つぶやき日記

5回持たず、7失点。

ボロボロ。

初回も相変わらず、ダメ。

何回同じことやるんだろ・・・この人は。

精神的に子供みたい。

 

初回、腕がまったく振れていない。

特に変化球ほど、腕を振らないといけないのに、

スローモーションのようなうでの振り。

見極められて、フォアボール連発。

ストレート打たれまくり。

 

緊張をコントロールできない様子。

バリテックなら、立て直し可能なんだろうけど、今日はマルチネス。

取り戻せないよね、マルちゃんなら。

2回以降も、マルチネスのサインに首振りまくり!

首振りマシーンみたいで見ていて面白かった。

 

松坂は、キャッチャー指名出来ない。

ベケットはできる。エースだから。

ピッチャーなら、キャッチャーを選ぶなら絶対バリテック。

 

バリテック復活させてよ、フランコーナちゃん!

 


勝てないな・・・・。

またも勝率5割に逆戻り。

盛り上がったのは、ハーミーダの1打点のみです。

 

期待のラッキーも5失点。

打てない打線に5点とられると勝てません。

審判もあからさまなタイガースびいき。

ラッキーのきわどいのボールで、ガララーガのきわどいのはストライク。

ただ、オルティズが審判に文句言うのは全部ストライク。

いい加減外してくれないかなオルティズを。

 

レイズもヤンキースも落ちてきそうにないし、

ブルージェイズも抜けない状況で、やっぱ今年はやばそうです。

 

振り返るのはつらいので・・・・このへんで、

明日はヤンキース戦!!!

先発は松坂大輔!!!

落ちついて、前回うまくいった技術的修正を続けたピッチング出来れば

ヤンキースも抑えられる!!

ヤンキースのピッチャーは5勝負けなしのHughes。

投手戦を期待したい!!!

 

 


痛い負けです。

8回レスターから引き継いだ岡島が2失点で同点に追いつかれ、

延長戦でサヨナラ負けです。

こうゆう勝ちゲームは確実に拾っていかないと、

レイズ・ヤンキースに追いつけません。

 

レスターから引き継いだのは岡島。

はっきり言って首脳陣の采配に疑問!

レスターは左の本格派。

岡島も左。

レスターでバッターは眼が慣れてきている所へ、軟投の岡島なら

バッチリ合うだろう。そうゆうことだ。

去年も数回あった。

レスターの後は、バード(昨日投げたから)か、ラミレスかデルカーメンだろ!

わかってないなあ・・・・。

 

岡島が押さえたらいいことではあるけど、配置が悪い。

せっかくのレスターの勝ちを、もったいない。

 

地区リーダーへは遠いなあ・・・・・。

 

 


強力打線のタイガースに7対2で快勝!

バックホルツはほぼ完ぺきな投球だった。

得意のチェンジアップ冴えわたり!

 

何度かメジャー定着ができなかったバックホルツけど、

ローテーションの一角は盤石な投球内容。

 

オルティズが、オフサボりまくった体がいくらなんでも・・・です。

開幕から45日で、ましになった、2ホームラン。

ま、打って当然ド真ん中ってやつだけど。

 

来週から、DLしてたキャメロンが戻ってくる。

ヴァンエブリあたりが落ちるだろうけど、しょうがないね。

エルズベリーはまだ、機関車ベルトレーに突進食らったので、まだかかりそうだ。

 

さ、明日はレスター。

真っ向勝負だと、タイガース打線に打たれそうだから、

かわすピッチングで切り抜けてほしい。

 

 


フェンウェイを離れタイガースとの連戦へ。

アメリカンリーグ中地区でタイガースは現在、ツインズに次いで2位。

相変わらず強い。

特に今年は、2番に去年までヤンキースにいたジョニーデーモンが入って、

厚みが増しまくり!

1番から5番までほとんど3割バッター。

ヤンキースの今の打線より、つながりはあるんです。

 

 

で、4番は、もちろんカブレラ。

今年はむっちゃやばいです、カブレラ。

ダイジェストレベルでしか見てないけど、打ちまくってます。

現在、

打率.376でアメリカンリーグ位首位打者!

出塁率.458、長打率.662!劇ヤバ、ヤバヤババッターです。デンジャラスです!

意図的かどうかはわからないけど、明らかに体重が10キロは増えている。

そして、外角の甘くもない球を右方向に、バンバン飛ばしています。

特に外角高めは、ぜったいダメ!

去年の首位争いの時期、酒飲み過ぎで警察沙汰を起こしたりしたので、

たぶん今年は開幕から反省しているみたい。なので絶好調!

 

レッドソックスのピッチャーがタイガース打線を抑えることができるか・・・・。

結局、ピッチャー守りが大切。

ベルトレーの大エラーが出ないことを祈る。

ベルトレーにゴールデングラブを与える基準がわからん!

 

ともかく、タイガースの1?5番を抑えよう!

 


でも、9回に1点差まで追いついた時は、おもしろかったなあ・・・

やっぱスポーツは最後までみないと!

 

しかし、審判の判定はむごかった・・・・。

外角広すぎ!

しょうがない。

それ以上に、今日はブルージェイズキャッチャーのモリーナのキャッチングがうまい!

去年までヤンキースの控えキャッチャーだったけど、キャッチングうまい。

審判もとらざるを得ないキャッチングしよる。

モリーナ兄弟は、みんなメジャーのキャッチャーで活躍してる。

すばらしい。

キャッチャーって大事。キャッチングだけで、試合が変わる。

今日は、モリーナにやられたって感じだ。

 

ウェイクは惜しかったけどなあ・・・・。

いいピッチングだったんだけどなあ・・・・。

 

今年のカギは、バリテックを戻して、マルチネスをDHにする策が

ポストシーズン進出のカギなんだろうと思ってるんだけど・・・・

 

 


ブルージェイズに6対1で勝利!

松坂大輔は7回1失点。結果はほぼ完ぺきのピッチング。

半分はキャプテンバリテックのリードと良きアドバイスだ。

 

初回・・・ストレート主体で押すピッチング。

前回の初回はマルチネスのリードが初回から半分は変化球。

「これではいかん」と思っていたが、、、

さすがバリテック。

良く分かっている。

ベケットもそうだけど、初回はからだをほぐすためにも、

ストレート主体で投げさせる。ベケットなんかは初回は変化球は1、2球しか投げない。

それに、初回はバッターの眼も慣れてないから、ストレートについていけないから、

いいのだ。

初回の松坂はストレート主体。

 

今日のトピックスはバリテックのアドバイスだ。

マウンドにいったわけではなく、セットポジションのときが 多かったが

ストレートが右バッターのインコースに抜けたり、スライダーが左に流れたりした時

バリテックは、左のグローブを自分の肩にポンポンとあてる。

3回までに、2?3回ぐらい松坂に合図していた。

最初は何かわからなかったが、松坂に対し「投げる時、左肩を開きが早いぞ!」

っていうサインだと思う。

そのサインが出ると、松坂が明らかに修正を加えて左肩を残すように投げていた。

これには脱帽。

今シーズンも決して松坂のフォームのバランスはよくない。

修正点がありすぎる。

右足のタメ、右ひじの上げ、あごを上げない、体重移動、その他バランスが

悪い時はボロボロなんだけど、

バリテックはこのサインで、松坂の技術的修正点をまとめてしまった。

素晴らしい!!!

これには驚いた。確かに松坂はいろいろ技術的に問題あるけど、

左肩を早く開かないようにするだけで、コントロールが安定しだした。

4回以降は、松坂本人もわかってきて、左肩を開きだすと自ら修正していた。

なので、コントロールがすこぶる安定。

これでは打てない。

 

松坂は今日、

1.崖っぷちでの結果。

2.左肩を早く開かないことで安定感のあるピッチングができるとわかった。

2つのものを手に入れた。

 

今日結果が出ても、技術的に修正出来なければ今シーズンも安心できないと

思っていたが、これで大丈夫だろう。

 

今日のファインプレーは、間違いなくバリテックである。

今シーズンこれで松坂大輔はよみがえるだろう。

ジェイソンバリテック!さすがだ!!!

 



ブルージェイズに7対6で勝利!

ラッキーも打たれまくって相手の得点はホームランタイムリーで、

ボストンの得点はほとんど相手のエラーがらみ。

内容はよくないけど、今はまずは勝つことが先決。

ヤンキース、レイズを追っかけないといけません。

 

ラッキーはイマイチながら、岡島、バード、パペルボンと危なげないピッチング。

岡島も初球にきわどいコースでストライクとれるようになってきた。

岡島は初球ストライクを取れたら、組み立てが非常に楽。

とれないと、球威がない分しんどくなる。

 

ヤンキース戦は、NHKで放送してくれたから現地の放送みてなかったが、

今日の放送では、NESNの美人レポーターHeidi Watneyがベンチレポーターに

復帰していた。

去年まではHeidi Watneyがずっとベンチレポーターだったが、

今シーズンは開幕から、若い女性レポーターに変わっていた。

もちろんそれが、チームの開幕の不振に影響はないのだろうが、

もしかして、そんなこともあってHeidi Watneyに戻したかもしれない。

勝手な想像だけど、うれしい。

で、早速バリテックにインタビューしてたのは、何かあるのかな・・・・。

勝利の女神かもしれない・・・・。

 

ともかく、今日も勝利。

明日は、松坂大輔!

やっぱローテーションに戻ったら、見るのが楽しくなる。

 

 


スイープはまぬがれました。

今のボストンの状態でヤンキースに勝てるとしたら、バーネットの日だけかな

と思っていたが、

バーネットと相手のエラーに助けられた、そんな勝利。

 

今日もハーミーダが大活躍、打点&2ランホームラン!

ずっと出してよ、フランコーナちゃん。

 

ドリューも逆方向へ打つようになってきたし、

ペドロイア・ユーキリスは好調維持。

 

明日は先発ジョンラッキー。

好調ブルージェイズと対戦。

先制したいところだな・・・・。

 

 



ヤンキースにぼろ負け、2連敗。。。

最終回は、外野が本職のヴァンエブリがピッチャーに!

けっこうボストンはこんなのよくやります。

去年も春先、ショートのニックグリーンがピッチャーをやりました。

 

完全に勝敗は決定だから、ありです。

チーム状態も悪いし、ヤケです。

日本ならすぐ、物議を醸すけど、そんなの関係ねー!

アリです。

 

試合は今のチーム状態を考えると、ヤンキースとの実力差はありありです。

こんなものです。今では。

強いもの・・・ヤンキース。松井・デーモン抜きでも関係なし。

強いです。

 

良い材料は、マルチネス。

開幕2.3戦まで絶好調で迎えたが、その後あきらかに大ぶりしすぎで不振に。

だけど、4月25日ごろから、右打席では右方向へ、左打席では左方向へ打ちだした。

アウトにはなってたけど、「よしよし!」と思っていた。

5月に入り、徐々に復調。今日もホームランだ。

バッティンングは持ってるので、大ぶりしなければ打率は残す。

おかげで、1番から5番までは打線がつながり出している。

 

今日、ピッチャーのラモンラミレスが右腕痛で途中降板。心配だ。

中継ぎも故障者。どうするんだろ右ピッチャー。

アッチソンはあかんし、若手が上がってくるか。。。。

 

楽しみはそんなものしかないな。。

明日はピンクのバットでもみて楽しみましょう!

 

 


最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ