オールスター前だけど、ベン・チェリントン動く。

オールスター前のシリーズ、アスレチックスとの3連戦。
第2戦。
きょうは、レスターそこそこ好投したし、田澤もそこそこおさえたけど、相手ピッチャーなんだったか、すっごい良くて、ぜんぜん打てず。しょうがない。
前半戦ラストシリーズ、明日がんばったら、休みだぞー

さて、チェリントンが動いた。
ブルペンの左の要になってたアンドリュー・ミラーがケガ。なんとなく、数ヶ月はやばそうな雰囲気で、左どうするか?ってことだったんだけど、早速チェリントンが動く。
ホワイトソックスから、マット・ソーントンを獲得。
37歳。完全にベテラン。
ぜんぜん知らんから、すぐ勉強する。アメリカンスポーツは、MLBでも、NFL,でもなににせよ移籍が激しいから、逐一追っかけていかないと・・・・。
クローザーの経験もある。しかし、クローザーになると、ボコ打たれる、基本セットアッパー。
球種がどうも少ない。
ほぼ、ストレート1本+コントロールで勝負のピッチャーっぽい。
家にある各種資料、データ、MLB.comで調べると、
左投手。上から投げる本格派。ストレートスピード150キロ半ば。性格良い。
ってところか。
チェリントンの基本に沿ってるな・・・。
とくに、性格がいいてところ。成績も毎年そこそこ安定している。ってことはトレーニングもしっかりずっとやっているって、考えられる。プロ意識が高いってある程度考えられる。
年俸は、今年どうも、550万ドル。みたい。定かではない。けっこうもらっている。
ってことで、ホワイトソックスでも、ベテランだしブルペンのリーダー格だな。
ホワイトソックスは、2013年は、現在中地区最下位。タイガース強いし、ほぼあきらめムード。
だからの放出。レッドソックスとしては、空気を乱さない人選ってとこで。

動いたな、チェリントン。オールスター前に。今年は本気だな。
いい人選だろう。アンドリューミラーが長引きそうかもっててことなのかもしれない。
モラレスも再度DL入ってるし、左がいない。ミラーの代わりって事では、いい人選。
さすが、チェリントン。

さて、明日なんとかアスレチックスに、やっぱり勝っておきたい。
攻守とも、大活躍している絶好調ダスティン・ペドロイアっ、たのむぞ!