2013後半戦開始はヤンキース戦、勝利からー

さて、オールスターブレイクも終わり今年も北半球には暑い夏が始まりました。
ヤンキースとの3連戦、第1戦。
開幕戦とともに、後半開始戦もけっこう重要。
休んだあとだから、前半の勝ち方を取り戻すためにも。

オールスターの間にいろいろ、変化が。
アンドリュー・ベイリーがDL。どうもダメみたい。結局、ベイリーもあんまり働かずに手術になりそうな予感。
結局、エプスタインの後半はズタボロだなあ・・・・。特に、やっぱりトレードはヘタだった・・・。って結果になってしまっちゃった・・。まあ、金があると考えないからな・・・。貧乏だと考えないとしかたがなくなるんだよなあ・・・・。貧乏だとよくわかるな。
そう考えると、岡島秀樹の活躍は特出しているんだよなあ・・・。すばらしっかった。

ヤンキース先発は、ベティット。打ちにくい、タイミングとりずらいなんともいえないモーションで、大量点はムリ。
ボストンは、ドーブロント。
・・・。
似ている。
ドーブロントも、ゆったりモーションでタイミングがずれる。
似ている。
初回、エルズベリーのソロ一発。
続いて、
2回、ゴームズのツーラン。
このままいけば、エルズベリーは、放出ないだろうな、たぶん。きっちり活躍しているし、出す理由がない。チームが好調だから、どう考えてもださないと見る。
ゴームズは、オールスター前から、調子戻ってきている。
スプリングトレーニングから、上げて、開幕時、好調。その後、少し落ちてきたけど、再び戻してきた。球が見えているね。流れも、コントロールしているのかもしれない感じ。良くみていると、開幕時のバッターボックスの動作より、今は少なめ。調子落ちたあと、いろいろカイゼンしたんだろうなあ・・・・。
関係ないかもしれんが、ナポリがヒゲをゴームズ化しているのも、好調の要因かもね・・・・。長いシーズン大きいのよね、一体感が・・・。。。
二人とも、手入れが大変だろうな・・・・

ヤンキース打線は、もはや、崩壊気味。カノーのみのチームみたいな・・・。
つうか、もともと、このメンバーで前半戦50勝超えたのが奇跡だったと思うね。イチローが3番打ってる時点でしんどい。テシェイラ全く戻ってこないけど、どうなんだろうか・・・。
ホゼ・イグレシアスの追加点タイムリーが、めっちゃ大きかったなあ・・・。
ノーアウトでゴームズツーベースででたのに、サルティはゴームズ進めることも出来ず、ホルトもダメ。釘付けだったけど、イグレシアスがねばりまくる。これはすばらしかったね。ピッチャーキレて、ワイルドピッチ、ゴームズ3塁で、外角の変化球を、いわゆる追っつけて、ライト前ヒット。
すばらしい。
イグレシアス。
去年まで、変化球投げとけば打ち取れたバッターとはとても思えん。やっぱ若いと1年で成長するなあ・・・・・顔がちがうもんなあ・・・・バッターボックスでの顔が・・・。変化球恐れてないもんな。
成長した。
開幕からでも、この男、成長した。
チームの元気度ってこうゆうところから生まれるんだよなあー
去年まで、数年間まったくなかったもんなあ・・・・・。
勝っていても、よどんでいたもん空気が。。。
今年のチームは、負けても、文句いいたくないんだよなあ・・・・・。
振り返ったら、2.3年前なんか勝ってても、文句言ってたなあ・・・・。
いいチームだなあ、2013年チームは。
やっぱ、チェリントンなんだろうなあ・・・・。
エプスタイン、イマイチなんだろうなあ・・・・。
ま、選手が中心には違いないんだけど、
そうゆうことなんだろうなあ・・・・・。
振り返るとよくわかるな。

田澤純一が、ちょっとコントロールがやばいながら、ファストボールの伸びがいいから、打ち取る。
クローザーは、上原浩治。
すばらしい。
第2打者は、すぐ打ってくれてラッキーだったけど。
けっこうやっかいで一発もありありの最初の打者オーバーベイを、動けなくし、三振でガックリさせるキレとコントロールはほんとうにすばらしい!
うなってしまった・・
エクセレントっ!!

さて、後半戦スタートもOK。
ジーターもDLらしいし、今のうちに、勝っておきましょうヤンキースに。