きたきたきたー!大チャンスきたどージャッキー・ブラッドリージュニアあー!

プレシーズンフィリーズ戦。
フィリーズ先発は、クリフ・リー。キャッチャーが正捕手ルイーズじゃないから、キャッチングへただなあ・・・やっぱり。

そんなことより、今日エルズベリーが牽制でファーストに戻るときに左足をケガ。ビデオ出見る限り、厳しいようだけど注意力散漫の結果とみる。集中しとらん。ペドロイアを見習いたまえーって状況だった・・。
まあ、でもこれで、
まだわからんけど、まさに超売り出し中のジャッキー・ブラッドリー・ジュニアの開幕先発があるかもー!!
がっはっは。
こりゃ楽しくなってきたどー!ジャッキーは今日もクリフリーからホームラン打った。打つ前のクリフリーの大きなカーブの見送り方、高めのストレートの見送り方を見ていて、こいつはヤバイレベルだな・・・・と感じながら見ていたら次の外角の球をなんとなんと、レフトスタンドにホームラン。
さぶいぼ・・・・いやいや鳥肌たった。きたな。この男来てるな。
ベンチに返っても、はしゃぐこともなく冷静に座る。いやー、恐るべしプロスペクト2番手。
やる気のないジャコビーとは勢いの差がありあり。去年のユーキリスの時もそうだけど、とんでもない若手が出るときはこんなものかも知れない。
今日の試合では、ジャッキー・ブラッドリージュニアは先発でレフトだった。
チェリントン、ファレルの考えはよくわかる。センターはエルズベリーとしても、外野手4番手として、ダニエルナーバと争わせる意図が明白だな・・・・。
センターは本職だからOKで、レフト守れるようになったら、当然使えるようになるってことで。ベンチ入りの可能性が上がるしな・・・。
エルズベリーがケガで交代したあとも、ジャッキー・ブラッドリージュニアはセンターに入らずに、レフトで変わらずの采配。レフトの守備も上達させようという、ファレルの考えががはっきり出たカタチ。
いやー、期待されてるなー。えへへ。。。
ホームランのあとの打席も、サードにランナー置いて、センターに初球から打っての犠牲フライ。よーくわかっとるなあ・・・・。シリアコの野球センスもいいけど、ジャッキー・ブラッドリージュニアのセンス、考えもすばらしい。まだ若いのに・・・。おもしろくなりそうだ。。。

エルズベリーのけがの具合でどうなるかわからないけど、ジャコビー夏前に、、放出の期待が・・・・。いやいや、期待というか、しょうがなくトレードってねえ。。えへ・・・・確率が上昇したゲームだった。

先発は、プロスペクト下位のブランドン・ワークマン。内容が良い。手元で小さく変化する球が有効だった。いいじゃないかー。1988年生まれ。若い!
ジョン・ラッキー。。。もういらんじゃないかー。これは。。。。
荒削りでまだまだ将来どう転ぶかわからないけど、逸材である。ラッキーいらんなこりゃ。ラッキーのバブル契約残っているけど、いなくてもメドがたった、いや、たつかも知れない、それほどの投球内容だった。
非常によろしっ!よしよし。

今日のゲームは、ブラッドリー、ワークマン二人で、めっちゃ満足ー。
3年以上、采配や空気がよどんでいたけれど、まあ、バブリーな契約しすぎたエプスタインの呪縛も解かれ、若手がどしどし出てきている。出てきているようにしているチェリントンの手腕だな。やらざるを得ない状況なんだろうけど、やっぱフレッシュさがなくてはワールドシリーズには絶対にいけないからな・・・・。
うしうし。。
よーし、ワクワクしてきたどー!