2013後半戦開始はヤンキース戦、勝利からー

さて、オールスターブレイクも終わり今年も北半球には暑い夏が始まりました。
ヤンキースとの3連戦、第1戦。
開幕戦とともに、後半開始戦もけっこう重要。
休んだあとだから、前半の勝ち方を取り戻すためにも。

オールスターの間にいろいろ、変化が。
アンドリュー・ベイリーがDL。どうもダメみたい。結局、ベイリーもあんまり働かずに手術になりそうな予感。
結局、エプスタインの後半はズタボロだなあ・・・・。特に、やっぱりトレードはヘタだった・・・。って結果になってしまっちゃった・・。まあ、金があると考えないからな・・・。貧乏だと考えないとしかたがなくなるんだよなあ・・・・。貧乏だとよくわかるな。
そう考えると、岡島秀樹の活躍は特出しているんだよなあ・・・。すばらしっかった。

ヤンキース先発は、ベティット。打ちにくい、タイミングとりずらいなんともいえないモーションで、大量点はムリ。
ボストンは、ドーブロント。
・・・。
似ている。
ドーブロントも、ゆったりモーションでタイミングがずれる。
似ている。
初回、エルズベリーのソロ一発。
続いて、
2回、ゴームズのツーラン。
このままいけば、エルズベリーは、放出ないだろうな、たぶん。きっちり活躍しているし、出す理由がない。チームが好調だから、どう考えてもださないと見る。
ゴームズは、オールスター前から、調子戻ってきている。
スプリングトレーニングから、上げて、開幕時、好調。その後、少し落ちてきたけど、再び戻してきた。球が見えているね。流れも、コントロールしているのかもしれない感じ。良くみていると、開幕時のバッターボックスの動作より、今は少なめ。調子落ちたあと、いろいろカイゼンしたんだろうなあ・・・・。
関係ないかもしれんが、ナポリがヒゲをゴームズ化しているのも、好調の要因かもね・・・・。長いシーズン大きいのよね、一体感が・・・。。。
二人とも、手入れが大変だろうな・・・・

ヤンキース打線は、もはや、崩壊気味。カノーのみのチームみたいな・・・。
つうか、もともと、このメンバーで前半戦50勝超えたのが奇跡だったと思うね。イチローが3番打ってる時点でしんどい。テシェイラ全く戻ってこないけど、どうなんだろうか・・・。
ホゼ・イグレシアスの追加点タイムリーが、めっちゃ大きかったなあ・・・。
ノーアウトでゴームズツーベースででたのに、サルティはゴームズ進めることも出来ず、ホルトもダメ。釘付けだったけど、イグレシアスがねばりまくる。これはすばらしかったね。ピッチャーキレて、ワイルドピッチ、ゴームズ3塁で、外角の変化球を、いわゆる追っつけて、ライト前ヒット。
すばらしい。
イグレシアス。
去年まで、変化球投げとけば打ち取れたバッターとはとても思えん。やっぱ若いと1年で成長するなあ・・・・・顔がちがうもんなあ・・・・バッターボックスでの顔が・・・。変化球恐れてないもんな。
成長した。
開幕からでも、この男、成長した。
チームの元気度ってこうゆうところから生まれるんだよなあー
去年まで、数年間まったくなかったもんなあ・・・・・。
勝っていても、よどんでいたもん空気が。。。
今年のチームは、負けても、文句いいたくないんだよなあ・・・・・。
振り返ったら、2.3年前なんか勝ってても、文句言ってたなあ・・・・。
いいチームだなあ、2013年チームは。
やっぱ、チェリントンなんだろうなあ・・・・。
エプスタイン、イマイチなんだろうなあ・・・・。
ま、選手が中心には違いないんだけど、
そうゆうことなんだろうなあ・・・・・。
振り返るとよくわかるな。

田澤純一が、ちょっとコントロールがやばいながら、ファストボールの伸びがいいから、打ち取る。
クローザーは、上原浩治。
すばらしい。
第2打者は、すぐ打ってくれてラッキーだったけど。
けっこうやっかいで一発もありありの最初の打者オーバーベイを、動けなくし、三振でガックリさせるキレとコントロールはほんとうにすばらしい!
うなってしまった・・
エクセレントっ!!

さて、後半戦スタートもOK。
ジーターもDLらしいし、今のうちに、勝っておきましょうヤンキースに。

前半戦終了。ブランドン・ワークマンすばらしいピッチング!

アスレチックスとの、前半戦最終戦。
しっかり見る。
先発は、ブランドン・ワークマン。
すばらしい投球内容だった。選手のことぜんぜん知らんから、研究しながら追いついてみいった。
コントロールがよく、球を動かしてっていうピッチャー。ストレートスピードはそんなに速くなかったけど、的を絞らせないピッチングで、なんとなんと、アスレチックス打線を6回までノーヒット。
ま、守りもすごかったけど・・・。ゴームズ、ペドロイア、イグレシアス、ラバーンウェイの守備がすばらしい。
7回は、打たれちゃったな。初ヒットが出て、ほっとしたのか、ボールが上ずってきたのをみていた。やばいなーと。初ヒット打たれたから、交代でも・・・・と思っていたんだけど、ま、ノーヒットだったし、ブルペンの用意もまだだったのだろう。続投したけどツーランかまされて同点。
交代。
おしかったな・・・・
逆に、ノーヒットじゃなかったら、ブルペン投入していたから、勝ってたかも知れなかったなあ・・・・いってもしかたがないけど・・・。
正直、アレン・ウェブスターより、いいんじゃないかな・・・・ウェブスターは、球が軽い感じなんだよなあ。。たまに、ど真ん中投げるし・・・・。表情くらいし・・・・顔がターミネーター2に出てくるT1000型にそっくりだし・・・。
T1000型は、液体金属で出来ているんだよなあ・・・・。あれは、はじめてみたとき怖かったなー。のけぞってしまったよなあ・・・・。へたなホラー映画より怖かった。車のボンネットに手の一部が残って、それが、再び本体に結合したときは、やばかった・・・・。
どうでもいいな。。。
ま、ターミネーターはともかく、ブランドン・ワークマンいいじゃないかー!こりゃあ、後半戦けっこう期待出来るかもしれんぞー。バックホルツ復帰まで、機会あるかもだし、他の先発陣の休憩の時にも投げさせよう。

上原浩治が同点の場面できょうも登板。ナイスピッチング。きょうは、2回も投げた。オールスターのファイナルボウト結局ダメだったし、休めるからだろうな。
後半戦も、クローザーでいきましょう。

マット・ソーントンが延長戦早速登板。どんな球投げるかよーく見た。
結論から。
年俸高すぎだな・・・。。もらいすぎ。
たいした球投げてないやん・・・。ストレートスピードは90マイルから95マイルの間。コントロールもいいってほどでもない。カーブはまったくコントロールなし。3球ぐらいあったか、全部ボール、それもハッキリわかるボール。
クローザーやって、打たれまくったのがわかるなあ・・・・。カーブのコントロールないから、ストレート待たれて、ボコ打たれパターンだったと感じる。
ストレートも回転が良いというわけでもないなあ・・・。こりゃあ、つなぎレベルだなあ・・・・。ミラーの代わりにはなり得ないレベルとみる・・・。
550万ドルらしいけど、もらいすぎだね・・・。ぜんぜん高すぎるね。ホワイトソックス出し過ぎ・・・。
結局、サヨナラ負け。

前半戦最後、勝ちたかったなあ・・・。
ワークマンがすばらしい内容だっただけに、もったいなかった。
しょうがない。。。

さて、2013オールスター楽しみだ。
前半戦振り返りは、オールスターの間にするとして、前半戦大活躍のメジャーリーガーをいっぱいみようっと。

ジェイズ戦、接戦粘り勝ち。「クローザー」・上原浩治!

ロッキーズに連勝して、ジェイズとの4連戦。
ジェイズはなかなか打線がすごいから、なかなか離せない。
先制しても、追いつかれて、中継ぎ登板アンドリュー・ベイリーが、
危険な男、エンカーナシオンにみごとに一発かまされ同点。
気をつけて見ていた。ホームランあるんじゃないかと・・・・。
なんか、「案の定・・・」の一発。
ボールは悪くないんだけどなあ・・・、ベイリーも。高めがあるんだよなあ・・・。それも、パペルボンのように、回転がよろしくないから、高いヤツはやられるんだよなあ・・・・

しかし、同点後の裏の攻撃。
ビクトリーノがカンペキ三遊間。
続いて、絶好調!ダスティン・ペドロイアも三遊間。
ノーアウト一二塁で、オルティズ。フェンウェイ盛り上がりまくったけど、三振。
でもなんとなく、すっごい雰囲気ある。
逆転してないのに、もう逆転するのが確実っみたいな雰囲気。。
すごいないまのチームは・・・。
ナポリが歩いて、バッターピンチヒッター、ジョニー・ゴームズ。
最近当たりが戻ってきているから、ボールも見えている。
よく見て、スリーボールまでねばって、
ワンスリーから、打つ。このあたりが、調子戻ってきている証拠。
サード強襲で、逆転。
すばらしい!
エクセレント!!

続いて、サルティ。最近フォアボール多い。しっかり歩いて、2点差。
続いて、新顔ブランドン・シュナイダー。
チャンスにどんなバットするか、しっかり見る。
三振。
イマイチ。
カラダは一流。技術は二流。
伸びしろでレンジャーズから、取ってきた感じ。
チェリントンはこうゆうの好きなんだね。

逆転して、クローザー、上原浩治登場。
「クローザー」。
なんていい響きなんだろう。
「締める役」。
日本語はどうも、盛り上がりには欠ける・・・・。
すばらしいピッチング。
ファストボールがずれたら一発って感じが二球ぐらいあったけど、そこは
タイミング外れてくれてOK。
スプリットが今日も低めに決まって、試合終了。
ガッツポーズ。
おれもガッツポーズ。
今日もいい気分。。。

試合終了後に、お勉強。
ブランドン・シュナイダーってどんなヤツなんだ?
ってことで、しっかり勉強。
現在27歳。専門は現在ファースト。守備位置だけで、打てないと厳しいって思う。
2005年キャリアスタート。最初はキャッチャーだな。
メジャー出場経験は、オリオールズで3年、レンジャーズで2年程度。
現在オリオールズは、怪獣・クリス・デイビスが完全にレギュラー。
テキサスでは、去年まで大砲・ハミルトン、現在は、競争に勝ち残ったモアランド。ってことで放出になったのかな・・・。
メジャー経験はほとんどセプテンバーコールアップがらみだろう。メジャー成績あてにはならず。マイナーで打率は、平均.270、出塁率.330。いまいち。
ホームラン打ってるのかと?打ってない。たいしてことない。
チェリントンの取り方を考えると、もしかしたら、伸びるかも。技術習得できれば、爆発するかも・・・・・ってやつだな。
今日もカラダは、超一流。鍛えてもいるとみた。トレーニングはサボってない人かな?このあたりもチェリントンの意向か。プロ意識がないやつ、やる気のないやつは基本取らない主義なんだろう。まあ、取ってみないとわからん部分はあるけどな・・・。
バッティングみたけど、変化球は打てないね。ついていってもいない。
守備は、専門はいまファーストみたいだけど、数年前から、三塁、外野全部やってるみたい。
キャッチャースタートで、バットマンに転向していったけど、伸びなくていろんな守備やり始めたって感じ。
まあ、キャッチャーからの転向で、一番やりやすいファーストに行って、でも、でかいの打てないとファーストでのメジャーのレギュラーでは難しいとの自分とコーチの判断なんだろうなあ、ファーストって、とにかくホームラン打てないと・・・・て位置だからなあ・・・・・。
ミドルブルックスが長引きそうなら、とりあえずチャンスは今後もありそうだ。
メジャーの変化球になんとか慣れて、打てるようになって欲しいね。。。
27歳まだ、若い。イバネスをみてみろっ、伸びたのは30歳超えてからだぞ。

オルティズ、スリーランホームランでウォーク・オフ・ウィン!

テキサス・レンジャーズとの3連戦、第3戦。
同点で、最終回、ゴームズツーベース、ペドロイアフォアボール、オルティズのスリーランで勝利!
がっはっは。
よし、よし、いいぞおー。
オルティズ打った瞬間、「gone!」ってさけびながら、思いっきりガッツポーズとってしまった。
うーん。ストレス吹き飛ぶわ。。

今日の勝利は大きいね。
西地区首位、レンジャーズとの対決だし、負けている状況から勝ちゲームピッチャーつぎ込んでの逆転勝ちだし・・・。
ジャコビー・エルズベリーが今日から復帰。いきなり4安打。
ジョニー・ゴームズも、最近のうっぷんはらすかのような4安打。
ダスティン・ペドロイアが2打点。
デイビッド・オルティズが、さよならスリーラン。
マイク・ナポリが貴重な、同点内野安打。
ピッチャーが、
エース・レスターねばりの投球。デイビッド・ロスのリードがやっぱ大きいけど・・・
田澤純一がギリギリゼロにおさえた。
上原浩治は、きのう打たれたお返しで、ゼロ。
アンドリュー・ベイリーも、なんとか仕事。

エイドリアン・ベルトレーに一発かまされたときは、やばいなあと思ったけど、テキサスに2勝。
すばらしい。

唯一、ペドロ・シリアコが元気ないねんなあ・・・。
代打で出されたときも、なんとなくせつない顔してたし・・・。
がんばれシリアコ!おまえが活躍しないとたのしくないぞー

さてさて、明日は、エンゼルス戦。
打線の名前がすごいってことなんだろうけど、みーんな不調ってことで、いまのうちに勝っていこう!

今日のクローザーは、上原浩治。しびれる一点差、エクセレントっ!

ツインズとの3連戦、第1戦。
前回のツインズとのシリーズは負け越しているから、このシリーズ初戦は勝っておきたいなー。
バックホルツ先発。今シーズン、一気にエース格にのし上がるようなピッチングを連発しているクレイ。今日は、マウアーが出場せず。わかってか、あわせるようにマイク・ナポリも休み。

バックホルツは、今日はそんなに調子が良いほうではなかったけど、ランナー出しながらもツインズ打線を要所抑える。とくに、ウィギンハム、モウノーをチャンスで抑えたのが大きかった。
終盤、バックホルツのあとの、アンドリュー・ミラー、アレックス・ウィルソンがしっかり投げた。同点に追いつき延長戦。
10回表、ノーアウト1.2塁でミドルブルックスが送りバント。ちょっとビックリ。サインか?それとも自主的にか?どうだろう。サインだろうなあ・・・・・
ドリュー敬遠で、ゴームズ。あいかわらずバッターボックスで忙しい。いま、メジャーで一番忙しいバッターだな・・・。まずヘルメットをとにかく自分のいい位置ににするまでは長い。そして肩さわって、顔触って・・・・、、そこら中さわりまくってやっと打席に。ボックスに入るたびにやってるから、みてるだけでもおもしろい・・・・。
犠牲フライで、勝ち越し。
よしよし。

1点リードで、10回裏。田澤純一が出てくるとおもいきや、なんと、上原浩治。
ドキドキするねえ・・・・。
田澤は昨日、回をまたいで、25球投げた。連投を避けたんだろうね・・・・。それに上原は昨日投げてないってことかな。フレッシュ満開。
今日の上原の内容はベリーグッド。いいねえ。。。すっごくいいねえ!
特に、ファストボールがよく伸びていたな。それにコントロールが最高だった。二人目のバッターなんか、3球外角に同じとこへ。すばらしい!
ストレートは、90マイルに満たないときもあるけど、よく伸びる。球速が落ちない上原の真骨頂!
若手中心だったし、スプリットもしっかり振ってくれるツインズ打線。3人でかたづけて、試合終了。
3連勝!
よしよし、いいぞおー!

やっぱりねえ・・・・連投じゃないと、ボールがいいねえ・・。たいへんなんだね、、、休まないとね・・・・。首脳陣もよくわかっているから、今後もみんな休ませながらやっていくって事だな・・・。

ハンラハンはトミージョンやるとかだし、どうしようもないね。松坂、ラッキーと同じだな・・・。下半身のねばりなく、手投げで投げ続けると、ヒジに負担になる典型的シーズンだった。結局手術しないといけなくなるつうパターン。。。。。

延長は、ついつい絶対見てしまう。負けたらむっちゃくやしいけど、勝つと、今日一日ハッピー!!

デイビッド・ロス、ホームラン連発。ペドロ・シリアコも活躍。いいぞおー

今年からアメリカンリーグ西地区に入った、アストロズとの4連戦、第2戦。
ここにきて、ロースターが動いている。
ハンラハンがとうとうDL。調整し直しだな。。。。アセベスがマイナーへ。妥当な人事。ダニエルバードがメジャー復帰。先日の登板は、まだまだイマイチ君。。ラバーンウェイがロースターに。バットの振り出し遅いの直ったかなあ・・・・?
チェリントン大忙しだ。。。
でも、乗っている選手をちゃーんと入れてきているように。。。そうしている点がすごくよくわかる。。。
入替の内容や意図はすごく良い。チャンスを出来るだけあたえようとしている。当然若手がやる気になる。チャンスをくれるってのは、すっごくやる気になるんだよねえ・・・。停滞していた数年間には全くなかったから、若いのがやる気失っていた。。。前回シリーズのアスレチックスなんか、少し前のレッドソックスの若手ばっか。当時から活躍の場を与えられていなかった、ジョシュ・レディック、ジェド・ラウリーが、アスレチックスの完全に主力なんだもの・・・。いかに、数年前に使われずに干されていたのがよくわかる。
エプスタインバブルが、空気をよどませていたんだよなあ・・・・。

無能監督に使われなくても、メジャーリーグは、移動の自由度があるから、チームは変わることで、実力があれば必ずといっていいほど、メジャーに定着できるようになる。トータルでチャンスが与えられるシステムになっている。アメリカンスポーツの世界は、その点すばらしい。

先発はデンプスター。開幕から、4月。仕事をしっかり出来ている。今日もデイビッドロスの良いリードを受けて、しっかり結果を残す。スプリット、チェンジアップがやっぱり良い。
アストロズの先発ベダードも内容はけっこうよかったけど、今日は、ボストンの打者が乗っていたなあ。。。

デイビッドロスが、ホームラン2発、そしてキャリア初の1試合4安打と大活躍。ベダードとタイミングが合っていた感じで、2打席連続の場外ホームラン。

シリアコも先発。最近、活躍しなければって焦りが見受けられるような、ボールをブンブン振っていたけど、今日は、第一打席から、ボールをしっかり見ていた。アドバイスされたか・・・・。第一打席はスリーベースヒット。ヒットまでの、打席内容がよい。第二打席も、ボールをシッカリみて、ストライクを振る感じで、レフトに大きな当たり。第四打席は、レフト前ヒット。
シリアコってほんとうに、応援したくなるんだよなあ・・・・。この子が打つと、なんでかめっちゃうれしい。スリーベースの時なンかセンターとるなあーーーって、さけんでしまう。。。凡退すると、なんかガックリになる。ずっと出て欲しいなあ・・・ほんとに。華があるねん。。今日の試合の打席は焦らずに、しっかりボール見ていた。波に乗っていきつつある内容だった。よしよし!

マイク・ナポリ。
絶好調。いまや、抑えきれない。ピッチャーからみていい球やきわどい球は全てファウル。切れのいい変化球とかもボールになるなら振らない。まん中に入ったら、即KOされる。
恐ろしい。まさに今、この男デンジャラス。。。。
今日も、打点。4月がまだ終わってないのに、今日で27打点。チャンスに打ちまくってます。このまま、いってねナポリちゃん。

ジョニー・ゴームズ。
スプリングトレーニングでは絶好調だったけど、シーズン始まって、打てていない。内容も悪い。今日も打席では、三振の応酬だった。
しかししかししかし、そこはベテラン域&集中力は切らさない。5回の守備でレフトライナーを横っ飛びキャッチ。大ファインプレー。。。すばらしいぞー、ジョニー!!
ライナーが抜けていたら、今日勝ってなかったかもしれん。それぐらい値千金の守備だった。そして最後の打席ではレフト前ヒットで、ボストンでの初打点。ファーストでは、ほっとした顔。いいねえ・・・・・

勝ちゲームは、もちろん!
田澤純一登場。SACFLYで1点取られた。相変わらずスプリット、カーブのキレは悪い。なんとか今日もファストボールの勢いで抑えた。結果オーライ。
そして、上原浩治。
落ちが悪めのスプリットをツーベース食らうも、今日は、なにより顔が良い。いい顔していた。。。気合いの入ったいい顔。ツーベースのあとも、もう一度、集中させるような感じだったから、今日は抑えるな。。。。とおもいながら、見た。。。キッチリ抑えた。

最終回は、3点差だったのにアンドリュー・ベイリーではなく、アレックスウィルソン。このあたりも、ファレル&新コーチ陣のいいところ。勝ちゲームで若手をしっかり使う。このあいだメジャー初登板したばっかりのウィルソン。初登板の時は、緊張しまくっていたのが映像からもしっかりわかったけど、今日は落ち着いていた。ボールはいいから、3人であっさり片付けて、勝利。

4月のスタートが良かったから、流れがすっごく良いレッドソックス。テロの影響もあって、フェンウェイには空席目立つけど、勝っていけば戻ってくるだろう・・・。
ベンチの雰囲気もすっごく良さそうな、ナイスゲーム。

マイク・ナポリさよならヒットっー!上原浩治もすばらしい。

レイズとの第3戦。2013ジャッキー・ロビンソン・デー&ペイトリオッツ・デーの記念日。
同点に追いつかれた9回に出た出た出ました!マイク・ナポリのグリーンモンスター直撃ツーベース。
一塁走者、ダスティン・ペドロイアが走って走って、、、走って、ウオーク・オフ・ゲーーーーーム!
レイズ戦1回戦に続いてのサヨナラ。。。
やっっほーーーーーーーーい。
がっはっはーーー
よーっし、いいぞー!

先発ピッチャーは、デンプスター。
今日は、コントロールがよかったし、スプリットのキレも良かった。。。。ま、審判のコールにも助けられたのもあったけど、ロンゴリアのホームランの1発に抑えたのは、グッド。
上原がセットアッパーの8回。危ないセンターフライあったけど、結果オーライ。スプリットの切れもいいし、しっかり仕事して、またまたベンチできっついハイタッチの応酬。よく見ると、上原のきついハイタッチに、みんな力入れて手を出すようになったのが笑える・・・・。
1点リードで、クローザーへ。ハンラハンではなく、アンドリュー・ベイリー。ハンラハンが、いったんお休みって感じだな・・・・。正解だろう。20球程度で下半身がヨレヨレになって、ファストボールも5マイル落ちるようなスタミナでは、乗り切れん。
ベイリーは去年までは、クローザーやってたし順当。しかし、失点。なんとか逆転はさせなかったけど、やな予感。
しかししかし、9回裏、ビクトリーノがおしい当たりのレフトフライ。ダスティン・ペドロイアが、モリーナの味方もだませる恐るべきキャッチングをかいくぐって、(審判だけは、モリーナキャッチにだまされてなかった・・)フォアボール。
そしてそして、気合いのナポリ。ホームランも期待する中、スプリットを泳がされながら腰が残って、レフトへ。。。
すばらしい!
ビクトリー!!

これで、レイズ戦3連勝。
レイズの打線が、2012年からは大きくダウンしている感あり。やっぱ、アプトンがいないのは、こんなにも大きかったのか・・・・と思わせる打線だ。アプトンは波が大きかったけど、打つときは連続でホームラン打ちまくったりするからめっちゃやっかいだったし、怖かった。それに、ぺーにゃがいないも、意外に大きい。存在感がぜんぜん違うってことだな・・・・。ファーストは、去年のドジャース・レッドソックス超大型トレードでアメリカンリーグに来たロニーもいいバッターだけど、ホームランがあんまりない。となると、今年のレイズはロンゴリアさえ抑えれば、大量点がないって打線になってしまっている。まあ、GMとしては、少ない予算だし、ピッチャーがすっごいのがいっぱいいるから守って勝つってことなんだろうけど・・・・
チーム力はそんなに差がない両チーム。ボストンの気合いで3連勝。

気になるのは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニア。今日で、打率1割切った。大振りになっている。、スプリングトレーニングで、クリフ・リーから打ったホームランで調子にのってしまったか・・・・と思ってしまう凋落ぶりだよなあ・・・・。まったく、ボールが見えていない。振りが大きすぎる。カラダが開きまくって・・・・プレシーズンで4割打った選手とはまったく別人状態になってしまった。とくに変化球への対応がひどい。全部空振り。。。。守備でも9回、記録には残らないけど、間に合わないホームに投げて、バッターランナーをセカンドに行かせたり、、、見えてない感じだ。若いからなのか、バットの調子が悪いからなのか、、、、どちらにせよ、まだだった・・・・と感じる状況。今日も先発だったけど、いいところなし。
チェリントンはどこまでがまんするか・・・・こりゃ、みものだ。明日はレフト・ゴームズでいくのか、まだまだ使うのか・・・・。ゴームズのようにDHはないだろうし、このまま悪いと、スコット・ボラスが何を言おうが、AAAで調整もあるかもしれんなあ・・・・・。不公平感が出てくる前に、ゴームズを先発にすべきだな・・。

チームは、調子がいい。しかし、チーム力は、前評判とかわらず、もともと高くない。勝っているけど、紙一重だろう。プレーオフゲームのような選手のやる気に支えられている感じがする。シーズンはまだまだ始まったばかり。
ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアをゴームズにかえる。
シリアコも先発で使う。
キャッチャー、ロスの出場機会を増やす。
長いシーズン見据えてやっていくべきだな・・・。

そういえば、、、
こないだ、マウロ・ゴメスがジェイズにいっちゃったなあ・・・・。ということは、ファースト控えは、マイク・カープにしたってことだな。。。ま、オルティズが戻ってくれば、アクティブ外れるだろうけど・・・・

去年は、サヨナラはされまくっていたけど、今年はもう、2度目。勢いつくんだよなー、選手は。。。
ヤンキース、ジェイズ、オリオールズ、そしてレイズとのきつかった、東地区との開幕シリーズ終了。明日は、補強がんばったインディアンズ。どんな選手がいるのか楽しみだーーー

2013開幕オーダー決定!ヤンキースとの開幕戦はどうかっ。

2013年ヤンキースとの開幕戦、オーダー決定!
1. CF: Jacoby Ellsbury
2. RF: Shane Victorino
3. 2B: Dustin Pedroia
4. 1B: Mike Napoli
5. 3B: Will Middlebrooks
6. DH: Jonny Gomes
7. C: Jarrod Saltalamacchia
8. LF: Jackie Bradley Jr.
9. SS: Jose Iglesias
SP: Jon Lester
で、当然、、
ヤンキースのオーダーもみないとー
1. CF: Brett Gardner
2. RF: Ichiro Suzuki
3. 2B: Robinson Cano
4. 1B: Kevin Youkilis
5. DH: Ben Francisco
6. LF: Vernon Wells
7. SS: Eduardo Nunez
8. 3B: Jayson Nix
9. C: Chris Stewart
SP: CC Sabathia

レッドソックス注目点は、
ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアが先発メンバーに入る。
DHは、スプリングトレーニングのバットの調子がいいゴームズ。
ショートストップは、ホゼ・イグレシアス。

ヤンキース注目点は、
4番ファースト、ケビン・ユーキリス。
・・・・。
ほんまに、ジラルディはやっかいだ。
やらしいなあ・・・。
名将だなあ・・・・。
ぶつけてくるもんなあ・・・・。

レッドソックスの開幕先発メンバーは、納得いかんなー。
まず、キャッチャー、サルタラマッキア。
おかしい。確かに打力は、率悪いけど、ホームランは打ちよる。しかし、守りはひどい。ますますひどくなっているのに、マスクかぶらせるのは、アホだ。どこか抜けてるチェリントン&ファレルのコンビ。
あかんなあ。。。。
首脳陣が、最初にヤンキースに負けてるものっ。。。
あかんわ。
いかん・・・。
いかんわ・・・。

DHは、サルティでいいし、レフトはゴームズ。キャッチャーはロスで、ショートはシリアコだよ。
どこ見てるねんファレル。イグレシアスの成長を期待して入れたんだろうけど、シリアコがやる気なくすやろーよー。ドリューがけがなら、シリアコだ。わかっとらん。チェリントン&ファレル、イマイチやわー。アメリカ人なのにアンフェアーやねん。
変化球見逃せないイグレシアスは打率残すのは難しい。プレシーズンの若手ピッチャーならいいけど、超一流ばかりのメジャーレベルでは打てないだろう。変化球は見逃せないとフォームはいずれくずれる。それに、キャッチャーもマシなヤツがマスクをかぶるから、弱点なんてすぐ見破られる。たまに、アホなピッチャーとキャッチャーはいるから、ストレート投げて、そうゆう時には打つだろうが・・・。

キャッチャー。
今日のツインズ戦のロスのマスクみても最高だ。ピッチャーのいいところ引き出しよる。かたや、サルティなんかシングルAレベルの守備だしリードもダメダメ男。投手力が重要な昨今のメジャーで、大事なマスクをサルティにかぶらせるなんて・・・・・意味わからん。
選手レベルでは他チームに圧倒的に及ばないのに、人選戦略ミスしてたら勝てないだろうな・・・・。

ファンはいいたい放題いえるだけなんだろうけど、結局勝てないとファンは離れるからなあ・・・・。
先発が踏ん張れば、5割は勝てる。しかし、勝てている間は方向変更しないだろうから、じり貧になるか。。そのあたりわかってないなら、今年も最下位ありうるかもしれん・・・・な。。。
あー、
たのむからジラルディよ、レッドソックスの監督になってくれんかっ!

プレシーズンパイレーツ戦。バックホルツが開幕万全だな。

プレシーズンマッチ、ピッツバーグ・パイレーツ戦。
パイレーツの先発ピッチャーイマイチっぽい印象だったから、打つ方は参考にならんと感じてみる。

先発はバックホルツ。
過去、ローテーションには入っているものの、イマイチ安定感欠けるシーズンばっかの投球内容。今年はどうか・・・。
1.2回あんまり良くない、カーブがきちんとコントロールされていないし、チェンジアップが去年から引き続き落ちなくなっている。ただ、今日はキャッチャーがロス。リードがいい。助けられたね。。。
3回以降は、コントロールが良くなってきたし、カーブとチェンジアップが悪いとわかったのか、ツーシーム(ワンシームかも・・)と、カッターでうまく打ち取っていた。
ローテーションピッチャーとして、このあたりは成長のあとがみられた。結局、ホームランの1失点に抑えて降板。観客から大拍手。プレシーズンなのにこの雰囲気。やっぱファン多いボストン。
球種が増えて、スプリットも投げるようになって、バッターに絞られなくなった。ノーヒッターのころのストレートと二つのカーブだけの時代が、ほんに、懐かしいと思えるほどたくましくなった。よしよし、ローテ2番手決定!

2番手には、回の途中から田澤純一。このあたりは、もはやシーズンの感じ。カンタンにゲッツーに打ち取った投球。まずまず、次の回も登板。ストレートの伸びがある。しかしスプリットが相変わらずコントロールが定まらない。カーブは今日は良かった。
回をまたいで3回目。投球数が20球を超えたあたりから急速にダウン。球がおじぎして、みていてなんか足に来ているような・・・・。フォアボール連発で、交代。
内容は良かった。回を2回またいでの登板だったから、しょうがないね。またぐと肩が冷えるから、スタミナも消耗する。シーズンでも3回投げることはあんまりないだろうから、いいだろう。

打順は、開幕オーダーか?と思うメンバー。
1番センター   エルズベリー
2番ライト     ビクトリーノ
3番セカンド   ペドロイア
4番ファースト  ナポリ
5番サード    ミドルブルックス
6番DH      サルタラマッキア
7番レフト     ゴームズ
8番キャッチャー ロス
9番ショート   イグレシアス
うーん。。。。。
ショートが解せんが、開幕あり得るオーダーだった。
エルズベリー、ビクトリーノはイマイチ。
ペドロイア、は順調。ナポリは、球の見送りかたはやはり4番だ。
5番ミドルブルックスは今日もフェンス直撃のでっかいヒット。この男の打球はマジで伸びる。すげー。
サルティはキャッチャーとしては、超低レベルだけど、打者としてはアッパースイングで当たれば飛ぶ。ラバーンウェイではこうはいかない。
ゴームズは安定してヒット打つだろうし、ロスも打つ方はともかく、今日のリード、肩の強さ、キャッチングブロッキングレベルは、完全に正捕手レベルだ。サルティにマスクかぶらせずに、ロスのマスクでシーズン行くべきだ。
イグレシアスは、ストレート系には対応出来るけど、今日もブレーキングボールはてんでダメ。なぜ出しているのか理解できん。シリアコどうしたんだろ、ケガかな・・・・。出せよなシリアコを。

開幕まで2週間。25人、40人ロースターどうなるか・・・・。楽しみだ。
ブラッドリーは入るのか。デラロサはどうか。アセベス、バードの位置づけは?オーバーベイ、スウィーニーをどうするのか。。。
興味はつきないなー

プレシーズンフィリーズ戦。外野手ユーティリティはナーバかな・・

プレシーズン、フィリーズ戦。
先発はジョンラッキー。
状態はたいしてあがってないように感じられる。
契約が今年入れて2年あるから、先発4、5番手あたりで使い続けるのだろうけど、年俸にはまったく納得いかん、ほとほと悲しくなるレベル。

アンドリュー・ベイリーがまずまず。中継ぎでの開幕ブルペン決定だろう。ただアスレチックス時代のストレートの伸びはまったくない。外角ギリギリのいいコースのストレートをフェンス前まで軽く運ばれているのをみると、クローザーはない。中継ぎ。

上原浩治。今日は8回に登板。シーズン見越しての、登板回なのかな・・・。ただ、プレシーズンの8回だから、試合後半でバッターはまだまだマイナーにどっぷりの若手。。軽くあしらう感じだな。フォークを続けたら、みんなまったく打てない。上原のスプリットを打てるマイナーの若手はいない。今日の登板は参考にならないな。
途中でボーク。セットしたのに、またセットしたシンプルなボーク。やった瞬間「あっ」と思ったら、やっぱり審判がコール。すぐ修正出来るだろう。

エルズベリー。
今日の先発はハメルズだから、ある程度はしょうがないだろうけど、良くない。6月ぐらいまで打率2割程度でいくんじゃないか・・・・。そんなことになると、夏までにトレードも現実に起こるかもしれないかもなあ・・・・。
なんといってもジャッキーブラッドリーJRがいい。ただ、ジャッキーは、ユーティリティではないから、エルズベリーがケガしない限り、たぶんメジャーでの出場はない。となると、エルズベリーの結果が出なくても、ジャッキー・ブラッドリーをセンター先発にするのも現実的ではないか・・・・。エルズベリー出して、すぐブラッドリー???いや、ないな・・・・。そこまでリスクをチェリントンが負うとは思えない。ってことは、ジャコビーの数字悪くても、やっぱり、今年は最後まで使う可能性が高いか・・・・。

イグレシアス。
やっぱり体格が去年までとは違う。飛距離も伸びている。だけど、変化球には相変わらずついて行けていない。だめだ。となると、内野ショートの先発もまだまだレベルだし、ファースト以外内野守れるシリアコが内野ユーティリティで決定だろう。まだイグレシアスの変化球対応はぜんぜんだめと見た。
期待されているほど働かないだろう、、、まだ、いまのレベルでは。。。シリアコ落とすなよ!チェリントン。

ペドロイア。
ほぼ開幕万全だろう。いうことなし。すばらしい!

ビクトリーノ。
状態イマイチ。WBCの影響あるだろうけど、WBCでも活躍してないからギア上げてなかっただろうし、そうなのにあんまり活躍するようには思えないなあ・・・・。契約ほどには・・・。

ミドルブルックス。
手首の状態が、万全であるのを祈るのみ。この男の飛距離はほんとに伸びる。ボールのとらえ方のすばらしさ、背筋も強いんだろう。ベルトレーレベルの背筋力っぽい。ケガなければ、ミドルブルックスは30本打つはずだ。

だんだん開幕モード。
先発組で状態いいのは、ペドロイア、ナポリ、ミドルブルックス、ゴームズ。悪いというかレベルが低いのは、エルズベリー、ビクトリーノ、ドリューってところか。。。
先発は、レスター、バックホルツ、ドーブロントがまずまず。ラッキーはダメ。

うーん。。。。トータルでは、やっぱ勝率5割行ったり来たりの戦力だな・・・・。