ゴンザレス、ホームランで締める!!

2011年ホームでのスプリングトレーニングが終了。

エイドリアン・ゴンザレスがレイズ戦でホームラン。

完璧!!!

現役で最高のバッティング技術の持ち主。。。

もちろん、イチロー、マウアーがいるけど・・・・。

飛距離で言えば、現役最高は間違いない!!

 

ゴンザレスは、間違いなく40本は打つだろう。

そして、ワールドシリーズに向けて、全員気合入っているのが伝わってくる。

特に、首脳陣が・・・・。

今シーズンは気合はいりまくりだから、去年のような事はないぞ!

 

今年は、

テキサスでレンジャーズ戦からスタート!!!

 

 

岡島秀樹 開幕アクティブロースター外れる!

岡島が開幕ロースターから外れるとエプスタインがコメント。

 

・・・・・・・。

 

ショック。。。。。

ショックでかすぎる。

どうしてだ!!

スプリングトレーニング序盤は打たれたけど、中盤からは抑えているじゃないか。

どこ見てるんだ、エプスタイン!!

 

押し出されたな、オカジ。

40人ロースターには残るだろうけど、残念だ。

他のブルペン陣との契約の兼ね合いもあるんだろうな、こりゃ。

 

岡島以外に、信頼できる左いないじゃないか!

どうするんだ、左投手。

どこにも岡島より抑えられる左いないのに。。。。

それに、アセベスも外れて・・・・・。レイエスがロースター入り。

見る目ないなー。

アセベスいいのになー。

オレが見た限りでは、アルバースより、アセベスだろうけど、契約なんだろうなあ・・・たぶん。。

 

高い金額の契約者が残る・・・・・

 

熾烈なアクティブロースター争い

開幕まで1週間切って、開幕ベンチ入り枠のアクティブ・ロースター争いが熾烈。

内野とキャッチャーは決まっている。

ブルペンと外野争い。

 

外野は、キャメロンとマクドナルドの争い。

ドリューがスプリング・トレーニングでイマイチなら、キャメロンとマクドナルド出せー・・・

と思っていたけど、さすがドリュー。

なんやかんやと今日のオリオールズ戦でもホームランも打つしきっちり結果出している。

エルズベリーもバッティング時のフォームに余裕ができ、3割打っている。

レフトは移籍のクロフォードで決まっている。(ただ、開幕前半は打てなさそう・・)

結局、キャメロンとマクドナルドの争い。

マクドナルド頑張っている!めっちゃ打っている。

でも、詳しい契約はわからないけど、開幕はキャメロンだろう。

そうゆうものだろうなあ・・・。

 

今シーズン超熾烈な争いのブルペン。

スプリング・トレーニングはじめは、ミラー、アチソンは入るかな・・と思ってたけど

ミラーはコントロール悪すぎで、開幕は多分AAA。

アチソンも先日AAAへ(でも40人枠には入るだろう)。

気になるのは、ウェイクフィールドをどう扱うか・・・・。

ウェイクはもしかしたら、開幕アクティブロースター外れるかもと思っている。(40人にははいるだろうけど・・・)

スプリングトレーニングの結果は良くない。実力で選ぶなら、もうウェイクは、40人枠もキツイ。

 

もし、ウェイクをアクティブから外すとなると、その枠は、レイエスかドーブロントか。

 

ブルペンの開幕アクティブロースター予想

パペルボン

ジェンクス

バード

アセベス

アルバース

ウィーラー

岡島

ウェイクフィールド

 

だろう。

開幕まで5日。

さあ、どうなるのか!!!

まだわからん!!

 

 

エイドリアン・ゴンザレス 初ホームラン

ツインズとのスプリングトレーニング。

とうとう出ました!

エイドリアン・ゴンザレス!!

ツインズ先発の、ブライアン・ダンシングから3回にレフトへホームラン。

 

甘い球でもなんでもない、ピッチャーとしては外角へのコース付いたいい球。

フォロースルー全開で持っていきました。

あっけにとられて口をずっと開けたままになってしまった・・・。

ホームランのあとのブライアン・ダンシングの表情は、明らかに動揺。

そりゃそうだ。

ぜんぜん悪い球じゃないのに、レフトスタンドだもの。。。

 

今シーズン50本行けるぞーーー!

 

アチソン、ボウデン、ケイリッシュ、マイナーへ

開幕まで1週間になってきて、

厳しい開幕ロースター争いが続いている。

厳しい世界だ、プロの世界は。

 

今日、スコット・アチソン、マイケル・ボウデン、ライアン・ケイリッシュがAAAへ。

 

アチソンは、去年に比べコントロールが悪かった。スプリングトレーニングでは高めにいくことで

結構打たれていた印象。

ジェンクス、ウィーラー、アルバースの補強ではじきだされてしまった。

こりゃしょうがない。

 

ボウデンは、まーこういってはなんだけど、球種増やさないとだめだよ。

3年前から、思っているけど、バードのように95マイル出せるならともかく球種が少ない。

ほとんどストレートとカーブだもの。コレではいけません。

投げ方的にはスプリッターとか覚えれば、中継ぎでやっていけそうなんだけど、

毎年見ているけど、球種が増えていない。

このままでは、あと数年だろう。

 

期待のケイリッシュは、競争激しい外野ではしょうがないところか。

ただ、去年の秋にけが人が出たなかで、良くやっていた。

成長を楽しみにしていたスプリングトレーニングだったけど、イマイチな印象だった。

下半身の安定もないし、まだ長距離にいくか、中っ距離にいくかはっきりしない。

選球眼もまだ磨かないといけないようだ。

来年はドリュー、キャメロンが居なくなるだろうから、コールアップで活躍し続ければ

2年後には外野の一角を占めているとおもう。

 

どんどん若い逸材が出てくるメジャー。

競争が激しい。。。

 

サイヤング&完全試合&ノーヒッターのハラデー

フィリーズとのスプリングトレーニング。

両先発は、開幕予定のハラデーとレスター。

 

ハラデー・・・・・。

すごすぎます!!

ボールがまるでピンポンのように曲がる。

外角低めへの球だけでも、入ってくるカッター、逃げるツーシーム、落ちるスプリッター。

それが、針の穴を通すように、インコースとアウトコースへバシバシ決まる。

真ん中の球なんかはほとんどありません。

野球ゲームのように、狙ったところへいきます。。。。

うてるわけがないやー

 

ブルージェイズ時代はよく見ていたけど、フィリーズに行ってもまだ進化してるぞこの男!!

スプリッターがブルージェイズ時代よりよく落ちるようになった。

あんなもん、打てない。。。。

 

たぶんいま、現役最高のピッチャーだろう。

やっぱ完全試合&ノーヒッター男は、すごすぎる。

トレーニングなのに、8回2アウトまで投げてるし。。。。。

映像見ながらボストンのバッターかわいそうだなあ・・・・・と思った。。。

 

ナ・リーグでよかったわ。

セットアップマン競争

セットアップマンの競争が激しい。

右投手も左投手も。。。

 

左は、たぶん開幕メジャーは2枚だろうから。

現段階で、岡島、ミラー、ヒル。が候補。

去年そこそこ活躍したドーブロントは、出遅れ気味なので開幕メジャーはないだろう。

 

岡島が一歩抜けているような感じ。首脳陣の信頼も厚い。

ミラーは今日松坂のあと投げたけど、さんざんだった。

ミラーの悪いところのコントロールが乱れてしまった。

ヒルも今日9回に投げて、まずまずのピッチングだった。ヒルは、サイドハンド気味なので、

左のの強打者へのワンポイントでも充分使えると見た。

コントロールも悪くない。

 

左のセットアップの開幕は、岡島とヒルで決まりかな・・・・・。

ミラーを入れるなら、左3枚も考えないといけないかもしれない。

ミラーなら、長いイニングも投げられるメリットもある。

こりゃ悩むなあ・・・・・

 

2011年型ベケット

ピッツバーグ・パイレーツとのスプリングトレーニング。

先発は、2011年のローテ4番手に決まっているベケット。

昨年は、ケガもあって期待どおりのピッチング出来ずだったので、どんな調整しているか、

楽しみに、見ていた。

 

結果は5回途中まで投げて5失点だった。エラーがらみだったので失点は考慮しなくていいだろう。

最大のポイントはチェンジアップが身についてきたこと。

推測だけど、去年までいたファレルのおしえだろうけど、高速で落ちるチェンジアップ。

握りはスプリットフィンガー。フォークの浅い握り。

左バッターに使ってけっこう空振り取っていた。

 

ただ、ストライクからボールになるのは、空振りとってたけど、ストライクゾーンに落ちる球は

痛打。

マイナークラスだと打てないんだろうけど、去年までブルージェイズにいたオーバーベイあたりだと

ストレート待ちながら、チェンジアップ打てるのでイイ当たりされていた。

 

組み立ては、基本、ストレートと少し力抜いたストレートとカーブ。

プラス、右打者にはツーシーム。左打者には高速チェンジ。

コントロールと怪我さえなければ、充分4番手をこなせると見た。

 

 

レイズは2011年も強い

レイズとのスプリングトレーニング戦。

レイズの層の厚さが際立っているようにみえた。

 

シーズンに入っていないから、普段マイナーでやっている選手も多く見られるんだけど、

レイズの選手の層がめちゃくちゃ厚い!

レイズ先発のソナンスタインも、ローテに入っていないのにレッドソックスを4回0点に抑える

実力者。5番手争いとかブルペンなのに・・・・。

マット・ガーザ放出しても先発ローテも余裕ありありだ。

 

バッターもクロフォード他主力を放出してもスタメンレベルの若手がいっぱい。

ベテランとしては、元レッドソックスの3人、

マニー、デーモン、コッチマンといったところがすばらしい。

ロンゴリアの脇を固めるには十分の布陣。

 

あーーーー今年もレイズは強い。

ローテ1人、2人こけても余裕で東地区首位争いするだろう。

 

 

 

2011開幕先発ピッチャー決定

今年の開幕はレンジャーズとの3連戦。

ホームではなく、テキサスで。

開幕戦先発ピッチャーは、レスター。

2戦目、ラッキー、3戦目バックホルツ。。。

妥当なところだろう。

 

4月5日のインディアンズ戦は、調子がイマイチなベケット。

4月6日は、松坂。

 

開幕レスターは、最近2年の安定度、スプリング・トレーニングの安定度からいって、当然。

2戦目ラッキーも。

バックホルツも去年ブレイクして、今年は新契約に向けてがんばらないといけないし

活躍してくれるだろう。

 

ベケット、松坂はダメでも今年はブルペンしっかりしているから心配なしで・・・・。

パペルボンは、ずいぶん不安。

今日も9回ボコ打たれて、締められずに降板・・・・・・。

こりゃ、クローザー交代は早くにあるかもしれない・・・・。