やっほーい!なんやかんやと6連勝!

意外や意外・・・。

今日で6連勝なりー!

がっはっは。。。

開幕時は、やっぱりダメだと思っててけど、

ツインズ、ホワイトソックスに助けられたな。

今年の開幕後のスケジュールは、

レンジャーズやタイガースや東地区ばっかりでメンバー的には

劣り気味のレッドソックスだっただけに。

遠征は、うまくいけばと思ってたら、うれしい誤算。

 

5月半ばまでに、レイズに追いついておきたいところ。

今日は、レスターがしっかり投げた。

コネルコにホームランさえ打たれなければ、

いまのホワイトソックス打線は、大きいのを打たれないからな。

 

6連勝の要因は、

まず、打線の組み替えだな。

エルズベリーがケガしたことで、

1番にアビレスを入れたこと。

2番にスウィーニーを入れたこと。

ユーキリスを下げたこと。

エルズベリーは去年とは違った打撃フォームのおかげで

外角低めしか打てなくなってしまっていた。

アビレスは、ボストンのショートを確保の気持ちでモチベーションが高い。

スウィーニーはオレの中では誤算だった。

スプリングトレーニングはひどかったので、こりゃダメだと思っていたら、

シーズン入ったら、よく見る。

そう、打つより、しっかりボールを見ていた。

さすが、アスレチックス出。と。

開幕当初とにかくフォアボールが多かった。

そして、好球を待ってたたく。

2番には理想的か。

ただ、外野手で大きいのが期待できないのは今後しんどいけど。

 

ペドロイアはもともと、2番タイプじゃないから、

3番OK。大きいのも打つ。

ゴンザレスは、今、開幕時からは少しタイミングずれ気味。

だけど、最低限の打点は稼いでいるし、

数字には残らないけど、ピッチャーにプレッシャーは与え続けている。

今日も、ピービからしっかり打点。

それも虎の子の・・・・。

ゴンザレスは、シーズン後半に備えているとみている。

オルティズは、スプリングトレーニング始まり当初から

今年はしっかりトレーニングしてきたよってカラダだった。

現在開幕時から、絶好調。

 

エルズベリーの離脱で打線を組み替えて、

つながるようになった。

ローテがまだ安定していないし、ブルペンがイマイチは変わらないし、

打つチーム相手だとまだダメだろうけど、

開幕時のひどい状況からは一歩前進。

とにかくチームの形にはなってきた。

 

しかし、急遽取ったセンターバード、イマイチだなあ・・・

しょうがないけど、松井取って欲しかったなあ・・・・。

あ、そうだ、

ケイリッシュがケガしてなければなあ・・・・、おしいなあ。

スタメン取れるチャンスだったのになあ・・・・

あ、そうだ、

レディックがいたらなあ・・・

今シーズン、ホームラン3本も打ってるし・・・・

あーあ。

 

でも、ま、試合見ていても少し楽しくなってきた・・・・。

がんばれ!レッドソックス。

 

ダーネル・マクドナルド4打点大仕事。

ホワイトソックスとの4連戦、第2戦。

先発はダニエルバード。

少し先発に慣れてきたかな。

落ち着きが感じられるようになった。

ま、ホワイトソックスは再建中みたいなものだから、

勝っておきたかった試合。

 

今日のヒーローは、ダーネル・マクドナルド。

スプリングトレーニングで好調だったから、

もっと使ってもいいと思っていながら、ひさしぶりの先発。

チャンスにしっかりタイムリー、そしてホームランとアピールした。

満塁でのツーベースが大きかった。

バードがまだ不安定な投球だったけど、これで落ち着いたみたいだった。

 

ロスもタイムリー、オルティズもホームランで首位打者だし・・・

よしよし。

少しづつ浮上していこう!

ツインズ戦活躍したユーキリスをしっかり見たけど、

相変わらず良くない。

下位にしておくべきだ。

今日も、4番で3三振。

しっかり打線を切っている。

これではいけないね。

 

ショーパックもキャッチングのひどさがますます目立つ。

早めに解雇しようね、バレンタインちゃん。

 

元気のないホワイトソックスで、勝ち貯めようぞ!

 

 

むごい、ひどい、情けない。ヤンキースに大逆転負け。

ヤンキースとの3連戦、第2戦。

前半9点もリードして、終わってみたら15点とられて敗戦。

むごい、ひどい、ほんまに情けないのお・・・

 

悲しいのお・・・。

 

むなしいのお・・・・。

 

最後の方は、つらかったなあ・・・。

久しぶりだわこんなにつらいのは。。。。

ココ数年こんな感覚なかったような気が・・・。

 

先発ドーブロントよく投げた。

テシェイラに一発撃たれただけで押さえてブルペンに交代。

いやー、

ひどいな・・・・ブルペン。

なんじゃこれ。

ブルペンこいつら全員修行しなおさせよう!

まず、比叡山に裸でほおりだせ!

いやいやアメリカだから、バミューダに・・

もういらんし。。

 

 

いかん、いかん。

各方面から文句が・・・

 

 

 

前向きに、前向きに・・・・

うん。

なにごとも前向きに・・・・

今シーズンのしんどさはある程度はわかっていたはずだ。

そう。

このメンバーと、スプリングトレーニングの調子を見て

こんなものなのです。

これは実力。

 

なんてったって、東地区3位よそうなんだもん。

もしかしてブルージェイズにも抜かれるかも・・・・って

予想してるんだもん。

レッドソックスファンなのに・・・

 

これぐらいの試合をあと数試合やれば、

前GMと監督の無法がわかるってものだし、

選手の入れ替えもできるってことだし、

気持ちも新たに出発できるってものなんだよね。

3年ぐらいかかるんだろうけど・・・・

 

ボロ負けする試合が何度もあったら、

入れ替えの決心、放出の決心もつくだろう。

 

おれなら、

まず、キャッチャー。

サルティ、ショーパックを出す。

ラバーンウェイをメインに。

 

ブルペン。

もう、総取っ替えする。

アルバース、アセベス、メランソン放出。

DLのくそデブ二人放出。名前いいたくないぐらい。

 

外野に松井秀喜をとって、6番か7番か打たせる。

 

1番ショート  アビレス

2番ライト   スウィーニー

3番セカンド  ペドロイア

4番ファースト ゴンザレス

5番DH    オルティズ

6番レフト   松井秀喜

7番センター  ロス

8番サード  ユーキリス

9番キャッチャー ラバーンウェイ

 

で決まりだ!

我ながら、すばらしい打線!

これで、1試合5点打線ができた。

 

ブルペンは、若手をドンドンドンドンあげて使う。

ここ2.3年有望なやつみんなクソトレードであんまりいないけど。

このまま、続けてもどうせダメなのは目に見えているから、

若手をだせっ。

オールスターまでにはまだ獲得できる選手もいるはずだし・・

うまくいけば今シーズンまにあうかもしれん。

 

大きく変えないと、去年からのウミは出そうにないぞ。

 

 

田澤2012メジャー初マウンド。

春の快適な週末、フェンウェイでのヤンキースとの3連戦、第1戦。

日本ではほとんど見れないけど、試合前にセレモニーがいっぱいあったみたい。

解説者やノマー・ガルシアパーラ、ペドロ・マルチネスらの歴代のレッドソックスの

活躍した人が登場。

戦闘機も飛んで・・・・

こうゆうのみたいんだけどなあ・・・・

 

 

先発はバックホルツ。

結果的には、ヤンキースのホームラン攻勢で撃沈。

結局追いつけず、敗戦。

 

打線は、いいピッチャーのときはからっきし。

組み替えて、いろいろ試行錯誤中。

2番にスウィーニーを入れた。

いいんじゃないかな。

このままいこうよ。

しかし、キャッチャーはもうラバーンウェイに変えようよ。

キャッチングできない、サルタラマッキアとショーパックって

うっとうしいんだけど・・・。

ポロポロ落としすぎだし、キャッチングへたくそ過ぎるし、

ブロックできないし、リード悪いし。。。。

ラバーンウェイためそうよ、バレンタインちゃん。

 

田澤が昇格後、初マウンド。

いいんじゃないかな。

フォームもいいし、球も走ってる。

制球はイマイチだったけど。。。

とにかく、田澤はフォークを3球に2球思ったところに投げられたら、

いつでもセットアップになる。

トミージョンの後遺症もなさそうな雰囲気だな。。

 

 

ダルビッシュは2012年サイヤング賞候補になるだろう。

レッドソックスが休みで、ダルビッシュの試合をみた。

すばらしい修正をしてきた感じ。

 

コントロールがすばらしく、

初回からリラックスしていていうことなし!

修正したのが、ほとんどうまくいった感じだ。

 

ノーワインドアップにして、球を離すまでの上下動をなくす。

日本より高いマウンド、固いマウンドに対応するためだろう。

そうすることによって、

左足の置き方が柔らかく置けるようになる。

やさしく置くと、地面からの反発も弱くなり、上に持ち上げられる反動

が少なくなる。フォームの上下動が押さえられる。

固いマウンドにそろーと左足を置くことで反発が少ないし、

ずれも少なくて済む。

トータルで左右のコントロールの乱れも修正された。

 

フォームの上下動を小さめにしたことで、

上下のコントロールがよくなった。

要するに、球が上ずることが今日はほとんどなくなった。

 

フォームの開始のワインドアップをなくすことで、

動きを少なくし、左足をそろーと置くことでトータルコントロールがよくなった。

理論的にはわかっていても、人間が修正するのは

すっげー大変なんだけどなあ・・・・

数日で対応してきてるのがすごすぎる。

 短期間で修正してきたのはマジですごい。

オフにレッドソックスの監督の候補にも挙がった

ピッチングコーチもいいのだろう。

キャッチャーとのコミュニケーションもよさそうだ。

 

今日のダルビッシュのピッチングを見ていると、

去年のバーランダーのに近い感覚を感じた。

ピッチングフォームのバランスが良くなりコントロールが修正できていた。

今日はストレートがほとんど低めで、左右のコントロールもめっちゃ良かった。

後半打者の目で、見ると的が絞れないし、コントロールいいしで、

バッターとしては、ごちゃごちゃになる感覚に陥った。

こりゃ打てねーな・・・・

タイガースのバッターは骨太だけど、ピッチャーがすばらしいと打てない。

 

まあ、この修正にはただ、横に曲がるスライダーへの適応がまだみたい。

上下動の修正以上に修正すると他がダメになるから、

最小限にとどめたのだろう。

なので、変化球は、前回あまり投げなかったカーブを多投。

肘をしっかりあげて投げれることで、カーブのキレは増した。

組み立ては左右のストレートに力を抜いたストレート。

それと、カーブの組み立て。

シンプルだったけど、カンペキ。

 

たぶんダルビッシュは修正を急がないだろう。

今回うまくいった形を続けることをしていても勝てるだろうし、

シーズン通してローテ守れば、15勝は固いなあ・。。。

 

やぽぱ精神的にすごいなダルは。

ダルビッシュは今日のピッチングを続けられれば、

今年まちがいなくサイヤング賞候補になるはずだ。

 

 

いやあ・・・・、

東地区じゃなくてよかったなあ・・・・。

いや、ほぼ再建中のボストンにいたらなあ・・・・

あー、くそー!

 

強力レンジャーズ打線に18点も・・・

レンジャーズとの2連戦、第1戦。

厳しい戦いになると思っていたけど、

結果はさんざん。

18点もとられて・・・もうヘロヘロ。

 

まあ、これが現時点でのレンジャーズとの差だね。

これぐらいの差があるんだろう。

レンジャーズ打線は2.3年前も破壊力があったけど、

増している。

とんでもなく・・・・。

 

14点とられたときには、

フェンウェイもみんな帰るか、スマホ見るかどっちかだし・・・

メランソンはワンアウトも取れず。

田澤をあげてくれないかなあ・・・。

ボーデンDLだから田澤だろ。

 

あーーーー。

今日は打ちのめされて、もうダメだ・・・・。

 

 

 

モリーナストライクにやられた試合。

レイズとの4連戦、最終戦。

0対1で完封負け。

最後の打者のモスのストライクなんか、

全部、恐怖のモリーナストライクだろ!

モリーナのキャッチングで審判がボールをストライクと判定する球。

おれが勝手に作ったストライクになるボール球。

モスは今、きちんとボール見えているから大激怒。。。

そりゃそうだ・・

 

バリテックがいるときは、バリテックストライクだったなあ・・・。

モリーナレベルには遠かったけど、それでも低めのキャッチングはすばらしかった。

岡島、松坂はずいぶん助けられたもんやねんなあ。。

 

あーがーーー!

くそー!

シールズはすばらしいかったけど、

今日は、モリーナにやられた試合。

やっぱりこの兄弟マジ恐るべし・・・・。

 

まーでも、レイズに3勝はいいほうだよ。

明日はレンジャーズ戦。

強いぞー

こりゃ大変だな。。。

 

きゃっきゃっ!レイズに3連勝!

レイズとの4連戦、第3戦。

今日はジャッキー・ロビンソンデー!

みーーーーんな42番。

 

勝利!

しっかり勝利。

 

先発ドーブロントは4点とられたけど、そこそこ投げたし、

中継ぎもよかった。

アチソンはイマイチだったけど、

パディーヤ、モラレスいい感じ。

メランソンは出てこないから、もう勝ちゲームでは使われないだろう。

アセベスも今日はフェンウェイの大応援でしっかり投げた。

 

レイズは、売り出し中のムーアが先発。

なんていいピッチャーやねん。

レイズはいくらでもいいピッチャーが次々でてきよるなあ・・・

なんとか打ち崩せた。

初回は、モスの目の覚める一発!

ユーキリスは、当たりまだだけど、ファウルで粘って歩けるようになった。

つなげれるようになると、オルティズが打つ。

打席に入るときの、つばつけてパンパンっと二回手を打つのがなくなったなあ・・・。

今年から止めたんだな。

 

アビレスはセンターオーバーのホームラン。

このまま一番で行っとこう!

エルズベリーのケガとユーキリスのねばりで1番から6番までつながるようになった。

よーーーし!

このまま明日も勝ってスイープだー!

 

 

 

 

スッキリ爽快!レイズに圧勝!

レイズとの4連戦、第2戦。

先発はバックホルツ。

初回打たれたけど、調子悪くないとみていたが、

結局7回投げて、自責点5。

まあ、立ち上がりはしょうがないとしてほぼ合格点。

特にロンゴリアをおさえたのが良かった。

 

打線は爆発。

エルズベリーがケガで、今日の1番はアビレス。

大活躍!

ジャコビーがケガする前からそうしておけば良かったのに、

悪いけどケガの功名だな。。。

4番ユーキリスがほんのちょっとだけ復調の兆しが・・・・

フォアボールを二つ。

前後が調子いいから、つなげたら大量点が入る。

そうゆうことだな・・・・

四球のギリシャ神がよみがえるか!

でも今日は2流ピッチャーからだったから、一流どころで

つなげられるかが復調のバロメーターだなあ・・・・。

 

モスもしっかりホームラン。

モスはスプリングトレーニングも好調だったし、

開幕してからもいいアタリしていた。

ショートライナーとかレフトライナーとかばっかり。

ボールは見えていたし、いずれ打つな・・・と思ってたけど、

場外へホームラン。

よしよし!

 

 

今日もモリーナのキャッチングが怖かったけど、

審判がマシだったから、

モリーナのすばらしいキャッチングによってボールがストライクになる

【モリーナストライク】は少なかった。

しかし、みていても楽しいし、対戦相手からみたら恐るべきキャッチングだ。

一番すごいんのは、

逆ダマを取るときにミットを行き過ぎさせない。

こんなことできるのは、3兄弟しかいねー。

みんなミットが行きすぎる、つうか普通行きすぎるねん、

そっち向いてミット出すんだから!

でも、この兄弟みんな行きすぎない。

行き過ぎさせるとボールになるけど、止めたらストライクになる。

修行のたまものなんだろな・・・・・

とんでねーやつらだ。

 

よーし!レイズに2連勝!

フェンウェイ3連勝で勢いつけるぞー!!

 

 

2012フェンウェイ開幕戦!

2012年フェンウェイ開幕戦。

今年は、フェンウェイ100周年。

0歳の人がいま百歳。

フェンウェイパーク完成時に見ていた人は、もうこの世にはいないはず・・・。

気分良くいこうじゃないかー

 

開始前には、バリテックとウェイクフィールドの始球式。

お約束の戦闘機飛行もあって、盛り上がってのスタート!

 

先発はベケット。

はっきりって調子は良くないと思う。

右肘が下がってるから、球威もない。

前回同様イマイチ。

しかしレイズ打線の打ち損じで結局8回まで。

いやはや。。。。

 

打線も、レッドソックスもいいあたりはほとんどないけど、

みんな野手の間に飛ぶ。

8回の攻撃なんかほとんど、いわゆるポテンヒット。

今日はフェンウェイの神が勝たせてくれたような感じがする。。。

 

3回に、エルズベリーが野手と交錯し、肩をケガした。

明日復帰はないだろうと思うので、

明日以降打順がまた変わるはず。

どうするんだろバレンタイン。

ジャコビーのケガががひどいようなら、松井をとれ!

 

今日も、しっかり勝った内容ではなかった試合。

うーん。

このままじゃ、先行きしんどいなあ・・・・