ビクター・マルチネス

こりゃまいった!

すごい補強だーーー!

マルチネスを放出して、強打者獲得しないといけないとこだったので、

プラス、これで一塁も完了となる。

一塁にはユーキリスがいるけど、これで三塁を守ることになる。

ユーキリスのおかげで、GMも幅広げて獲得できたんだよな。

 

一塁ゴンザレス、三塁ユーキリスで内野が決まるので、

同じエイドリアンのサード、ベルトレーは放出決定となった。

マルチネスとベルトレーの放出。。。。

ベンチでもこの二人は、チームに溶け込めてなかった雰囲気あったから、

しょうがないなあ・・・・・

 

ゴンザレスは3年連続オールスター出場のすっごいバッター。

それも、ほしかった左だし、レッドソックスに取っては言う事なしの補強だろう。

2011年の補強の中心はこれで終わり。

マルチネスとベルトレーの足したようなゴンザレス獲得。

これはいい最高のトレード。

 

 

 

うれしいニュースが入ってきた。

今シーズンでほとんど引退かと思われていたバリテックがボストンと契約。

1年200万ドル。

いろいろインセンティブあるみたいだけど、

ともかくよかったー!!!

 

メインキャッチャーとしては、打撃、肩のおとろえが著しくだめだけど、

キャッチング、リードは一級品だし、

年とってもそこは衰えないから・・・・こんな頼りになる控えいないよな。

 

これで、メインキャッチャーはサルタラマッキアで行くのだろうと思われる。

控えでバリテック。

 

となると、超勝手な想像だけど、

先日のパドレスのトレアルバを狙っていたのかもしれない。

レンジャーズにと契約して、すぐこれだから・・・・。

妄想)マルチネス放出して、トレアルバ取ろうとおもったが取れず、、、、

→サルティ一番手で、バリテック控え。。。。

ってシナリオだったかは、定かではない。

おれの勝手な想像だ。

 

ともかくよかったよかった。

やっぱバリテックのキャッチングは一級品だから。

見ていて楽しい。

 

マルチネスはやっぱ毒っけ強すぎたのかな????

そんな気がするな。。。。

リーと大げんかするぐらいだからな・・・・。

これで、クリフ・リーがヤンキースじゃなく、ボストンに来たら、もっと面白い。

冬も話題がつきないや・・・・。

 

今週のボストンはNFLだ!

ニューイングランドペイトリオッツと、ニューヨークジェッツとマンデーナイトフットボール!!!

地区首位対決!勝ったほうが1位に躍り出る!!!

週末まで、この話題でボストンは盛り上がりまくりだろう。。。。

ボストン行きたいなーーーー。。。

現地にはいけないけど、ネット配信で生ではみるぞーーーーー!!!

ウインターミーティングが始まります。

GMの主戦場。

それまでは、もう動きなさそうかなあ・・・・。

 

ビクター・マルチネス放出で、

パドレスのトレアルバを取りに行くのかなあ・・・・と思っていたら、

トレアルバは先日、レンジャーズと契約。

エプスタインは本気で来年は、サルタラマッキアでいくのかなあ・・・・。

ケガとか実力も心配なんだけど、サルティで行ってほしい気もする。

微妙だ。

 

2010年ウインターミーティングが始まります。

終わったら、一気に主力どころのビッグネームの移籍がバタバタ決まりだす。

そして、クリスマス前までに、今年の前半の大物の移籍市場が閉まるパターン。

大物が決まったら、年明けに周りが決まりだすパターン。

年内に決まるのが、だいたい大物。

決まっているんだよねメジャーリーグは・・・・。

 

当然みんな、年越ししたくないから日本人選手は、そうそうにメジャーを諦める

ことが多い。のかな・・・・・??。

 

ともかく、ベルトレーもまだ決まっていないし、

マルチネス放出なら、ベルトレーへの契約も変わるかもしれないし。

水面下でなにが起こっているのやら、

わくわく、どきどき、

考えてもショーがないけど、どうころぶか考えているのも

アメリカのメジャースポーツの楽しみのひとつ!!

 

試合はしていないけど、アメリカメジャースポーツの面白さは群を抜いているなあ。

 

まいった、まいった。

こりゃまいった!

ボストンに残るとばかり思っていた、ビクター・マルチネスが、なんと、なんと

デトロイト・タイガースと4年5000万ドルで契約。

 

これはびっくりしたぞー!

さすがアメリカ、何が起こるかわからない。

本人はボストンに残りたいといっていたから、てっきり。

提示額が少なかったか、評価してくれてなかったか・・・・。

ショーがないな・・・・・。

 

これでキャッチャー含め、ぜんぜん今後の選手構成が大きく変わることになった。

 

まず、キャッチャー。

一番考えられるのは、どこからか強打のキャッチャーを取ってくるケース。

しかし、実績残していて、強打のキャッチャーなんて、もういない・・・・。

マウアーか、マルチネスか、マッキャンか・・・・ってとこなんだから。

 

タイガースは<DHとして使うらしい。

オルドニエスの下降成績がおおきいんだろうな。

ということは、タイガースは若手のキャッチャーアヴィラを正捕手にするのかもしれないな。

 

 

レッドソックスは、

どこからかキャッチャー取ってくるのかな???

 

オレとしては、正捕手にサルタラマッキア据えて、バリテックとの再契約希望だ!!

バックアップならまだやれるだろ、バリテック。

そしてらキャプテンはまだ交代なしだし・・・・。

だけど、怪我持ちサルティじゃなあ・・・・・。

 

現実問題、トレードとかでキャッチャー取ってくるだろうな。

たぶん。

バリテックはないか・・・・。

 

ともかくどうなるか、これまた楽しみ!

 

レッドソックスのストーブリーグはたいへんだ。

 

ベルトレー

マルチネス

パペルボン

岡島

この4人の契約がどうなるかで、新加入含めて大きく動く。

 

現在のところ、

ベルトレーにアスレチックスが大型契約提示の報。

マルチネスは、ボストンに残りたいみたいで、金額しだい。

 

ジョナサン・パペルボンは、ほんとにどうなるのか全くわからない。

放出か、契約か。

契約するなら、クローザーまかせるのか?単年か?

個人的には、もうダニエルバードをクローザーでいいだろうと思う。

となると、中継ぎはないだろうし、先発も一杯。

先発なんて、アンドリュー・ミラーも候補に挙げられるだろうから、

ほんとに一杯。

松坂放出っていう、最後の手段はあるけど。。。

 

今年の夏出た、フェリックスフェルナンデス獲得して、松坂放出しとけばなあ・・・・・。

万全だったのに。

先発の穴が松坂だからなあ・・・・

落とし穴・・・。

放出してくれないかなあ・・・・。

いらないし、松坂は。体調管理できないプロ。

成績以前の問題。

 

ベルトレーは出るような気がする・・・。

パペルボンも出るような気がする。

近年の状況では、値段が高い。

取るところがあるかだけど・・・・。

ダニエルバードと複数年高額契約して、パペルボンは出すってなるような気が。。。

 

 

動き楽しみ。

毎日チェックがかかせない。

 

松坂まずまずのピッチングで、インディアンスに勝利!

今日のキャッチャーは、マルチネス。

首振りマシーンにはならずに、ストライク先行で今日も勝った。

 

相手がインディアンスだから、メンバー的に勝たないといけない試合。

それに今日の審判は甘めに取ってくれたので、8回まで好調だった。

球自体は、そんなにいいっていう感じでもなかったけど、

そのあたりで助けられたかな・・・・。

 

それと、フェンウェイでのマウンドでもなかったことがよかった気がしている。

どうも松坂はフェンウェイでの勝率が悪い。

いろんな要因があると思うけど、何年も経って相変わらずフェンウェイでの勝率が悪いことを、映像見ながらじっくり考えると、マウンドなんじゃないかな・・・と思う。

かってに見ているだけだけど、ピッチャーやっていると、球場によるマウンドの傾斜等ピッチングに一番影響あるのが、土質だ。

気にならない人はまったく気にならないが、堅いのが好きな人もいるし、やわらかめの土が好きな人もいる

日本の球場とメジャーと比べると、総じてメジャーの球場のマウンドは堅い。

アウェーだと、結構やわらかめ(日本の球場並)なので、投げやすいんじゃないかと推測する。

なので、今日はいいピッチングだったけど、フェンウェイであんまり勝率が良くないのもおおめに見てほしいなあ・・・なんておもう。

 

ただ、今年は下半身を強化しているので、マウンド堅そうなフェンウェイでも活躍すること

を期待したい!!

 

 


好調アスレチックスに9対4の逆転勝ち!

先発ラッキーは相変わらずピリッとしなかったけど、

アスレチックスの拙攻にも助けられ4点ですまして、その後逆転。

 

ベルトレーは、マリナーズ時代は打つことはありえないカーブを3ランホームランし、

超びっくりさせて、

マルチネスが5打数5安打4ツーベースの大当たり!右打席は特に絶好調。

左打席では、マルチネスの癖で構えの時右肩に力入りすぎ・・。

右打席では、壁になる左肩がものすごいリラックスしてるのでそのあたりいいんだろう。

 

ピッチャー陣は、ラッキーのあとはデルカーメン、8回はバード、

9回パペルボンが準備してたけど、8回裏に打線が爆発し出番なくなった。

今年のデルカーメンはよさそう。

まだ接戦中にデルカーメンを出すところ首脳陣の信頼厚い様子。たしかにいい。

8回は、岡島ではなくバード。

バードはキレキレ!

100マイルのストレート。キレまくるスライダー。打てません。

しかし、岡島の出番がない。

セットアッパーでは3番目なのかなあ・・・・。

 

抑えはパペルボン。セットアッパーの信頼1番はダニエルバード。

バードはクローザーでももう十分いけそう。

オフのパペルボンの契約がどうなるか楽しみだ。出ていくのか契約するか。

キレ味はパペルボンより、バードがいいので、バード放出はあり得ないだろう。

 

しかし、首脳陣は岡島の状態は良くないとみているのか。

たしかに、今シーズンけっこう打たれている。

負けゲームなんかに出ても、打たれているから評価低下気味なのかもしれない。

去年よりもっと切れが良くないし、チェンジアップが落ちないのを修正出来ていないし。

このままでは、今シーズン大事なところで使われていくことが減ってきて、

ますますモチベーションが下がるのでは・・・・・

と思ってしまう。

 

チェンジアップ修正して、負けゲームでもモチベーション高めてしっかり抑えていかないと

来シーズンはトレードの対象にもなりかねない。

代理人の不手際でフリーエージェントの資格がまだないから、

がんばってほしいと思う。

 

明日は松坂。

アスレチックスのピッチャーは、あんまりよくないシーツ。

是が非でも勝たないと明日はない。

さて、キャッチャーはマルチネスORバリテック???

今日のバッティング魅せられたら、マルチネスだろうなあ・・・・・。

 

 


レイズとの3連戦の初戦。勝利。

今日のレイズのピッチャーは強力4本柱じゃないので、

今日はぜったい勝たないとといけなかった。

 

バックホルツの安定感は本物。

ノーヒッターやった時とは別人のようだ。

ノーヒッターのことは、ストレートと大きく曲がるカーブだけ。

メジャーに上がってきたころはこれで抑えることができたが、

長くは持たず。

数年前、ちょうどレイズ戦で、大きく曲がるカーブを岩村にスタンドに運ばれて以来不調に。

その後AAAに調整を積み、チェンジアップを覚え自分のものにし、

まさに、這い上がってきた!

いまは、そのチェンジアップとストレート主体。

時折、小さなカーブかスライダー。

しかし、ストレートスピードも150キロはあるし、同じ軌道でチェンジアップがくる。

完全に打者を打ち取る技術が出来上がったようだ。

 

ユーキリスは絶好調、今はむちゃくちゃやっかいです。

くさい球はファウル、ボールは振らない、甘い球は全部打たれる。

相手ピッチャーからは、どうしょうもないユーキリス。

 

ハーミーダもいいところでタイムリー!

潜在能力はクリーンアップレベル。

 

ちょっぴり不振だったペドロイアも今日3安打。

ベンチでも笑顔が絶えない。

 

エルズベリーは復帰して、まだイマイチ。

積極的に振りには行ってるが、クリーンな打球が行かず。

 

気になるのは、今日マルチネスが左足の親指のケガで途中交代。

走れない感じなので、心配だ。

でも、バックアップがバリテック。

こんな信頼おけるバックアップキャッチャーはメジャー1だろう。

それに、今シーズンはバッティングフォームを改造したので、

打率もいいのだ。

マルチネスの穴を埋めるどころか、もっと活躍しそうな雰囲気。

 

ボストンにとって、このレイズとの3連戦は前半戦の山。

春先スイープ食らったレイズにどこまでやれるか。

とりあえず1勝したが、3連勝がほしいところ。

あと2戦負けたら、今年のポストシーズン赤信号だらけになっちまう。

明日は、レイズの4本柱の一角シールズが相手。

こいつを打たないといけない。

 

 

 

松坂にとって、今日も大事な試合。

前回マルチネスのコンビでボロボロになって、

話し合って、今日のマスクはマルチネスじゃなくバリテック。

 

どうゆう話し合いになったかわからないが、

首脳陣が決めて、バリテックを出したのだから、

押さえないと今後バリテックとのコンビはない状況だった。

 

キャッチャーとしては、明らかにバリテックとの相性がいい。

相性もそうだが、バリテックのキャッチング、ブロッキング、リードがずば抜けている。

そして、

前回も松坂に対して、試合中に技術的アドバイスをしているが、

バリテックが自分の左肩をたたき松坂に「左肩を開くな!」と合図。

松坂は修正する。

試合全体、ピッチャーを客観的にみる資質がなければできないこと。

 

マルチネスが悪いのではない。

人にはそれぞれ、特徴、長所があるもの。

マルチネスは、キャッチャだけどバッティングがめっちゃいい。

ヤンキースのポサダと一緒だ。

キャッチング・リードは下手糞だけど、バッティングは天下一品!

去年ヤンキースのバーネットが、シーズン中盤からポサダではなく

ホセ・モリーナを専属キャッチャーとしていたことがある。

モリーナと言えば、3兄弟全員メジャーリーグでキャッチャーしている、

屈指の選手。キャッチング・ブロック・リードは最高!

でも、ホセ・モリーナはバッティングはからっきし。打率2割ちょとだ。

でも、ポサダのリードはへたくそなので、バーネットは負けまくり。

モリーナにしたら、勝率絶好調になった例もある。

 

ボストンとしては、専属キャッチャー置かないだろう。

いずれ、松坂はマルチネスと組むこともあるだろう。

リードは下手糞でも、ブロックが下手くそでも勝てるように、

レベルアップするしかない。

 

今日の松坂は集中していた。

顔が違った。

キャッチャーに全幅の信頼を寄せ、一球に集中する。

松坂はもってるものはあるので、精神面がOKになるキャッチャーなら、

ほんとうの実力が出てくるのだ。

リズムがいいからバックもファインプレー連発!

そのたびに現地のカメラはベンチのマルチネスを映す!

笑ってしまった。

初ヒットを打たれた8回、集中力が切れたと思いきやマウンドにバリテックが行く。

タイミングが最高!かゆいところの手が届くキャッチャーだな。

で、また現地のカメラがマルチネスを映す。爆笑!

 

やっぱバリテック最高!

ノーヒッターの4人のキャッチャーはダテじゃない!!

次回登板の時の、キャッチャーはだれになるだろう・・・・楽しみ!

 


まったくつけいる隙がないフィリーズ。

強い。

やっぱい強い・・。そんな感じだな。

 

クリフリーが出るの嫌がっただけのことはある。

ずっと勝ち続けることができるチームだ。

いまのボストンでは、しんどいなー。

フィリーズに勝てるとしたら、ピッチャーが快投を演じるしかないだろう。

 

で・・・・・。

明日は松坂。

キャッチャーは誰だろう・・・・。

楽しみ。

騒動後だから、マルチネスだろうなあ・・・・

 

キャッチャー関係なく勝てる実力ないからなあ・・・・。

才能はすごいのに。

勝ってないからマスコミにごちゃごちゃいわれるねん!

バシッ!!と押さえたら、周りの雑音もシャットアウト出来るんだよ。

プロなんだから。

結果を出せば、文句もでない。

精神的に大人になれば、一皮むけるだろう。 それまで試練だろうなあ・・・。

 

 


1 2
↓わたしが毎年買ってるMLB選手名鑑2冊↓ MLB選手名鑑 NS (NSK MOOK)
MLB選手名鑑 2014年版

↑選手名鑑ではたぶん現在最強の情報雑誌。データがめっちゃ豊富です!大型本↑

メジャーリーグ完全データ選手名鑑2014

↑選手のひとくち個人情報が秀逸!選手の人となりが理解できるからより楽しめます↑手帳サイズで持ち運びもできちゃう。

カテゴリ

月別アーカイブ