ブルペン補強も今年は早いぞ!

大物の契約は済んで、スタメン陣はほぼ完了のレッドソックス。

今年のストーブリーグはこれでほぼ終わりかと思ってたけど、

なんのなんの、

ブルペン陣の補強もやる気満々。

今年プレーオフ行けなかった悔しさがあらわれてるね。

 

2010年のホワイトソックスのクローザー、ボビー・ジェンクスと2年契約。

それも1200万ドル。

セットアッパーか?と思ったんだけど、

金額は、完全にクローザーの金額である。

ありゃりゃ。。。

となると、パペルボン放出・・・・の可能性大。

やっぱ、去年のプレーオフで打たれたのがだめだったんだろうなあ・・・。

今年も、不安定な内容だったし、ちょっとやる気が・・・・・

 

ジェンクスダメでも、ダニエルバードがほとんどクローザーできるだろうから、

ダメでも、バードで締められるだろう。

レイズがジェンクス狙ってたから、しかたなく取ったような気がするんだが・・・。

バードのほうが、クローザーのレベルは高い。

 

そして、まだまだブルペン補強!!

オリオールズの、マット・アルバースと契約。

取りまくりのエプスタイン。疲れを知らず。

マットアルバースは、右投手でセットアッパーとして取った様子。

腕が長く、メジャーリーガーでは珍しい日本的スライダーを投げる。

けっこう抑えるイメージあったから、このあたりはさすが。 

アルバースは、体重落とせばキレももっと増すはずなんだが。。。

 

さあ、ブルペン陣も決まりだしてきた。

右投手は、もういらない。

2010年からの、アッチソンいるし、いまいちだけど、ボウデンもいる。

田沢が手術からの復活のシーズンにもなるし、セットアッパーとして期待されるし。

あとは左投手だ。

ドーブロントは残るし、もう一人だろう。。。左と契約していないということは、

岡島の席を開けているのかな????

 

 

ジョナサン・パペルボンの登場曲が好きだっただけにいなくなると寂しいんだけど。

ま、3人でクローザーの競争させるかもな、レッドソックスなら。。。。

 

左のセットアッパーどうなるか楽しみ!