ゴンザレス、クロフォード温存。レイズ戦に全力へ!

ブルージェイズとの4連戦、第4戦。

ジェイズ先発はロメロってことで、レイズ戦も控えてるってことで、

エイドリアン・ゴンザレス、カール・クロフォードはお休み。

レッドソックス先発はアンドリュー・ミラー。

結局、負け投手でいいところ無し。

スタミナ不足とやっぱ筋肉量が少ないっぽいからなあ・・・たぶん。

反撃開始して3点とった次の回も、

ブルペンの

マイケル・ボーデンが追加点を許して、離される・・・・

次のドーブロントも追加点許す。

追いつけるはずもない・・・・

 

今のところではワールドシリーズへの道は限りなく遠いだろう。。。。

レイズとはゲーム差あるけど、レイズと7試合終わって2ゲーム差とかなら

プレーオフはやばくなる。。。

プレーオフ進出には、レイズとの対戦は5割以上の勝利。

東地区優勝には、8割以上勝つことが、ヤンキースを逆転することにつながっていく。。

 

さあ、明日は肝のレイズ戦。

シーズンの締めくくりへ向けてのもうちょっとだー!

ガンバレー!!