連戦。

メジャーって移動がめっちゃたいへんなのねー

 

タイガースとの4連戦の第2戦。

勝利。

先発ウェイクフィールドが天気よくない中、今季2勝目。

これであと5勝で200勝投手になる。

 

クロフォードが全開、エルズベリーも絶好調。

 

タイガースの先発がふがいないから、ラッキーだな。

昨日もそうだけど、タイガースの打たれた先発のあとの、

2番手の左ピッチャーが活きがいい。

ぴちぴちしている。

最初から、この二人を先発にしとけば結果はちがっていたはずだ。

 

調子良くなってきたレッドソックスの打線だけど、

打点の主力は、左バッターなんだよね。。。

右はペドロイアとユーキリスそれとスイッチヒッター陣。

ペドロイアとユーキリスは今シーズン調子よくない。

だから、レッドソックス打線をできるだけ封じるには、

左ピッチャーを持ってくれば、ある程度点はおさえられるんだよなー

 

ピッチャーが左なら、

ペドロイアの出塁率落ちるし、盗塁もしにくくなる。

ゴンザレスもホームランが少なくなる。(この人のヒットはしょうがない)

オルティズは一気に打率は落ちる。

クロフォードも左相手には落ちる。

サルティ、ラウリー、サットンの右打席は弱い。

ってとこなんだな。。。

 

レイズのプライス、ヤンキースのサバシアはほぼ打てない。

だから、クリフ・リーがフィリーズ行ってほんとによかったのは、実はレッドソックスなんだよなあ・・・

 

ジョン・ラッキーがもどってきても、

アセベスをブルペンにして、ウェイクフィールドをローテに残すだろうな・・・・

松坂はもう戻ってこないだろうから、

ウェイク、200勝やっちまうのだ!!

 

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ