田澤純一、アダム・リンドに一発。しかし成長するぞこの男は。

ブルージェイズとの3連戦、第2戦。
2対2の同点での9回
田澤が登板。
一点も与えてはいけない場面。

しかし、先頭アダム・リンドにカーブをホームラン。
本人もビックリしたような表情。まさか、あそこまで飛ぶとは・・・。リンド恐るべしなんだろうなあ・・・・。
リンドへの投球内容は悪くなかった。今日も雨が降ってきていてたぶん湿度がたかかったのがよかったのかもしれんが・・・・カーブも決まっていたし、スプリットもしっかり落ちた。
しかし、一度見たカーブ、外角にほぼ同じ球。それをセンターオーバーで打ちよるメジャーの恐ろしさ。。。
一回見たらもう十分・・・・。みたいな・・・・。ケンシロウかおのれは・・・・ほんまにおそろしい北斗神拳レベルのメジャーのバッター。。。

痛かった。
田澤もガックリ。
しかし、一番痛かったのは、キャッチャー、ロスだったかも・・・・。ファウル・チップが2回も顔面直撃。マスクの破片が飛び散る。1回に2回も、田澤の95マイルレベルのファウルチップは痛い。マスクは、もう、、、使い物にならないだろうなあ。。。。
ファウルチップには二つある。バッターのタイミングがバッチリ合っているけど、ちょっとずれてファウル。バッターが、「クソっー」ってやつ。。。
と、
バッターがキッチリとらえたんだけど、思っていたところと違って、ファウルチップになる。バッターが、「あれっ?」つうやつ。。。
ふたパターン。
田澤の場合は後者だな・・・。
合っているけど、手元で伸びるから、バットのまんなかに当たらない。そんなボール。これだけでも、クローザー指名は間違いではない。こんなファストボール投げるヤツはそうはいない。
成長出来る力はちゃんとある。
現に、リンドのホームランのあとのファストボールの伸びはリンドの時よりすごかった。目を覚まされてボール投げていた。
ベンチはきちんとわかっているか・・・・。そのあたりだな・・・・。
現時点で、最良のクローザーであることは間違いない。

今日の、アダム・リンドへの一球は、ものすっごい後悔しているだろう。
セットアッパーレベルの気持ちでは、ダメなんだとわかっただろう。。。。理解まではまだだろうけど。。。
これからだよ。。。
まだ若い。クローザーなったばかりだ。そう簡単には気持ちをあげれるわけがないのだ。。。。どこなのかもわかってないんだから・・・
結果が全てだけど、最初はこんなもの。
今日のホームランのあとの投球内容を見れば、成長する。ずっーとクローザーもできる素養は十分。
精神面でのもっていきかた、気持ちの盛りあげ方、一球への気持ち。そのへん自分で府に落とせれば、そうできれば、もう今年シーズン通してクローザーになる感じやね。。。。
これからだね。。

ハンラハンがDL入り。ま、もともと大金もらって、全く働いてないハンラハンを責めるべきだしな・・・・。けがなんだろうけど、、ハンラハン、スプリングトレーニングみてもあきらかにトレーニングサボったんがわかるよれよれさ・・・・。
ちゃんとみとんねーん。
下半身ガタガタで鍛えてないの丸わかりで開幕しやがって!
なめんなよ、ファンを!
契約金半分、田澤にあげろー

田澤純一、クローザーお試し投球はまずまずっ。

ツインズとの4連戦、第3戦。
みるからに若い!ウェブスターが登板。緊張していたでしょうかねえ・・・・。技術的には、セットポジションになると、急速落ちるし、コントロール悪くなるし、投げさせたのが?のピッチャー。ランナーいないとそこそこ投げれるんだろうけど、先発で使うならセットでボロボロの内容はダメだな。それになんだか、ファストボールがめっちゃ軽く感じた・・・・。さて、次回はあるか・・・・。
試合は、結局、ドーブロントとともに、打たれまくって、前半でほとんど負け決定。

ハンラハンが予想通り、ボビー・ジェンクス並にトレーニング不足だろーって思えるようなボロボロさで超ダメダメ君になっちゃって、ファレルから田澤がクローザーに。。。
本日、9回、田澤純一登場。
試合は決定しているけど、ツインズ打線の一番からということで注目だった。初球、ちょっと不用意だったか、ファストボールをセンター前でヒット。
次は、やっかいなジョー・マウアー。くさい球は打たないし、厳しい球でもヒットにする技術はメジャーベスト3には入る。田澤は、いい球投げていた。コーナーもついていたし、追い込んでもいた。スプリットも最近になく決まったし。しかし、マウアー。いい球なんだけど、ヒットならカンタンに打ったかのように、ライト前ヒットで出塁。まじ、いいボール投げていたんだけどなー。
3番は、ウィリンハム。当たればホームラン平気で飛ばすパワーヒッター。デッドボール。無死満塁。
4番は、モウノー。長距離砲。でも、モウノーに対しても、スプリットが決まったし、追い込んでもいた。最後は、スプリットが高めに抜けたか。。。センターフライで一点。
5番は三振。ほとんどストレート。6番打者をレフトフライで9回終了。
1点とられたけど、ランナー置いても最後は追加点許さなかったし、まずはよし。

内容は悪くなかったな。。ツインズの1-4番はヘビーだし。ここ最近になかったスプリットが決まっていたのが、びっくりしたぐらい。。。でも、田澤が投げていた9回は小雨が降っていた天気だったから、湿度が高かっただろうし、うまく指にひっかかってくれたから、今日はスプリットが決まっていたのかも知れないな。。。。
カーブはあいかわらず決まっていなかったし、いまだ、変化球のコントロールは修正出来ていないような気がした。
ベイリー、ハンラハンがけがで、クローザーに回ってきたけど、おれてきには今年は中継ぎで回を重ねて、来年は先発でってのをみたいんだけどなあ・・・・・
このままクローザーになると、パペルボンのパターンになっちゃうかも・・・・

ま、でもでも、信頼されて登板出来るときにしっかり投げるのもプロの仕事。
勝ちゲームにしっかりクローザーで締めてくれることを祈りながら、
ドキドキしながらみるんじゃー!
げへへっ。。。

プレシーズンツインズ戦。そろそろ開幕25人ロースター考えるころ。

ツインズ戦。
開幕まで2週間。
そろそろ開幕の25人ロースターを考えながらみる。

ボストン先発は、ドーブロント。
先発への一度のチャンスのつかまえた男。
初回ボールが上ずっていたけど、なんとか無失点。
ま、マウアー、モウノーがWBCでいないから、ミネソタツインズのバッターは若手ばっかり。抑えて当然の部分はあるんだけど・・・。
そのあたりも入れても、まあまあ安定してきている気がするね。。
2012年チームが崩壊している中でも、ローテを最後まで守っている自信かも・・・・。
ストレートはそんなに早くないけどゆったりしたフォームからのチェンジアップ、カッター、カーブと、変化球はさえているからヒットは続かない。
まあまあ、2013年も10勝行くだろうなあ。
うまくいけば13勝いくかも・・・・期待の3番手だっしょ。

田澤純一が2番手ピッチャー。
うーん・・・・。よくないねえ、内容が・・・。
先頭打者にも追い込んでの、スプリットが全く落ちない。スプリット2球続けて投げて、ほとんど落ちなくって、その球をヒット食らう。
次の打者はゲッツーだった。けど、はっきりいって打ち損じで、球は甘い。マウアーなら確実2塁打って球。
ストレートは90マイルいかないのがほとんどで、去年のようなストレートのキレもまったくなし。
カーブも決まらずスプリットもだめだからフォーシームで勝負となって、1回の最終打者を三振。
2回目。フォーシームが伸びてきた、初球から球が伸びているし、スピードガン表示も90マイル。いい感じ。
でもトータルでは、2回投げて、2回はフォーシームがほとんど90マイル乗ってきたけど、カーブ、ツーシームのコントロール悪いし、スプリットは手前でワンバウンド。変化球のコントロールが全くダメだった。どれか一つでも良ければいいけど、よかったのはフォーシームだけ。
結果は無失点だったけど、ツインズは若手のオンパレードだったからで、内容はさんざんだったように思う。
いけないね・・・。
去年の後半の胸のすくような球のキレがない。契約はしたし、開幕ロースターには入るだろうけどこの内容の投球だと、シーズン入っては打たれる。
体重増やして、キレがないのか・・・・。いまのカラダで適応していくのかなあ・・・・、体重元に戻さないだろうから、合わせていくしかないんだろう・・・・・。

3番手がカーペンター。
ランナーは出していたけど、変化球が良い。
中継ぎでロースター残るかも知れないレベル。あと2週間のあいだも、同じような内容で投げられたらいいんじゃないかな・・・。

つづいてバッター。
エルズベリー。
もはや、大活躍した年にはならないね・・・。
3割近くは打つだろうけど、このままでは今シーズンで出て行くことになるだろう。
プレシーズン戦で、若いジャッキー・ブラッドリーシュニアが好印象だからシーズン途中もしかしたらトレードもあるかも知れない。

ペドロイア。
ますます一球入魂が伝わってくる。ヘルメットは、マニー状態になっておもしろい。松ヤニだろうか、、、ますます年期がはいったヘルメットに。。。

サルタラマッキアがホームラン。
結果出してるね。キャッチャーとしてのレベル、激低レベルなんだけど、打つなら当然先発に残る。結果出せば開幕残る。となると、ラバーンウェイは結局今年もマイナースタートってことだろう。
キャッチャーはサルティとロスで決まりかな。

今日ちょっとピクッときたのが先発で入ったショートのマレーロ。センスがある。守備での捕球、送球ともに安定してしていたし、ヒット2本。センター返しで結果残した。バットの振りの技術もまずまず、伸びる可能性がおおいにあるねえ。たのしみー!
ショートはいつのまにか激戦区。レベルは高くないけどな・・・・。今年後半は、シリアコがレギュラーで、マレーロが控えでいいんじゃないかな・・・・若いのみたいんじゃーっ

マイク・カープがイマイチ。
振り出しのワキ甘いし、ダメだろうなとはおもいながら見てるけど、やっぱ結果も出ない。
開幕ロースターはまずムリだね。
外野はレフト、ゴームズ。センター、エルズベリー。ライト、ビクトリーノで開幕ほぼ決定。
控えの競争激しい。ナーバ、スウィーニーの一騎打ちかと思ってたけど、ジャッキー・ブラッドリーシュニアが入るか・・・・・。

今日のゲームでは、ドーブロントが先発ローテーションでちゃんといけそうって結果出したので、満足だな・・・。長いシーズン、先発で大きく試合が決まる最近の傾向だから。。。
打つ方は安定感なし。7割勝てるようなチームでは全くなさそうだなあ、、、、。。
あーあ。。。

いいぞ!マイク・ナポリの豪快一発。田澤純一の気迫っ!

プレシーズンマッチ、ヤンキース戦。
ヤンキースのメンバーは若手中心。毎年この時期の東地区対決は主力温存するのがジラルディのパターンになっている気がする。
先発は、デンプスター。
もはや、ケガさえなければ完全に計算できそう。。
シーズン入ったら、ホームランもそこそこ打たれるだろう。ランナーも出すだろう。
でも、シーズン投げきったら10勝してるってひとなんだろう。10敗するだろうけど・・・。
先発4.5番手にはふさわしいね。固い。堅い。
順調に仕上がっている。

ナポリに豪快センターオーバーのホームラン!!
良い。
すばらしく良い。
飛距離が。
いやあ、、、、やっぱこの飛距離はもうスッキリするねえ。。。
有無をいわさないこの圧倒感っ!
疲れも吹っ飛ぶし、ストレスも吹っ飛ぶ。
最高!
ケガなくいってほしいなーーー

ミドルブルックスがサードで先発。
復帰。
よかった、よかった。。。
手首痛がったときは開幕ダメだろうって雰囲気だったもん。。。
ほっとした。
ナポリを補佐する右のもう一枚。
ミドルブルックスがいないと、得点計算できないから。。。
よしよし。

そして今日は、田澤。
ハッキリ言って、プレシーズンいいところなし。
そして、本人も自覚している。
ハンラハンがサード、サットンの2回のエラーも絡んで球数投げすぎだったから
次の回の登板だったろうに、ツーアウト満塁で登板。
コマーシャルもなかったから、マウンドでの投球練習も見れたから満足。
気迫がみなぎっていた。
結果出していないのがわかっているし、今日はカットとの勝負になるのは明白。
顔がぜんぜん違う。
成長したなあ・・・・・・。
社会人から即メジャーいたとはいえ、マイナー経験もシッカリ積んでの現在。
手術もしたし、成長が見て取れる。
結果ほしい時にシッカリ出す。プロだな。
プロになった。
細かいところでは、プレシーズンでの登板でのイマイチ部分をきょうは修正してきていた。
このあたりも、すばらしい。
結果出さないといけないプレッシャーのなか、しっかり精神とボールをコントロールしていた。
最高だね。
男の20代半ばからの成長は、空を飛ぶレベルだな・・・・。
満塁のピンチを抑えて、次の回も登板。
キャッチャーラバーンウェイだから、サインに首振りナシ。気兼ねなく、安心して自信もって投げている。
マイナーでともに成長してきたコンビの連帯感。
ヤンキース打線も完全に沈黙。
すばらしいかったなあ。。。。

シリアコが途中ライトで出場。
今シーズンはユーティリティーなんだろうけど、本人腐ってないかなあ・・・・。
ちと心配。
バットはいい。
去年の後半より、ボールに一直線にバットが出ている感覚を受ける。
先発でみたいなー
ぜったい結果出すとおもうんだけどなー。
ホームランも10本は打つよ、シリアコは・・・・。
ドリューケガしないかな・・・・・。うーん。。。。ひどいなおれ。。

ゲームは若手中心なんだけど、この時期独特の緊張感がある。
若手は結果だしてアピールに必死。
みんな必死。生活かかってるし、ピリピリしてる。
ヤンキースの若手もキラリと光るヤツがチラホラいる。自分の仕事もちゃんとわかっているし、ロースターのすごいやつばかりに目がいきがちだけど、やっぱり強いチームは、下からの突き上げがきついな。。。

いろんな見所があって最後までしっかりみた、いいゲームだった。
田澤の内容、結果、両方よかったし、今日の投球で、開幕ロースターに残っただろう。
首脳陣も完全にメジャーリーガーになったと理解したはずだ。

田澤純一、ナイスピッチング!

パイレーツ戦。

先発はレスター。

キャッチャーは相性の悪かったショーパックじゃなくサルタラマッキア。

初回からボールが多めで、苦しいピッチング。

ま、安定しているから心配はしていない。

 

早めにレスターが降板したことで、

田澤が登板。

いきなり先頭打者にツーベース食らったけど、

落ち着いて投げて押さえた。

次の回もそこそこ切れが良かったように思う。

3球ほどフォークボールを投げたと思うけど、1球だけだけどすばらしい落ち方だった。

去年からも思っているけど、3球に2球フォークボールがいいところに決まりだしたら

勝ちゲームで投げれるようになると思うんだな。。

まだワンバウンドボールが多い。

 

パイレーツの主力メンバーが残っている浅い回で、

結局3回投げて無失点。

カット食らわなくてすむかなあ・・・・。

ぎりぎりの攻防だと思うんだけど・・・・。

何とか開幕残ってほしいなあ。。

 

 

アンドリュー・ベイリーが登板。

一塁での交錯プレーで頭打ったから少し心配だ。

とりあえずその後も投げたけど、コントロール安定せず

ボールが非常に多かった。

だけど、球は速いし、重いし、カット気味に曲がるし、

いい感じ。

 

エイドリアン・ゴンザレスが集中力高い。

今日も逆方向にヒット。

技術レベルが半端じゃないよこの人は。

完全にボールを線でとらえることのできる数少ない選手。

150キロのボールで対応するなんてすごすぎる。

日本でなら落合。

全盛期の落合もすごかった。

だから、逆方向にかっとばせるんだよな。

 

ユーキリスの状態はまだまだ。

開幕までにもう少し修正したい。

 

 

 

田澤純一がトミージョン手術を決断

田澤純一が右ひじのトミージョン手術をするそうだ。

 

前シーズン、日本社会人からメジャーに直接行ったはじめての日本人選手。

野茂がいろんなところから非難を浴びながら海をわたり、その後の大活躍で

次々と日本人がメジャーに行くこととなった。

田澤の成功が日本の社会人野球からのメジャーへの橋なんだと常々おもっていたので、

現在自分は落ち込んでいる。

もちろん俺なんかより、本人が一番落ち込んでいるに違いないのだけど・・・

 

トミージョン手術は今は多くのメジャー選手が行っている手術。

手術後、メジャーのマウンドに戻って活躍している選手は数多い。

手術後、逆に球速がアップしている選手までいる。

村田兆治も手術したと思うのだが、何歳か忘れたぐらいだけどいまだに140キロ投げている。

村田はすごすぎるが、同僚のデルカーメンもやった。大丈夫だ。

 

メジャー契約だし、ほおり出されることはない。

ある意味よかったと思って、手術後のリハビリにがんばってほしいと思う。

俺の応援なんてたかがしれてるが、岩村も大怪我して戻ってきた。

この際、何苦楚魂で戻ってこい!

 

がんばれ!田澤!