マイク・カープ、大爆発の予感・・・・・

ブルージェイズとの3連戦、第2戦。
昨日、田澤が打たれて敗戦。続きたくないぞ、の2戦目。。
バックホルツが完璧な投球。得点許さずに、交代。今年はヤルかなやんちゃクレイ。。
マイク・ナポリのでっかい2発で大勝利!がっはっは。こいつの飛距離ハンパじゃねー。。ボールに当たったときの音が、低い。ボールがつぶれているのが伝わるものすごいスイング。たのもしいぞ。。

最近、打者で気になっているのが、もうひとりのマイク、マイク・カープ。
マリナーズから移籍の、マイク・カープ。マリナーズから移籍の・・・・。
だいたい、マリナーズから出た選手は大活躍することが多い傾向にある。なぜかしら、あそこはやる気がなくなるのか、なんらかの要因があるのか・・・・。
まあ、ともかく、そんなあことより、はっきりいって、スプリングトレーニング時の内容は良くなかった。ずっとみてたけど、カラダは開くし、バットは波打ってるしで、カラダつきはすこぶる打ちそうなんだけど、当然結果出ない。はっきりいって期待していなかった。ジャーニーマンなのかなと。。。
でも、開幕ロースターに残った。意外だった。。
シーズン開幕当初、ポジションだぶるダニエル・ナーバ、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがいたから、使われることはなかったけど、4月半ば鮮明に覚えているのがシーズン最初のスタメンとして起用される。いきなり4安打。4打数だったと記憶している。打ちまくった。結果以上にプレシーズンでズタボロだった打撃が改善、フォームが修正されて、腰のキッチリとまった壁ができていてパワーがしっかりボールにのっていた。バット技術が良くなっていた。こりゃやばいな・・・と思った。もともとカラダはでっかいしケツもでかい、となると、このフォームは打つぞ・・と。

その後も、スタメンで使われることは少なかったけどよく打った。バッティングフォームがいいから、結果出る。
で、ポジションの競争相手だったマウロ・ゴメス移籍へとつながった。そうゆうことだった。
でも、でも、さすがにオルティズが復帰するときにアクティブ・ロースター外れるかと・・・・。売る出し中のジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがいたからだ。。
しかししかし、ここでも、AAA行きは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアとなった。ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアは、プレシーズンよかったけど、マイク・カープと逆でシーズン入ってまったく打てなくなっとったから。

その後も控え、スタメン両方で使われ出し、ビクトリーノのけがでますます使われるようになった。大活躍し、そして、今日もピンチヒッターで出て、なんとなーく打つんじゃないかい・・・・と思っていたら、ほんまにホームラン打ちよった。フォームが良い。腰が残って、しっかりバットにボールが乗っている。

いやあ、、、この男、ボストンで大爆発しそうな予感がするぞおー。競争は激しいけど、ゴメス、ブラッドリー・ジュニアとの競争に勝ち、その後も結果残しまくっている。遅咲きの大器晩成型かもしれん。
スプリングトレーニングの状態みてもロースターに残したチェリントンの見る目は、すごいのかもしれん。。。
マイク・カープ。これからもおもしろくなりそうだぞー