奇跡の逆転勝利。年に一度の大当たりゲーム。

ヤンキースとの4連戦、第1戦。

9対8で、延長10回勝利。

疲れた。。。

見応えありまくり出し、ミスもあったけど、とにかく大盛りてんこ盛りのゲームだった。

ピービィがしっかり投げていて、ヤンキースはノバ。

ノバをひさしぶりにみたけど、なんかグレードダウンした印象。こりゃ、点取れるだろう・・・。とおもいながらみる。

前半から、リードしつつ。6回表で、7対3。

楽勝か?

って思ったのがいけなかったね・・・。思っていた人多かったんだろうね。。6回裏、ヤンキースに大逆転食らわされる。

しかし、ソーントンのレベルがひどいな・・・。いらんぞー。ブリツンでいいんじゃないか・・・左いるときは。ダメだよ。ソーントンは。ぜんぜん。決め球ないもん。。。

ランナーためられて、田澤に交代。遅い。カノーまでソーントン伸ばしたらダメだよ・・・

田澤は、ソリアーノシフトの逆ヒットとかあったけど、配球が悪いよなあ・・・・。ラバーンウェイ。

打つ方は、今日もラバーンウェイよかったけど、変わらずヘタなフォームなんだけど、結果は出ていて・・・。でも本職のキャッチャーで、配球悪い。

うーん。・。・。。とおもったな・・・。

目立ったのは、追い込んでのグランダーソンへの球。それと、追い込んでのオーバーベイへの球。

なぜかな・・・・。

ヤンキースのバッターの特徴やっぱしらんかな・・・。メジャー経験すくないからだろうかな・・・・。

追い込んでグランダーソンにストレートに近いスプリット。打つだろうよ。ストレート系にめっぽう強いんだし。。。決め球カーブにしろよなあ・・・・。

そして。オーバーベイへ。ツーストライク目に、96マイルの速球で空振りしてるのに、なぜ決め球変化球(たぶんスプリット・・)かな・・・。年なんだし、95マイルレベルの田澤のストレートで勝負だろ。弱いよなあ・・・・配球が。田澤も慣れているからクビ振らないンだよな・・・・。イマイチ・・。

ぜんぜん、なってないわーラバーンウェイ。

配球ダメで、逆転されたような6回裏だった。

まあ、この時点では、もうガックリ。やばいとおもった・・・。

セットアッパーに安定感のあるロバートソン。そして、クローザーにリベラ。

だめだとおもいながらも、みる。。。

9回表ツーアウトから、ナポリが出て、代走ベリー。

盗塁。

送球それて、ランナー、サードに。

そして、スティーブン・ドリューが、ライトセンター間へヒット。

同点。

まいった。

これには、参った。

思い出したね、あの、デイブ・ロバーツのシーンを・・・・。

2004年。マウンド上には、マリアノ・リベラ。

誰もが盗塁すると思っている中での盗塁。

今日、似てたな・・・・。

デジャブ見てるかのようだった。

生還のベリーがガッツポーズしながら、ホームイン。

これだから、やめられませんなー!!

10回、ジャヴァ・チェンバレンから得点して、10回裏はクローザー上原浩治。

緊張するねえ・・・・・。

先頭は、アレックス・ロドリゲス。

一発あるかも。こえー。怖いぞー

打ち上げても、ぜんぜん打球が落ちてこないセカンドフライ。ワンナウト。

ふー。

次、オーバーベイ。もちろんホームランある。

ねばりにねばられる。ドキドキしまくり。

ファウルファウルで、スリーツー。

で、スプリットが外角に流れて、三振。

ガッツポース取ったね。。。

そして、イチロー。

なんちゅうストーリー展開。

ちょっと意識したのだろうね、上原は。ボール先行。

それでも、フォークでストライクとって、最後も三振。

エクセレント!!

奇跡の大逆転勝利!!

3試合分の内容だった。

配球ミスとか、ソーントンがいまいちだとかいろいろあったけど、マリアノから同点にして、最後は勝つ。

なんちゅう、勝利だ。。。

さあさあ、今日は終了。まだまだ気の抜けないゲームがありまくり。

明日は第2戦。山です。