つぶやき日記

スプリングトレーニングも中盤をすぎ、開幕まであと16日。

このへんで、そろそろ開幕ロースター25人を予想した。

 

固いところから、

DH  1人        オルティズ

キャッチャー 2人     サルティ、バリテック

内野  5人       ゴンザレス、ペドロイア、スクータロ、ユーキリス、そして、ラウリー。

注目の若手ホゼ・イグレシアスは、来年ラウリーとショートを争うことになる。

いまのところ、ラウリーの実力がずいぶん上。

 

外野   4人      クロフォード、エルズベリー、ドリュー、そして、キャメロン。

残念ながら、ナーバ、レディック、マクドナルド、ケイリッシュはマイナーだろう。

来年は、ドリューとキャメロンとは契約しないだろうから、若手の争いが見れる。

一歩、ケイリッシュがぬけてるか・・・。

ナーバは選球眼と技術、レディックは変化球への対応がイマイチ。

先日、ケイリッシュが走塁ミスしてベンチに帰ったときに、キャメロンが大笑いしてたのが面白かった。

さすがキャメロン!

 

ここまで、12人。だろう。

 

最後にピッチャー。たぶん13人体制。

先発  5人   レスター、ベケット、バックホルツ、ラッキー、松坂、

セットアッパー  左2人 岡島、ミラー、

           右5人 ウェイクフィールド、バード、ジェンクス、ウィーラー、アルバース

クローザー    1人 パペルボン  

 

松坂トレードがあれば、先発5番手には、ウェイクフィールド、ミラー、アセベスで競争。

右のセットアッパーは超強力!!

ウェイクフィールドは、前半戦で投げないことになれば、アセベス、アチソン、田澤が上がるかもしれない。

 

だんだん開幕が待ち遠しくなってきた。

今年は、4月から独走してほしいなあ・・・・

スプリングトレーニングも中盤。

パイレーツとの対戦だったけど、打順はほとんど控え組のメンバー。

キャメロン

ラウリー

ドリュー

バリテック

ケイリッシュ

マクドナルド

アンダーソン

スピアーズ

サトン

 

の先発メンバー。

なんとなくだけど、そう考えると、外野の主力は、

レフト・クロフォード

センター・エルズベリー

ライト・・・・は、ドリューか。

 

しかし、キャメロンも調子上がっているし、ラウリーも今日ヒットはないけど

いい当たりで内容すっごくいい。

内野、外野の控えメンバーも非常に好調になってきた。

 

主力組で調整がいいのは、

エルズベリー、オルティズの二人。

エルズベリーは去年骨折してほとんど出場していないので、今年がんばらないと

放出もありうるし、

オルティズは、過去2年調整不足で開幕からボロボロだったし、新しい契約も出来ず

今年は契約最終年だしがんばらないとイケナイ。

 

今日の先発ピッチャーはベケット。

うーん、調子はイマイチのよう。

このままだと、開幕戦はレスターで決まりかな・・・・・。

 

マーリンズとのスプリングトレーニング。

とうとう、エイドリアン・ゴンザレスが先発。

第一打席、ヒット。

第二打席は、センターフライ。

 

ボールの見逃し方、振りに行くタイミング、すべてすばらしい!!

やっぱ違いますよーーこの選手は。。

今日は2打席で後退したけど、たった2打席でその片鱗をみたね。

差し込まれるボールもあったけど、慣れれば問題なさそう。

 

こりゃ、ホームラン王マジとれるかも!!

 

スプリングトレーニングの試合にはまだ出場していないゴンザレス。

やっぱ肩の手術の影響で、出足はゆっくり。

昨日、バッティング練習開始。

ほんのちょっとの練習の映像をみたけど、やっぱすごい。

ピッチャーでもないコーチの投げるゆっくりした球を打ち返すだけの練習だけど、

すごさがひしひし伝わってくる。

 

ボールの芯をとらえる目。

バット始動前のチカラが抜けている感覚。

大きすぎないテイクバック。

スムーズな体重移動。

軽く当てているだけのようにみえるのに、外野まで飛ばすパワー。

天性のカラダの才能と努力のたまもの。

やっぱ、すげーーーー!!ゴンザレス。

パワーヒッターの練習は凝縮されているから見ていて楽しい・・・・。

 

今月末の開幕前ぐらいまで、試合に出るのは掛かりそうな雰囲気かも。

開幕には間に合うだろうけど、アメリカンリーグのピッチャーになれるのもかかるだろうし、

前半はそんなに打たないかもなあ・・・・

ま、今後5年以上4番に座るだろう選手だけに、あせりは禁物。

 

内々では決まっていると噂される長期大型契約も、

開幕してすぐ発表もあるだろうし、

マニー・ラミレスレベルのクラッチヒッターで大きいのも打てる大砲だし。

 

 

少しずつ開幕のオーダー的スタメンになってきた。

開幕予想オーダーは、

一番エルズベリー。

2番ペドロイア。

3番クロフォード。

4番ゴンザレス。

5番ユーキリス。

6番オルティズ。

7番ドリュー。

8番サルティ。

9番スクータロ。

ピッチャーは、レスター。

でほぼ決まりとおもう。勝手予想!!

 

 

メッツとのスプリング・トレーニング戦。

岡島秀樹が5回裏に登板。

調子はどうか見ていたが、すばらしい。

松坂と違って、いまの現状の立場を分かっているからきっちり結果を残す。

それだけの実力もある。

カットボールの練習もしているそうだけど、まだ未完成なボールで勝負せず、

ストレートとカーブのコントロール。

そして、宝刀チェンジアップも投げていた。

 

去年スプリングトレーニングでチェンジアップは切れていたが、シーズン入って

あんまり落ちなくなった。

今年はどうだろう。

去年、成績が良くなかったのは、チェンジアップのキレが良くなかったからと思っている。

今年は取り戻してほしい。

 

今日岡島はしっかり結果も出し、内容もバツグンの一回だった。

ブルペン陣の競争が去年以上に激しいだけに、スプリングトレーニングでも

結果が必要だ。

http://boston.redsox.mlb.com/video/play.jsp?content_id=13153905&c_id=bos

松井秀喜も永遠に応援したいが、岡島も同じようにずーーーーと応援したい選手だ。

岡島は、数年来レッドソックスのチームのファンイベントやサイン会等にちょこちょこ出ている。

日本のアホマスゴミ共は、全く報道しないけど、そうゆうイベントにしっかり出ている。

すごく共感がモテる。子どもが岡島のサインを喜んでいる姿をみるとうれしくなる。

英語はうまくしゃべれなくてもできることがある。

そして、現地のほんとうのファンはそうゆうのをしっかりみているのだ。

 

松坂は見たことがないな・・・・。

どこのチームも5番手争いの選手に1000万ドル払っているチームはない。

通常、すぐ放出の対象になるものなのになあ・・・・ 

 

 

今日、フランコーナがエイドリアン・ゴンザレスについてコメント。

通常のスケジュールに戻すとのこと。

やっぱ、手術の影響があったみたいだ。

トレーニング後半には、試合でのゴンザレスがみれそうだ。

楽しみでしかたがない!!!

 

この人は、どうしようもないようだ。

オフにカラダを絞り込んできたかと思いきや、去年の後半のデブさよりもう一段デブに。

腹が出過ぎ。

こんなでキレのあるボール投げれるわけがない。

腹が出過ぎだから、ストレートが50球投げるまで80マイル(130キロぎぐらい)いかないていたらく・・・・。

村田兆治はいまでも140キロ投げるのに。。。。

 

トレード拒否権あるんだろうけど、出せ!!解雇してほしい。

ヘンリーオーナーも見に来ていたけどがっくりだろう。

失敗契約だったということだ。

もういらん!!

 

先発5番手はアンドリュー・ミラーか200勝まであと少しのウェイクフィールドでいい。

首脳陣よ、決断せよ。。。

 

スプリングトレーニング、ヤンキースとの対戦。

先発はバックホルツ。

バッター陣の先発は全員控え組。。。。

ヤンキースは、ジーター、テシェイラ、A・ロッド、カノー等々ベストに近いオーダー。

今年の手の内見せない作戦ですな。

 

バックホルツはほぼ完璧なピッチング。

去年ブレイクして、大事な今年、調整順調とみた。

それに、今年も去年並に活躍すれば、オフに大型契約も取れるだろうしな。

 

スタメンじゃないバッター陣は、若手と新加入組なんだけど、見た目はみんなホームラン打ちそうな

体つき。

さすがメジャー、恐るべし。

どこ投げても打たれそうな体格してるけど、マイナーと行ったり来たりしている選手は

やっぱ、技術がだめだ。

注目したのは、来年以降ショートのスタメンも囁かれているホゼ・イグレシアス。

全打席見たけど、うーん。マスコミで騒ぐほどかなあ・・・・と疑問。

守備は、ほぼメジャーで通用するけど、バッティングはイマイチとみた。

構えは、そのまんまA・ロッド。

しかし、後がやっぱぜんぜん違う。波打ってるしバットが・・・・。

それにカラダがまだだから、長打はほとんど駄目。

イチロー並に打ちまくるならともかく、ショートの守備で打てないならメジャーは無理。

単打も打ちまくれるほど技術が伴っていないし、ボールへの判断力が遅いので

打率も残せないだろうから、

まだまだマイナーでレベルアップが必要。

 

去年後半、けが人続出のなか奮闘した、ダーネル・マクドナルド。

ライアン・ケイリッシュ。

うーん。

ふたりとも、イマイチ。

これから上げていくのだろうけど、メジャー当確ラインの選手の調整としてはまったくダメ。

去年のバッティングとは似ても似つかぬ低レベル。下半身がなってない様子。

ダニエル・ナーバも、去年からなんにも技術的にアップしてない。

振りにいくときの、右の脇腹開きすぎ。それじゃあインコース見えないだろっと思ってたら

やっぱ空振りしまくり。

だめですな。

 

ジェド・ラウリーがファースト守って先発。

これには驚いた。

セカンド、ショート、サードを守れるがファーストにも起用される様子。

となると、今シーズンは内野のスーパーユーティリティプレーヤー確実。

バッティングも調整順調の様子。

手首のケガ、感染症といろいろあったけど今年はいけそうかな。

長打力も魅力で、今日も2塁打うったし、イグレシアスが注目されているだけに、

スクータロがいない来年に書ける意気込みが感じられた。

 

新加入組の注目は、ドリュー・サットン。

いいじゃないかーーー!!

去年は、レッズそしてインディアンズにいて、今年はボストン。

スイッチヒッターで、内野手。セカンドとファースト守っていた。

見た感じ、やっぱメジャーで出ていただけに技術は持っている。

やっぱマイナーの選手とは違う。。。

選球眼もよく、どちらの打席からも、右にも左にも打てて、大きいのも打てる。

エプスタインが喜びそうな選手。

スタメン無理なんだろうけど、こうゆう選手は、ずっと使ったら結果残すとおもうんだけどなあ・・・・。

使ってほしいなあ・・・・

ボストンじゃむりだろうけど。。。

 

AAAに定着気味のレディックは、技術的には今年も成長していない様子。

守備もうまいし、ストレートには強いけど、変化球が相変わらずまったくダメだなあ。

放出されるんだろうなあ・・・・・結局多分。

 

 

春の試合は、若手・新加入組のお披露目会。

見ていてすっごいたのしい。

 

でもゴンザレス出ないなあ・・・・心配だなあ・・・・。

 

 

 

 

スプリングトレーニングでのフィリーズ戦。

ベケットの登板が流れ、今日は新加入のピッチャー陣が登板。

ダンウィーラー、アンドリュー・ミラー、ボビー・ジェンクスの3人。

 

注目はアンドリュー・ミラー。

松坂外して、先発5番手でもいいぐらいの素質。

マーリンズで不遇の時代を過ごし。レッドソックスへ来た素質はバツグンの左腕。

ま、たぶん、中継ぎでの起用なんだろうけど、間違いなく左のセットアッパーのトップになる。

岡島もうかうかしていられない。

 

中継ぎは左を2枚にするだろうから、たぶんアンドリュー・ミラーは当確っぽい。

開幕の左のセットアップマンの残るひとつのイスを、岡島とドーブロントで争う形。

 

ゴンザレスがまだ出てこないのが気がかり。

去年、肩のケガが思わしくないのかな・・・・なんて思ってしまう。

早く出てきて欲しいぞ、ゴンザレス。

開幕から怪我なくシーズン過ごせばホームラン王になるだろう・・・・たぶん!!

 

 

スプリングトレーニングで続々主力級が試合に挑んでいる。

開幕メジャーの当落ラインのケイリッシュ、マクドナルド、レディックも活躍し、

徐々に上げていかないとイケナイ状況。

 

しかし、ベケットが脳しんとうで次回登板回避の模様。

去年はケガがきっかけでボロボロで、松坂と共に戦犯扱いだけにやばい。

脳しんとうはアメリカのプロスポーツでは近年非常に厳しい。

ヤンキースののセルベーリなんかもデッドボール受けたあと何度も脳しんとうし、

ずいぶんまえからは打席にたつときはでっかいヘルメットを着用しているぐらい。

 

NFLでも脳しんとうの診断が下ると出場はしない。

それだけ、厳格になってきているのは、選手生命だけじゃなく、今後の生命に関わる

から。。。

 

ま、

通常は、回避すればヒジや腰のようなケガじゃないので大丈夫だろう・・・。

ローテーションは、レイズに比べて弱いから、ベケット活躍しないと

優勝はないし。。。。。

 

意外に、

アンドリュー・ミラーのローテーションもいいと思うんだけど、、松坂はずして。

 

 

さて、スプリングトレーニング開幕。

今日はツインズ戦。

 

ベケット先発、バックホルツ、岡島、ウィーラー、アチソンとピッチャー。

まだまだ調整ではあるけど、

ベケットはまずまず。

バックホルツは完璧。

岡島打たれまくり。

ウィーラーイマイチ。

アチソン普通。

ってとこか。

 

アンドリュー・ミラーが松坂け落として、先発5番手なんてこともあるかも・・・・

 

岡島は炎上してしまって、大丈夫かなあ・・・・・。

今年は去年よりブルペンの競争激しいから、頑張ってほしいんだけど・・・。

いままでは、けっこうバリテックのうまいキャッチングに助けられたところもあるから、

今年はやばいかもしれない。

開幕までうまく調整できるかってとこか。

 

バッターはレギュラークラスと控えクラスの交互の打順。

マクドナルド、ナーバ、レディック、ケイリッシュ、アンダーソン、イグレシアスといった、

開幕メジャー目指す選手は、毎年この春先の試合は必死。

おもしろい。

 

 

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ