ライアン・デンプスター

レッドソックスがワールドチャンピオンになった。もう1週間たつけれど、夢の中にいまだいるような、そんな感じだ・・・。

この一ヶ月は、自分自身の経験してきたことを含めても、ベスト3に入る、とんでもなく充実した時間をおもいっきりドキドキした。


振り返ると、ほんとうに充実していたなあ・・・。シーズン前は、超不安っていうか、日本語にはないようなざらっとしていた。
2012年、クラッシャー、バレンタインがチームをぶっこわして、監督の交代から始まった新しいシーズン。まず、オルティズと契約し、そして、ジョエル・ハンラハン、スティーブン・ドリュー、デイビッド・ロス、シェーン・ビクトリーノ、上原浩治、ジョニー・ゴームズ、ライアン・デンプスター、マイク・ナポリ、マイク・カープと次々に新しい選手と契約。去年はチェリントンはまだ、動けなかったから、すっごい補強。

でも、でかいのは全くなくて、得点力が落ちるよな・・・・と思っていた。

ナポリとの契約が、検査の結果もあって、1年に短縮。ますます不安加速・・・・。


スプリングトレーニングが始まる。トレーニング映像からは、ハンラハンがイマイチだな・・・・と思っていたら、案の定、すぐ故障。ま、ベイリーがいるから・・・・と思ってたら数試合でまた故障。

でも、選手はみんな開幕試合から、毎試合やる気がみなぎっていた。おいおい、このまま160試合いくのか?と思えるぐらいのやる気度だったし。みんな、ペドロイアのようなプレー連発。全員ペドロイア風で・・・。



シーズン。
今年もほぼ全試合、負け試合でも楽しくなかった記憶はなかったような気がする・・・・。2012年なんかはほんとにひどかった、うん・・・・ひどかった。それ以前も、どうもしっくりこない雰囲気があった。長いシーズンそんなもんだろうと思ってみていたものだ。どこのチームでもそんなものだと・・・。いまおもえば、エプスタインがイマイチだったのかも・・・・。ま、バレンタインはアホだし、フランコーナは超イマイチだったけど。


今年のチームは、いま残っている選手に関してはどんなに負けていても、やる気がなくなったと感じたことはなかったなあ。それほど、執着していた気がする。

順調に勝ち星積み上げて、秋に首位明け渡して、やばいな・・・っておもったこともあったけど、チェリントンの補強と、レベルを上げたパワーで、追いすがるオリオールズ、レイズ、ヤンキースを粉砕。思いっきり厳しい戦いの連続だった9月もしっかり勝ち越して、プレーオフへ。

後半戦なんかは、誰かが活躍したってことではなく、ロースター全員が活躍していた。出れば活躍のすばらしい集中力と采配だった。


プレーオフ。
数年10月はみていなくてひさしぶりだったせいもあって、もうドキドキワクワクの連続。負ければ、だいたい次いけないから、緊張しまくりながらおもいっきり集中して見た。見逃しては一生後悔するような気がしてみていた。

10月は楽しかったなー。

こんなにドキドキ連続攻撃の時期はなかったなあ・・・・。

レイズに勝ち、柔道の団体戦のように、個別の選手同士の戦いなら絶対負け越していただろうタイガースに、接戦の連続で勝ちきり、ワールドシリーズへ。



もはや、一球が試合を決めるような緊張の連続。上原浩治がヘロヘロになるのがよーっく理解出来た戦いの連続。

ワールドシリーズだから当然負けていても、誰もあきらめないんだけど、やっぱりシーズン通して、そんな戦いをしてきた選手たちだから、違っていた。

ワールドチャンピオン。



パピが言っていたのはその通りだな。2013年今年のチームは、2004年、2007年のチームより破壊力はなかった。と。

でも、全員が、やる気にみなぎっていて、自身のやれる最高のことをしようという意思がみなぎっていた。ほぼ全試合みながら、ずっと感じていた。

今年のチームは、チェリントンもそうだし、自分自身にもいろんな想いを新しくできたグレイトチーム。

ほんとに、すばらしい時間をすごすことができた。おかげで、シャンパン飲みすぎて、2ヶ月で5キロも太ってしまった・・・・。やばい・・・。

でも、まだ、当分、余韻にひたろう・・・・・。来年のことを考えるのは、もうちょっとあとにしよう!


いやあ、、、何年待ったことだろうか・・・

2012年がひどすぎたから、いまだに、なんとなく実感がわかないけど・・・・

そういえば、2011年、2012年は一試合もプレーオフ見なかった。。。。

レッドソックス出てないプレーオフに興味なっかたな・・・・。

いやあ、、、、今年は、しっかり見れる。

なんて、幸せなんでしょう。ははは。



2013年プレーオフ、第1戦。

相手は、最近ヤンキース以上に因縁のレイズ戦。

インディアンズを破って上がってきたレイズ。強いから、なーんかあんまりいい感じはしていない。

正直、ここ2.3年はあんまりいい勝ち方できないから。

しかし、しかし、しかし、、、今年のチームは違うってことで、しっかり見る。それに、今年のレイズは打線が弱い感じがするんだよなあ。。。。。なんとなく。



先発は、ジョン・レスター。

休養十分。そして、プレーオフも実績十分。

よくわかっているみたいだし、初回も緊張の感じはあんまりしない。

1回から、ぶっ飛ばし気味。あきらかに、シーズンの入り方と違う初回。ストレートもぐっとしっかり投げているし、カットボー?ルもコースをついている。

三者三振。

よしよし。

初回から、おれも、ガッツポーズ。



レイズは、ムーア。左。若いけど、期待通りにローテに入り、期待通りに勝ち星つみあげてきた実力派若手。ボールが動く。カーブもいいし、スクリューギミのチェンジアップが右バッターに効くんだよなあ・・・・。

正直、あんまり点取れないだろうと、思いながら・・・。



そして、先制はレイズ。ランナーためてじゃなく、ソロホームラン。

続いて、もう一発ソロホームラン。

このあたりは、まあまあこんなものかと・・・。

2点差劣勢で、4回裏。

ペドロイアが出て、オルティズ。行ったカーとフェンウェイが総立ちだったけど、フライと思ってみていたら、なんか、ライトの選手が、見逃してツーベースに・・・

なんかルーキーらしいけど、狭いフェンウェイのライトになれていなかったのか、ミス。

ここで、当たりが続いているジョニー・ゴームズ。ヒゲも伸びっぱなしの、グリーンモンスター直撃。

同点。

サルティ三振のあと、ドリューがぼてぼての内野ゴロで、ファーストセーフ。

セカンドから、ゴームズ帰って逆転。

この一点が大きかったねえ・・・・・

完全に、サードコーチのファインプレーだね。ツーアウトだったから、ゴームズもサードあたりまでゆったり走っていたけど、サードコーチが「もし、ファーストセーフなら・・・・」ってことで、必死で腕を回す。

すばらしい判断だったなあ・・・・。



レイズのライトのミスにしっかり、点を取れたことで波に乗った。

ムーアからその後も得点重ねて、レスターもしっかり投げて、12得点。

みんな仕事できたんじゃないかな。

うんうん。

エルズベリーが、ヒット二本。盗塁。

ビクトリーノ ヒット3本。いぶし銀の活躍。走塁も良かったし、ムーアが投げにくそうな感じだった。

いいね、ビクトリーノ。こうゆう短期決戦には、こうゆう選手は必ず必要。野球の醍醐味。

さすが、うなってしまいますなあー

オルティズは、ムーアにてこづった感じ。

ペドロイア ヒット2本。守備でも今日もすげープレーがあったし・・・好調。

ナポリ 集中力あるから大丈夫だろ。

サルティもなかなか、ボールは見えている。シーズン通して多かったフォアボールを今日も選んだ。

ドリューは、値千金の内野安打。しっかり走ってギリギリセーフだったから、逆転できた。

あのプレーがなければ、今日の試合もどうなっていたか・・・・そんなプレーだったね。

ミドルブルックスも後半戦の吹っ切れた感じのまま、このプレーオフに入っている。



ハッキリいって、全員順調だな。

みんなめっちゃ充実してる感じがする。

なんていいチームなんだろうか・・・・。

レスターが8回まで投げて、スタンディングオベーション。涙がでそうになってしまった・・・・。

年齢とともに、涙腺が・・・・

ブルペンは、田澤。ちょっと緊張気味な感じだったけど、結果オーライのライトフライ。

9回は、デンプスター。シーズンはローテだったけど、プレーオフは、ブルペンに。

落ちる球あるから、いいと思うね。三振取れる。

ウェイクとは少し違う気がする。


今日勝って、しっかりレイズに先勝。



さあさあ!プレーオフは、まさに、1試合がすべて。一球がすべて。

よーし!明日も、全力でいくぞ!!



きたきた、延長戦。

10回表の満塁のチャンス!

ピッチャーが右で、ゴームズに変わって代打、マイク・カープ。

初球。

はいはいはい、行ったー、まさかー、いったー!

グランドスラーーーム!

がっはっはーい。

わっしゃっしゃーいい!



今年のレッドソックスはやめられんのー。

いやあ、まいった。

まさに、呼ばれて、飛び出て、じゃじゃじゃじゃーん!

センターオーバーの大ライナー。

ジョニー・ゴームズのヒゲパワー全開かな・・・。




10回裏は、田澤。イマイチだったけど、4点差あったからなんとかなった感じ。

おまけに、レイズも打つ気ナシみたいな・・・・。

カープのグランドスラムで、もうガックリ状態。

そりゃそうだ・・・。

ワイルドカードも危うくなってきたし・・・・

内容は良くないね。だいぶ疲れているかな・・・春からのメジャーリーグフルシーズンだからだろうか・・・。

若者パワーで乗り切って欲しいね、ガンガンと。




大事な大事な、レイズとの3連戦。第2戦。

今日の先発は、デンプスター。

いぶし銀の投球。

バックもよく守ったね。

2点差で後半、モラレスにバトンタッチそして、ブランドン・ワークマン。

昨日、ブレズロウが2回投げてるし、田澤も投げた。ソーントンはもうダメってベンチもわかってきたか、ワークマンを勝ってる試合で、僅差で投入。

お試しもあっただろう。

しかし、7回ツーアウトから、良くないフォアボール。そしてロンゴリアのタイムリーヒット。

8回、ホームランで同点。

良くないね。

コントロールが・・・。

同点で9回、上原浩治登場。

ちょっと、ちぐはぐかな。ま、範囲内だな・・・。



そして、10回、ペドロイア四球。

ビクトリーノ送りバント。さすがシッカリ決める。

オルティズ敬遠。

ナポリに、ピッチャービビッたか、フォアボール。

ゴームズに変わって、マイク・カープ。

期待したねえ・・・・・。

まじで、

でいきなりだもんな・・・・、打った瞬間は、外野フライはいっただろうと一瞬思って、センターがバックするから、行ったか?でホームラン。

乗ってるね・・・・レッドソックス。




よしよしいいぞー!

ブルペンは、不安ありまくりだけど、まあ、先発のピービィいるし、バックホルツも戻ってきたし、あとは、ケガしてる人いっぱいっぽいから、徐々に治って欲しいなあ・・・。



強豪タイガースとの3連戦、第3戦。

先発はデンプスター。

多少点とられても、取り返すかが勝負とおもいながら、みる。



案の定、とったりとられたりの展開だけど、試合は優位には進めている雰囲気。デンプスターがねばりの投球。

とにかく、ネバル。ねばる。粘る。ネバネバ・・・・。

ぜんぜん速くない球だけど、丁寧に曲げる。落とす。ムービングさせている。

このねばりの投球がすばらしかった。さすが。そして、打つ方は、ビクトリーノがいいねえ、やっぱ。野球を知っているというか・・・。点の取り方を知っている。

2013年通じて、けっこうワンヒットで1点とかとるもんなあ・・・・。大きいんだよなー、こうゆう取り方。相手ピッチャーからすると、大して打たれてないのに、点が入る。いやなんだよなあー、ピッチャー心理として、ボディブローのように効いてくる・・・・。



一進一退の攻防から、6回大爆発。追加点取って、タイガースのピッチャー交代後、ミドルブルックスー!!

グランドスラム弾。場外にたたき込みいっ!!

わっしょい!

わっしょい!

わーいっ!


ミドルブルックスのライナーは、なんか、ボールが「キーン」って空気を切り裂くような弾道を描くんだよなあ・・・。

背筋が強いんだろうなあ・・・この人は。

ものすごい打球だもんなー。

ケガで調整していたから、9月。そして、プレーオフいければ、活躍して欲しいなあ・・・。

昨日の、タイムリーヒットで吹っ切れたかな・・

厳しいポジション競争の先に、オアシスがあるんだよー


グランドスラム後は、タイガースの若いピチピチピッチャーを打ちまくりのレッドソックス打線。

最後は、20点。

わっしょい!

わっしょいっ!!

いいぞー

途中、新しくチームに加わった、ベリー、マクドナルドを早速入れる。マクドナルドはセカンドに。こうゆう展開になったときの、いつも全力人・ペドロイアを休憩ね。

マクドナルドは、ダブルプレーもこなしたし、ファインプレーも見せて、さすがの守備をみせてくれた!

交代直後の守備では、横っ飛びキャッチ&スロー。

エクセレント!






今日のポイントは、やっぱ、デンプスターのねばりの投球、ロスのリード。ビクトリーノの守備そして、走塁。

結果は20得点だけど、この3人の活躍なんだよな。数字にはあんまり表れないんだけど、これぞ、野球。スポーツのすごいところ。ちゃんと見とかないと、いけんとこなんだよなあ・・・。



タイガースに勝ち越せて、ま、ラッキー。

明日からは、まだ、ねばっているヤンキースとの4連戦。

今日、サバシア投げてたし、この4連戦ではサバシアとの対戦なさそうな雰囲気だから、勝ち越したいなー

キーになるのは、2戦目かなあ・・・。

ドーブロントの出来だろう・・。こないだは、4回でバテてたしな。。。そして、またもや、相手先発はペティット。投げ方似てるこの二人。

ドーブロントくん。角のいないヤンキースをピリッと抑えてね。。

さあさあ、まだまだ遠いよ、プレーオフには・・・。今月の山、まだ3合目。

がんばっていこうっ!



オリオールズとの4連戦、第2戦。

ヤンキースが落ちつつある中、現在の首位攻防戦。

オールスターゲームまで1ヶ月の大事な大事な、ボルチモアでの戦い。


強い。

強いなあ・・・。

シーズン前から、ある程度わかってたけど、オリオールズ強いね。。。

ピッチャー元気。いいの、そろっとる。

それに、

クリス・デービス。

・・・・・。

バッターボックスでヤバヤバ光線、発しまくってるな・・・。

この人、激ヤバ。

何投げても、フェンス超えそうな雰囲気を醸し出しておりまーす。

やばいでーす。

シーズン最初のオリオールズ戦の時から、こいつやばいと感じていたけど、やっぱ、現在ホームラン王。

わかる。

よくわかります。

怪獣に、ストライクゾーンに投げてはいけません。

すべて、ボールにしましょう。

いけません。

球を投げてはいけません。

そうしましょう。

卑怯とか関係ありません。いけない男です、このクリス・デービス。


試合は負けたけど、デンプスターが内容の良いピッチング。

8回満塁のピンチに、上原浩治登場。

今日一の楽しい場面。

初球に注目。

カーブ投げろー!と思っていたら、カーブか、スライダーか、でストライク。

この一球で決まったかな・・・・。

さすが、デイビッド・ロス。

さすがの入り方の要求。

2球目、渾身のストレート。外角いっぱい。空振り。

そして、3球目。

スプリットが見事に落ちる。

三球三振!

さんきゅうさんしん!

そういえば、子供の頃、三球で三振したやつは、必ずいじめられたなあ。

「三球三振ってなに?」

「当たらないの?」

「寝てたの?」

・・・・・・。


今日の上原には、しかたがございません。打てません。すばらしすぎました。




さて、強いオリオールズとの対戦続く。

過去三年のことを思い出すと、夢のような時期ではあるけど、

やっぱりずっと、勝ってください。



クリス・デイビスはいかんぞ。

こいつは、いかん!

みんな、わかってるかっ。

わかってるな。。。

勝負するなよ!

いかんぞ・・・・。

怪獣だぞ、こいつは。

怪獣に向かっても、人間は勝てないど。

ウルトラマンじゃないだど。

わかるよな・・・


2013年開幕から2ヶ月がすぎ、これ以上ないってぐらいの好調スタート。いいぞー

昨日から、ナ・リーグ、フィラデルフィア・フィリーズとのフェンウェイでの4連戦。

今日は第2戦。

先発はデンプスター。フィリーズは、クリフ・リー。

2013年今年のスプリングトレーニングで、クリフ・リーと対戦している。中継もしてくれたのでみたけど、そのときは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアのホームランが出たりと、投球内容はイマイチな印象だった。

しかし、なんだろう、この人は・・・・。

今日はぜんぜん違うやん!

なんじゃいなあー、もうっ

スプリングトレーニングの時の投球とは、ぜんぜん違うじゃないか・・・。さすがのリーの投球になっちょるやんー。。ボストン打線が完全に翻弄されて。。きりきり舞い。。。まさにリーの真骨頂・・・。

完全に、バッターの思考回路が崩壊させられてしまうピッチャーなんだよなあ・・・この男。ストライクゾーンの四隅をボールが動くし、ボールゾーンもうまく使いまくるし、、、打てねえ。。。まったく打てねえ・・・。

すごいわ、クリフ・リー。

どうしようもない。

このレベルになると、やっぱ、開幕前の投球なんかはなんのあてにもならないねえ。。。

わしゃ、感服つかまつった・・・





クリフリーが完投ペースで投げていて、球数もまだいけそうだったけど、9回は、ジョナサン・パペルボン。

当然、パペルボンのテーマが流れることもなく・・・・。ブルペンからマウンドまで、無音のなか、ブーイングが・・・・・。けっこう大きかったなー、ブーイング。おまけに、レッドソックス在籍時の最後の登板、オリオールズに打たれたシーンがまってましたとばかりに、流れる。。。。さすが、アメリカ!

9回、オルティズのホームラン級の大きいファウルはあったけど、今年絶好調のパペルボンは打てず。結局三人でピシャっと、やられちゃって、負け。。。




昨日は、打線爆発でしっかり勝ったけど、今日は完全にクリフ・リーにやられてしまったなあ・・・。

さすがじゃのー、リー君は・・・。

逆に、ライアン・デンプスターが2点でよく抑えたな・・。。デンプスターは、開幕からしっかり仕事をしているすばらしいね。よくやっっちょるよ。

やっぱ、落ちる球持ってると、内容が安定するのかな・・・・。


9回、田澤純一が1点差負けている中で、登場。

先頭打者に、いきなりのホームラン。

いかんな・・・。

だめだなあ・・・・。

集中力なかったなあ・・・。

ロスのミットと逆のインコースへのストレート。

ドンピシャだったな。。ちと、コントロールへの気持ちが薄れていたような・・・。集中力なかったね。負けている状況では、集中力を高まりも違うのかな・・・・。そんな、入り方だった。

まあ、でも、今日の全般的内容はいいね。

ホームラン打たれたけど、その後もヒット2本打たれてスコアリングポジションにランナー置いて、やばかったけど、けど、投球内容は悪くなかった。

カーブのコントロールが良かった。カーブが良かったから、ストレートの伸びがなかった分、ホームランの1点に抑えることができたんじゃないかなってな。。。汗が多いと変化球がいいのかな・・・・?しっとりしたボールが好きなんだろうかな・・・田澤も。。スプリットも落ちがいまいちだったけど、コントロールはまずまず。

9回裏パペルボン相手の2点差は確かに、きつくなっちゃったけど、ま、しょうがない。若いし、シーズン前半だし、内容重視ってことで、いきましょう。いこう、いこう。

少し前から、カーブと、スプリットのコントロールを修正してきているか・・・。数試合前までのファストボールのキレだけで抑えていたレベルから、上げてきていたように感じた今日の投球。

初球のストライクの入り方だな・・・・。

気持ちの部分なんだろうな・・・・。

そのへんは、ベテランとは違うんだろうかな・・・・。

まあまあ、開幕からメジャー初年度だし・・・・。

若手はあたたかくみていこうっ



打線は、ペドロイアが絶好調!

バレンタインのおかげでバットに集中出来なかった2012年シーズンとは違って集中できているね・・・。新人王とった年レベルの振りしている。シーズン後半までいってほしいなあ・・・・。

キャプテンでいいんじゃないかな・・・・来年は。




今日は負けちゃったけど、東地区順位もまずまず。主力ぜんぜん欠けまくっているヤンキースが首位。

なんでやねん!

ほんまに・・・。

なんなんだ、ヤンキースめ!

主力いらんやーん、ぜんぜん。

ベテランばっかになった、主力がおらん方が、いいんじゃないのか。。。

うーん。。。

ということは、ベテラン主力が戻ってきたら、負けるようになったりして・・・・。

えへへへへ。。。

期待しようっ!!




今年からアメリカンリーグ西地区に入った、アストロズとの4連戦、第2戦。

ここにきて、ロースターが動いている。

ハンラハンがとうとうDL。調整し直しだな。。。。アセベスがマイナーへ。妥当な人事。ダニエルバードがメジャー復帰。先日の登板は、まだまだイマイチ君。。ラバーンウェイがロースターに。バットの振り出し遅いの直ったかなあ・・・・?

チェリントン大忙しだ。。。

でも、乗っている選手をちゃーんと入れてきているように。。。そうしている点がすごくよくわかる。。。

入替の内容や意図はすごく良い。チャンスを出来るだけあたえようとしている。当然若手がやる気になる。チャンスをくれるってのは、すっごくやる気になるんだよねえ・・・。停滞していた数年間には全くなかったから、若いのがやる気失っていた。。。前回シリーズのアスレチックスなんか、少し前のレッドソックスの若手ばっか。当時から活躍の場を与えられていなかった、ジョシュ・レディック、ジェド・ラウリーが、アスレチックスの完全に主力なんだもの・・・。いかに、数年前に使われずに干されていたのがよくわかる。

エプスタインバブルが、空気をよどませていたんだよなあ・・・・。


無能監督に使われなくても、メジャーリーグは、移動の自由度があるから、チームは変わることで、実力があれば必ずといっていいほど、メジャーに定着できるようになる。トータルでチャンスが与えられるシステムになっている。アメリカンスポーツの世界は、その点すばらしい。



先発はデンプスター。開幕から、4月。仕事をしっかり出来ている。今日もデイビッドロスの良いリードを受けて、しっかり結果を残す。スプリット、チェンジアップがやっぱり良い。

アストロズの先発ベダードも内容はけっこうよかったけど、今日は、ボストンの打者が乗っていたなあ。。。


デイビッドロスが、ホームラン2発、そしてキャリア初の1試合4安打と大活躍。ベダードとタイミングが合っていた感じで、2打席連続の場外ホームラン。



シリアコも先発。最近、活躍しなければって焦りが見受けられるような、ボールをブンブン振っていたけど、今日は、第一打席から、ボールをしっかり見ていた。アドバイスされたか・・・・。第一打席はスリーベースヒット。ヒットまでの、打席内容がよい。第二打席も、ボールをシッカリみて、ストライクを振る感じで、レフトに大きな当たり。第四打席は、レフト前ヒット。

シリアコってほんとうに、応援したくなるんだよなあ・・・・。この子が打つと、なんでかめっちゃうれしい。スリーベースの時なンかセンターとるなあーーーって、さけんでしまう。。。凡退すると、なんかガックリになる。ずっと出て欲しいなあ・・・ほんとに。華があるねん。。今日の試合の打席は焦らずに、しっかりボール見ていた。波に乗っていきつつある内容だった。よしよし!



マイク・ナポリ。

絶好調。いまや、抑えきれない。ピッチャーからみていい球やきわどい球は全てファウル。切れのいい変化球とかもボールになるなら振らない。まん中に入ったら、即KOされる。

恐ろしい。まさに今、この男デンジャラス。。。。

今日も、打点。4月がまだ終わってないのに、今日で27打点。チャンスに打ちまくってます。このまま、いってねナポリちゃん。


ジョニー・ゴームズ。

スプリングトレーニングでは絶好調だったけど、シーズン始まって、打てていない。内容も悪い。今日も打席では、三振の応酬だった。

しかししかししかし、そこはベテラン域&集中力は切らさない。5回の守備でレフトライナーを横っ飛びキャッチ。大ファインプレー。。。すばらしいぞー、ジョニー!!

ライナーが抜けていたら、今日勝ってなかったかもしれん。それぐらい値千金の守備だった。そして最後の打席ではレフト前ヒットで、ボストンでの初打点。ファーストでは、ほっとした顔。いいねえ・・・・・




勝ちゲームは、もちろん!

田澤純一登場。SACFLYで1点取られた。相変わらずスプリット、カーブのキレは悪い。なんとか今日もファストボールの勢いで抑えた。結果オーライ。

そして、上原浩治。
落ちが悪めのスプリットをツーベース食らうも、今日は、なにより顔が良い。いい顔していた。。。気合いの入ったいい顔。ツーベースのあとも、もう一度、集中させるような感じだったから、今日は抑えるな。。。。とおもいながら、見た。。。キッチリ抑えた。



最終回は、3点差だったのにアンドリュー・ベイリーではなく、アレックスウィルソン。このあたりも、ファレル&新コーチ陣のいいところ。勝ちゲームで若手をしっかり使う。このあいだメジャー初登板したばっかりのウィルソン。初登板の時は、緊張しまくっていたのが映像からもしっかりわかったけど、今日は落ち着いていた。ボールはいいから、3人であっさり片付けて、勝利。




4月のスタートが良かったから、流れがすっごく良いレッドソックス。テロの影響もあって、フェンウェイには空席目立つけど、勝っていけば戻ってくるだろう・・・。

ベンチの雰囲気もすっごく良さそうな、ナイスゲーム。



レイズとの第3戦。2013ジャッキー・ロビンソン・デー&ペイトリオッツ・デーの記念日。

同点に追いつかれた9回に出た出た出ました!マイク・ナポリのグリーンモンスター直撃ツーベース。

一塁走者、ダスティン・ペドロイアが走って走って、、、走って、ウオーク・オフ・ゲーーーーーム!

レイズ戦1回戦に続いてのサヨナラ。。。

やっっほーーーーーーーーい。

がっはっはーーー

よーっし、いいぞー!



先発ピッチャーは、デンプスター。

今日は、コントロールがよかったし、スプリットのキレも良かった。。。。ま、審判のコールにも助けられたのもあったけど、ロンゴリアのホームランの1発に抑えたのは、グッド。

上原がセットアッパーの8回。危ないセンターフライあったけど、結果オーライ。スプリットの切れもいいし、しっかり仕事して、またまたベンチできっついハイタッチの応酬。よく見ると、上原のきついハイタッチに、みんな力入れて手を出すようになったのが笑える・・・・。

1点リードで、クローザーへ。ハンラハンではなく、アンドリュー・ベイリー。ハンラハンが、いったんお休みって感じだな・・・・。正解だろう。20球程度で下半身がヨレヨレになって、ファストボールも5マイル落ちるようなスタミナでは、乗り切れん。

ベイリーは去年までは、クローザーやってたし順当。しかし、失点。なんとか逆転はさせなかったけど、やな予感。

しかししかし、9回裏、ビクトリーノがおしい当たりのレフトフライ。ダスティン・ペドロイアが、モリーナの味方もだませる恐るべきキャッチングをかいくぐって、(審判だけは、モリーナキャッチにだまされてなかった・・)フォアボール。

そしてそして、気合いのナポリ。ホームランも期待する中、スプリットを泳がされながら腰が残って、レフトへ。。。

すばらしい!

ビクトリー!!





これで、レイズ戦3連勝。

レイズの打線が、2012年からは大きくダウンしている感あり。やっぱ、アプトンがいないのは、こんなにも大きかったのか・・・・と思わせる打線だ。アプトンは波が大きかったけど、打つときは連続でホームラン打ちまくったりするからめっちゃやっかいだったし、怖かった。それに、ぺーにゃがいないも、意外に大きい。存在感がぜんぜん違うってことだな・・・・。ファーストは、去年のドジャース・レッドソックス超大型トレードでアメリカンリーグに来たロニーもいいバッターだけど、ホームランがあんまりない。となると、今年のレイズはロンゴリアさえ抑えれば、大量点がないって打線になってしまっている。まあ、GMとしては、少ない予算だし、ピッチャーがすっごいのがいっぱいいるから守って勝つってことなんだろうけど・・・・

チーム力はそんなに差がない両チーム。ボストンの気合いで3連勝。



気になるのは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア。今日で、打率1割切った。大振りになっている。、スプリングトレーニングで、クリフ・リーから打ったホームランで調子にのってしまったか・・・・と思ってしまう凋落ぶりだよなあ・・・・。まったく、ボールが見えていない。振りが大きすぎる。カラダが開きまくって・・・・プレシーズンで4割打った選手とはまったく別人状態になってしまった。とくに変化球への対応がひどい。全部空振り。。。。守備でも9回、記録には残らないけど、間に合わないホームに投げて、バッターランナーをセカンドに行かせたり、、、見えてない感じだ。若いからなのか、バットの調子が悪いからなのか、、、、どちらにせよ、まだだった・・・・と感じる状況。今日も先発だったけど、いいところなし。

チェリントンはどこまでがまんするか・・・・こりゃ、みものだ。明日はレフト・ゴームズでいくのか、まだまだ使うのか・・・・。ゴームズのようにDHはないだろうし、このまま悪いと、スコット・ボラスが何を言おうが、AAAで調整もあるかもしれんなあ・・・・・。不公平感が出てくる前に、ゴームズを先発にすべきだな・・。




チームは、調子がいい。しかし、チーム力は、前評判とかわらず、もともと高くない。勝っているけど、紙一重だろう。プレーオフゲームのような選手のやる気に支えられている感じがする。シーズンはまだまだ始まったばかり。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアをゴームズにかえる。
シリアコも先発で使う。
キャッチャー、ロスの出場機会を増やす。

長いシーズン見据えてやっていくべきだな・・・。



そういえば、、、

こないだ、マウロ・ゴメスがジェイズにいっちゃったなあ・・・・。ということは、ファースト控えは、マイク・カープにしたってことだな。。。ま、オルティズが戻ってくれば、アクティブ外れるだろうけど・・・・




去年は、サヨナラはされまくっていたけど、今年はもう、2度目。勢いつくんだよなー、選手は。。。

ヤンキース、ジェイズ、オリオールズ、そしてレイズとのきつかった、東地区との開幕シリーズ終了。明日は、補強がんばったインディアンズ。どんな選手がいるのか楽しみだーーー



ヤンキースとの開幕3連戦、第3戦。

打線のつながりもいいから、スイープいきたいところ・・・。



先発は、デンプスター。

正直ヤンキースの超主力いないから3点ぐらいに抑えれば勝てるんじゃないかと・・・みる。

初回から、ビックリの、、、セカンドランナー、ビクトリーノでヤンキース先発のアンディ・ペティット。ワイルドピッチで三塁に・・・・と思ったら、おれの嫌い選手ベスト5に入るセルベーリが緩慢な動き。ビクトリーノが三塁回ってホームに突入!

うおっー!

どうだ!!

・・・・。

アウト。

・・・。


おしい。

惜しかった。とにかく、惜しかった。アウトになったけど、セルベーリの手を抜いた動きを即座に判断してのホーム突入。すばらしい。アウトになったけど、間一髪だったし、セルベーリがホームに突撃してこなかったら、セーフだった。

こういうのは去年までは全くなかったなあ・・・・。

イチローが常々言う、野球で一番むずかしいのは走塁ってやつ。。まさにそんなシーンだった。一瞬の判断は確率でもなく、統計でもないねん。複雑な出来事が合わされまくっているなか、最善の判断を下して行動する。それが超一流と一流の差だろう。

プロの仕事。

ビクトリーノ。集中していなかったら、ただ三塁に行くだけだったろう。おれも、全く考えずに見ていた。。。チャンスが今ないか・・・いつも思っていないと絶対に出来ないホーム突入だった。


初回からうなっってしまった。

慣れると出来ない動き。勉強になった。当たり前的な発想があったなら、ぜったいにホームに行こうなんて思わないはず。。。

うなった。。。。





そして、1回裏、今度は、セカンドへの盗塁を試みたガードナーに、デイビッドロスの目の覚めるセカンドへの投球。ピンポイントでアウト。スタートもカンペキだったけど、ロスのキャッチからの動作の素早さ、送球の正確さ・スピード・・・・カンペキ。

すばらしい!!

エクセレント!!!

ロスは後半も盗塁を指した。この人すばらしい。

いやあ、1回表裏で、超一流のメジャーリーガーのレベルを見た試合だった。


ゲームは負け。

デンプスターが3点取られて、ブラッドリーのタイムリーで一点返したけど、8回裏のモーテンセンがストライク取りに行ったあまりにも警戒感のないストレートを、嫌いなベスト5に入る素手で打つセルベーリにホームラン。

モーテンセンだからなあ・・・・。ちっとは注意しろよー。ロスは責められない。ボール先行で、セルベーリだし警戒しながらコースつけば、大丈夫の判断で投げさせたんだろう。しかし、まだまだのモーテンセン。

この一発大きかった。

当然。ヤンキースのクローザーは、この男。現役で唯一の42番。そして、今後も誰もつけることもないだろう42番。

まさに、守護神、マリアノ・リベラ。

靱帯なんかやったときは、もうだめかと・・・と思ったけど。。。


復活!

鉄人。

生ける伝説レベル。

20センチぐらい横に曲がるカットボール。

常人には、意味わからんすごい球投げるヤツ。

ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアもみたこともないカットボールに三振。。。

カッターのキレはイマイチだけど、ゲーム終了。


しょうがない。

左打者がマリアノ・リベラのカットボール打つには、イチローのように山張って、思いっきり開くしかない。

そう考えると、やっぱイチローってすごすぎるな・・・・。





ビクトリーノと、ロスのエクセレントプレー見ただけでも良かった試合。



開幕。ヤンキース戦。2勝1敗。上出来だろう。

明日は、ロードで、ブリュージェイズと3連戦。、前評判はめっちゃ良いジェイズ。でも勝ち越していきたいもんだ。・・・・





プレシーズンマッチ、ヤンキース戦。

ヤンキースのメンバーは若手中心。毎年この時期の東地区対決は主力温存するのがジラルディのパターンになっている気がする。

先発は、デンプスター。

もはや、ケガさえなければ完全に計算できそう。。

シーズン入ったら、ホームランもそこそこ打たれるだろう。ランナーも出すだろう。

でも、シーズン投げきったら10勝してるってひとなんだろう。10敗するだろうけど・・・。

先発4.5番手にはふさわしいね。固い。堅い。

順調に仕上がっている。




ナポリに豪快センターオーバーのホームラン!!

良い。

すばらしく良い。

飛距離が。

いやあ、、、、やっぱこの飛距離はもうスッキリするねえ。。。

有無をいわさないこの圧倒感っ!

疲れも吹っ飛ぶし、ストレスも吹っ飛ぶ。

最高!

ケガなくいってほしいなーーー




ミドルブルックスがサードで先発。

復帰。

よかった、よかった。。。

手首痛がったときは開幕ダメだろうって雰囲気だったもん。。。

ほっとした。

ナポリを補佐する右のもう一枚。

ミドルブルックスがいないと、得点計算できないから。。。

よしよし。


そして今日は、田澤。

ハッキリ言って、プレシーズンいいところなし。

そして、本人も自覚している。

ハンラハンがサード、サットンの2回のエラーも絡んで球数投げすぎだったから

次の回の登板だったろうに、ツーアウト満塁で登板。

コマーシャルもなかったから、マウンドでの投球練習も見れたから満足。

気迫がみなぎっていた。

結果出していないのがわかっているし、今日はカットとの勝負になるのは明白。

顔がぜんぜん違う。

成長したなあ・・・・・・。

社会人から即メジャーいたとはいえ、マイナー経験もシッカリ積んでの現在。

手術もしたし、成長が見て取れる。

結果ほしい時にシッカリ出す。プロだな。

プロになった。

細かいところでは、プレシーズンでの登板でのイマイチ部分をきょうは修正してきていた。

このあたりも、すばらしい。

結果出さないといけないプレッシャーのなか、しっかり精神とボールをコントロールしていた。

最高だね。

男の20代半ばからの成長は、空を飛ぶレベルだな・・・・。

満塁のピンチを抑えて、次の回も登板。

キャッチャーラバーンウェイだから、サインに首振りナシ。気兼ねなく、安心して自信もって投げている。

マイナーでともに成長してきたコンビの連帯感。

ヤンキース打線も完全に沈黙。

すばらしいかったなあ。。。。



シリアコが途中ライトで出場。

今シーズンはユーティリティーなんだろうけど、本人腐ってないかなあ・・・・。

ちと心配。

バットはいい。

去年の後半より、ボールに一直線にバットが出ている感覚を受ける。

先発でみたいなー

ぜったい結果出すとおもうんだけどなー。

ホームランも10本は打つよ、シリアコは・・・・。

ドリューケガしないかな・・・・・。うーん。。。。ひどいなおれ。。




ゲームは若手中心なんだけど、この時期独特の緊張感がある。

若手は結果だしてアピールに必死。

みんな必死。生活かかってるし、ピリピリしてる。

ヤンキースの若手もキラリと光るヤツがチラホラいる。自分の仕事もちゃんとわかっているし、ロースターのすごいやつばかりに目がいきがちだけど、やっぱり強いチームは、下からの突き上げがきついな。。。




いろんな見所があって最後までしっかりみた、いいゲームだった。

田澤の内容、結果、両方よかったし、今日の投球で、開幕ロースターに残っただろう。

首脳陣も完全にメジャーリーガーになったと理解したはずだ。

1 2
↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ