エイドリアン・ゴンザレスとの契約はプーホールズが基準に

殿堂入り間違い無しのカージナルスの大打者アルバート・プーホールズの契約

が今季で切れる。

 

お互いに残る方向で話し合いが進められているし、完全にチームのカンバンだから

普通はFAになる前に次の契約を結ぶことが多いんだよな。

どうも

スプリングトレーニング前までに決まるのでは???と話が出ているそうな。

決まらなければシーズン終わってフリーエージェントだけど。・・・。

 

そして、トレードで移籍した我がチームの主砲エイドリアン・ゴンザレスとの契約に

影響する。

エイドリアンゴンザレスのレベルは、アルバート・プーホールズレベルということらしい。

噂では、ゴンザレスとの契約が水面下では終わっているとの話もあったりする。

条件は、7年1億5000万ドルレベルらしい。

 

比較としては、

アメリカンリーグでは、

同じ一塁手のヤンキースのテシェイラが8年1億8000万ドル。

ナショナルリーグでは、

フィリーズのライアン・ハワードが5年1億2000万ドル。

スプリングトレーニングに前に、プーホールズの契約が決まるのか、

決まれば、その契約条件で、ゴンザレスとの契約の基準となりそうだ。

 

プーホールズもテシェイラレベルいくだろうし、

ゴンザレスも・・・

庶民の楽しみのひとつだ。

 ゴンザレスとの契約は開幕後に発表されるだろうな。

 

ゴンザレスのホームラン50本目になる夢をみた

シーズン始まってもいないけど、

今シーズンの終盤、フェンウェイでエイドリアン・ゴンザレスの50本目のホームラン

の、夢を見た。

 

正夢であってほしい。

実力派十分ある。怪我さえなければ、55本ぐらい打つんじゃないかと思っている。

マニーが出ていってから、核になるほんとうの4番がいなかった。

開幕はユーキリスが4番で座るかもしれないけど、

4番のレベルは完全にゴンザレス。

それに、打率もいいんです、ゴンザレスは!

 

楽しみでしょうがないな・・・・。

 

ホセ・バティースタとトレードのうわさ・・・・

おもしれー!!

まだまだやる気のエプスタイン。

昨シーズンホームラン王のブルージェイズのホセ・バティースタ。

いまだブルージェイズと契約できていません。

調停も???って状況のなか、ボストンとトレードの噂が出てます。

 

いやあ、もう十分すぎるほどの補強をしたんだけど、

よっぽど去年の負けが効いたのか、

バティースタは去年54本のホームラン。

打率は.260と低いけど打ちまくった年だった。

 

来年オルティズと契約しないなら、ありかもしれない。

 

 

スタメンのショートは、スクータロかラウリーか

今シーズンのショートのスタメンは誰だろう。。。。

昨年ほぼ先発のスクータロ。

ケガから、戻ってきたラウリー。

 

まず、スクータロ。

去年はスクータロは、がんばった。

ブルージェイズから獲得したときは、1番とか2番ではなく、

8.9番でつなげる役割の予定だったのに、

エルズベリーがケガで1番にとか、

ペドロイアがケガで2番とか大変だったと思う。

そのなかでも、シーズン通して穴埋めはきっちりこなしたし、

守備もまずまずこなしていたと思う。

優勝戦線から離れた終盤も、セカンド試しとかいろいろされたけど

150試合出場で、打率は.275。

きっちり仕事をこなした。

 

そして、ラウリー。

ずいぶん手首のケガで出ていなかったけど、昨年終盤スタメンで出ることが

多かった。持ち前の長打力も健在。

また、ショートだけじゃなく、サード、セカンドと守れることも特徴。

ケガさえなければ若いだけに、常時出場できる体力もある。

ただ堅実かというとそうでもない。

守備に秀でているわけでもなく、エラーもけっこう多い。

ただ、去年バッティングでは、.287 出塁率も.381とよかった。

 

さて、スタメンショートどうするかな。。。。。

9番で、スクータロで押したい。

 

守備力では、ラウリーよりうまい。

バッティングも大きいのはないけど、つなぎができる。

流し打ちもうまい。

このあたりはラウリーにはないところ。

1.2番がしっかりし、ゴンザレスもいるし主軸は安泰。

つなぎの9番がほしい!

(8番はサルティ)

目立たないけど、ランナーをすすめる効果的はバッティングができるのは

さすがベテラン。

このあたりをフランコーナ含め、ちゃんと見ているか。だな。

ちゃんとみていれば、

ラウリーの長打力に魅せられるのも分かるけど、

9番、ショート、スクータロでいくべきだ。

 

ラウリーには、昨年がんばったユーティリティのビル・ホールの役割で

いいだろう。

ユーティリティとして、一年怪我なく出来れば、来年は

スタメンでのショートが期待できる。

(今年、スクータロとは2年契約最終年だったと思う)

 

ラウリーには来年、長打力の下位バッターとしての活躍を期待したい。

 

 

レイズ、マニーとデーモンと契約

まいったーーー

マニー・ラミレスとジョニーデーモンがレイズと契約。

レイズからは流出しまくっていて、補強しないのかと思ってたら、

マニーとデーモンと契約。

これで打つ方は、整った。

 

レイズにとっても、二人にとってもいい契約だろう。

マニーは200万ドル。安っ。。。。

 

デーモンはしっかり活躍するだろうし、

マニーも大きいのを期待しなければ、クラッチ度は発揮する。

4番には主砲ロンゴリアがいるから、前後だろう。

 

レイズ侮るべからず!

 

開幕スタメンオーダー予想され始めた。

エルズベリーの契約が決まり、開幕オーダーの予想がいわれ始めた。

現地NESNの予想は、

 

1番レフト     クロフォード

2番セカンド    ペドロイア

3番ファースト   ゴンザレス

4番サード     ユーキリス

5番DH      オルティズ

6番ライト     キャメロン

7番キャッチャー サルタラマッキア

8番ショート    スクータロ

9番センター   エルズベリー

 

 

だそうな・・・・。

 

去年予想した俺的オーダーは、

1番レフト     クロフォード

2番セカンド    ペドロイア

3番DH      オルティズ

4番ファースト   ゴンザレス

5番サード     ユーキリス

6番ライト     J.D.ドリュー

7番ショート     スクータロ

8番キャッチャー サルタラマッキア

9番センター   エルズベリー

 

うーん。

4番はゴンザレスだろ!!

どこの記者は知らないが、野球わかっとらんな。。。

ライトは、キャメロンなのか、ドリューなのか。

微妙だな・・・・。ケイリッシュ出てきて欲しい!!

当ブログ今年の一押しはケイリッシュだーー!

去年はハーミーダ押してたけど、放出されちゃって残念。

 

開幕ピッチャーは、やっぱ、レスターできまりだ!!

 

とにかく、ほんの少しづつだけど、盛り上がってきたぞーーーー!

 

でもNFLもみよ。

しかし、ブレイディが骨折していたとは・・・・・

しょうがないな。。。。。。

パペルボン、エルズベリーと調停回避の模様・・・・

エプスタインから発表あったみたい。

パペルボンとは1年1200万ドル。

エルズベリーとは1年240万ドル。

 

パペルボン高すぎるだろ!!

ストレートは伸びない、ションベンスライダーは見切られる、

フォークは切れ悪いでぜんぜん抑えきれなかったのに高すぎる。。。

もしかしたら、最後のご奉仕かもしれない。

来年は多分いないでしょう・・・・・。

 

エルズベリーも今年活躍しないと放出あり得るかもだな、こりゃあ。

活躍つっても、出場機会が少なくなる中だから、なかなか苦しいだろうな。

クロフォードが怪我さえなければ、常時1番バッターになるだろうからなあ・・・

 

パペルボンはセットアッパーか。ダブルストッパー扱いでよしとするか。

ジェンクスダメでも、バードが十分押さえで大丈夫だろうし。

セットアッパーに1200万ドルのパペルボンか・・・・・

高すぎるセットアッパーだなこりゃ。。。

岡島にもっと出したれーエプスタイン!!

 

今年は2チーム出来るような布陣。

レッドソックスのストーブリーグは、終了です。

トレーニング期間が楽しみだー

 

ヤンキースもジーターの契約の件でゴタゴタするだろうし、

アメリカンリーグ東地区は、レッドソックスのダントツ優勝だあ!!

 

パペルボン、エルズベリーとの契約どうなるのやら・・・・

1月も終盤。

チームは、パペルボンとエルズベリーと契約がまだ。

調停に委ねられるところまでいくのかどうか・・・・・。

 

押さえ候補にボビー・ジェンクス獲得しているので、

パペルボンとはどうなるのやら・・・・

気が気でなりません。

あるソースによると、パペルボン、エルズベリーともども調停避けて

契約するのでは????とのうわさが。

 

パペルボンと1年1200万ドル、エルズベリーと1年240万ドルで契約するのでは・・・

とあくまで、ソースはわからないらしいけど、出てるみたい。

いればいるほどいいので、契約すれば、今シーズンはプレーオフは行けるだろうと

ファンとしてはいいのだが。

 

アメリカンリーグMVPのハミルトンもまだ契約していないみたいだし。

まだまだストーブリーグは続きそうだ。

 

アスレチックスがブライアン・フエンテス獲得。

きのうのペイトリオッツの負けの精神的ダメージから、まだ立ち直っていない

ものの、

松井秀喜のいるアスレチックスがまたもや大物を獲得した。

去年途中までエンゼルスにいて、夏にツインズに移籍した

ブライアン・フエンテスと契約。

 

ビリービーンめ、間違いなく今年はチャンピオンリング取りに来ている。

去年、エンゼルス、マリナーズを押さえ西地区2位。

レンジャーズが一位だったけど、去年の勢いが落ちると見ているのだろう。

打線も松井秀喜含めて強化し、伸び盛りの若手の先発のあとのブルペンも

補強しまくり。

 

こりゃあ楽しみだ。

今年のアメリカンリーグの西地区は、アスレチックスで決まりかな・・・・・。

 

ペイトリオッツ撃沈、レックスライアンしてやったり!

もうがっくし・・・・・・

シーズン絶好調のペイトリオッツがプレーオフでジェッツに負け。

まったくいいところなしのなにやってるんだ状態。

ブレイディは全くダメ。

技術的にパスがどうのとかじゃなく、ターゲットが見えていない。

こころここにあらずな感じだった。

プレコールも????がつくのばっか。

ジェッツのリービス、クロマティは厄介だけど、ランだけで勝てるわけがないのに、

ウッドヘッド使い過ぎ。

 

シーズン中のフットボール全く出来ず。

奇をてらったコール連発でも全く前に進めず。

1週間の休みの間に別のチームに成り下がってしまった。

 

クランプラーのタッチダウンチャッチミスに始まり、ミスも連発。

もうがっくり。。。。。

レッドソックスが勝てなかったから、ペイトリオッツに期待してたんだが、

ブレイディ、ベリチックボロボロでした。

 

あーーーーあ。

NBAセルティックス応援しながら、スプリングトレーニング待とう!