2013後半戦開始はヤンキース戦、勝利からー

さて、オールスターブレイクも終わり今年も北半球には暑い夏が始まりました。
ヤンキースとの3連戦、第1戦。
開幕戦とともに、後半開始戦もけっこう重要。
休んだあとだから、前半の勝ち方を取り戻すためにも。

オールスターの間にいろいろ、変化が。
アンドリュー・ベイリーがDL。どうもダメみたい。結局、ベイリーもあんまり働かずに手術になりそうな予感。
結局、エプスタインの後半はズタボロだなあ・・・・。特に、やっぱりトレードはヘタだった・・・。って結果になってしまっちゃった・・。まあ、金があると考えないからな・・・。貧乏だと考えないとしかたがなくなるんだよなあ・・・・。貧乏だとよくわかるな。
そう考えると、岡島秀樹の活躍は特出しているんだよなあ・・・。すばらしっかった。

ヤンキース先発は、ベティット。打ちにくい、タイミングとりずらいなんともいえないモーションで、大量点はムリ。
ボストンは、ドーブロント。
・・・。
似ている。
ドーブロントも、ゆったりモーションでタイミングがずれる。
似ている。
初回、エルズベリーのソロ一発。
続いて、
2回、ゴームズのツーラン。
このままいけば、エルズベリーは、放出ないだろうな、たぶん。きっちり活躍しているし、出す理由がない。チームが好調だから、どう考えてもださないと見る。
ゴームズは、オールスター前から、調子戻ってきている。
スプリングトレーニングから、上げて、開幕時、好調。その後、少し落ちてきたけど、再び戻してきた。球が見えているね。流れも、コントロールしているのかもしれない感じ。良くみていると、開幕時のバッターボックスの動作より、今は少なめ。調子落ちたあと、いろいろカイゼンしたんだろうなあ・・・・。
関係ないかもしれんが、ナポリがヒゲをゴームズ化しているのも、好調の要因かもね・・・・。長いシーズン大きいのよね、一体感が・・・。。。
二人とも、手入れが大変だろうな・・・・

ヤンキース打線は、もはや、崩壊気味。カノーのみのチームみたいな・・・。
つうか、もともと、このメンバーで前半戦50勝超えたのが奇跡だったと思うね。イチローが3番打ってる時点でしんどい。テシェイラ全く戻ってこないけど、どうなんだろうか・・・。
ホゼ・イグレシアスの追加点タイムリーが、めっちゃ大きかったなあ・・・。
ノーアウトでゴームズツーベースででたのに、サルティはゴームズ進めることも出来ず、ホルトもダメ。釘付けだったけど、イグレシアスがねばりまくる。これはすばらしかったね。ピッチャーキレて、ワイルドピッチ、ゴームズ3塁で、外角の変化球を、いわゆる追っつけて、ライト前ヒット。
すばらしい。
イグレシアス。
去年まで、変化球投げとけば打ち取れたバッターとはとても思えん。やっぱ若いと1年で成長するなあ・・・・・顔がちがうもんなあ・・・・バッターボックスでの顔が・・・。変化球恐れてないもんな。
成長した。
開幕からでも、この男、成長した。
チームの元気度ってこうゆうところから生まれるんだよなあー
去年まで、数年間まったくなかったもんなあ・・・・・。
勝っていても、よどんでいたもん空気が。。。
今年のチームは、負けても、文句いいたくないんだよなあ・・・・・。
振り返ったら、2.3年前なんか勝ってても、文句言ってたなあ・・・・。
いいチームだなあ、2013年チームは。
やっぱ、チェリントンなんだろうなあ・・・・。
エプスタイン、イマイチなんだろうなあ・・・・。
ま、選手が中心には違いないんだけど、
そうゆうことなんだろうなあ・・・・・。
振り返るとよくわかるな。

田澤純一が、ちょっとコントロールがやばいながら、ファストボールの伸びがいいから、打ち取る。
クローザーは、上原浩治。
すばらしい。
第2打者は、すぐ打ってくれてラッキーだったけど。
けっこうやっかいで一発もありありの最初の打者オーバーベイを、動けなくし、三振でガックリさせるキレとコントロールはほんとうにすばらしい!
うなってしまった・・
エクセレントっ!!

さて、後半戦スタートもOK。
ジーターもDLらしいし、今のうちに、勝っておきましょうヤンキースに。

2013開幕オーダー決定!ヤンキースとの開幕戦はどうかっ。

2013年ヤンキースとの開幕戦、オーダー決定!
1. CF: Jacoby Ellsbury
2. RF: Shane Victorino
3. 2B: Dustin Pedroia
4. 1B: Mike Napoli
5. 3B: Will Middlebrooks
6. DH: Jonny Gomes
7. C: Jarrod Saltalamacchia
8. LF: Jackie Bradley Jr.
9. SS: Jose Iglesias
SP: Jon Lester
で、当然、、
ヤンキースのオーダーもみないとー
1. CF: Brett Gardner
2. RF: Ichiro Suzuki
3. 2B: Robinson Cano
4. 1B: Kevin Youkilis
5. DH: Ben Francisco
6. LF: Vernon Wells
7. SS: Eduardo Nunez
8. 3B: Jayson Nix
9. C: Chris Stewart
SP: CC Sabathia

レッドソックス注目点は、
ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアが先発メンバーに入る。
DHは、スプリングトレーニングのバットの調子がいいゴームズ。
ショートストップは、ホゼ・イグレシアス。

ヤンキース注目点は、
4番ファースト、ケビン・ユーキリス。
・・・・。
ほんまに、ジラルディはやっかいだ。
やらしいなあ・・・。
名将だなあ・・・・。
ぶつけてくるもんなあ・・・・。

レッドソックスの開幕先発メンバーは、納得いかんなー。
まず、キャッチャー、サルタラマッキア。
おかしい。確かに打力は、率悪いけど、ホームランは打ちよる。しかし、守りはひどい。ますますひどくなっているのに、マスクかぶらせるのは、アホだ。どこか抜けてるチェリントン&ファレルのコンビ。
あかんなあ。。。。
首脳陣が、最初にヤンキースに負けてるものっ。。。
あかんわ。
いかん・・・。
いかんわ・・・。

DHは、サルティでいいし、レフトはゴームズ。キャッチャーはロスで、ショートはシリアコだよ。
どこ見てるねんファレル。イグレシアスの成長を期待して入れたんだろうけど、シリアコがやる気なくすやろーよー。ドリューがけがなら、シリアコだ。わかっとらん。チェリントン&ファレル、イマイチやわー。アメリカ人なのにアンフェアーやねん。
変化球見逃せないイグレシアスは打率残すのは難しい。プレシーズンの若手ピッチャーならいいけど、超一流ばかりのメジャーレベルでは打てないだろう。変化球は見逃せないとフォームはいずれくずれる。それに、キャッチャーもマシなヤツがマスクをかぶるから、弱点なんてすぐ見破られる。たまに、アホなピッチャーとキャッチャーはいるから、ストレート投げて、そうゆう時には打つだろうが・・・。

キャッチャー。
今日のツインズ戦のロスのマスクみても最高だ。ピッチャーのいいところ引き出しよる。かたや、サルティなんかシングルAレベルの守備だしリードもダメダメ男。投手力が重要な昨今のメジャーで、大事なマスクをサルティにかぶらせるなんて・・・・・意味わからん。
選手レベルでは他チームに圧倒的に及ばないのに、人選戦略ミスしてたら勝てないだろうな・・・・。

ファンはいいたい放題いえるだけなんだろうけど、結局勝てないとファンは離れるからなあ・・・・。
先発が踏ん張れば、5割は勝てる。しかし、勝てている間は方向変更しないだろうから、じり貧になるか。。そのあたりわかってないなら、今年も最下位ありうるかもしれん・・・・な。。。
あー、
たのむからジラルディよ、レッドソックスの監督になってくれんかっ!

ヤンキースは強いなあ・・・。

ヤンキースとの3連戦、第1戦。

もはや、プレーオフはほとんど不可能な状態になりつつある。

いやいや、なにゆうてんねん。まだ、チャンスは残っている。

ってことで、ヤンキース戦。

 

雨の中、先制許しながら、モラレスががんばって投げた。

一時は、ペドロイアの逆転ホームラン。

しかし、ヤンキースはへばりついてくる。

追いつかれ、逆転。

追いつく力はなかった・・・。

 

強いねえヤンキース。

ジーターの勝ち越しホームラン後のベンチでも、誰にも浮かれた顔は全くなし。

このあたりが、強いチームの特徴だね。

ジラルディがいい仕事しているのだろうなあ・。。。。

若手も伸ばしているし、采配もいい。

けが人もけっこう出ているけど、戦力補強できている。

強いチームだな。

 

 

モーテンセンが、6回同点での緊迫場面で投げた。

でも、打たれた。

田沢に投げさせてくれないなあ、とふと思う・・・・

モーテンセンかよ。

田沢のほうが実力は上だと思うんだけど、バレンタインはそうじゃないみたいだな。

田沢もぽつぽつ打たれてるからああ・・・

今一歩。

しかし、来年先発を目指すのなら話は変わってくるんだけど。。。

さて、どうなるのか。

ま、出番できっちり押さえてほしいなあ・・・。

 

今日の負けで、東地区では13ゲーム差。

もはやどうにもならない差だけど、ワイルドカードで、6ゲーム差あたり。

上はレイズ、オリオールズ、アスレチックス、タイガース、エンゼルス。

東地区に2チーム。

いいと考えるか、悪いと考えるか。。。。

チームの雰囲気は明らかに良くなっている。

人の入れ替えで、空気は変わって来ている。

 

うーん。

ミドルブルックス、オルティズの離脱が大きいなあ・・・・・。

常時一発打てるやつが、エイドリアン・ゴンザレスだけじゃ、勝てん。

 

 

なんて楽しい、ヤンキース戦!

ヤンキースとの3連戦、最終戦。

見ごたえありすぎて、いやああーもうすごいね。

 

先発はドーブロント。

ヤンキースは黒田。

この時点で、投手戦になる可能性を考えていたけど、

まさにその投手戦。

早い回に黒田から、ワンチャンスをものにしたスウィーニーの2塁打で

2点先制。

その後は、

ドーブロントのカッターとチャンジアップのコンビ。

黒田も、ツーシームとスライダーのコンビで押さえる。

見応えたっぷり!

 

すばらしい!

 

緊張感ありまくりの、まさにプレーオフの空気。

 

黒田はすばらしいね。

ミドルブルックス、シリアコの若手二人には、

たぶん見たこともないだろうスライダーできりきり舞い。

全くタイミングあわず。

ナショナルリーグ歴長い黒田に、ロスがなんとかっと思ってたんだけど、

忘れていたキャッチャーの存在を。

もちろん黒田のマスクは、ドジャースのエースキャッチャーだった

マーチン。

ロスの弱点知り尽くしー!ぜんぜん打てず。

エルズベリー、クロフォード、ゴンザレスの左もスプリットでいなす。

「やめていただきたいですなあ・・・・」とぶつぶつ言いながら観戦した。

 

7回のマーチンのホームランのあとの攻防なんて完全プレーオフモード。

最高の試合だ!

そして、8回、またもやマーチン。

アセベスの変わりっぱな。

狙ってるのありあり。

「はずせっ」って思ってたけど、アホそうなアセベス。

ストレートぶったたかれて同点。

キャッチャーなんだから配球読むんだって・・・・

 

延長戦へ。

 

見応えたっぷり。

延長には、ミドルブルックスのデッドボールなのに、

審判も倒れて、なんとストライクに・・・・。

ボビーがニューヨーカーの期待に添って、激!退場。

もう、止まらない抗議!

わかる。

いってまわないといけない時ってあるんだよ!

ほんでもっておまけに、ベケットも退場。

おもしれー!!

審判も硬球が足に当たってコールどころじゃねーってやつだった。。。

 

持ってるシリアコ。

最後は、ラッキーボーイ、シリアコのポテンヒットが決勝点。

 

いやあ、いろいろありすぎて、もうおなかいっぱいの試合だった。

 

とりあえず、ワイルドカード戦線には踏みとどまった。

ヤンキースとの試合が、選手のやる気を引き出したならいいなあ・・・・

 

 

ヤンキース戦の勝敗が今シーズンのカギだ。

今日は休み。

明日からヤンキースとの3連戦が、ヤンキースタジアムで始まる。

現在、首位ヤンキースとのゲーム差10.5

遠い。

たぶん、、、

もう追いつけないだろう。

現実問題として、しかたなく目指すはワイルドカード。

ワイルドカード首位アスレチックスとのゲーム差5.0

 

かなり厳しい。

 

このヤンキースとの3連戦と、

次のタイガース戦1試合目ぐらいまでで今シーズンの方向性が決まる。

4試合で、3勝出来れば、

トレードデッドラインに向けて補強に動くかも知れない。

当然負ければ、放出のオンパレードか・・・。

うわさのクロフォードなど、もしかするとエルズベリーまで・・・。

チェリントンならやりそうだ。

獲るとなれば、これもうわさの先発か・・・・

でも、ベテランはもういらないけど、どうか・・・

 

現実的に見て、もう今シーズンは終わりだ。

戦力が整えばって状態でもない。

まず、先発がボロボロなんだものー

だめだよね。

それに、ブルペンも、押さえも、

あ、全部か・・・

 

打つ方なんとかけが人復帰したり、

みんな打ち出したりしても、

ピッチャーが押さえきれるメンバーと調子ではない気がする。

残念ながら・・・・

今シーズン捨てて、先発のやり直しが必要だな。

そのレベルにきてしまった。

チーム最多勝がドーブロントだもの・・・・

いけないね。

シーズン開始の計画での、ローテでの勝利数が全くない。

打てない、ブルペンぼろいっててのもあったけど、

基本ローテがダメだ。

1番手レスター、2番手ベケット、3番手バックホルツ。

3人とも10勝していない。

この状況で後半巻き返しを考えてるやつは、ただのアホだろうなあ・・・。

 

いつかのメイクミラクル!

ってのも期待する大いなる欲望はあるけど、そうは問屋が・・・・

 

イチローも出るだろうし、ヤンキース戦が楽しみ!

むごい、ひどい、情けない。ヤンキースに大逆転負け。

ヤンキースとの3連戦、第2戦。

前半9点もリードして、終わってみたら15点とられて敗戦。

むごい、ひどい、ほんまに情けないのお・・・

 

悲しいのお・・・。

 

むなしいのお・・・・。

 

最後の方は、つらかったなあ・・・。

久しぶりだわこんなにつらいのは。。。。

ココ数年こんな感覚なかったような気が・・・。

 

先発ドーブロントよく投げた。

テシェイラに一発撃たれただけで押さえてブルペンに交代。

いやー、

ひどいな・・・・ブルペン。

なんじゃこれ。

ブルペンこいつら全員修行しなおさせよう!

まず、比叡山に裸でほおりだせ!

いやいやアメリカだから、バミューダに・・

もういらんし。。

 

 

いかん、いかん。

各方面から文句が・・・

 

 

 

前向きに、前向きに・・・・

うん。

なにごとも前向きに・・・・

今シーズンのしんどさはある程度はわかっていたはずだ。

そう。

このメンバーと、スプリングトレーニングの調子を見て

こんなものなのです。

これは実力。

 

なんてったって、東地区3位よそうなんだもん。

もしかしてブルージェイズにも抜かれるかも・・・・って

予想してるんだもん。

レッドソックスファンなのに・・・

 

これぐらいの試合をあと数試合やれば、

前GMと監督の無法がわかるってものだし、

選手の入れ替えもできるってことだし、

気持ちも新たに出発できるってものなんだよね。

3年ぐらいかかるんだろうけど・・・・

 

ボロ負けする試合が何度もあったら、

入れ替えの決心、放出の決心もつくだろう。

 

おれなら、

まず、キャッチャー。

サルティ、ショーパックを出す。

ラバーンウェイをメインに。

 

ブルペン。

もう、総取っ替えする。

アルバース、アセベス、メランソン放出。

DLのくそデブ二人放出。名前いいたくないぐらい。

 

外野に松井秀喜をとって、6番か7番か打たせる。

 

1番ショート  アビレス

2番ライト   スウィーニー

3番セカンド  ペドロイア

4番ファースト ゴンザレス

5番DH    オルティズ

6番レフト   松井秀喜

7番センター  ロス

8番サード  ユーキリス

9番キャッチャー ラバーンウェイ

 

で決まりだ!

我ながら、すばらしい打線!

これで、1試合5点打線ができた。

 

ブルペンは、若手をドンドンドンドンあげて使う。

ここ2.3年有望なやつみんなクソトレードであんまりいないけど。

このまま、続けてもどうせダメなのは目に見えているから、

若手をだせっ。

オールスターまでにはまだ獲得できる選手もいるはずだし・・

うまくいけば今シーズンまにあうかもしれん。

 

大きく変えないと、去年からのウミは出そうにないぞ。

 

 

むかつくヤンキース戦

ヤンキース戦。

YES主催だから、実況うっとうしい。。

解説は、前カブス監督ピネラ。

試合始まる前の映像がムカツク。

往年のヤンキースの選手とか活躍したヤンキースの選手の映像を流して

最後にジーター、A・ロッドで締める今シーズンの試合前のパターン映像。

この映像に松井秀喜の映像がないやないか。

なんでやねんヤンキース。

ワールドシリーズに導いてくれた、MVPの松井を入れないなんて・・・

だからむかつくねんヤンキース。

このあたりがいややねんアメリカ!

松井秀喜が入ってないなんて・・・・

松井がいなければ今でもワールドシリーズもいけてないのに・・・

くそーーー!!

 

さて、試合はピッチャーの投げ合い。

スプリングトレーニングなのに、ノバを出してくるジラルディの余裕さ。

かたや、レッドソックス、ローテメンバー出さずに、入るはずもないドーブロント。

バレンタインもわかっているさ。。

今年のローテ厳しいのは・・。

 

しかし、ヤンキースのノバ。

いいピッチャーだ。ほんとに・・・。

ストレートは上から投げ下ろしだし、チェンジアップの切れもいい。

おおきなカーブでタイミングはずして、

ピンチややばい打者のときはスイッチが入る。

こりゃ打てないね。

おまけに、キャッチャーはマーチン。

完璧だね。

マーチンは、ドジャースで黒田と一緒だったから、

いいところ全部知っているし、黒田がパワーアップするのは間違いない。

ヤンキース唯一の大きな穴だった彼・・・(すぐキレる彼・・)

AJバーネットが出されて、まったく穴がなくなってしまったなあ。。。。

やっぱ今年ダントツヤンキース勝ちまくりそうだ。

 

打つ方も今日は主力をヤンキースに見せないようなバレンタイン戦法。

こそくだけど、余裕がない証拠だな・・・

いいなあ・・・・・ジラルディ。

 

 

 

ヤンキースのローテがやばい!

レッドソックににまったく動いない中、

ヤンキースが黒田と契約。

おまけに、マリナーズの期待の星ピネダもヤンキースへ。

 

なんじゃこりゃー!

 

もうヤンキースの独走決まりじゃないかー・・・たぶん。。

ヤンキースの今シーズンのローテ考えると、

 

サバシア

バーネット

黒田

ヒューズ

ピネダ

ノバ

 

ほぼ完璧じゃないかー

安定度からいけば、バーネットより間違いなく黒田だろうし、

ヒューズも持ち直せばエース級の活躍もできるし、

去年大活躍のノバももちろんローテだし、

完璧5人衆決定!

 

ヤンキースは去年開幕前大丈夫かー???

って、評価だったけけど結局、東地区ダントツ優勝。。。

で、今年コレかよ。。。

おいおい、レッドソックスこりゃ大丈夫かー???

って年になりそう。。。

 

こっちは、

バリテックと契約するかしないかなんて言ってるし、、、

あまってるっちゅうーのーキャッチャーはーーー

ケガの控えとかでチームに入れるなよなーチェリントン。。。

やる前から中途半端やなー。。。

中途半端な態度でキャプテンどうすんねん!

チームのまとまりつかんだろーよー

もう!

 

ラウリー、レディック出して、

内野、外野の控えが層薄いまま、今年いくのかー!!

 

・・・・・。

 

あー、黒田17勝ぐらいするような予感・・・・

岡島もリベンジ燃えるだろうし・・・・

 

 

 

岡島秀樹ヤンキースへ・・・・

岡島のヤンキース移籍が決まった。

残念。。。。

非常に残念。

マイナー契約だけど、ヤンキースで活躍するだろう。

そして、レッドソックス相手に大活躍するんじゃないかな・・・・

そんな気がする。。

 

岡島の不運は、メジャー最初の契約だったように思う。

フリーエージェント権を与えられない契約。

お陰で、メジャー1.2年目大活躍したのに、3年目は球団オプション。

そして、次はマイナー契約→でもメジャーでシーズン投げる。

そして、最後のレッドソックスともマイナー契約で、シーズンすぐに実質解雇。

大活躍の選手なのに、契約に翻弄された感じだった。

いい人なんだろうけど、代理人にクソ野郎を選んでしまったのが残念である。

エプスタインも最初の契約はともかく、そのあとはちょっとましな契約しとけよな!

まあ、日本的浪花節精神パワーをエプスタインにはわかってもらえなかったんだろな・・・・・

アメリカ人にはわからないだろうけど・・・

 

戦力として十分活躍できる実力を備えている。

メジャー一年目のチェンジアップのキレはなくなったものの、

コントロールの良さと四方の出し入れで、抑えるはずだ。。。。

2007年なんか岡島の抑えた時のフェンウェイのどよめきと

自分の高揚感はいまでも覚えている。すごかった。。。

もし、チェンジアップのキレが戻ったら、

再び防御率1点台になるだろう。。。。

 

今年はレッドソックスで投げられなくなっちゃって、

メジャーで投げる岡島を見れないのが残念だから、

ヤンキースに行こうが、メジャーで投げる姿を見てみたい、、、

そんな選手なんだよなあ・・・

どうせなら、レッドソックスの強打者をキリキリ舞させて欲しい!

いけー!オカジー!!

レッドソックスの打者なんかしばいたれー!!

その時だけはおまえのファンだ。

 

チマチマしてるヤンキースに未来なんかなし!

ヤンキースとの3連戦、第1戦。

始まる前から楽しみにしていた試合。

アメリカンリーグ、

メジャーリーグ最高の試合として。。。。

 

しかし、途中からみるのが苦痛になってきた。

負けていたからではない。

ヤンキースのチマチマに・・・・

キャッチャー、セルベーリ。

こいつは最低。

試合最初からサバシアのクソボールを

長い時間ストライクゾーンにみせる。。。

完全にボールなのに・・・・。

超うっとおしい!!!

おまけに、7回表。

ノーアウトでバッター、セルベーリ。

デッドボール。

セルベーリが怒ってラッキーに詰め寄る・・・・・

意味のない反抗にまったく試合みる気が無くなってしまった。。。。

 

サバシア専用の控えキャッチャーのおまえなんかにわざわざぶつけるわけがないねん!!!

ノーアウトで先頭打者で、ぶつける理由なんかあるわけがないねんボケ。。。

チームのカギになるジーターやカノーやテシェイラならわかるけど、

セルベーリ、お前なんかに仕返しでぶつける意味なんっか無いねんボンクラ!

たまたま当たっただけのデッドボールに仕返しと思っての反抗。

うっとおしい。

クソ野郎。。。

おれは、世界最高のメジャーリーグの最高の試合を見てるねん!!

そうゆうことなんか考えないボケ選手セルベーリ。。。

補欠キャッチャーセルベーリのおかげで 台無し・・・・

緊張感が無くなってしまった。

 

最低の試合だった。。。

原因は、マーチンの足元にもおよばない補欠キャッチャーセルベーリと、

負け過ぎてるから、ちんちくりんの2代目の器の小さいオーナーと、

気持ちがチマチマになってきたジラルディ。。。

勝ち負けの前に、がっぷり四つのガチンコ試合みたいのに。

チマチマ野球のヤンキース。

ジラルディも最終回に意味分からん抗議。。

 

ジーターに対する契約時の不手際。

ポサダに対する対応のわるさ、、、コミュニケーションの不足。

オーナー、GM、監督。。。。

ヤンキースは血がかよわないチームになってきていると感じる・・・・

外から見ているだけだけど・・・・

 

ヤンキースは、たぶんこのまま落ちて行くだろう。

今年はともかく、来年、再来年。。。

チームになれないチームに勝利も未来もなし!

セリグよ、

世界最高のベースボールをおとしめるセルベーリなんか追放してしまえ!

本物のヤンキースファンもムカツイてるはずだ!

おれの親戚の15年ヤンキースファンのおっちゃんも

今日の試合はおこってたぞ!

 

 

わがレッドソックスよ!

今日の負けを残念がる必要は全くなーーーし!