映画「マネーボール」を見た。

レッドソックスの試合も見ずに、レンタル開始された映画「マネーボール」を見た。

本は数年前に読んだので、あらすじはわかっていた。

 

おもしろかった。

 

良い。

オレがずいぶんメジャーオタクなのかも知れないけど、

休憩入れずに見てしまった。

楽しかった。

ミッションインポッシブルは途中3回も、休憩したのに・・・・

 

ブラッドピットの演技も良かったけど、

野球を知ってて、メジャーを見ている人ならぜったいおもしろい。

当時の映像もわずかだけど入ったりして、ワクワクして・・・。

ケビンユーキリスの若いときの映像もしっかりあった。

四球のギリシャ神でレッドソックスが放出しなかったこととか・・・・。

 

ビリービーンの短期な性格を表すロッカーで当たり散らすシーンとかも

あったり、レッドソックスヘンリーオーナー役も(ぜんぜん似てない俳優だけど・・・。)出てくる。

 

GMの楽しさ、つらさもわかるし、

日本と違ってアメリカにおける選手の流動性の高さ、

ビリービーンの交渉のシーンなんかは、

内容整理しながら、見入ってしまった。

トレード交渉のシーンが一番おもしろかったなあ。。。

 

あまり期待せずに見ただけに、

☆5つ!人によるだろうけど・・・・