ライアン・ラバーンウェイ

ヤンキースとの4連戦、第1戦。

9対8で、延長10回勝利。



疲れた。。。

見応えありまくり出し、ミスもあったけど、とにかく大盛りてんこ盛りのゲームだった。

ピービィがしっかり投げていて、ヤンキースはノバ。

ノバをひさしぶりにみたけど、なんかグレードダウンした印象。こりゃ、点取れるだろう・・・。とおもいながらみる。


前半から、リードしつつ。6回表で、7対3。

楽勝か?

って思ったのがいけなかったね・・・。思っていた人多かったんだろうね。。6回裏、ヤンキースに大逆転食らわされる。

しかし、ソーントンのレベルがひどいな・・・。いらんぞー。ブリツンでいいんじゃないか・・・左いるときは。ダメだよ。ソーントンは。ぜんぜん。決め球ないもん。。。

ランナーためられて、田澤に交代。遅い。カノーまでソーントン伸ばしたらダメだよ・・・

田澤は、ソリアーノシフトの逆ヒットとかあったけど、配球が悪いよなあ・・・・。ラバーンウェイ。

打つ方は、今日もラバーンウェイよかったけど、変わらずヘタなフォームなんだけど、結果は出ていて・・・。でも本職のキャッチャーで、配球悪い。

うーん。・。・。。とおもったな・・・。

目立ったのは、追い込んでのグランダーソンへの球。それと、追い込んでのオーバーベイへの球。

なぜかな・・・・。

ヤンキースのバッターの特徴やっぱしらんかな・・・。メジャー経験すくないからだろうかな・・・・。

追い込んでグランダーソンにストレートに近いスプリット。打つだろうよ。ストレート系にめっぽう強いんだし。。。決め球カーブにしろよなあ・・・・。

そして。オーバーベイへ。ツーストライク目に、96マイルの速球で空振りしてるのに、なぜ決め球変化球(たぶんスプリット・・)かな・・・。年なんだし、95マイルレベルの田澤のストレートで勝負だろ。弱いよなあ・・・・配球が。田澤も慣れているからクビ振らないンだよな・・・・。イマイチ・・。

ぜんぜん、なってないわーラバーンウェイ。

配球ダメで、逆転されたような6回裏だった。




まあ、この時点では、もうガックリ。やばいとおもった・・・。

セットアッパーに安定感のあるロバートソン。そして、クローザーにリベラ。

だめだとおもいながらも、みる。。。


9回表ツーアウトから、ナポリが出て、代走ベリー。

盗塁。

送球それて、ランナー、サードに。

そして、スティーブン・ドリューが、ライトセンター間へヒット。

同点。

まいった。

これには、参った。

思い出したね、あの、デイブ・ロバーツのシーンを・・・・。

2004年。マウンド上には、マリアノ・リベラ。

誰もが盗塁すると思っている中での盗塁。

今日、似てたな・・・・。

デジャブ見てるかのようだった。

生還のベリーがガッツポーズしながら、ホームイン。

これだから、やめられませんなー!!


10回、ジャヴァ・チェンバレンから得点して、10回裏はクローザー上原浩治。

緊張するねえ・・・・・。

先頭は、アレックス・ロドリゲス。

一発あるかも。こえー。怖いぞー

打ち上げても、ぜんぜん打球が落ちてこないセカンドフライ。ワンナウト。

ふー。

次、オーバーベイ。もちろんホームランある。

ねばりにねばられる。ドキドキしまくり。

ファウルファウルで、スリーツー。

で、スプリットが外角に流れて、三振。

ガッツポース取ったね。。。

そして、イチロー。

なんちゅうストーリー展開。

ちょっと意識したのだろうね、上原は。ボール先行。

それでも、フォークでストライクとって、最後も三振。

エクセレント!!

奇跡の大逆転勝利!!




3試合分の内容だった。

配球ミスとか、ソーントンがいまいちだとかいろいろあったけど、マリアノから同点にして、最後は勝つ。

なんちゅう、勝利だ。。。


さあさあ、今日は終了。まだまだ気の抜けないゲームがありまくり。

明日は第2戦。山です。



ヤンキースとの3連戦、第3戦。

マリアノ・リベラで締められて、敗戦。

この同地区対決の2シリーズを、2勝4敗。

厳しい戦いだなあ・・・・・。

なかなか勝たせてはくれないね。



ヤンキースとの3連戦も、余裕で勝ち越しできると思っていたけど、

ヤンキースのピッチャー、

ペティット、黒田、サバシアにそこそこ抑えられて、その上、ブルペン陣がいいね、ヤンキース。

意外だった。

おまけに、グランダーソン、A・ロッドの復帰。

2枚戻ったのは、やっぱり大きいね。

もともとつけいる隙もなかったヤンキースが、2013年は主力のケガだらけだった。

でも、けが人が戻りつつある中、おまけにブルペンも良いし、やっぱり強い。



レッドソックスメンバーも開幕から、ほぼ全員全力で戦ってきた。

勝つ意思がみなぎっていたし、やる気ないやつほとんどなし。

見てればわかる。

でも、長丁場のシーズン、けが人が続出している。

なんとか先発は、ピービの補強で試合は作れているけど、

ビクトリーノ、ナポリ、ロスのケガが大きい。

特にロスのケガが長引いているから、サルティへの負担が大きくなっている。

ラバーンウェイを使ってはいるけど、打てないのは相変わらず。

サルティをついつい使ってしまうようになってしまっている。しかし疲れが取れてない。

ロスがいれば、リード面でも、ベテランの配球術はやはり違う・・・。

ロスの復帰が長引いているのが、めちゃめちゃ痛いね。



勢いが止まりつつあるけど、踏ん張りどころだけど・・・・。

8月後半、そして9月。

正直、ピッチャー。

ピービの補強は大きい。


レスター、ドーブロントがイマイチ気味だし、

去年休んだラッキーは、スタミナが・・・。

前半大活躍のバックホルツは、いつまでたっても戻ってこない。

現実厳しめ。

おまけに、ますます、1点、2点が勝負を分けるようになるシーズンクライマックス。

ブルペンも、きょうの試合でもブリツン、デラロサ、モラレス、イマイチ。

モラレス、デラロサは、どうも集中力ない投球だった。

デラロサも期待していたけど、審判の判定に完全に集中きれていた。若いからだけど、いかんな。なんとなく、来年の先発の練習程度でしか考えてないような投球だった。

モラレスは、去年活躍したけど、今年最初からDL、復帰以後もイマイチが続いている。続かないと、やはり厳しいね。

ブルペンが、上原の前がなあ・・・。負けていても、最少失点に抑えられる投手がいなくなっている。田澤だけでは、厳しい。


結局、ブルペン勝負で、ヤンキースに負けた。

コツコツつなげられて、走られて、試合後半で3点追加されている。

ちょっと、良くないな・・・・。

シーズンの勢いを落としそうなきょうの敗戦だった。




ラストスパートへ、ちょっと、厳しいかもしれん。。。。




アストロズ戦。

ピッチャーは、けっこう内容の良い投球しているナックルボーラー、ライト。

アストロズだし、使ってみようってことだろうなあ・・・。

しかししかし。

初回に、オレのイチオシ、ライアン・ラバーンウェイがパスボール連発。

いやあ。。。。まいった、まいった。

合計4回。

初回に4回、パスボール。

しょうがないだろう、これは。。。みていてもずっと笑うしかないもんな。

4回目は、ファレルもちょっと笑っていたような・・・・・。


1発目のは、ミットが悪かったかな・・・・。

ミットは、やっぱり、ナックルボーラー用的な、皮の薄いタイプ。しかし、普段使ってないのが丸わかりのカチカチに見える。

うーん。しょうがないよなあ・・・・。

2回目、3回目、4回目ははっきりいって、完全に「どこにいくかは、ボールに聞いてくれ!」ボールだ。

よく、4回で済んだほうだ。そのあとも、よく、取ったよ。


映像見ていても、これは、取れないなあ・・・・。思う。

ウェイクフィールドのナックルは、けっこうスピード遅めで、揺れながらふらふら落ちるみたいなボールなんだけど、ライトのナックルはディッキーに近いスピード早いナックル。おまけに、横に流れるようなボールもけっこうあるんだよなあ・・・。

かわいそうなラバーンウェイ。

そういえば、ウェイクフィールドが投げているときも、ミラベリってほとんど専用キャッチャーがいた。解雇して、ジェイソン・バリテックがナックル受けるようになって、パスボール連発。急遽、解雇したミラベリ呼び戻したってことあったなあ・・・・。

ラバーンウェイは、キャッチャーとしての資質はもう、超一流レベル。バリテックもそうだった。でも、とれないんだもん・・・。

2回から、ピッチャー交代。

ま、しょうがないね。




試合は、乱打戦。大きくリードされたけど、悪いけどアストロズのピッチャーだから、逆転あるかも・・・って見ていたら、だんだん点差が縮まって、チャンスに、ラバーンウェイ。逆転RBIヒットかまして、本日大活躍!

よしよし。




トレードを整理。

ボストンとしては、イグレシアス出して、ピービを獲得って感じ。

まあ、あるかもとは、思っていた。イグレシアスの放出は・・・。活躍すると、次の契約のこともあるし・・・。となると、イグレシアスとの次の契約のことを考えると、ボガーツの存在との比較ってことになるんだよね。

シーズン前半大活躍のイグレシアスだったんだけど、マイナーには、そう、イグザンダー・ボガーツがいるから・・・・。正直、イグレシアスには、今シーズン最後のチャンスだったかも知れなかった。最後のチャンスに活躍して、いい評価でタイガースいったのは、良かったんじゃないかな・・・・と思うね。シリアコとの競争にも勝ったし、サードも守れるし・・・・。

この、2.3年の監督・GMの若手の利用の出来の悪さがなければ、ほんとはもっと早く芽が出てきていてもおかしくはなかたんだよな・・・。そう思う。

これで、ショートは、来シーズンはボガーツをどんどん使うことになるはず。ボガーツは、カラダも大きく、ホームランも期待出来る。守備はまあまあメジャーレベル。おまけに、若い!今回のイグレシアス放出で、セプテンバーコールアップでは、ボガーツがベンチに入ることになるだろうな。

9月になる前に、ドリューがもし、またケガしたら、上がってくるかも知れない・・・・。



そして、ピービ。

これには、まいった。

パドレスでて、ホワイトソックスでもまずまずの投球していたけど、ここ数年悪かった。しかし、去年復活。全盛期レベルではないけど、四隅をしっかりつかって、ボールを動かすから、勝利数が読める。バックホルツのケガがなければ、獲得するのは、先発じゃなかったのかも知れないけど、今年活躍すれば、選手寿命も伸びているし、しっかりトレーニングしそうなピービなら2年、3年契約もあるかも知れないぞお。

プレーオフを完全に見据えた補強だな。



ソーントンはイマイチかな。

致命的なのは、決め球がない。

中継ぎでも、勝ち試合には今後投入できないレベルにみえる。

やっぱ、アンドリュー・ミラーの穴はけっこうでかいってことだな・・・・。ノーコンだけど・・・

ソーントン使うなら、きょう投げた、左のブリツン、右のデラロサの方がおもしろいね。まあ、安定性はまだまだだけど、やる気満々だし、決め球がある。



今年のチームは、おもしろいし、打線がつながる。チェリントンやるなあ・・・・。間違いなく、チェリントンの成果なんだよな・・・・。

きょうも、アストロズの中継ぎなら、いけるんじゃないかっておもったもんな・・・。

暑い夏。

8月は長い。

NFLのプレシーズンが今週から始まるけど、MLBは佳境に入ってきたなー。

去年とは大違いだから、楽しいなー!!!

エヘヘ。。。





アスレチックスとの、前半戦最終戦。

しっかり見る。

先発は、ブランドン・ワークマン。

すばらしい投球内容だった。選手のことぜんぜん知らんから、研究しながら追いついてみいった。

コントロールがよく、球を動かしてっていうピッチャー。ストレートスピードはそんなに速くなかったけど、的を絞らせないピッチングで、なんとなんと、アスレチックス打線を6回までノーヒット。
ま、守りもすごかったけど・・・。ゴームズ、ペドロイア、イグレシアス、ラバーンウェイの守備がすばらしい。

7回は、打たれちゃったな。初ヒットが出て、ほっとしたのか、ボールが上ずってきたのをみていた。やばいなーと。初ヒット打たれたから、交代でも・・・・と思っていたんだけど、ま、ノーヒットだったし、ブルペンの用意もまだだったのだろう。続投したけどツーランかまされて同点。

交代。

おしかったな・・・・

逆に、ノーヒットじゃなかったら、ブルペン投入していたから、勝ってたかも知れなかったなあ・・・・いってもしかたがないけど・・・。

正直、アレン・ウェブスターより、いいんじゃないかな・・・・ウェブスターは、球が軽い感じなんだよなあ。。たまに、ど真ん中投げるし・・・・。表情くらいし・・・・顔がターミネーター2に出てくるT1000型にそっくりだし・・・。

T1000型は、液体金属で出来ているんだよなあ・・・・。あれは、はじめてみたとき怖かったなー。のけぞってしまったよなあ・・・・。へたなホラー映画より怖かった。車のボンネットに手の一部が残って、それが、再び本体に結合したときは、やばかった・・・・。

どうでもいいな。。。

ま、ターミネーターはともかく、ブランドン・ワークマンいいじゃないかー!こりゃあ、後半戦けっこう期待出来るかもしれんぞー。バックホルツ復帰まで、機会あるかもだし、他の先発陣の休憩の時にも投げさせよう。



上原浩治が同点の場面できょうも登板。ナイスピッチング。きょうは、2回も投げた。オールスターのファイナルボウト結局ダメだったし、休めるからだろうな。

後半戦も、クローザーでいきましょう。



マット・ソーントンが延長戦早速登板。どんな球投げるかよーく見た。

結論から。

年俸高すぎだな・・・。。もらいすぎ。

たいした球投げてないやん・・・。ストレートスピードは90マイルから95マイルの間。コントロールもいいってほどでもない。カーブはまったくコントロールなし。3球ぐらいあったか、全部ボール、それもハッキリわかるボール。

クローザーやって、打たれまくったのがわかるなあ・・・・。カーブのコントロールないから、ストレート待たれて、ボコ打たれパターンだったと感じる。

ストレートも回転が良いというわけでもないなあ・・・。こりゃあ、つなぎレベルだなあ・・・・。ミラーの代わりにはなり得ないレベルとみる・・・。
550万ドルらしいけど、もらいすぎだね・・・。ぜんぜん高すぎるね。ホワイトソックス出し過ぎ・・・。

結局、サヨナラ負け。





前半戦最後、勝ちたかったなあ・・・。

ワークマンがすばらしい内容だっただけに、もったいなかった。

しょうがない。。。



さて、2013オールスター楽しみだ。

前半戦振り返りは、オールスターの間にするとして、前半戦大活躍のメジャーリーガーをいっぱいみようっと。



今年からアメリカンリーグ西地区に入った、アストロズとの4連戦、第2戦。

ここにきて、ロースターが動いている。

ハンラハンがとうとうDL。調整し直しだな。。。。アセベスがマイナーへ。妥当な人事。ダニエルバードがメジャー復帰。先日の登板は、まだまだイマイチ君。。ラバーンウェイがロースターに。バットの振り出し遅いの直ったかなあ・・・・?

チェリントン大忙しだ。。。

でも、乗っている選手をちゃーんと入れてきているように。。。そうしている点がすごくよくわかる。。。

入替の内容や意図はすごく良い。チャンスを出来るだけあたえようとしている。当然若手がやる気になる。チャンスをくれるってのは、すっごくやる気になるんだよねえ・・・。停滞していた数年間には全くなかったから、若いのがやる気失っていた。。。前回シリーズのアスレチックスなんか、少し前のレッドソックスの若手ばっか。当時から活躍の場を与えられていなかった、ジョシュ・レディック、ジェド・ラウリーが、アスレチックスの完全に主力なんだもの・・・。いかに、数年前に使われずに干されていたのがよくわかる。

エプスタインバブルが、空気をよどませていたんだよなあ・・・・。


無能監督に使われなくても、メジャーリーグは、移動の自由度があるから、チームは変わることで、実力があれば必ずといっていいほど、メジャーに定着できるようになる。トータルでチャンスが与えられるシステムになっている。アメリカンスポーツの世界は、その点すばらしい。



先発はデンプスター。開幕から、4月。仕事をしっかり出来ている。今日もデイビッドロスの良いリードを受けて、しっかり結果を残す。スプリット、チェンジアップがやっぱり良い。

アストロズの先発ベダードも内容はけっこうよかったけど、今日は、ボストンの打者が乗っていたなあ。。。


デイビッドロスが、ホームラン2発、そしてキャリア初の1試合4安打と大活躍。ベダードとタイミングが合っていた感じで、2打席連続の場外ホームラン。



シリアコも先発。最近、活躍しなければって焦りが見受けられるような、ボールをブンブン振っていたけど、今日は、第一打席から、ボールをしっかり見ていた。アドバイスされたか・・・・。第一打席はスリーベースヒット。ヒットまでの、打席内容がよい。第二打席も、ボールをシッカリみて、ストライクを振る感じで、レフトに大きな当たり。第四打席は、レフト前ヒット。

シリアコってほんとうに、応援したくなるんだよなあ・・・・。この子が打つと、なんでかめっちゃうれしい。スリーベースの時なンかセンターとるなあーーーって、さけんでしまう。。。凡退すると、なんかガックリになる。ずっと出て欲しいなあ・・・ほんとに。華があるねん。。今日の試合の打席は焦らずに、しっかりボール見ていた。波に乗っていきつつある内容だった。よしよし!



マイク・ナポリ。

絶好調。いまや、抑えきれない。ピッチャーからみていい球やきわどい球は全てファウル。切れのいい変化球とかもボールになるなら振らない。まん中に入ったら、即KOされる。

恐ろしい。まさに今、この男デンジャラス。。。。

今日も、打点。4月がまだ終わってないのに、今日で27打点。チャンスに打ちまくってます。このまま、いってねナポリちゃん。


ジョニー・ゴームズ。

スプリングトレーニングでは絶好調だったけど、シーズン始まって、打てていない。内容も悪い。今日も打席では、三振の応酬だった。

しかししかししかし、そこはベテラン域&集中力は切らさない。5回の守備でレフトライナーを横っ飛びキャッチ。大ファインプレー。。。すばらしいぞー、ジョニー!!

ライナーが抜けていたら、今日勝ってなかったかもしれん。それぐらい値千金の守備だった。そして最後の打席ではレフト前ヒットで、ボストンでの初打点。ファーストでは、ほっとした顔。いいねえ・・・・・




勝ちゲームは、もちろん!

田澤純一登場。SACFLYで1点取られた。相変わらずスプリット、カーブのキレは悪い。なんとか今日もファストボールの勢いで抑えた。結果オーライ。

そして、上原浩治。
落ちが悪めのスプリットをツーベース食らうも、今日は、なにより顔が良い。いい顔していた。。。気合いの入ったいい顔。ツーベースのあとも、もう一度、集中させるような感じだったから、今日は抑えるな。。。。とおもいながら、見た。。。キッチリ抑えた。



最終回は、3点差だったのにアンドリュー・ベイリーではなく、アレックスウィルソン。このあたりも、ファレル&新コーチ陣のいいところ。勝ちゲームで若手をしっかり使う。このあいだメジャー初登板したばっかりのウィルソン。初登板の時は、緊張しまくっていたのが映像からもしっかりわかったけど、今日は落ち着いていた。ボールはいいから、3人であっさり片付けて、勝利。




4月のスタートが良かったから、流れがすっごく良いレッドソックス。テロの影響もあって、フェンウェイには空席目立つけど、勝っていけば戻ってくるだろう・・・。

ベンチの雰囲気もすっごく良さそうな、ナイスゲーム。



プレシーズンマッチ、ピッツバーグ・パイレーツ戦。

パイレーツの先発ピッチャーイマイチっぽい印象だったから、打つ方は参考にならんと感じてみる。



先発はバックホルツ。

過去、ローテーションには入っているものの、イマイチ安定感欠けるシーズンばっかの投球内容。今年はどうか・・・。

1.2回あんまり良くない、カーブがきちんとコントロールされていないし、チェンジアップが去年から引き続き落ちなくなっている。ただ、今日はキャッチャーがロス。リードがいい。助けられたね。。。

3回以降は、コントロールが良くなってきたし、カーブとチェンジアップが悪いとわかったのか、ツーシーム(ワンシームかも・・)と、カッターでうまく打ち取っていた。
ローテーションピッチャーとして、このあたりは成長のあとがみられた。結局、ホームランの1失点に抑えて降板。観客から大拍手。プレシーズンなのにこの雰囲気。やっぱファン多いボストン。

球種が増えて、スプリットも投げるようになって、バッターに絞られなくなった。ノーヒッターのころのストレートと二つのカーブだけの時代が、ほんに、懐かしいと思えるほどたくましくなった。よしよし、ローテ2番手決定!




2番手には、回の途中から田澤純一。このあたりは、もはやシーズンの感じ。カンタンにゲッツーに打ち取った投球。まずまず、次の回も登板。ストレートの伸びがある。しかしスプリットが相変わらずコントロールが定まらない。カーブは今日は良かった。
回をまたいで3回目。投球数が20球を超えたあたりから急速にダウン。球がおじぎして、みていてなんか足に来ているような・・・・。フォアボール連発で、交代。
内容は良かった。回を2回またいでの登板だったから、しょうがないね。またぐと肩が冷えるから、スタミナも消耗する。シーズンでも3回投げることはあんまりないだろうから、いいだろう。




打順は、開幕オーダーか?と思うメンバー。

1番センター   エルズベリー
2番ライト     ビクトリーノ
3番セカンド   ペドロイア
4番ファースト  ナポリ
5番サード    ミドルブルックス
6番DH      サルタラマッキア
7番レフト     ゴームズ
8番キャッチャー ロス
9番ショート   イグレシアス

うーん。。。。。
ショートが解せんが、開幕あり得るオーダーだった。

エルズベリー、ビクトリーノはイマイチ。
ペドロイア、は順調。ナポリは、球の見送りかたはやはり4番だ。
5番ミドルブルックスは今日もフェンス直撃のでっかいヒット。この男の打球はマジで伸びる。すげー。
サルティはキャッチャーとしては、超低レベルだけど、打者としてはアッパースイングで当たれば飛ぶ。ラバーンウェイではこうはいかない。

ゴームズは安定してヒット打つだろうし、ロスも打つ方はともかく、今日のリード、肩の強さ、キャッチングブロッキングレベルは、完全に正捕手レベルだ。サルティにマスクかぶらせずに、ロスのマスクでシーズン行くべきだ。
イグレシアスは、ストレート系には対応出来るけど、今日もブレーキングボールはてんでダメ。なぜ出しているのか理解できん。シリアコどうしたんだろ、ケガかな・・・・。出せよなシリアコを。





開幕まで2週間。25人、40人ロースターどうなるか・・・・。楽しみだ。
ブラッドリーは入るのか。デラロサはどうか。アセベス、バードの位置づけは?オーバーベイ、スウィーニーをどうするのか。。。

興味はつきないなー




ツインズ戦。

開幕まで2週間。

そろそろ開幕の25人ロースターを考えながらみる。



ボストン先発は、ドーブロント。

先発への一度のチャンスのつかまえた男。

初回ボールが上ずっていたけど、なんとか無失点。

ま、マウアー、モウノーがWBCでいないから、ミネソタツインズのバッターは若手ばっかり。抑えて当然の部分はあるんだけど・・・。

そのあたりも入れても、まあまあ安定してきている気がするね。。

2012年チームが崩壊している中でも、ローテを最後まで守っている自信かも・・・・。

ストレートはそんなに早くないけどゆったりしたフォームからのチェンジアップ、カッター、カーブと、変化球はさえているからヒットは続かない。

まあまあ、2013年も10勝行くだろうなあ。

うまくいけば13勝いくかも・・・・期待の3番手だっしょ。




田澤純一が2番手ピッチャー。

うーん・・・・。よくないねえ、内容が・・・。

先頭打者にも追い込んでの、スプリットが全く落ちない。スプリット2球続けて投げて、ほとんど落ちなくって、その球をヒット食らう。

次の打者はゲッツーだった。けど、はっきりいって打ち損じで、球は甘い。マウアーなら確実2塁打って球。

ストレートは90マイルいかないのがほとんどで、去年のようなストレートのキレもまったくなし。

カーブも決まらずスプリットもだめだからフォーシームで勝負となって、1回の最終打者を三振。

2回目。フォーシームが伸びてきた、初球から球が伸びているし、スピードガン表示も90マイル。いい感じ。

でもトータルでは、2回投げて、2回はフォーシームがほとんど90マイル乗ってきたけど、カーブ、ツーシームのコントロール悪いし、スプリットは手前でワンバウンド。変化球のコントロールが全くダメだった。どれか一つでも良ければいいけど、よかったのはフォーシームだけ。

結果は無失点だったけど、ツインズは若手のオンパレードだったからで、内容はさんざんだったように思う。

いけないね・・・。

去年の後半の胸のすくような球のキレがない。契約はしたし、開幕ロースターには入るだろうけどこの内容の投球だと、シーズン入っては打たれる。

体重増やして、キレがないのか・・・・。いまのカラダで適応していくのかなあ・・・・、体重元に戻さないだろうから、合わせていくしかないんだろう・・・・・。




3番手がカーペンター。

ランナーは出していたけど、変化球が良い。

中継ぎでロースター残るかも知れないレベル。あと2週間のあいだも、同じような内容で投げられたらいいんじゃないかな・・・。




つづいてバッター。

エルズベリー。

もはや、大活躍した年にはならないね・・・。

3割近くは打つだろうけど、このままでは今シーズンで出て行くことになるだろう。

プレシーズン戦で、若いジャッキー・ブラッドリーシュニアが好印象だからシーズン途中もしかしたらトレードもあるかも知れない。



ペドロイア。

ますます一球入魂が伝わってくる。ヘルメットは、マニー状態になっておもしろい。松ヤニだろうか、、、ますます年期がはいったヘルメットに。。。



サルタラマッキアがホームラン。

結果出してるね。キャッチャーとしてのレベル、激低レベルなんだけど、打つなら当然先発に残る。結果出せば開幕残る。となると、ラバーンウェイは結局今年もマイナースタートってことだろう。

キャッチャーはサルティとロスで決まりかな。


今日ちょっとピクッときたのが先発で入ったショートのマレーロ。センスがある。守備での捕球、送球ともに安定してしていたし、ヒット2本。センター返しで結果残した。バットの振りの技術もまずまず、伸びる可能性がおおいにあるねえ。たのしみー!

ショートはいつのまにか激戦区。レベルは高くないけどな・・・・。今年後半は、シリアコがレギュラーで、マレーロが控えでいいんじゃないかな・・・・若いのみたいんじゃーっ



マイク・カープがイマイチ。

振り出しのワキ甘いし、ダメだろうなとはおもいながら見てるけど、やっぱ結果も出ない。

開幕ロースターはまずムリだね。

外野はレフト、ゴームズ。センター、エルズベリー。ライト、ビクトリーノで開幕ほぼ決定。

控えの競争激しい。ナーバ、スウィーニーの一騎打ちかと思ってたけど、ジャッキー・ブラッドリーシュニアが入るか・・・・・。





今日のゲームでは、ドーブロントが先発ローテーションでちゃんといけそうって結果出したので、満足だな・・・。長いシーズン、先発で大きく試合が決まる最近の傾向だから。。。

打つ方は安定感なし。7割勝てるようなチームでは全くなさそうだなあ、、、、。。

あーあ。。。



プレシーズンマッチ、レイズ戦。

数日前から、オルティズとスティーブン・ドリューがケガだそう・・・。

オルティズは、どうも開幕出場があやしいレベルだそうだし、こりゃたいへん。

痛いなあ。

ほんでもって、スティーブン・ドリューもケガ。

まあ、、、

こちらは,,

予想どおりかな・・・。

毎年ケガしてるし、、、

たいして打たないし、、、

もともと、オレはまったく期待してないし、、、

で、

チェリントンには悪いけど、

楽しい選手シリアコの出場機会が増えるから、よしとする。




試合は、ジョン・ラッキーが先発。

キレもなくスプリングトレーニングが経過しているが、どうか。。

うーん。。。

初回はまずまずだったけど、投げ終わるまで結局2点とられた。

内容もやっぱりイマイチだなあ・・・・。

ストレート(ってあんまりないけど・・・)が走ってない。

ブレーキングボールも切れてない。

先月からの上昇している気配が見られないピッチングだった。

開幕まであがってこない可能性もある。

そうなると、投げても5回までに5失点とか先発の役目を果たさないレベルになるんじゃないかなあ・・・・・

レッドソックス歴史上、実力に見合わない超ウルトラボッタクリ契約の筆頭格のラッキー。このままいなくなっていくのか・・・・ものすっごい無駄ガネとなっちゃうのかあ・・・



上原浩治が登板。

まずまず。

ケガがなければ、中継ぎ、セットアップ、もしかしたらクローザーもあり得る。

ハンラハンの調子があがらなければ・・・

まあ、見る方としては、クローザーじゃなくても、試合に出て活躍くれるとうれしい。



ダニエル・バードが中継ぎで登板。

先発がなくなったんだな・・・と。

しかし、内容は悪い、よくない・・。

先頭打者にスリーボールから。。

第二打者に、フルカウント。

ボールがやっぱおおい。

ヒジの位置は、少し高くなり、前回よりましになったけど、どうも、下半身がついてきていない。

ケガの影響だろうか、トレーニングしきれていないんじゃないかと思う下半身の動き。

中継ぎの競争も激しい中、このままでは開幕マイナーだろう。

いまの状態で、もし実績重視で選ぶようなら、首脳陣はアホだ。



田澤純一が登板。

まずまず。

内容も悪くない。

2013年も契約決まったし、現時点では開幕ロースター決定レベル。

気になったのは、ストレートが去年よりやはり遅いのか、どうも伸びていない感じ。

首を振ってストレート試しにいった球が、芯にとらえられ打ち返されていた。

シーズン前だからと思いたい。。。。




打者は、やっぱ若手の注目。

シリアコがタイムリーで結果だした。

よしよし。いいぞ!

ダメなのは、ラバーンウェイ。

プレーシーズンの中で、どうして打てないのか考えながらずっっーと、

打てない理由を分析。

カラダはメジャーなのになぜなのか・・・・。去年からも思っていたけど、

今日ようやく腑に落ちた。

初動が悪い。

振り始める前の手首を後ろにずらすタイミングが遅い。

また、そのときに力が入っているように見えた。

なので、ほとんどの球に振り遅れている。

流しているのではなく振り遅れ。

技術的に直さないといけないのはまずここだろうな・・。

ピッチャーが投げる前から、手首を後ろに引いておくとか、

落合のように、早めの初動+ヒットポイントまでの流水のような動きがほしい。

落合レベルはムリとしても、最初から引いて構えて、そこからすぐにヒットポイントまで

まっすぐな軌道で動けるなら、一気に打率が上がるはずだし、

ホームランも量産できるようになるはず。



改良すればほかにもずれが生じてくるのはしょうがないけど、気づいてほしいものだ。

守備力はメジャーレベルだから、もったいない。

技術的な改善が出来ないなら、ヒットも出ないだろうし、守備力なら急速に伸びてきている今日も盗塁を指したクリスチャン・バスケスに抜かれることになるな・・・こりゃ。




レイズの若手にも光るヤツがごろごろいる。

ゲームは勝ったけど、プレーシーズンでの内容的にもやっぱり負けているレベルだなや・・。

現状、東地区の優勝争いできるレベルではない・・・・。

いかん。

プレシーズンマッチ、ヤンキース戦。

ヤンキースのメンバーは若手中心。毎年この時期の東地区対決は主力温存するのがジラルディのパターンになっている気がする。

先発は、デンプスター。

もはや、ケガさえなければ完全に計算できそう。。

シーズン入ったら、ホームランもそこそこ打たれるだろう。ランナーも出すだろう。

でも、シーズン投げきったら10勝してるってひとなんだろう。10敗するだろうけど・・・。

先発4.5番手にはふさわしいね。固い。堅い。

順調に仕上がっている。




ナポリに豪快センターオーバーのホームラン!!

良い。

すばらしく良い。

飛距離が。

いやあ、、、、やっぱこの飛距離はもうスッキリするねえ。。。

有無をいわさないこの圧倒感っ!

疲れも吹っ飛ぶし、ストレスも吹っ飛ぶ。

最高!

ケガなくいってほしいなーーー




ミドルブルックスがサードで先発。

復帰。

よかった、よかった。。。

手首痛がったときは開幕ダメだろうって雰囲気だったもん。。。

ほっとした。

ナポリを補佐する右のもう一枚。

ミドルブルックスがいないと、得点計算できないから。。。

よしよし。


そして今日は、田澤。

ハッキリ言って、プレシーズンいいところなし。

そして、本人も自覚している。

ハンラハンがサード、サットンの2回のエラーも絡んで球数投げすぎだったから

次の回の登板だったろうに、ツーアウト満塁で登板。

コマーシャルもなかったから、マウンドでの投球練習も見れたから満足。

気迫がみなぎっていた。

結果出していないのがわかっているし、今日はカットとの勝負になるのは明白。

顔がぜんぜん違う。

成長したなあ・・・・・・。

社会人から即メジャーいたとはいえ、マイナー経験もシッカリ積んでの現在。

手術もしたし、成長が見て取れる。

結果ほしい時にシッカリ出す。プロだな。

プロになった。

細かいところでは、プレシーズンでの登板でのイマイチ部分をきょうは修正してきていた。

このあたりも、すばらしい。

結果出さないといけないプレッシャーのなか、しっかり精神とボールをコントロールしていた。

最高だね。

男の20代半ばからの成長は、空を飛ぶレベルだな・・・・。

満塁のピンチを抑えて、次の回も登板。

キャッチャーラバーンウェイだから、サインに首振りナシ。気兼ねなく、安心して自信もって投げている。

マイナーでともに成長してきたコンビの連帯感。

ヤンキース打線も完全に沈黙。

すばらしいかったなあ。。。。



シリアコが途中ライトで出場。

今シーズンはユーティリティーなんだろうけど、本人腐ってないかなあ・・・・。

ちと心配。

バットはいい。

去年の後半より、ボールに一直線にバットが出ている感覚を受ける。

先発でみたいなー

ぜったい結果出すとおもうんだけどなー。

ホームランも10本は打つよ、シリアコは・・・・。

ドリューケガしないかな・・・・・。うーん。。。。ひどいなおれ。。




ゲームは若手中心なんだけど、この時期独特の緊張感がある。

若手は結果だしてアピールに必死。

みんな必死。生活かかってるし、ピリピリしてる。

ヤンキースの若手もキラリと光るヤツがチラホラいる。自分の仕事もちゃんとわかっているし、ロースターのすごいやつばかりに目がいきがちだけど、やっぱり強いチームは、下からの突き上げがきついな。。。




いろんな見所があって最後までしっかりみた、いいゲームだった。

田澤の内容、結果、両方よかったし、今日の投球で、開幕ロースターに残っただろう。

首脳陣も完全にメジャーリーガーになったと理解したはずだ。

パイレーツとのプレシーズンゲーム。

今日は、マイク・ナポリがレッドソックス初登場。

ワクワクして、みる。

守備でケガになりそうな交錯プレーあったけど、なにごともなく大丈夫そう。よかった。

バッターボックスにたつナポリ。

やっぱり、ただようホームランバッター独特の雰囲気。

「当たったら、飛ぶよっ」って言ってるような雰囲気。。。

いいねえ!!

すごくいいねえっー!

ピッチャーからすると、たとえ結果的に抑えても疲れる。。。

すっごく疲れるんだよね。

そうすると、蓄積された疲れが先発なら平均7回投げれるイニング数が6回になったり、

ほっとして次のバッターに一発噛まされるとかになる。

長打打てるバッターはやっぱり違うな。。。



今日はワンヒットで終了。

守備機会もしっかり対応していたし、ケガなくいけば25本は打ってくれるだろう。

「打ってくれるかも知れんっ」って期待しながら見るのが、なーーんか久しぶりかもしれん。。

ウキウキしてきた。



ミドルブルックスの代わりに今日のサードは、シリアコ。

この子はいいねえ。。。

センスがすばらしい。

最初の打席でもいい当たりのセンターフライだし、

内野安打で出たあと盗塁決めるし、

非常に良い。

ちょっとはじけたら、線は細いけどうちよるアプトンになれるんじゃないかな・・・・って思う。

アプトンは線細いけど、ホームランは打つ。

今年大型契約結んだアプトンレベルにいけると思うんだけどなあ・・・




今日のトピックスは、2番手に登場したデラロサ。

はっきりいって、良い。レベル高い。


でも、

あんまりよく知らなかった。

で、調べる。

去年の超ウルトラトレードで、ドジャースからやってきたピッチャー。

よく知らなかったわけは、トレードで来た去年も投げていない。

調べると、2011年8月にトミージョン手術やってるから、ずっと投げていなかったみたい。

で、1年半程度たった2013年投げれているそうな。。。

年齢24歳。ドミニカ出身。

ピッチングを見ると、今日ロースター締めなら、中継ぎなら当確選手だ。

今日見ていると、ストレートは90マイル以上。

ブレーキ鋭いスライダー。カーブは2種類程度あった。小さいカーブとタテに落ちるやつ。

そして、落ちる球もしっかりチェンジアップを投げる。

なんといっても、コントロールのばらつきが少ない。

いいですな。。。

ツーストライクのあとの、ラバーンウェイのサインを首振って投げたストレートを

パイレーツのピアにどんぴしゃ持って行かれて、二塁打。

ランナー出ての投球を見ていたけど、打たれたあと少し動揺していた。

何とかサードフライに打ち取って落ち着いて、

最後の打者も、フルカウントから何投げるか注目していたら、落ちるチェンジアップ。

フルカウントからでも変化球投げる自信もありそうだし、コントロールもある。

こりゃ、参ったな。。。。

24歳。

今年は中継ぎ決定だろうし、ボストンでの先発機会もあるかもね。

サボらなければ、2年後には確実にローテーション入るだろう。

ドジャース行ったベケットとゴンザレスにはほど遠いけど、将来先発の柱に期待できそうじゃな。

もう、ラッキーをとっとと捨てていいんじゃないかな。。




ラバーンウェイのバットが今日もイマイチ。

伸びないのかな・・・・ラバーンウェイ。

このまま、マイナーでくすぶり続けるんだろうか・・・・

もったいないなあ・・・・。なんとかバッティングの核をつかんで欲しいな。。。



ナポリの登場、シリアコのプレー、デラロサの投球。

今日の試合は充実した。。。。

シーズン開始まで、1ヶ月。

盛り上げていこう!!

1 2 3 4 5 6

最近のブログ記事

↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ