前半戦終了。ブランドン・ワークマンすばらしいピッチング!

アスレチックスとの、前半戦最終戦。
しっかり見る。
先発は、ブランドン・ワークマン。
すばらしい投球内容だった。選手のことぜんぜん知らんから、研究しながら追いついてみいった。
コントロールがよく、球を動かしてっていうピッチャー。ストレートスピードはそんなに速くなかったけど、的を絞らせないピッチングで、なんとなんと、アスレチックス打線を6回までノーヒット。
ま、守りもすごかったけど・・・。ゴームズ、ペドロイア、イグレシアス、ラバーンウェイの守備がすばらしい。
7回は、打たれちゃったな。初ヒットが出て、ほっとしたのか、ボールが上ずってきたのをみていた。やばいなーと。初ヒット打たれたから、交代でも・・・・と思っていたんだけど、ま、ノーヒットだったし、ブルペンの用意もまだだったのだろう。続投したけどツーランかまされて同点。
交代。
おしかったな・・・・
逆に、ノーヒットじゃなかったら、ブルペン投入していたから、勝ってたかも知れなかったなあ・・・・いってもしかたがないけど・・・。
正直、アレン・ウェブスターより、いいんじゃないかな・・・・ウェブスターは、球が軽い感じなんだよなあ。。たまに、ど真ん中投げるし・・・・。表情くらいし・・・・顔がターミネーター2に出てくるT1000型にそっくりだし・・・。
T1000型は、液体金属で出来ているんだよなあ・・・・。あれは、はじめてみたとき怖かったなー。のけぞってしまったよなあ・・・・。へたなホラー映画より怖かった。車のボンネットに手の一部が残って、それが、再び本体に結合したときは、やばかった・・・・。
どうでもいいな。。。
ま、ターミネーターはともかく、ブランドン・ワークマンいいじゃないかー!こりゃあ、後半戦けっこう期待出来るかもしれんぞー。バックホルツ復帰まで、機会あるかもだし、他の先発陣の休憩の時にも投げさせよう。

上原浩治が同点の場面できょうも登板。ナイスピッチング。きょうは、2回も投げた。オールスターのファイナルボウト結局ダメだったし、休めるからだろうな。
後半戦も、クローザーでいきましょう。

マット・ソーントンが延長戦早速登板。どんな球投げるかよーく見た。
結論から。
年俸高すぎだな・・・。。もらいすぎ。
たいした球投げてないやん・・・。ストレートスピードは90マイルから95マイルの間。コントロールもいいってほどでもない。カーブはまったくコントロールなし。3球ぐらいあったか、全部ボール、それもハッキリわかるボール。
クローザーやって、打たれまくったのがわかるなあ・・・・。カーブのコントロールないから、ストレート待たれて、ボコ打たれパターンだったと感じる。
ストレートも回転が良いというわけでもないなあ・・・。こりゃあ、つなぎレベルだなあ・・・・。ミラーの代わりにはなり得ないレベルとみる・・・。
550万ドルらしいけど、もらいすぎだね・・・。ぜんぜん高すぎるね。ホワイトソックス出し過ぎ・・・。
結局、サヨナラ負け。

前半戦最後、勝ちたかったなあ・・・。
ワークマンがすばらしい内容だっただけに、もったいなかった。
しょうがない。。。

さて、2013オールスター楽しみだ。
前半戦振り返りは、オールスターの間にするとして、前半戦大活躍のメジャーリーガーをいっぱいみようっと。