つぶやき日記

ヤンキースに逆転負け。

いけませんね。

打線のつながりがすこぶる悪い。

ヤンキースの中継ぎを打てなくてはだめだ。

 

マルチネスはそのままとしても、

オルティズ、ドリューを考えるべきだな。

 

開幕前から思ってるが、ハーミーダを出せよな。

ハーミーダ入れて、キャメロン上げる。だよ。オープン戦絶好調だったんだから。

ドリューもシーズン通しては数字は残すけど、今は調子良くない。

オルティズも全盛期にはほど遠い。

去年は、ジェイソンベイの大活躍で前半戦乗り切れたが、

ホームランバッターいないんだから、打線のつながり重視でいかなきゃ。

 

ヘンリーオーナーも見に来てたけど、

オーナー権限で打線変えてくれないかな。

ま、フランコーナーーちゃん打線変えてくれ^^。

俺の勝手オーダーは、

1番 エルズベリー

2番 ペドロイア

3番 マルチネス

4番 ユーキリス

5番DHローウェル

6番 ハーミーダ

7番 キャメロン

8番 ベルトレー

9番 スクータロ

だ。

 

ローウェルのクラッチ度はオルティズより上だ。

ベルトレーは、軸にはならん。いわゆる意外性のバッターなんだから・・・。

ラッキーが、抑えても打線がこれでは、前半戦やばい。

レイズが調子いいんだから!レイズの先発充実してるんだし。

早く対策してくれないかな・・・・

  

今日は負けちゃったけど、勝つときももあれば負ける時もある。

シーズンははじまったばかり。

内容の吟味をしよう。

 

まず、ジャコビーエルズベリー。

開幕戦、驚くほど消極的だったのでなんでだろと思ってたが、

開けて今日の試合は打って変わって積極的に打ってきた。

結果は、良好。盗塁まで。

今日の始球式で、かわいい女の子のキャッチャーを務めたからか^^

ともかく、エルズベリーの積極性が打線を引っ張るのだ。

ボストンのチームカラーからは、フォアボールで出塁はちがーう。

 

V・マルチネス。

オープン戦から、左打席では打ちまくっていたんだけど、

開幕戦の相手はサバシア。残念ながら右打席。

良く見てみると、右打席では、反応が一歩遅れる。なので、打球が詰まる。

で、フライになる。だったが、

今日は、バーネット。快適な左打席で、大爆発!

思った通りの活躍。

ジャコビーエルズベリーが積極的で、マルチネスの左打席で打てるなら、

前後のペドロイア、ユーキリスが安定的に打つだろうから、

1試合2.3点は堅い打線となる。

 

マルコ・スクータロのエラーはいくつかの要因が重なりすぎた。

2塁ランナーが邪魔になった。おかげで、グラブに入れるタイミングがずれた。

そして、足のステップが一回転遅れる。で早く送球しなければとうでの振りが

速くなる。→腕は早くても下半身がついていかない。→送球がセカンド側に流れる。

→キャッチングのうまいユーキリスも100回に1回の珍しいワンバウンド捕球がグラブ土手へ

なんやかんや重なりすぎのエラー。

責めないであげて・・・・

 

 

さあヤンキース戦3試合目。楽しみにしよう。

 

 

かねてからのうわさのベケットの契約交渉。

4年総額6800万ドル。

安い。。。。かなあ・・・・。


けど、よくよく考えると・・・・

 

ヤンキースのA.Jバーネットが5年8250万ドル。

ジョンラッキーの契約がバーネットが指針となったが5年8500万ドル。


・・・・。

 

筋が通る。

わかりやすく単年度計算すると、

バーネットが、1650万ドル。

ラッキーが、1700万ドル。

ベケット1700万ドル。


ベケットは、バーネットより単年度計算で多く、ラッキーと同額。

でもラッキーは5年契約で、ベケットは4年契約。

 


そう考えるとつじつまが合う金額だな・・・・

提示額は上も下もない金額だったのかな。

 

この時期に契約できたのは、チームにとって大きい。

特に後半になると、影響が出てくるので、早くやって正解。

さすがボストン首脳陣!

 

レッドソックスブログだけど、書かずにいられない松井秀喜の活躍。

 

エンゼルスの開幕戦。

逆転のタイムリー、追加点となったホームラン。

 

ホームランなんて、なんであのボールが打たれるねん。って思うような難しい球。

それを右中間の一番深いとこへぶち込んだ!

がっくりしたピッチャーは、続くモラレスにもホームラン。

ピッチャーは放心状態。いやあつらい。。。つらすぎる。

ピッチャーがかわいそうになるよ、あれは・・・

 

去年のワールドシリーズも鳥肌立ったけど、

「なにするねん」って、思わず声をあげてしまった。

 

すごい。まさにゴジラだ!

期待されてて、結果を残す!

ワールドシリーズMVP!

すごすぎる!松井秀喜!

 

 

だいたいメジャーリーグで勝利投手になるってことは、

すごいことなんだ!

ほんとにすごいことなんだよ。

 

みんなわかってるのかな・・・・

努力し続けてきた人で、運にも恵まれ、いろんなサポートもあり、

いくつかの条件が整った人だけがなれるんですよね。

 

今日の岡島はすっごい緊張してたみたい。

出てきた瞬間、かたくなってる感じだったので、ついつい微笑んでしまった。

肩がカチコチぎみで。

 

でも、3年間のやってきたことはダテじゃないのは映像見てるとわかる。

ほとんどの球が手元でムービングしてる。

ただ、ポサーダはやばい光線でまくってたので、「やばいなあ・・・」と

思っていたら打たれた。

でも、シングルだったのは、岡島のなせる技だった気がします。

切れがなかったら長打になってたと思う。

 

明日・あさってはポサーダに注意だ。

岡島は、次回からは落ち着けると思うので今年も勝利の方程式の一角を占めるのは

間違いない!

2007年並みの切れ切れのチェンジアップがみたいなあ。

 

ともかく、開幕戦&ヤンキース戦&勝利投手おめでとう!!

 

 

はじまったメジャーリーグ開幕戦。

ヤンキースに勝利。

やりました!!!

 

いろんな意味で今シーズンを占う初戦。

まずは、ベケット。

良くも悪くも試合を制するピッチャー。

試合の前半は、バッテリーのリズムが悪く、それでもベケットのボールが良ければ

いいリズムになるんだけど、カーブが決まらず、チェンジアップもイマイチ。

ストレートは走ってるけど、これではいかん。

でもベケットのいい時は、完全に試合を制してしまう恐るべきピッチャーだから・・・。

今日は悪い時ということで・・・・

 

 

今日の勝因は、ベテラン下位バッターとペドロイア&ユーキリス。

 

試合の流れが悪い中、キャメロン、スクータロがさすがベテラン。

守備でもさすがの好プレー連発。

バッティングも、逆方向へのうまいバッティング、つなぎのプレー。

いい感じだった。ドリューもなんやかんやと得点にはからむ^^。

 

そして、ペドロイア、ユーキリス。

去年は松坂とともにWBCがあったので、ちょっと調子を落としてたが、今年はじっくりオフを

過ごせたので、この開幕にきっちり合わせてきたなという感じ。

良く打った。

エルズベリーが緊張してたか・・・・消極的だったか。 

 

ピッチャー陣は、みんな堅くなってた印象。

でも、移籍の左ショーンワイス、快速球ダニエルバードがしっかり押さえたので

後半の逆転につながった。

岡島はなんとなく緊張気味だったかな。

 

総じて、バッティングのほうは隙がない打線の印象だった。

開幕勝利なので、とりあえず勝利を祝おう!

 

 

これで、ピッチャー枠12人のうち、中継ぎ一人追加すると思う。

左の中継ぎが岡島一人だし、左をいれるだろう。

 

ところで、松坂大輔投げた今日のワシントン戦みたけど、ピリッとしない。

制球にばらつきあるし、ストレートも90マイルいかない。

悪かった(故障していた)去年の前半のような動きだった。

1億ドルの男の真価はまだみれてないなあ・・・・

能力はありまくるんだけどなあ・・・・

気持ちの入りが感じられないんだよな・・・・

球に体重がのってないんだよなあ・・・・

手を抜いているような感じがするんだよなあ・・・・

^^;

 

松坂は実力があるだけに、勝負がかかっていない試合はなあ・・・

でも先発落とされそうなのわかってるのかなあ・・・・

もしかして股関節治ってないんじゃないかな・・・・

 

 

MLBのレッドソックスのページの「Active Roster」から、

レディックの名前がなくなった。

25人開幕ロースターには入れないんだろう。

つらいなーーーー

オープン戦で4割も打ってるしエラーもないのに・・・・。

 

25人開幕ロースターは、田沢がDLだろうから、

スコットアッチソン

ダニエルバード

ジョシュベケット

クレイバックホルツ

マニーデルカーメン

ジョンラッキー

ジョンレスター

松坂大輔

岡島秀樹

ジョナサンパペルボン

ラモンSラミレス

ティムウェイクフィールド

ヴィクターマルチネス

ジェイソンヴァリテック

エイドリアンベルトレー

ビルホール

マイクローウェル

ダスティンペドロイア

マルコスクータロ

ケビンユーキリス

マイクキャメロン

JDドリュー

ジャコビーエルズベリー

ジェレミーハーミーダ

デイビッドオルティズ

以上のよう。

 

自分で書いて、何回も数えても25人。

25人だな。

もしかして、大輔DLでレディック入るかも・・・とかすかな、期待。

 

もう!

 

今日は開幕だ!

ヤンキースとの3連戦!

レディックいないのつらいけど、レッドソックスがんばれー!!

 

 

 

昨年途中、ビクターマルチネスが加入し、バリテックの出場機会は少なくなったが

今年はずいぶん出場機会は少なくなりそうだ。

 

去年バリテックがマスクをかぶるときは、マルチネスの打棒はほしいので

ファーストあるいはDHに入ることが多かった。

しかし、今年はファーストには、ユーキリスとそして股関節の状態が悪いローウェルも

ファーストに入りそうなので、マルチネスのファーストはほとんどない。

 

マルチネスのDHだが、本職のオルティズとこれまたローウェルがDHの控えとなろう。

ローウェルがDHの時も、サードはベルトレーがいる。

もし、シーズン途中でやっぱりローウェルが移籍となっても、ブリュワーズから移籍の

ホール(25人に入るかは微妙だが・・)がサードに入るとかして、ベルトレーがDHということもできる。

また、DH候補には、ドリュー、ハーミーダと事欠かない。

 

バリテックは、もはやバッティングでは期待できないので、

完全に控え捕手となってしまうシーズンだろう。

ウェイクのナックルを取れたらいいのだけど、マルチネスのほうが捕球がうまい。

レスターの時ぐらいしか受けるときはないか・・・・・

 

控え捕手としては、こんなに信頼できる捕手は他球団にはいないんだけど。。

 

 

田澤純一が右ひじのトミージョン手術をするそうだ。

 

前シーズン、日本社会人からメジャーに直接行ったはじめての日本人選手。

野茂がいろんなところから非難を浴びながら海をわたり、その後の大活躍で

次々と日本人がメジャーに行くこととなった。

田澤の成功が日本の社会人野球からのメジャーへの橋なんだと常々おもっていたので、

現在自分は落ち込んでいる。

もちろん俺なんかより、本人が一番落ち込んでいるに違いないのだけど・・・

 

トミージョン手術は今は多くのメジャー選手が行っている手術。

手術後、メジャーのマウンドに戻って活躍している選手は数多い。

手術後、逆に球速がアップしている選手までいる。

村田兆治も手術したと思うのだが、何歳か忘れたぐらいだけどいまだに140キロ投げている。

村田はすごすぎるが、同僚のデルカーメンもやった。大丈夫だ。

 

メジャー契約だし、ほおり出されることはない。

ある意味よかったと思って、手術後のリハビリにがんばってほしいと思う。

俺の応援なんてたかがしれてるが、岩村も大怪我して戻ってきた。

この際、何苦楚魂で戻ってこい!

 

がんばれ!田澤!

 

 

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ