レイズ戦。ジェットブルーパークで開始!

オープン戦開始。
ジェットブルーパークでのオープン戦。
学生との試合はともかく、2013年最初のゲーム。
ウキウキしまくってみた・・・・。

ジョンラッキー先発で始まる。
2012年はトミージョンで、完全休み。5年契約の4年目だから働いてもらわないといけないんだけど、、、どうか。
うーん。ダメだな・・・。
まったく。。。
第一印象やせた。二重あごが少しマシになって登場。トレーニングはしてきた模様。
しかし、思ったほどカラダのキレはない。
ストレートもぜんぜん伸びないし、カーブもぜんぜん。
トミージョンの後遺症があるだろうから、しょうがない部分もある。
やはり、1年半ぐらいはかかるんだろう。
ファレルはどうするんだろう。
ローテ5番手ぐらいで投げさせるんだろうなあ・・・・たぶん。
でも、この投球では負けが先行するのは目に見えている。。。
結局1回だけ投げて終了。
とても、前半戦は勝てるとは思えない内容だった。。

2回からは若手ピッチャーだった。
2番目に投げた名前忘れたけど光るものを持っていたし、
アレックス・ウィルソンもロースターに残るかもしれない投球だった。
モーテンセンはダメかな・・・・。

さて打線。
1番エルズベリー。
フォームは去年のまま。
1昨年のブレイクしたフォームではなかった。
このままでは、ホームランは10本、打率3割がいいとこだろう。
まん中からインコースは打てないまま終わりそう。

2番、ペドロイア。
この人はほんとにすばらしい。
やる気まんまんで打席に入っている。
完全にシーズンモード。
きっちりトレーニングも仕上げてきているから、ケガなければ今年も外れない。
守備もきっちり。

3番、ビクトリーノ。
アウトになったけど、当たりは良かった。
キッチリボールが見えている。
まあ、契約金額ほど打てるって事でもないし、出塁率が決め手だね。。

4番サルティ。だったか・・・。
当たれば・・・・ってやつだな今年も。
しかし、守備は相変わらずひどい。
パスボールはするし、キャッチャーフライ落とすし、キャッチングは変わらず下手くそだし。
2012年ホームラン打ったから、残っているんだけど、とてもプレーオフ目指すチームのレギュラーキャッチャーではない。

ミドルブルックス。
去年の骨折のあとだけど、しっかりヒットも打ったし、ボールも見えている。
サードのレギュラーの位置におごることなくトレーニングしたようだ。
今年は、ホームラン30本期待したい。
いけるだろうと思う。

ダニエル・ナーバがオーバーベイのあとのファーストの守備につく。
スプリングトレーニングからやってたみたいだけど、まずまずこなしていた。
打つ方は、まだだめだ。相変わらずインコースの落ちるボールになるカーブを振る。
ダメだな。
レギュラーレベルのバットではない。

スティーブン・ドリュー。
守備はキッチリ。打つ方は、ビクトリーノと同じでやっぱ契約金ほどのレベルではない。
いまだに、なぜ契約したか疑問。
シリアコを出せば、同レベルの活躍はできるはずである。

イグレシアスがドリューのあとに入る。
守備は、エラー一つ。
しかし、そのあとの打席でホームラン。
このあたりはわかっているか・・・・。
解説のジェリー・レミーによると、体重を10ポンドぐらい増やしたそうな・・・・。
確かに、ふっくらした。
ホームランは筋肉量増やした成果かな・・・・・。

たしかに主力の半分しかでていないゲームではあったけど、
このままでは、今年も最下位争いしそうなレベルだった。。。。
トータルそろっているヤンキース、
どしどし若手の超一流ピッチャーが出てくるレイズ、
マーリンズから大量トレードで新戦力バリバリのブリュージェイズ、
そして、オリオールズ。
このとんでもない東地区で、今日のレベルの試合では、はっきりいって勝てんなあ・・・・・。

このままでは、唯一の勝てる法則はピッチャーが踏ん張りまくるしかないかな・・・・・・。
今後のオープン戦は、ピッチャーをもっと見ていこうっと。。。。