後半戦の救世主、ジェイク・ピービィ。ほぼ完璧ピッチング!

ドジャースとの3連戦、最終戦。

きょうは勝っておきたい試合。

先発は、ナイスピッチングを続けているけど、勝ててなかったピービィ。内容は、移籍して後もよかったから、興味津々でみる。

序盤から、ドジャースのバッターをうまく料理していく。危険なのは、3番エイドリアン・ゴンザレス、4番絶好調のハンリー・ラミレス。この3.4番は恐ろしい。

結果は、エイドリアン・ゴンザレスに一発食らったけど、それ以外はギリギリ外野フライでわずかに交わして終了。ラミレスに対しても、四隅付いた絶妙の配球と変化球でノーヒット。

すばらしい!

結局、ピービィは最後まで投げて、完投。

最終回は、バテていたけど、9回表にナポリの一発が出たから、なんとか勝利。

ほんとにすばらしかった。

全盛期のレベルの球威はないけど、その分円熟のコントロール。エイドリアン・ゴンザレスにかまされたボールと10球ぐらい甘いのあったけど、打てないね。。

エイドリアンの打席は、ボストン時代からもみていて楽しい。超一流の上に超が付く技術のバッター。だからこそ、打ち取ったときの、ピービィの絶妙のムービング。そして、エイドリアン・ゴンザレスの悔しい表情。

たまりません。

プロスペクトのボガーツが先発。

先日メジャー初ヒットを打って、きょうは、2ヒット&打点付き。4回ぐらいあったか、ショートゴロもすべてきっちりアウトにする。

雰囲気だけなら、立派なメジャーリーガー。

まだ、21歳。

ほんまかいな・・・・。

若い。

ショートの守備位置を制している雰囲気がすごい。生でもないのに、伝わってくる・・。

イグレシアス出さないといけなかったのは、よくわかるよチェリントン。

メジャーデビューは9月思っていたのに、さっそく上げたチェリントン。新しい血がないとよどみそうな雰囲気のチームに、若い選手をすかさず上げる。さすがだなあー。チェリントンも39歳だもんなー。

いやはや・・・・。

ただ、ボガーツにも、やっぱり弱点が・・・・。

ドジャースの2番手が投げるスライダーには、腰が完全に引けていて、まったく反応できていなかった。

このあたりは、トッププロスペクトとはいえ、まだ若いか・・・。メジャーの変化球には、まだまったくと言っていいほど対応できていなかった・・・。ストレートとか、左ピッチャーは打つから、そんなにマイナスじゃないけど・・・。右ピッチャーの外の変化球を、意識的に決め球にされたら、打てないかな。

決め球にカットするなりボールをしっかり見極めることができていけば、間違いなく大型契約獲得しそう・・・、こりゃ・・・。

ジャッキーブラッドリーJRより、早いかもしれない。。

このシリーズ勝ち越したのは大きい。

グレインキー、カーショウのエース級の二人と対戦しなかったのもあるな・・。ドジャースは首位だし、同リーグじゃないからってことでぶつけてこなかったのだろう。

ラッキーだった。

ピービィの獲得はとにかく大きい。

マウンドで、魂こもった球を一球一球、丹念に投げているのが、むっちゃわかる。バッターに対し、前向きに、アグレッシブに行っている。

ぶつぶついいながら・・・・。

いいなあ・・・。

この熱のこもった投球。

ケガなく、ボストンでずっといてほしいとおもわせるピッチャーだ。

すばらしい!

移動はあるけど、一日休んで、オリオールズ戦。

ちょっと、山です。

今年のちょっと、山です。

10月は、山ばっかだけど・・・・。

一日休んで、13連戦。

また、一日休んでレイズ戦そして、ヤンキース戦。

そしてまた、一日休んでオリオールズ戦、次にジェイズ戦。

なんちゅう、スケジュールじゃ・・・。

もう休める日なんか、あらしません・・・・。

さあさあ、いこういこう!!

プレーオフに向けての、超連戦が、あさってから始まる・・・・。