2012タイガースとの開幕戦は敗戦から・・・

デトロイト・タイガースとのオープニングゲーム。

ジョン・レスター。ジャスティン・バーランダーのすばらしい投げ合い。

 

2回のボストンの攻撃でも、オルティズヒットで三塁までいって、

バッター、モス。

しびれたー

98マイルのストレート。

むちゃくちゃ手元で伸びる。

ランナー置いたらバーランダーのスイッチが一つ上がる。

バーランダーは三振狙いだったろうけど、ファウルで粘る。

しかし、次のカーブには腰が引けて見逃し。

すっげー、カーブ。

打てるわけがねー。

思わず、うなってしまった。。。

モニターでうなるぐらいのキレだからバーランダー恐るべし。

さすがの2011サイヤング賞。

 

レスターも要所押さえてがんばった。

打線は、現在たぶん2番3番4番だけだろう、打てるのは。

後は機能しないと思っている。

バーランダーはよくわかっていて、ゴンザレスとパピだけスイッチが違うし。。。

ゴンザレスの時は、むっちゃ慎重に行ってるのがよーーくわかる。

しびれるねー!

最高だねー!

バーランダーとエイドリアン・ゴンザレスの勝負。

もう、至福の瞬間だな。

 

打線は打てないし、バーランダーだし、

レスターが7回に点とられて、最終回。

2番から。

唯一のつながるところ・・・・と思ってたら、

さすがペドロイア。

バルベルデからヒット。

ゴンザレスがつなぐ。

オルティズが犠牲フライ。

これで終わりかと思ってたら、

まさかのスウィーニー。

同点。

 

しかし、タイガースの最終回。

メランソンまったくいいところなし、

アセベスも押さえきれずにさよなら負け。

ま、今年はベイリーいないだろうし、こうゆうのはけっこう起こりそうな気がするなああ・・・。

 

今日は、レスターの踏ん張りと、

開幕戦、サイヤング野郎バーランダーの恐るべきピッチングと

エイドリアンゴンザレスとの勝負。

見応えがあった。。