フィリーズ戦。打てないなあ・・・クリフ・リー&ブーイングのパペルボン。

2013年開幕から2ヶ月がすぎ、これ以上ないってぐらいの好調スタート。いいぞー
昨日から、ナ・リーグ、フィラデルフィア・フィリーズとのフェンウェイでの4連戦。
今日は第2戦。
先発はデンプスター。フィリーズは、クリフ・リー。

2013年今年のスプリングトレーニングで、クリフ・リーと対戦している。中継もしてくれたのでみたけど、そのときは、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアのホームランが出たりと、投球内容はイマイチな印象だった。
しかし、なんだろう、この人は・・・・。
今日はぜんぜん違うやん!
なんじゃいなあー、もうっ
スプリングトレーニングの時の投球とは、ぜんぜん違うじゃないか・・・。さすがのリーの投球になっちょるやんー。。ボストン打線が完全に翻弄されて。。きりきり舞い。。。まさにリーの真骨頂・・・。
完全に、バッターの思考回路が崩壊させられてしまうピッチャーなんだよなあ・・・この男。ストライクゾーンの四隅をボールが動くし、ボールゾーンもうまく使いまくるし、、、打てねえ。。。まったく打てねえ・・・。
すごいわ、クリフ・リー。
どうしようもない。
このレベルになると、やっぱ、開幕前の投球なんかはなんのあてにもならないねえ。。。
わしゃ、感服つかまつった・・・

クリフリーが完投ペースで投げていて、球数もまだいけそうだったけど、9回は、ジョナサン・パペルボン。
当然、パペルボンのテーマが流れることもなく・・・・。ブルペンからマウンドまで、無音のなか、ブーイングが・・・・・。けっこう大きかったなー、ブーイング。おまけに、レッドソックス在籍時の最後の登板、オリオールズに打たれたシーンがまってましたとばかりに、流れる。。。。さすが、アメリカ!
9回、オルティズのホームラン級の大きいファウルはあったけど、今年絶好調のパペルボンは打てず。結局三人でピシャっと、やられちゃって、負け。。。

昨日は、打線爆発でしっかり勝ったけど、今日は完全にクリフ・リーにやられてしまったなあ・・・。
さすがじゃのー、リー君は・・・。
逆に、ライアン・デンプスターが2点でよく抑えたな・・。。デンプスターは、開幕からしっかり仕事をしているすばらしいね。よくやっっちょるよ。
やっぱ、落ちる球持ってると、内容が安定するのかな・・・・。

9回、田澤純一が1点差負けている中で、登場。
先頭打者に、いきなりのホームラン。
いかんな・・・。
だめだなあ・・・・。
集中力なかったなあ・・・。
ロスのミットと逆のインコースへのストレート。
ドンピシャだったな。。ちと、コントロールへの気持ちが薄れていたような・・・。集中力なかったね。負けている状況では、集中力を高まりも違うのかな・・・・。そんな、入り方だった。
まあ、でも、今日の全般的内容はいいね。
ホームラン打たれたけど、その後もヒット2本打たれてスコアリングポジションにランナー置いて、やばかったけど、けど、投球内容は悪くなかった。
カーブのコントロールが良かった。カーブが良かったから、ストレートの伸びがなかった分、ホームランの1点に抑えることができたんじゃないかなってな。。。汗が多いと変化球がいいのかな・・・・?しっとりしたボールが好きなんだろうかな・・・田澤も。。スプリットも落ちがいまいちだったけど、コントロールはまずまず。
9回裏パペルボン相手の2点差は確かに、きつくなっちゃったけど、ま、しょうがない。若いし、シーズン前半だし、内容重視ってことで、いきましょう。いこう、いこう。
少し前から、カーブと、スプリットのコントロールを修正してきているか・・・。数試合前までのファストボールのキレだけで抑えていたレベルから、上げてきていたように感じた今日の投球。
初球のストライクの入り方だな・・・・。
気持ちの部分なんだろうな・・・・。
そのへんは、ベテランとは違うんだろうかな・・・・。
まあまあ、開幕からメジャー初年度だし・・・・。
若手はあたたかくみていこうっ

打線は、ペドロイアが絶好調!
バレンタインのおかげでバットに集中出来なかった2012年シーズンとは違って集中できているね・・・。新人王とった年レベルの振りしている。シーズン後半までいってほしいなあ・・・・。
キャプテンでいいんじゃないかな・・・・来年は。

今日は負けちゃったけど、東地区順位もまずまず。主力ぜんぜん欠けまくっているヤンキースが首位。
なんでやねん!
ほんまに・・・。
なんなんだ、ヤンキースめ!
主力いらんやーん、ぜんぜん。
ベテランばっかになった、主力がおらん方が、いいんじゃないのか。。。
うーん。。。
ということは、ベテラン主力が戻ってきたら、負けるようになったりして・・・・。
えへへへへ。。。
期待しようっ!!

クリフ・リーに手も足もなんにも出ず。

フィリーズとの3連戦、第1戦。

ベケット先発。

フィリーズはクリフ・リー先発。

 

今シーズンベケットも調子いいし、いい勝負するかー??

っと考えながら、試合見たけど、

全く歯が立たず。

ベケットもそこそこ投げたけど、甘いボールを見逃してくれない

フィリーズのバッターに一発やられてしまった。

 

おまけに。

打線はクリフ・リーに手も足も出ず。

マクドナルドをまた5番にすえたり、アホ采配で全く打線もつながらず。

いま頼めるのはエイドリアン・ゴンザレスだけだけど、

現在のメジャーNO.1左投手のクリフ・リー。

しょうがねー!!

試合見ていても全く点が入りそうにない。。。

つうか、それ以前に球をとらえられないつうやつなんだもん。。。

ひっとつも、芯に当たらない。

あるんだよ、そうゆう感覚が。

同じたま投げてるのに、全く違う、なんというか小さい球とか変形している球

投げてるんと違うか???って時が・・・・

 

ムリ。。。。ぜんぜんムリ!!

 

それにキャッチャールイーズ。

やりよるなーこいつ!

こいつがいたから、クリフ・リーがヤンキースに行かなかったんだろうな、、

勝手な想像だけどな。。。。

 

たしかにけが人多いから打線組めない部分あるけど、

しかし少しかんがえろよなフランコーナ。

5番以下厚みないんだから、2番スクータロにして、

5番にペドロイアもってくるとか・・・

AAとかマイナーからいきの良い若い右バッターぶつけてみるとか、、、、

いろいろあるだろうが!

選手の使い方悪いねん。

フィリーズと対戦したら、穴が大きくみえるわ・・・・

マニエルもGMもそれなりにやっぱいいんだろうな。。

 

本気のクリフ・リー、打てねえ!